女優・ライフディレクターKUNIKO さん プロフィール

  •  
女優・ライフディレクターKUNIKOさん: 生きづらさが宝物!NYで学んだ幸せ上手な生き方
ハンドル名女優・ライフディレクターKUNIKO さん
ブログタイトル生きづらさが宝物!NYで学んだ幸せ上手な生き方
ブログURLhttps://ameblo.jp/innerartist/
サイト紹介文女優としてNYで活動後、演技✖️心理学で魅力を引き出し、夢をかなえるワークショップ等を主催。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 11日(平均10.8回/週) - 参加 2018/07/09 14:08

女優・ライフディレクターKUNIKO さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 私の人生を変えたティーチング・アーティスト
  • NYに留学して良かった事の一つに、素晴らしい先生方との出会いがある。 素晴らしい俳優・女優の陰には必ず名コーチがついているし、さらにそのコーチを育てる「ティーチャーズ・ティーチャー(先生を教える先生)」までいる。 そういった先生方の素晴らしいのは、教える為の専門知識を十分に持っているだけではなく、生徒を伸ばす為の言葉がけの方法やタイミングなど、コーチングの面でも優れている。 また優れた先生ほど、「教え [続きを読む]
  • NY俳優生活で得た本当の「自信」
  • いつもお読みいただいてありがとうございます いや〜、日本は暑いですね。NYも夏は日中は30度越える事も多いですが、湿度がないので日差しだけが強い感じ。それに、NYの夏は本当に短いのでこの時期だけ現れる太陽の恩恵を存分に味わうべく、公園で日向ぼっこなんてしてましたね。 日本はで日向ぼっこ・・・命に関わりそうですね 私はNYで2年間、演劇学校に通いその後の OPT期間で1年間の労働許可を経て女優として働いていま [続きを読む]
  • 「良い事やってるのに・・・」日本の起業家が残念な理由
  • ずっと興味があったある方の起業塾。。。ラッキーな事に、バックナンバー5400円で見放題!と言う事で早速購入しました。 別にdisる訳ではないのですが、内容はいいんだけど・・・。 洋服がダサいし、編集もいけていないし、画像も荒いし、音声も悪い。 そしてオープニングが内輪受けっぽくて残念だし、本題に入るまで長すぎる〜 余談ですがなぜ、ハリウッド映画がオープニングにこだわっているか? それはオープニングの [続きを読む]
  • NYお金の試練〜15ドルケチって、100ドル損した話〜
  • いつもお読みいただいてありがとうございます演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。 3年前に女優として大成功する為にNYに渡ったのですが、それだけではなく、私にとってNYでの生活はパートナーシップ、お金、セクシャリティーにおいての修行の場だったと思います。 別に修行するつもりがなくても、そんな事ばっかり起こるんだから仕方がない 例えばお金については、こんな事がありました。 3月に映 [続きを読む]
  • 決断の時
  • いつもお読み頂きありがとうございます。 演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。 今日は夜ご飯を食べた後、気がつけばずっとパソコンに向かって、仕事をしていました。 気がつかなかったのですが、今日は新月&一粒万倍日だったそうです。 そんな偶然すら、私を応援してくれているような大きな運命の後押しを感じます。 * * * * * さて本題ですが、NYから帰る決断をするまでものすごく迷 [続きを読む]
  • NYのエージェントからスカウト
  • いつもお読みいただいてありがとうございます演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。 今日、嬉しい事がありましたメールボックスを開けるとNYのエージェントからスカウトのメールが来ていました実はこのエージェントは社長のKimからバックステージ(タレントが仕事を探すサイト)経由で昨年スカウトされていました。 そこからメールで何度をやりとりして、幾度かの書類審査を通過し(?)、オフィスに [続きを読む]
  • どこを向いているのか?
