はると さん プロフィール

  •  
はるとさん: 多面的な自閉症療育−算数や読書きの苦手克服を目指す
ハンドル名はると さん
ブログタイトル多面的な自閉症療育−算数や読書きの苦手克服を目指す
ブログURLhttps://ameblo.jp/mhy1/
サイト紹介文言葉がなく、異常な行動を繰り返していた自閉症の息子の発達記録や療育内容について書き記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 6日(平均12.8回/週) - 参加 2018/07/09 18:40

はると さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 引き算の暗算の教え方(小1・知的ボーダー)後半
  • Step4 Step3の取組みが順調だったため、Step3の復習を続けながら、Step4の取組みを行うことにしました。実は、このあたりから問題演習に入ってもいいかなとも思ったのですが、息子が興味を持ちそうな遊びを通して、引き算の暗算の理解度をもう少し高めた後で問題演習に入ろうと考え、以下の取組みを行いました。 3−、4−、・・・、9−、10−ごとに、下の画像のように数式が書かれたスポンジをランダムに並べて、息子に、上 [続きを読む]
  • 引き算の暗算の教え方(小1・知的ボーダー)前半
  •  引き算(10以下)については、息子が5歳10ヶ月のときから教え始め、息子が自力で計算できるようになってからは毎日、20〜30ほどの問題演習をさせてきました。 ちなみに息子に教えた引き算の計算方法は、例えば、5−2であれば、〇を5つ書いて、それを見て3と答えるものです。(教え始めてしばらくの間は、 φφ〇〇〇  のように、引く数だけ〇に線を入れ、残った〇を数えて答えさせるようにしていました。) 引 [続きを読む]
  • 小学1年−6月 
  • 学 校 生 活【息子の様子】 6月になり、担任の先生から息子の様子について、「少し落ち着いてきた」との話がありました。確かに、6月に1度、息子を学校の教室まで見送ったとき、朝の会が始まるまでの準備を途中でやめてしまった息子に先生が最後までやるよう指示した際、素直に指示に従っていました。4月は、先生の指示がほとんど通っていなかった感じだったので、状態は良くなっていると思います。ただ、まだ日によって、先 [続きを読む]
  • 障害児音楽発表会(小1)
  •  今日、息子が通う音楽教室が主催する障害児音楽発表会が開催されました。 6歳の息子は、この音楽教室の障害児音楽療法コース(個人レッスン)に4歳10ヶ月のときから通っています。 音楽教室では、息子は、就学までは音楽を取り入れた1対1の療育を受けていましたが、妻がピアノを少し教えることができ始めたということを先生に伝えたことがきっかけになって、数か月前から、息子は、療育だけでなく、ある程度の時間、ピア [続きを読む]
  • ふえたり へったり(小1)
  •  5月の連休明けに算数の教科書を見ていて、小学校では、足し算や引き算を学習する前に「ふえたり へったり」の学習をすることを知りました。 数の増減については、就学前に教えようと思った時期がありましたが、そのときは、足し算や引き算の演習を優先させ、後回しにしてしまいました。久しぶりに数の増減の問題を出してみましたが、相変わらず全く理解できていなかったため、今回、息子に習得させることにしました。 健常な [続きを読む]
  • 映画「レインマン」を観て
  •  先日、映画「レインマン」を観ました。 「レインマン」は、ダスティン・ホフマン演じる重度自閉症(サヴァン症候群)の兄レイモンドとトム・クルーズ演じる高級車ディーラーの弟チャーリーとの交流が描かれた作品で、1988年に公開され、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、ベルリン国際映画祭で作品賞を受賞しています。 今まで自閉症の息子を育ててきて、自閉症のことも、自閉症の人の生きづらさについても理解しているつも [続きを読む]
  • 小学1年−5月 
  • 学 校 生 活【息子の様子】 入学後、1ヶ月半が経過し、息子は、学校での生活に少しずつ慣れてきている様子です。妻が付き添わなくても、朝の会が始まるまでの準備や読書ができるようになったため、5月の終わり頃から、妻は、朝、息子を教室まで送るとすぐに帰るようにしています。 息子は、4月に比べると、授業中に席を立つことは減ってきているようですが、先生の指示にすぐに従えないことが多かったり、授業中もぼーっとし [続きを読む]
  • 小学1年−4月
  • 学 校 生 活【息子の様子】 息子は、給食のときを除き、情緒クラスで過ごしました。 入学式後の数日間、息子は、先生の指示を無視して、席に座らず、教室内を走り回っていたため、妻が当分の間、朝の会が終わるまで息子に付き添うことにしました。 妻が付き添いを始めてから、息子は、登校して朝の会が終わるまでは、落ち着いて過ごすようになりましたが、担任の先生によると、妻が帰ると、息子は、よく席を立つようになり、注 [続きを読む]
  • 就学時の息子の学力
  •  息子は、この4月に小学校に入学し、特別支援学級(自閉症・情緒障害)に通い始めました。 予想していたことですが、息子は、学校で授業に集中することができないので、日々、家庭で、息子に学校で習う内容を教えています。 息子のIQは70ちょっとですが、健常に近いレベルの学力が身に付くように家庭でしっかり支援していきたいと思います。 なお、参考までに、息子の就学時の学力は、以下のとおりとなります。  国 語 [続きを読む]
  • 自閉症児の入学式
  •  息子は、この4月から小学校の特別支援学級(自閉症・情緒障害クラス)に通い始めました。入学式の日、息子は、情緒クラスの担任の先生に何度か話しかけられていましたが、返事がぜんぜんできていませんでした。また、通常学級で担任の先生が子供たちに話をしているときも息子だけが先生の方を見ていないようでした。 息子のこういった姿を見ていると、これからの小学校生活は、想像していた以上に前途多難なものになるだろうと [続きを読む]
  • こども園・発達支援センター(年長)
  •  息子がこども園(年長)と発達支援センター(年長)に通っていたときの様子等を書き記しました。 〇こども園(年長) 4〜5月 ・年長になり、担任の先生が変わったものの、精神的に不安定になる様子はほとんど見られなかった。ただ、息子は、年中のときの担任の先生がとても好きなので、卒園するまで、年中のときの担任の先生を見つける度にその先生のところに行っていた。 ・息子は、鉄棒や縄跳びの特訓を受けていたが、その [続きを読む]
  • 過去の記事 …