こなこな さん プロフィール

  •  
こなこなさん: 音・風・水
ハンドル名こなこな さん
ブログタイトル音・風・水
ブログURLhttps://pygmysunfish.blog.fc2.com/
サイト紹介文音楽と収穫と熱帯魚と、時々インド人....
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 142日(平均1.7回/週) - 参加 2018/07/09 23:40

こなこな さんのブログ記事

  • アイヤッパへの道 vol.17
  • インドのキリスト教インド洋に浮かぶ小島、北センチネル島で一人のキリスト教徒が殺された。この島に住むセンチネル族は外界との接触を一切拒絶し、インド政府も文化保護と渡航者への安全のため半径5キロ範囲は立ち入り禁止としている。そんな島にこのアメリカ人宣教師は布教活動と称して違法に上陸し殺された。事あるごとに露呈する西洋人たち、キリスト教徒のこういった傲慢さ、独善的な発想にはほとほとあきれるばかりだ。チェ [続きを読む]
  • 暁のマコモダケ 決起集会
  • 上野大根諏訪湖姫、引き続き受付ます。欲しい方はこちらのメールまで。 suwakohimedaikon@gmail.com思い付きで新たに立ちあげた新団体『暁のマコモダケ団』マコモダケへの愛と情熱を再確認するこの企画、新たに5名の新団員を加えて第一回決起集会を高らかに開催いたします。→マコモダケ愛犬と、ちょっと気になる音楽と♪ももPAPA様さっくり割いたところは真っ白な肌でとてもきれい。大きめのものは黒いしみが出てませんでし [続きを読む]
  • 諏訪湖姫とゆかいな仲間たち
  • 諏訪湖姫コレクション 2017もうあれから、一年たつのですね。スクナヒコナでございます。やっと終わった上野大根の収穫時期、諏訪上野の小さな部落はこの半月間、まるで戦場のようです。冬も間近な大根畑に朝早く独りで立てば、朝日に輝く大根葉の霜がきらきらとてり輝いてそれはそれは美しかった。他の農家さんは4人5人と親戚、縁者、多くの応援を呼んで、わっしょいわっしょいっと大根を引き抜いてはトラックで運んでゆく。東 [続きを読む]
  • ダルシー・リン
  • Darci Lynne大ファンです。フェイスブックでフォローしてます。ファンクラブにも入会しました ♪いま、テレビで紹介されてました。いつかブログで取り上げようと思ってましたから先を越されてちょっと悔しいです。初めて見たときはあまりにもすごくてそれはそれは衝撃でした。アメリカズ・ゴット・タレント 『America’s Got Talent』 2017年のファイナル。グランプリを争った女の子も本当にすごかった。相手が悪かったとその時は [続きを読む]
  • 少彦名のきのこ図鑑7 スッポンタケ
  • 2018年10月25日撮影家の裏で恐竜の卵を見つけました。もうすでに孵化が始まっていて何やら目のようなものがこちらを恐る恐る伺っています。見つけたのは家の裏の石垣。裏の山のもみじはいつものように真っ赤に紅葉しています。二日後ついにその姿を現しました。スッポンタケです。しかし真っ白なものは初めて見ました。スッポンタケの別種かなと初めは思いましたがよく見るとすぐ近くに頭の黒いのが一本生えていましたので何かの拍 [続きを読む]
  • 秘密結社『暁のマコモタケ』結成
  • 薫さんからのリクエストに応えて、突然ですがここに『マコモタケ団』結成を高らかに宣言します♪☆入団資格参加希望の方は真菰筍に関する記事、お料理の写真、真菰だけに対する思い等をブログ、SNS等にアップし、当記事のコメント欄にURLを張り付けてください。アメリカの『ワイルドライス』でも参加可能です。☆活動内容真菰筍を食べて幸せになる。マコモダケを知らない人にマコモを紹介して一緒に幸せになる。☆団体概要 団長  [続きを読む]
  • マコモダケ
  • マコモという植物をご存知でしょうか。イネ科の多年草で人の背丈よりも高く大きくなります。東南アジアから中国、台湾、日本では万葉集にも登場し、日本各地で普通に見られる、川や湖などの水辺に群生する大型の植物です。私自身も初めて知ったのは去年の春、ちょうど田植えのころで慌てて生産農家さんに頼んで苗を手に入れたものです。この村の農家さんですらまだまだまこもを知っている人は少ないです。あの東京から来た変人は何 [続きを読む]
  • ヒメコレ2017 薫さん編
