Joyfuton さん プロフィール

  •  
Joyfutonさん: ものほし
ハンドル名Joyfuton さん
ブログタイトルものほし
ブログURLhttps://joyfuton.hatenablog.com
サイト紹介文ブラタモリみたいなやつ。古い街並み、レンガ建築、神社仏閣、古地図巡りや、旅行記事。京都が好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 92日(平均3.0回/週) - 参加 2018/07/10 00:07

Joyfuton さんのブログ記事

  • 東京 霞が関で省庁の建築巡り
  • 今回の東京旅行では霞が関で省庁の建築巡りをしました。公共建築物はどれもかっこいい。税金使ってるからかな?(違う) 最高裁判所 日本国水準原点 外務省 法務省旧本館 国会議事堂 東京駅 おまけ前編はこちら。joyfuton.hatenablog.com最高裁判所最高裁判所、でかすぎ…正面から写真を撮りたい僕に圧倒的な法の壁が立ちはだかる!設計:岡田新一 1974年。日本国水準原点日本の原点がここにある!海抜何 [続きを読む]
  • デザインあ展と日本の建築展
  • 3ヶ月ぶりに東京に行ってきました。今回のお目当ての展覧会は2つ。デザインあ展(日本科学未来館)混雑すると噂だったので10時開場のところ8時半に行ったら20番目くらいだった。9時半に整理券をもらってそのまま入場、中が空いてるうちに一気に見た。内容としては普段目にするものや使ってるもののデザインを改めて考えよう、という展示。Eテレでやってるからか、子供たちがたくさん!リアルな人形が徐々にトイレのマークに変わって [続きを読む]
  • 我が家の台風顛末記
  • 先週の台風はすごかったですね。今でも近畿で1万軒近い家庭で停電しています。また北海道でもたくさんの方がまだもとの生活に戻っていません。いち早い復興を祈っています。さて僕の家でも停電したり壁が剥がれたりと被害がありましたので、まとめておきたいと思います。episode 0 「懐中電灯買う」台風が来る数日前。母が突然「最近災害が多いし、懐中電灯を買ってきてくれへん?」「まあ買ってもいいけど、種類もいろいろあるか [続きを読む]
  • 2018年7月に読んだ本
  • 今月読んだ本です。 失敗のメカニズム 問題解決大全 京都・奈良の世界遺産凸凹地形模型で読む建築と庭園 大学4年間の金融学が10時間でざっと学べる 京都で日本美術をみる 地形のヒミツが見えてくる体感!東京凸凹地図失敗のメカニズム失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (角川ソフィア文庫)posted with ヨメレバ芳賀 繁 角川書店 2003-07-01国鉄やJRの安全研究をしていた人の本。軽くて読みやす [続きを読む]
  • 「カメラを止めるな!」が面白かったので見てほしい
  • タイトルが全てです。わくわくどきどきして、最後に登場人物が愛おしくなる映画でした。なるべくネタバレせずに見てほしいので、どのブログでもざっくりした紹介しかされてなくて笑う。hakaiya.hateblo.jp上映館が少ないです。今の所、近畿ではイオンモール京都桂川でしかやってませんが、8月9月から上映館が増えるそうです。監督も俳優も無名の人たちなのに、こんなに面白かったのすごいなー。一切の情報をシャットアウトして見 [続きを読む]
  • 震災発生わずか10日で走った石油列車の激アツエピソード
  • 東日本大震災によって燃料が来なくなった被災地。地震発生からわずか10日で貨物臨時列車を仕立て石油を運搬した話をご存知ですか。解体を待っていたディーゼル機関車と定年間近の運転士が急遽呼び出され、爆発炎上したコスモ石油千葉製油所のLPGタンクから200mしか離れてないところで奇跡的に被害をまぬがれたタンクを使い、今はもう使っていない線路で臨時ダイヤ組んで走るという、JR貨物とJR東日本の激アツエピソードなんです。S [続きを読む]
  • ブラふとん「旧東海道本線」
  • まいまい京都主催の「旧東海道本線 日本初の山岳トンネル!廃線ウォッチャーと辿る巨大な鉄道遺産」という街歩きイベントに参加してきました。今回のブラふとんはその模様をまとめます。 概要 逢坂関 京阪大谷駅 旧東海道 山科南部を通った東海道線 大谷駅跡 逢坂山トンネル西口 蝉丸神社 鰻屋「かねよ」 逢坂山関跡 [続きを読む]
  • ブラふとん「山科」その2:山科本願寺の土塁を巡る
  • ブラふとん、今回は山科を巡っております。ところで皆さん、山科にも「御土居」があったのをご存知ですか?御土居といえば、16世紀に豊臣秀吉が洛中を取り囲むように作ったことで有名です。しかし、山科の御土居はその100年前の15世紀、蓮如上人が作った山科本願寺の土塁として築かれました。後編のテーマは「山科本願寺の土塁を巡る」です。 地図 山科本願寺へ 公園の横の謎の区画 醍醐街道 [続きを読む]