  • いつもお読み頂いてありがとうございます演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。 吉本ばななさんと奥平亜美衣さんの対談本「自分を愛すると夢は叶う」をようやく手に取ることが出来ました。予想を裏切り、結構深く、痛いところをつくようなばななさんの言葉の数々にやられたな〜と思いました。 特に、転職の部分の 「自分の顔は常に読者の方を向いている。」 という言葉はぐさっと来ました。 私は女優 [続きを読む]
  • 日本に帰国しました。トニー賞は取れなかったけれど・・・
  • いつもお読み頂いてありがとうございます。演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。 昨日、NYから帰国しました。今後は日本に活動の拠点を移し、女優業とコーチング業の両方でやっていこうと思っております。 7月中は新事業(というほど大げさなものではないですが)の為の準備とNYで学んできた事のシェア会・・・などをしたいと思っております。 それに伴いまして、アメブロさんの公式ジャンルも変更し [続きを読む]
  • セドナ、死者に出会うボルテックス
  • いつもお読みいただきありがとうございます。演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。(ライフディレクターって?) やっとシャスタの続きを書きます。 明日からいよいよシャスタへの旅が始まります アメリカ人の友人・知人にも「シャスタへ行くよ〜。」と伝えたのですが、「どこ?それ?」という反応が多数 セドナの時もそうでしたが、シャスタもまた呼ばれないといけない場所なのかもしれないな〜と思 [続きを読む]
  • NYでマネージャー暦20年のB氏との出会い
  • いつも、お読み頂きありがとうございます演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。今週は、私が所属しているショウケースカンパニーのOFF-OFF Broadway公演があります。 様々な理由から名前は明かせないのですが、私はそのカンパニーの41期の日本人唯一のメンバーとして加入しています。そのカンパニーの創設者であるB氏は私の人生を変えました。彼は、所属メンバーに対して3ヶ月に一回、ブロードウェ [続きを読む]
  • NYからセドナ、そしてシャスタへ
  • 皆様、いつもお読みいただいてありがとうございます。演技を通じて人生を見つめる女優、ライフ・ディレクターのKUNIKOです。 ここ最近、人生での変化が目まぐるしくブログの更新が追いついていないのですが、3年あまりのNY生活を終え、日本に帰国する事にしました。 NYへは女優として演技を学び、実績を積む為に来ました。(今は退会してしまったのですが、ブロードウェイに挑戦していた頃のブログはこちらです。)トニー賞を取る [続きを読む]
  • 「私は愛されていない。」は逆じゃない?
  • こんにちは演技を通じて人生を見つめる女優・ライフディレクターのKUNIKOです。(なんかキャッチコピーを変えてみました。) なんだか、最近の自分の内面の変化と気づきが激しくて、「女優」という枠が小さく感じる様になってきました。 最近ブログをお引っ越したばかりでプロフィールなどがまだまだ追いついていないのですが、私は女優として演技を長年学んでいます。ところが、「プロの世界で売れる。」という自分の願いとは裏腹 [続きを読む]
  • 愛情サンドバック
  • フロリダを旅していた。輝く太陽と広い空の下、素晴らしいものになるはずだったそれは惨めなものとなり、予定を途中で切り上げて帰ってきた。 旅に出る前、私は大好きな人達に囲まれてこれ以上にない程の幸せの中にいた。ところが旅から帰る時の私は一人で、大切な人たちは全て見知らぬ人達どころか敵のようであった。 またしても愛情に打ち砕かれた。という思いが更に私をいたたまれない想いにした。 自分でも制御できない程の、 [続きを読む]
  • なぜ生きるか?どう生きるか?
  • ご無沙汰しております。 この数週間、激動とも言える出来事の連続でした。 特に先週は自分を見つめ直す以上の深遠な体験をして苦しくて逃げたくなった事も。。。 でもそのギフトとして素晴らしい時間が待っていました。 幼少の頃から様々な試練があり、 「なぜ生まれてきたのだろう。なぜ生きているんだろう。」 というという問いが常に私という生の根元にはあったように思います。 でもその問いが人生をより複雑に辛いものにし [続きを読む]
  • 欠乏のカリスマ
  • いつもお読みいただいてありがとうございます。 KUNIKOです。 今日はショウケースのリハーサルがあったのですが、リハーサル後にもやもや。。。 いつもと違うディレクターの回だったのですが、その人のダメ出しのやり方が何だか合わなくて、終わった後にぐったり疲れました。 久しぶりに、「奪うエネルギー」「支配するエネルギー」 みたいなものを感じたからかもしれません 最近、自分の本音に素直に生きる事を大切にし始めてから [続きを読む]
  • 「心に従うことが正しいこと」
  • 以前のブログからのリブログ。長くなるのですが、’商業映画からのオファーが来た’と思って喜んで行ったら、学生の卒業制作の短編映画のオーディションだったというもの。これが約一年前の事で、その映画がようやく完成し、今日NYで試写会があった。SVA Theaterという映画館で行われる映画祭で監督のタルが私を見つけると、 「あそこにポスターがあるからサインをして」 と言われて、まるでハリウッドスターのようにサインをした [続きを読む]
  • 過去の記事 …