fighter-K さん プロフィール

  •  
fighter-Kさん: 僕の英語青春記〜懐かしの音盤&洋画で英語を学ぶ
ハンドル名fighter-K さん
ブログタイトル僕の英語青春記〜懐かしの音盤&洋画で英語を学ぶ
ブログURLhttp://landmarkpostjp.blog.fc2.com/
サイト紹介文懐かしい音盤・洋画で英語を学んだ、僕の「英語青春記」がお役にたてば嬉しく思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 13日(平均8.6回/週) - 参加 2018/07/06 13:34

fighter-K さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 手が出ない・・・“卒業”
  • 中学生になって、自分のお金で初めてのLPを購入!2500円は決して安い金額ではありません。だから、ライナーノーツに書かれた情報は全て読み、ジャケットを表裏眺め、ライナーの小さな白黒のアーティストの写真を見て、歌詞も覚えるほど何度も曲を聴きました。思えば、洋盤の歌詞カードほど、何度も何度も繰り返し見た英語の文章はありません。(笑) LP1枚分の歌詞の英語を全部暗記していたのですから、これは凄い。高校・大学・T [続きを読む]
  • 英語で何を話せばいいの?
  • ランドマーク・ポストでは、英語を話す上で、何をどう話すかというコミュニケーションの取り方の指導に、日々力を入れています。当社で学んでいる方でも、英語の訓練をする際に、「何を話せばいいか分からない」という人がいます。「どう話せばいいか」が分からないというなら、その訓練は簡単です。しかし、「何を話せばいいかが分からない」と言われたら・・・これは難題です。私は日々楽しく生きることをモットーにしています。 [続きを読む]
  • 初めてのレコード 「そよ風の誘惑」
  • たいていの人が、ある程度の年齢になると音楽に興味を持ち始めます。僕の友達の多くが小学生の時に、「ベスト30歌謡曲」という水曜夜8時のTV番組を見て、学校で歌の話題を口にし始めたと思います。学校の女子は西城秀樹のカッコ良さを話題にしていたし、男子も女性歌手を気にし始めていました。洋楽大好きの僕も、この番組を見ていたおかげで、今でも古い歌謡曲を口ずさむことができます。そして次に、誰もがお気に入りのレコード [続きを読む]
  • “Twitter”はじめました!
  • とんでもない豪雨の後は、連日の猛暑。災害の後片付けをされている皆様には、くれぐれも体調を崩されませんようにと祈るばかりです。阪神淡路・東日本と2度の震災の際は、自身が被災者でもあったので、微力ながらボランティアにも行きましたが、災害からの復旧は、たやすい道のりではありません。行政・民間を問わず、日本中が協力すべき課題だと思います。半月ほど前に、夏用の茶碗を手に入れていました。高価なものではありませ [続きを読む]
  • トム・クルーズと珪藻土バスマット
  • このたびの豪雨で被害を受けられた方々に、心からお見舞い申し上げます。私の住む町の一級河川でさえも、危険水位にまで水が来ていました。さすがにこれには驚きました。あの川が決壊したらどうなったか、私には想像もつきません。ここ数年、これまでの常識が役に立たないような災害ばかりで、緊急時に備えるということを、改めて見直す必要があると痛感しました。さて、8月3日にはトム・クルーズ主演の“ミッション・インポッシブ [続きを読む]
  • ステレオがやって来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 僕の育った家庭は、裕福ではありませんでした。小さな家を買うために、両親が朝から夜中まで働いていました。物心ついた時に住んでいたのは、アパートの2階。週に1回、金曜夜8時のプロレス中継が終わった後、「プロレスの日」と銘打って、父親がプロレスごっこで遊んでくれていたので、その物音に苦情が来ることも。ちなみにこのプロレスで、僕はワン・ツー・スリーは勿論、20までの数字を英語で言えるようになり、リング、シュー [続きを読む]
  • 僕の英語青春記 〜はじめに〜
  • 僕が子供の頃は、カタカナ表記されているのは、まずほとんどが外来語でした。子供心に「どういう意味だろう?」と、いつも気になりました。どうも意味が分からないと思った時は、いつも辞書で調べました。辞書といっても、僕の友達は小学生用の国語辞典を使っているのに、僕は家にある大人用の辞書を使わされていました。わざわざ子供用の辞書を買ってもらえなかったからです。しかし、禍転じて福となすではありませんが、子供用の [続きを読む]
  • この「報道姿勢」はどうなんだろう?
  • 私は日本のマスコミの報道姿勢を、常々疑問視しています。40年近く前、私が大学受験生の頃は、論文試験対策に「天声人語」を読めと、多くの教員が言っていました。しかしその当時から私は朝日新聞が嫌いで読みませんでした。つい先日、英国オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が、「朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位」と発表しましたが、今更としか受け取れませんでした。オックスフォード大学ロイター [続きを読む]
  • ラスト・ホタル
  • 全国的な大雨。災害につながらないことを祈るばかりです。6月に梅雨明けをしたり、毎年のように異常気象が報道されますが、何年かに1度だから異常なのであって、毎年では恒例です。日本は亜熱帯地域であるとの認識を、もう持たざるを得ません。学生時代は夏休みに、ゴルフ好きな私は、朝早くから河川敷の値段の安いゴルフ場(枚方大橋の下、高槻ゴルフ倶楽部)を炎天下の下、カートを手で引きながら2ラウンドしていました。今は夕 [続きを読む]
  • 更新のおわび
  • 就活を応援したり、新社会人に仕事についてのアドバイスをする機会が多く、以前にも増して忙しく過ごしています。世の中を見渡せば、いろいろな場所でいろいろな事件が起きています。一昔前には考えられなかったような事件ばかり。人間関係がどんどん世の中で、希薄になって行くような気がしてなりません。他方、ネット上では実社会とは逆に、多くの人の声が上げられています。しかし、何の責任も負わない自分勝手な意見や信ぴょう [続きを読む]
  • 自分と会話するな! 〜話の下手な人へのアドバイス〜
  • 世の中には話しが上手い人と、そうでない人がいると言われます。確かに中には抜群の話術で人を楽しませてくれる人もいますが、普通は、それほど群を抜いて話の上手い人がいるわけではありません。また、話をするのが得意ではなくても、聞き上手と呼ばれる人もいます。話をする時、どちらか一方が話し好きであるか、聞き上手であれば、大体楽しい会話が成立します。ところが、会話が続かない人が確かにいます。1つだけ私が言いたい [続きを読む]
  • どう話すかではなく、どんな行動を取るか!
  • 4月。仕事が忙しく、このブログの更新が出来ず、申し訳ありませんでした。新しい中学生は元気いっぱい。初めて学ぶ英語も、苦手意識を持つ前に、得意科目にしてしまえば良いわけで、そのための子供たちとのふれあいは楽しいものです。英語が苦手な人の多くは、恐らくかなり初期の段階でつまずくのでしょう。人は他人にどう思われるのか?その基本は、言動ではなく、行動だと私は考えます。“私は話し方がキツイので、冷たいと思わ [続きを読む]
  • 輝く未来のために!
  • 私がこの10年間以上に渡り、ブログに記して来たことは、英語を学ぶためには何が必要かということ。英語をマスターするための、根本的な問題点についてであり、小手先の英会話ワン・ポイント・レッスンではありませんでした。「なるほど」と思えるワン・ポイント・レッスンや英語豆知識というものを無料のブログで拾い読みしたところで、英語はペラペラにはなりません。それ以前に英検合格もTOEICの高得点獲得も無理というものです [続きを読む]
  • 過去の記事 …