  • ブラふとん「山科」その1:旧東海道を歩く
  • 今回は京都から近いけどあまり行くことのない「山科」をブラふとんしました。参加者は僕、永太郎さん、他3名。前半のテーマは「旧東海道を歩く」です。早速行きましょう。 散策地図 前半の行程 御陵駅 琵琶湖疏水煉瓦工場跡 4方向全部暗渠だ! 一里塚ガレージ 吉田初三郎のお墓 日ノ岡ホッパラ町 亀の井不動尊 [続きを読む]
  • 芸術と地理を巡る東京旅行:3日目
  • 東京旅行3日目です。ここまでの記事。joyfuton.hatenablog.comjoyfuton.hatenablog.com 上野恩賜公園 摺鉢山古墳 上野動物園 京成電鉄 旧・博物館動物園駅 黒田記念館 国際子ども図書館(旧・帝国図書館) ひだまりの泉 萩の湯 横浜美術館 ヌード展 ヒロシマ / Hiroshima 品川新駅 旅の振り返り上野恩賜公 [続きを読む]
  • 芸術と地理を巡る東京旅行:2日目
  • 旅行2日目です。1日目の様子はこちら。joyfuton.hatenablog.com 吉原散策 上野駅 鉄道博物館 入り口 車両がいっぱい 模型と年表 新幹線 おみやげコーナー 屋外展示 GENERAL STORE RAILYARD 秋葉原駅吉原散策まずは日本最大の遊郭「吉原」をブラブラしました。遊郭専門書店「カストリ書房」の方が案内してくださいました。そ [続きを読む]
  • 芸術と地理を巡る東京旅行:1日目
  • 上野駅(1932年)、よく見るとシンプルで良い建築だな!ちなみに石川啄木が「ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみのなかにそを聞きに行く」と詠んだのは、初代上野駅だそうだ。というわけで東京にやってまいりました。芸術と地理を巡った3日間の旅行を記事にまとめます。 上野の森美術館 切通坂 東京国立博物館 「くらしと測量・地図」展上野の森美術館まずは「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー [続きを読む]
  • 2018年6月に読んだ本
  • 今月読んだ本をまとめます。なおリンクにはアフィリエイトが貼ってあります。報酬でまた本を買うつもりなのでいっぱい して購入してください(ゲス顔)。今月前半は主に東京旅行の予習で地理・鉄道関係の本を読み、後半は労働法や税法、行政といった分野の本を読みました。遊郭の本は吉原で街歩きした影響ですね。 教養としての「税法」入門 発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術 どこまでやったらクビに [続きを読む]
  • 自己紹介という名の趣味紹介
  • こんにちは、joyfutonです。きちんと自己紹介をしていなかったのでやろうと思います。ただせっかくの趣味全開ブログなので、自己紹介という体で、自分の興味あるものをひたすら並べていきたいと思います。僕がなぜ多趣味になったのかのきっかけも書いてます。こんな僕に他にオススメの趣味があれば教えてください。それでは参ります。自己紹介来歴生まれも育ちも大学も【京都】です。歴史と先進性を併せ持つこの地が大好きで、休日 [続きを読む]
  • 三室戸寺の紫陽花と天ヶ瀬ダム
  • あじさい寺として有名な三室戸寺に初めて行ってきました。長年行きたかったけどシーズンを逃してしまっていたので…。駐車場が閉まる時間というのを全く考えていなくて30分しか滞在できなかったけど、めちゃ良かったです!三室戸寺は770年にできたお寺。宇治の山奥にあります。めちゃくちゃ住宅街を通っていくのでドキドキした。夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波という歌があるそうです。土日はラ [続きを読む]
  • 新しいことチャレンジ第1回:1000円カットに行った
  • 20代も後半になると、日常に新しさとかなくなってきませんか?そこで、「新しいことチャレンジ」を始めたいと思います。今までやったことないことをやったり、行ったことないところに行ったりしたら記事を更新します。というわけで第1弾は「1000円カットに行った」です。いつもは床屋で散髪してるんです。月に1回くらい。料金がカットとひげ剃り、洗髪で3900円。まあちょっと高い。3900円あったら文庫本5冊買えるし、飲み会も1回行 [続きを読む]
  • ブラふとん「北野」その4〜学校巡って妙心寺へ編〜
  • 〜ここまでのあらすじ〜街歩き企画ブラふとん。後編のテーマは「“西のカルチェ・ラタン”はどうできた?」ということで、高校や大学、そして芸術家の家が集まる衣笠〜花園地域を歩きます。案内人は引き続き永太郎さん。やっと完結編です。ブラふとん「北野」その1 〜目指せ北野天満宮編〜 - ものほしブラふとん「北野」その2〜北野天満宮と平野神社編〜 - ものほしブラふとん「北野」その3〜西のカルチェ・ラタン編〜 - ものほし [続きを読む]