  • もう1年になるのじゃな、常世神少彦名じゃ。昨年『姫コレクション』と名前も新たにリニューアルして再スタートした上野大根お料理フェスティバル。信州諏訪の特産品、『上野大根』を使った創作料理を出品してもらう次回で4回目の大会じゃ。『ヒメコレ』で検索すると高級美少女デリヘルがヒットしてしまうというのはちょっとしたご愛敬、しかし開催直後にインドの神様たちに会いに行ってそのまま知らんぷりで、今までほったらかしに [続きを読む]
  • とんぼの卵を採取する方法
  • 日に日に赤とんぼの数も少なくなって、日中の日差しも山の斜面に斜めに差し込んで暖かい中にも乾いた空気が秋の深まりを感じさせます。それでも、玉ねぎを植える私の頭上にはまだまだたくさんの蜻蛉たちがくるくると円を描きながら、時には耳元にまで飛んで来てぶんぶんとつぶやいては去っていきます。と、ここで唐突ですが、この赤とんぼの群れの中に交じって『馬鹿とんぼ』という一群がいるのを皆さんご存知でしょうか。見かけは [続きを読む]
  • 少彦名のきのこ図鑑6 シロキクラゲ
  • 10月1日撮影折れて朽ちた地面の枯れ枝に生えていました。広葉樹の森のなかではよく見かけるキノコ。名前の通り真っ白に透き通った木耳です。それほど珍しくはないにしても一度に取れる量はほんのひとつまみ。それでも癖がなくおいしいキノコなので見つけたら必ず持ち帰っています。さっと湯がいて酢の物に。ほんとにちょびっとですね。飲み屋のお通しにもなりません。味はつるつるとして癖のない歯ごたえ。キノコが嫌いな人でも抵 [続きを読む]
  • 白点病にはインドの唐辛子
  • ゴールデン・ダイヤモンド・エンゼル今年の残暑は長く暑かった。10月に真夏日でそのうえ急に寒くなったものだから風邪をひいてしまいました。人間でもこんな調子ですから、同居人の熱帯魚たちも先日の急な低温でなんと白点病にかかってしまいました。節電のため夏の間はヒーターを切っていたもので、ちょっとした飼い主の油断からかわいい子たちを病気にしてしまいました。前日まで全然何ともなかったのに一晩であっという間に広が [続きを読む]
  • すくなひこな、ルージュと会う
  • 10月6日 土曜日少彦名がルージュさんと会いました。その日はあいにく台風が来る直前で今にも雨が降りそうな荒れた天気。それでも私の心は遠足に行く子供のようにうきうきしています。なんてったってルージュさんに会うのですから。6時43分上野村を出発。10月というのに台風のせいで夏の朝のようにしっとりと温かです。まずは身だしなみ。行きつけの平湯温泉に行ってのんびりと朝湯を楽しみます。写真は冬に撮ったものなので雪など [続きを読む]
  • 台風
  • 只今、台風24号が我が家の上空を通過中。『上川が危険氾濫水位を超えました』と市役所の緊急放送の声が深夜の山の中に響いています。The Damned - Shadow Of Loveザ・ダムドUKパンク界を代表する三大パンクバンドの一つ。当時流行の最先端だった『パンク・ムーブメント』を大いにけん引してきた彼ら、ちゃんと音楽してる楽器が上手なパンクスって言われてたな。今夜紹介した一曲、『Shadow Of Love』はそんな往年のパンクシーンを [続きを読む]
  • 諏訪市立湖南小学校後山分校
  • 今年中の取り壊しが決定しました。以前、ブログで紹介した後山分校。また一つ、懐かしい風景が日本から消えてゆきます。私の家からは隣村。こちらに引っ越してすぐ、偶然見つけたときの衝撃は今でも忘れられません。過去記事『霧のドライブ』丘陵地に建てられた立派な校舎。分校と言われる割にはとても凝った、一度目にしたら忘れられない不思議なたたずまいがあります。裏山の斜面に向けて二階から空中スロープが突き出ています。 [続きを読む]
  • 雨乞い
  • ここ一か月、まともに雨が降っていない。世間ではゲリラ豪雨と連日方々で騒々しいが、方や、この峠の村は雨雲に嫌われているかのように全く雨が降っていない。数えてみてもこの一か月、雨が降ったのはたった二日だけ。それもほんの一時の通り雨と、お付き合い程度の霧の雨。畑にトラクターで入れば二、三分で車も体も真っ赤赤のほこりまみれ。流砂に埋まるように、ついにトラクターは乾いた土に飲み込まれて動かなくなった。それで [続きを読む]
  • たこ八郎
  • ある日、いつもの公園から帰ってくると家の中がすっごく臭かった。昼間からカーテンを閉めて薄暗いリビングに母親がこっちを向いて鼻をつまみながらソファーのほうを指さして苦笑いしている。並べられたソファーには見たこともない浮浪者がいびきをかいて眠っていた。それがたこさんとの初対面だった。たこ八郎。本名、斎藤清作。元日本フライ級チャンピオン、日本屈指の名コメディアン。父とは同じボクシングの仲間、一つ下の後輩 [続きを読む]
