fighter-K さん プロフィール

  •  
fighter-Kさん: 綺麗な日本語、シンプルな英語 〜僕の英語青春記〜
ハンドル名fighter-K さん
ブログタイトル綺麗な日本語、シンプルな英語 〜僕の英語青春記〜
ブログURLhttp://landmarkpostjp.blog.fc2.com/
サイト紹介文音盤・洋画で英語を学んだ、僕の経験が、若者や英語やり直しの方の、お役にたてば嬉しく思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 127日(平均3.2回/週) - 参加 2018/07/06 13:34

fighter-K さんのブログ記事

  • 人の心が“ここ”には無い!
  • 私は買い物が好きです。一生懸命働いて手に入れたお金で好きなものを買う、必要なものを買う時、ちょっと幸せな気分になる。そして、買ったものを使う時、楽しくなる。中にはしたくない買い物もあります。私は服を買うのが嫌いです。値段が高い!(笑)安物はすぐに縮んでしまう。袖の長さは普通なのに、胸囲が1〜2サイズ大きく、腕や肩に筋肉がついている私は、サイズの選択が難しい。まして、それが縮むと使い物にならなくなる。 [続きを読む]
  • 最新!亡くなった有名人の長者番付!
  • 米経済誌フォーブスが、毎年恒例の「亡くなった有名人トップ13の長者番付」を発表しました。年々少しづつ顔ぶれが変わるのは、毎年ニューフェースがランクインするからで、これはあまり嬉しいことではありませんね。今年も1位はマイケル・ジャクソン。6年連続の首位!マイケル・ジャクソンの収入のほとんどは英音楽大手EMIの版権管理会社EMIミュージック・パブリッシングの持ち株をソニーに約321億円で売却したことによるもの。勿 [続きを読む]
  • 残り2か月!
  • ハロウィーン、渋谷のバカ騒ぎ。日本の出来事とは思えません。完全に無法地帯でした。あれだけの若者が何も生み出さない行動を取る。SNSで仮装の写真を人に見てほしいがためにだけ、集まるのでしょうか?渋谷のお店の経営者は、通常より早めに店を閉めたので、売り上げが下がっていると語っています。あの騒ぎで人が集まっても、渋谷の商店街は迷惑をしています。日本人、もう少し自分を見つめなおすべきだと思いませんか?今年も [続きを読む]
  • “勝利のVサイン” は日本だけ!
  • ゴルフのコンペで優勝しました。で、やってしまいました・・・勝利のVサイン(笑) 昔、「サインはV」というドラマがありました。勝利のVサインというのは、実は今や日本だけです。アメリカではこのサインは、「ピースサイン」と呼ばれています。このサインの起源はいろいろとあるのですが、ピースサインと言われるようになったのは、ベトナム反戦運動が盛んになる1967年頃から。若者が集まると、Vサインをして「ピース」と叫んで [続きを読む]
  • アメリカ人はこう思っている 〜 沢田研二のドタキャン!
  • 今話題になっている沢田研二のドタキャン。マスコミの報道する論調やファンの声、果たしてどうなのでしょう。そもそも欧米でのマスコミは、権力を監視・批判するために存在しています。ところが日本のマスコミは、例えばジャニーズ事務所所属タレントは、賞味期限が切れていても、なかなか悪く書かない。誰のためのマスコミなのかが分かりません。ジャーナリストも芸能レポーターもあまり変わりません。私は仕事柄アメリカ人と会話 [続きを読む]
  • 欧米人に絶対に通じない英語!
  • 生徒から質問がありました。「自衛隊」を英語でどう言いますか?辞書を引くと“the Self‐Defense Forces”と書いています。ではこれが正解なのでしょうか?ここが難しいところです。日本政府は自衛隊を海外でthe Self‐Defense Forces (SDF) と呼んでいます。しかし、この英語の意味が分かる米英の人はいません!本当です。① “defense”は、「自らを守る」という意味です。そこに“self”が付く理由がない。② “force”は普 [続きを読む]
  • “Jazz 喫茶” と英語
  • 最近は人に会おうと思っても、適当な喫茶店がありません。スタバなどのお店は不向きだし、ホテルの喫茶のような居心地の良い場所は、私の最寄りの駅にはありません。それでいて禁煙のお店となると・・・ハードルはどんどん高くなります。1900年代までは、結構お店の特色を打ち出した喫茶店が多くありましたが、今は本当に少なくなりました。そもそもスタバ等を覗いても、一人のお客ばかりで、友人と話をしているようなお客は少ない [続きを読む]
  • 変わる!子供の育て方!
