nayuki2416 さん プロフィール

  •  
nayuki2416さん: 散文詩をあなたに
ハンドル名nayuki2416 さん
ブログタイトル散文詩をあなたに
ブログURLhttp://nayuki2416.blog.fc2.com/
サイト紹介文リハビリ 愛 恋 純情 風景 謳歌
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 132日(平均4.8回/週) - 参加 2018/07/06 19:49

nayuki2416 さんのブログ記事

  • 小舟のように
  • Photoby 芽衣さん詩   芽衣さん 秋色にたゆたう小舟のように もみじの筏にはどんな秋の想いでが乗っているのでしょうか..。 おつむがひどい方は 根もとを観る おつむがあっぱれな方は 大空を観る &n [続きを読む]
  • 歴史をたどる
  • 本日は青天なり そうだ京都行こう!嘘つき!! 走るの大好きどんどん行こうそれは頭の病気になる前のこと 電車に乗って昭和記念公園まで飛とっ跳び 電車を降りてただひたすらに歩くのみ 晩秋が終り、立冬がきて右片麻痺は血行障害を起こします そうなる前にただひたすらに歩くのみ 疲れた [続きを読む]
  • 人生を謳歌する
  • Photoby 芽衣さん文章  芽衣さん 八甲田の休日?? 雪と遊んだ一日でした。 そして…雪うさぎ????ピョン    人生を謳歌したいなぁ。 私、昔からそうでした。神様、なんで残酷なことをしたの? 僕の手のひらは小さいです。コンプレックスです。 子どものときから、野球 [続きを読む]
  • 十一月三日文化の日
  •   これは四年前、言いたいことを言えず、  身体も儘ならないときに書いたものです。  リハビリの一環として、よければ。   十一月三日文化の日。 高校一年其のとき、青森から自転車を漕ぎ平内町へ遊びに行ってきた話しだ。 青森県東津軽郡平内町大字小湊。 Photoby 芽衣さん十一月三日は朝から晴れていて、晩秋か [続きを読む]
  • 工藤かんとく
  • 西武時代 入団一年目の1982年から、監督の広岡達朗から“坊や”とかわいがられ、中継ぎで起用された。 ダイエー時代、巨人時代、横浜時代。この人も活躍した。 第二次西武時代、西武退団。 この人も悩んでいた。写真は、小学校の体育館の前で。 &nbs [続きを読む]
  • アパートの娘っ子
  • Photo by 芽衣さん昔ばなし。 今日は、工場と研究所勤めの寮の引っ越しだ。 アパートだから女子体育大の人がいる。1階に2人、2階には3人、   3人のうち1人は留守っぽい。1階に住んでいる、    2人の可愛い感じの女の娘っぽい。 アパートに対して、呼び名が「寮」と言っていた。 引っ越しを終えて、夕暮れが近い頃に、若いのが酒 [続きを読む]
  • 酒と涙
  • Photo by 芽衣さん 酒をたしなむ時間を 無駄だと思うなかれ あなたの心が休まる 大切な時間なのだ   タル・ムード 僕にとって酒はマジックみたいなもの カッコつける自分強がる自分 マジックで自分の心を穏やかにしてくれる ありがとう [続きを読む]
  • 欲望と喧騒
  • 緻密さと閑静さと。 欲望と喧騒と猥雑さと。 一週間、歩くのと闘いつづけた。爆弾の時計がチコチコと唸る。 負けたのだ。 あ・る・け・なかった。欲望が崩れて・い・く。 [続きを読む]
  • ブナの森
  • Photoby 芽衣さん文章   芽衣さん 黄金色に輝くブナの森????風の音に耳を澄ましてそっと目を閉じる瞼の裏に光の乱舞 心の中にも虹があると想いたい [続きを読む]
  • 赤トンボ
  • Photoby 芽衣さん 二回目 妻が言う、「トンボみたの、洗濯物にとまっていたわ。 赤いから、赤トンボよ」僕が言う、「赤トンボ、こんな季節に?」 芽衣さんから頂いた写真には、九月と書いてある。 僕がトンボをみたのは、何年経つだろう? 脳出血を起こして、病院に入った。両目の鼻に近い部分は欠如していた。真っ黄色に染まった夕陽が [続きを読む]
  • 秋晴れ
  • 滑稽な役を演ずるひょっとこが、小さな公園で踊ってた。 いつものように歩くリハビリ。今日は、文句なしの秋晴れ。汗で上のジャージが濡れても平気。 電動カートに乗って、そこらへんをぶらぶら。 サングラスを掛けても、眩しい。 グランドで、小学生のソフトボール大会をやってた。 ソフトボ [続きを読む]
  • 弘前青果市場
  • Photoby 芽衣さん文章   芽衣さん りんご取扱量 日本一 弘果 弘前中央青果のセリの風景です。 広い場内に響き渡る競り人の掛け声。 全国に流通しているりんごの1/4は、ここから出荷されているそうです。 あなたの街にも、届いているかもしれませんね???? &nbs [続きを読む]
  • 別嬪さん
  • 別嬪さんだ、訪問リハの女性の先生は。 今日のひとコマ。 オイラは腕時計を五つ持っている。元気なころに、どっかで買った、フランク・ミュラーもどき。確かに気に要っていたのだが、オイラの身体じゃ、しかも電池切れ。 電池を替えて、女性の先生に見せる。 艶めかしい声で、「昔、私から腕時計を、私にプレゼントしたの [続きを読む]
  • 銀杏拾い
  • 【英王女、挙式で背中の手術痕を隠さず】ネットで称賛の声僕は程度が低いが、脳が悪くなり、右片麻痺です。ヘルパーさんがいる時、スマホで写真を撮ってくれます。 Photoby My son 銀杏拾い オイラは釣りに凝ったのは今から二十年も前。海と渓流と湖。格好から入るので渓流はウェイダーにベスト、ロッドにルアーと毛鉤と。 [続きを読む]
  • どん曇りの空
  • Photoby My son昨日撮った写真 我が家の長男は広島旅行。遅い夏休み。昨日は傘が必要だったが、今日は青天のようでした。 オイラは寅年産まれ LINEで送ってキタこちらはどん曇りの空。 本格的な秋の到来。そうだ、京都へ行こう。 いやいや、秋の風物詩、あれを買おう。 買っ [続きを読む]
  • 別嬪さん
  • Photoby 芽衣さん 訪問リハの女性の人は別嬪さんだ 別嬪さんは、たまの休みが合えば、キャンプは勿論のこと、自動車を使わないときは、タンデム(オートバイの二人乗り)で、ライダーは旦那さん。ケッ、つまんないの。 摩訶不思議。別嬪さんは三味線をするんだって、南部気仙会。 津軽三味線。あれは四十年も前のこと。高橋竹山 [続きを読む]