  • 女医さん
  • この間。ブログにも書いたけど、突然目が見えなくなったじゃない。見えないって書くと衝撃的だけど全部じゃなくって視界の一部がね。その時見てもらった先生が女性だったのね。諏訪中央病院の若い女の先生。まだ経験も豊富なわけじゃないけれど一生懸命診察してくれて、分かりやすく説明してくれて。すっごく安心できたのね。仕事休んでまで来てよかったなって。東京医科大の事件/東京医大入試 女子一律減点患者さんのためにしっか [続きを読む]
  • ミンミンゼミ
  • 今日ミンミンゼミが初めて鳴いた。いよいよ八月、いろいろなものが一度にどっと押し寄せてくる季節です。田んぼの雑草もあらかたかたずいて、『恐ろしく草の多い田んぼ』から『普通に雑草の多い田んぼ』くらいにはなりました。写真は今回大活躍した白兵戦の秘密兵器、『ゴリアテMk.II』 一代目は『妄想・ドイツ機甲師団 第2話』で登場したすっごい重くて方向転換するのも一苦労だった奴。百姓初めて一年目だったのであの作業は心 [続きを読む]
  • Seeds of Night
  • 家に帰ってみたらROUGEさんからバラの本が届いてました。家の目の前に小さな畑を改めて造って、彩にバラを一本植えようと思って、何がいいですか?と数限りなく存在するバラの品種の中から無謀にも最高のものを一本選べと、なんとも失礼で無責任な質問をROUGEさんにぶつけたところ、それでは大事にしていたこちらの本をそなたに差し上げましょう、と優しいお言葉をいただきました。私の畑は裏山の斜面に。夜中、なんか食べたいなと [続きを読む]
  • キャンプだホイ
  • スリランカの友達がキャンプがしたいということで近所のキャンプ場を紹介してあげた。よくバーベキューなんかで利用させていただく憩いの場所。地域の森林組合の方々が無料で開放している小さなキャンプ場です。草刈りも行き届き薪なんかもうずたかく積まれていて、こういった無報酬の取り組みには本当に頭が下がります。とうとうと流れる湧き水はキンキンに冷えていて本当においしい。ただ水を飲みに訪れるだけでも十分癒される夢 [続きを読む]
  • 無農薬の証明
  • 水草の森で優雅に泳ぐフレッシュウォーター・バンブルビーフィッシュ。レッドチェリー・シュリンプと一緒に水草の間をぷかぷか気ままに漂ってます。ということで、皆様、この連休はどうお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?私ですか?私は当然、田んぼで泥まみれでございます。そして、これがその田んぼでございます。一見至極平和な風景でござんしょ?ショックがでかいのでゆっくり近づいてみましょうね。はい、ご覧の通りで [続きを読む]
  • インドで民衆に向け警官が発砲
  • インドの友人がフェイスブックにアップした動画詳細確認中。調査結果結論から言うとこのビデオはフェイクです。実際はこのビデオがアップされたのは去年の11月、『Moke Dreal of Khunti Police』と題されてアップされた警察の訓練の様子です。別角度からの映像ただし、このビデオが関連づけられて報道されているマディヤ・プラデーシュ州、マンドサウル/ Mandsaur でのデモ隊への発砲事件は、警察による銃撃、暴行で6人の被害者を [続きを読む]
  • 歌丸さん
  • 歌丸さんが死んだなんだか嘘みたいだテレビで見たときからお爺さんだった笑点では毒舌の憎まれ役だった創作落語の出だとは知らなかった私は東京の下町育ち五代目三遊亭圓楽、『若竹ビル』のすぐ隣に住んでいた。初めて見た落語はそこで見た円楽師匠の高座。円楽さんは朝早くから箒片手に近所の路地を掃除していた。歌丸さんの高座はきっと見たいときにいつでも見れると思っていた。気がついたら一度も見ないで終わってしまった。改 [続きを読む]
  • 歌詞和訳  Lost on You / LP
  • 意味『雪の御射鹿池』で紹介したLPの『Lost On You』誤訳ばかりでネット上にしっくりくる翻訳が一つもなかったから頑張って訳してみました。トランスジェンダーな彼女、一人称は『僕』で書きました。『Lost On You / LP』 Laura Pergolizzi / Nathaniel Campany / Michael GonzalesWhen you get older, plainer, sanerきみが歳をとって平凡な大人になったときに、 Will you remember all the danger若かった二人の危なっかしい日々 [続きを読む]