  • 就職・採用活動のルール「採用選考に関する指針」の廃止が、遂に正式に決定しました。遅きに失するの感、無きにしもあらずですが。この背景については、いろいろな分析が出来るでしょうし、いろいろな意見があることでしょう。しかし、廃止は決定したのです。1番大切なことは、この先どう動くかということです。「採用選考に関する指針」の廃止は、もはや新卒にこだわる意味がないということです。若者の就活の応援をしている私は [続きを読む]
  • 大切な、6つの“C”〜ノーベル賞受賞・本庶さん
  • がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげたとしてノーベル賞を受賞した、本庶佑さんの言葉。彼は「6つの“C”を大切に」と言われています。好奇心 “Curiosity”勇気 “Courage”挑戦 “Challenge ”確信 “Confidence ”集中 “Concentrate ”継続 “Continuation”「好奇心を大切に勇気を持って困難な問題に挑戦し、必ずできるという確信をもち全精力を集中させ、諦めずに継続すること」そして本庶佑さんの座右の銘が [続きを読む]
  • 社会人落語日本一決定戦!
  • 今日はとても残念なことがありました。社会人落語日本一決定戦の延期!私の知人が遂に第10回大会で、ファイナリスト10名に残り、決勝進出を果たしたのです!これが昨日29日のこと。そして今日が、決勝だったのですが、台風の為に延期となりました。事前審査応募309人、そして予選に出場できた社会人の落語を愛する方々が177人。彼らが池田市池田駅の落語ミュージアム周辺の6会場で、決勝進出を賭けて争いました。朝早くから全国か [続きを読む]
  • 日本は、“くだらない”習慣を真似るな!
  • 他人を見習うことは大切です。自分で自分のわるい所は、なかなか気が付きません。人のふり見て、我が身を直せ・・・これは大切です。しかし、最近は何を見習い、何を真似すればいいかについて、余りにも考えが無さ過ぎると、私は感じてなりません。まず変な言葉使い。何年か前から急におかしな言葉使いを耳にするようになり、改まるかと思っていたら、それが流行し、定着してしまった。「〜でよろしかったでしょうか?」「なので、 [続きを読む]
  • 「往年の」・・・ という言葉が気になる ・・・
  • タイガー・ウッズがついに80勝!5年ぶりの勝利でした。サム・スニードの最多勝にあと2勝。強すぎて憎まれた彼も、今や全米の応援を味方につけています。ジャック・ニクラスがマスターズを最後に勝ったのは46歳、トム・ワトソンは59歳で全英2位。ウッズはまだ42歳、これからです。“He has just begun !!”不倫、妻から逃げる途中の交通事故、セックス依存症という汚名、ツアー無期限欠場、腰の手術・・・。溢れる才能と努力でトッ [続きを読む]
  • あなたに挑戦! “通り”・・・ 10通りの“通り”を、知っていますか?
  • 日本語と英語を比較した時、私は日本語の方が、表現が豊かで美しい言語だと思います。あくまでも個人的な見解です。しかし、近年日本語の単語や表現が、どんどん失われているとも感じます。「ゆとり教育」等という馬鹿な政策のせいで、若者が日本の文化に触れる機会が減ったことは、その一因でしょう。若者を中心に、日本語がどんどん崩れて行く。どこの国にも、若者が新しい言葉を生み出して行く風潮はあります。しかし日本では、 [続きを読む]
  • “gold”と“golden”を、どう訳せますか?
  • 9月6日(木)に発生した北海道地震および9月上旬に発生した台風21号により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。英語を使っていると、“gold”と“golden”という単語をよく耳にします(目にします)。“gold”と“golden”の違いをご存知ですか?“gold”は名詞と形容詞。“golden”は形容詞のみ。基本的に「金でできた」は“gold”。「黄金色の」「金のように素晴らしい」「美しい」は、“golden”を使います。“of gold [続きを読む]
  • “Mx.”・・・知っていますか?
  • ネット通販が盛んになったために、荷物の配達量が昔と今とでは全く違う。運送業界では人手不足が深刻です。逆に年賀状や暑中見舞いハガキの売上は年々減少中。つまり、人々の手紙離れが進んでいます。それだけではなく、携帯端末の普及によって、家庭の固定電話離れも。いずれも若者が、学ぶ機会を逃すことに繋がっています。昔は携帯電話が無かったので、友達や特に異性の友達に電話をする際、電話口に出た相手の家族という関所を [続きを読む]
  • 防災の日
  • 今日から9月がスタート。今年もあと4か月しかありません。この暑さももう少しでしょうが、受験生や就活をしている方は、本当に大変だったと思います。その努力が、成果に結びつくことを願っています。すれ違いざまに、見知らぬ人をナイフで刺す凶行。大型バイク1台と原付バイク2台が転倒、8人が病院へ。6人が死亡、2人が負傷した事故。誰もが「?」となる算数の問題です。バイク1台と原付きバイク2台であれば、乗れるのは最高4人 [続きを読む]
  • 子供が楽しい場所・・・ありますか?
  • 新学期。子供の自殺が増える時期です。いつから学校は、子供にとってそれほど苦痛を感じる場所になったのでしょう。虐めを受けていた私でさえ、少なくとも小学校は楽しかったし、中学校も殴られても不登校にはなりませんでした。私の時代は、学校に行くのは大人が働くのと同じで、当たり前のことでした。休みたいということは、逃げるという事、恥ずべきことだと私は認識していました。だから立ち向かいました。ただ、そういうこと [続きを読む]
  • 疲れてる・・・ “I'm tired.” だけでは駄目ですよ!
  • 猛暑が相変わらず続いています。週末の雨以降、少しは気温が下がるという予報ですが、本当に異常気象の夏でした。“夏バテ”というか、体調を崩されている方も多いと思います。私もこの夏は、暑くて運動が出来なかったため、普段よりも体重が増えてしまいました。冷たいものを求めるので、胃腸の調子もお疲れ気味のようです。さて、英語で「疲れている」を言う時、あなたはどのような言い方をしますか?“I’m tired.”一本やりと [続きを読む]
  • [ 要注意 ] “カタカナ語”と“英語”は違います!
  • 和製英語とは少し違うものに、「カタカナ英語」があります。そもそもの英語と発音は同じですが、日本において使われる時に、ネイティブが使うのとは全く違う意味で使われている英語の事です。1番有名なものは、「リストラ」です。日本で使われる時は「解雇する」という意味で使われていますが、実際ネイティブたちは“restructure”は、「改造する・再編成する」という意味で使っています。「解雇する」の正しい英語は、“lay off [続きを読む]
  • “ 今でしょ! ” を英語で言うと??
  • お盆休みが終わり、夏休みもそろそろ終わりです。暑さは続いていますが、いつの間にかセミの声も聞こえなくなりました・・。常識外れの天候の夏でも、季節は確実に移り変わって行きます。変化・・・変化に対応できるものだけが、昔から今も残っています。その時代の支配者、例えば恐竜でさえも環境の変化に耐えることが出来ずに滅びました。仕事も勉強も、やるべきことは絶えず変化しています。その潮目を見逃すことがないよう、毎 [続きを読む]
  • 「バラッド」と「バラード」は、どう違う??
  • 先日、「バラッド」と、「バラード」はどう違うのですか?という質問を頂きました。バラッド“ ballad ”は、中世の終わり頃にイギリスやアイルランドで流行した、物語のある感傷的な歌の事で、英語では「バラッド」と発音されます。また「バラッド」は、もともと文字を持たない民衆によって、歌い継がれてきたものです。「バラード」と発音する“ ballade ”は、フランス語が語源で、日本では「物語詩」「譚詩(たんし)」と訳さ [続きを読む]
  • ブログを続けて “12年” を迎えました!
  • 2006年8月22日、私がこのブログを、スタートした日です。12年の間に、忙しくて思うように記事を書けなかった時期もありました。私と違う意見をお持ちの方々から、目を通すことさえ嫌になるようなコメントを送られ、止めようかと考えたこともありました。しかし、1日でも多くの人に英語に興味を持って欲しい。英語を道具として使って、広い世間・世界に飛び出してほしいという気持ちが、今も私にブログを続けさせています。ネット [続きを読む]
  • “so”,“very”,“too”を使い分けていますか?
  • 意外と皆さん、気分で“so”,“very”,“too”を使い分けているようです。よく似ていますが、それぞれ使い方は異なります。ご存知ですか?大阪桐蔭と秋田金足農、どちらが勝っても新しい歴史を刻んだ決勝戦には、エキサイトしました。①“ I’m so excited. ”②“ I’m very excited. ”③“ I’m too excited. ”上の3つはどれも「とても興奮している」ですが、 ①は、「分かってくれますよね?」という意味が含まれています。 [続きを読む]