なまさや さん プロフィール

  •  
なまさやさん: エナガ先生の講義メモ
ハンドル名なまさや さん
ブログタイトルエナガ先生の講義メモ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/myacyouen-hitorigoto/
サイト紹介文野鳥撮影がきっかけで鳥から教えてもらったこと、興味をもって調べたことをメモしていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 11日(平均12.7回/週) - 参加 2018/07/10 09:41

なまさや さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 上宮天満宮の参道⑨野見神社(高槻市・野見町)
  • 上宮天満宮の参道⑨野見神社(高槻市・野見町)に関する記事です。野見神社は阪急高槻駅の南450m、芥川の左岸900m高槻城跡公園の北側にあります。一帯はキリシタンで高槻城主だった高山右近に関する遺跡の多い場所です。高槻駅周辺マイマップ野見神社は江戸時代までは「牛頭天王社」と呼ばれていた神社です。野見神社の鳥居9世紀末、平安時代中期の宇多天皇の時代(887 - 897)、この地方に疫病がはやり、神託により牛頭天王を祀 [続きを読む]
  • 御香宮神社の参道⑭濠川・宇治川派流(京都市・伏見区)
  • 御香宮神社の参道⑭濠川・宇治川派流(京都市・伏見区)に関する記事です。濠川は墨染の伏見インクラインで琵琶湖疎水を取込み伏見港公園(三栖洗椻)で宇治川右岸に注ぐ運河です。宇治川派流は出会橋で濠川と分流し、寺田屋などの施設が集中せうるが伏見宿の中心街部を通り観月橋で宇治川に注ぐ人工川です。濠川マイマップ濠川の起点は京阪墨染駅の南で、琵琶湖疎水と濠川を繋ぐ伏見インクラインがあり明治には100艘近くの船をト [続きを読む]
  • 高宮神社の参道⑧加茂神社(寝屋川市・秦町)
  • 高宮神社の参道⑧加茂神社(寝屋川市・秦町)に関する記事です。加茂神社は京阪寝屋川市駅駅の東1.2KM、交野街道沿いの秦地区にある秦氏が祀った神社の一つです。寝屋川太秦マイマップ秦河勝の墓がある秦共同墓地の丘から秦氏の拠点を眼下に見下ろすことができ、水道道・新宮池・加茂神社の社叢が間近に見えます。加茂神社の左にある立派な建物は秦公民館です。新宮池と加茂神社の社叢上の写真では社叢に隠れていますが、交野街道 [続きを読む]
  • 澪標住吉神社の参道⑫二十一人討死(大阪市・福島区・玉川)
  • 澪標住吉神社の参道⑫二十一人討死(大阪市・福島区・玉川)に関する記事です。JR環状線の野田駅東に位置する玉川地区は、野田川とも称された玉川が巡り、野田藤が咲き乱れる風光明媚な場所でした。野田藤と同じくらい多く伝えられているのが「二十一人討死」に関する話題です。その「二十一人討死」に関係する遺跡が極楽寺と円満寺に残されています。野田玉川マイマップ現在の極楽寺は東本願寺の末寺で証如上人(1516-1564)が阿 [続きを読む]
  • 上宮天満宮の参道⑱鴨神社(高槻市・赤大路町)
  • 上宮天満宮の参道⑱鴨神社(高槻市・赤大路町)に関する記事です。鴨神社はJR摂津富田駅の西1km、国道171号線の赤大路交差点を渡った先の高槻市と茨木市の境界に鎮座します。太田マイマップ当社の社伝によると大和の葛城を拠点にした鴨氏一族が四世紀頃当地に遷り氏神を祀ったのが創始とされます。そのち渡来系の三島一族が勢力を伸ばしたため、三島鴨神社と称されました。祭神:大山積命、伊弉諾尊、伊弉冉尊、鴨御祖大神鴨神社の [続きを読む]
  • 御香宮神社の参道⑬観月橋(京都市・伏見区)
  • 御香宮神社の参道⑬観月橋(京都市・伏見区)に関する記事です。観月橋は京阪宇治線の観月橋駅を北詰として、宇治川を跨いで伏見区の向島に架かる橋です。観月橋マイマップ観月橋は明治6年までは豊後橋と呼ばれていました。秀吉の伏見城の建設開始の時に、秀吉が大友豊後守宗麟に命じて架橋させたのが豊後橋の名前の由来です。観月橋観月橋は秀吉が月橋院で催したといわれる月見の宴に由来する地名です。秀吉は月橋院で遊宴を催し [続きを読む]
  • 友呂岐神社の参道①国松春日神社(寝屋川市・国松)
  • 友呂岐神社の参道①国松春日神社(寝屋川市・国松)に関する記事です。国松春日神社は京阪寝屋川市駅の北東1.5km寝屋川と南前川に挟まれた河岸丘陵にあります。春日神社は全国に1000もある神社ですが、寝屋川市には1社しかありません。国松マイマップ春日神社は河内街道の東170mにありますが、その途中に春日神社の境内社の野宮があります。祭神:猿田彦大神、稲倉魂大神猿田彦は導きの神ともされ、春日神が祀られた時先頭にたっ [続きを読む]
  • 友呂岐神社(大阪府・寝屋川市・香里本通町)
  • 友呂岐神社(大阪府・寝屋川市・香里本通町)に関する記事です。友呂岐神社は京阪香里園駅の南東600m、河内街道沿いを登った場所に鎮座する神社です。友呂岐神社の先に成田山不動尊があります。香里園マイマップ香里園駅前南踏切香里丘陵は京阪本線の線路当りから東へ広がる丘陵で生駒山地に向けて平均50m前後の緩やかな起伏が続きます。友呂岐神社はその香里丘陵の登り口の斜面に鎮座しています。因みに京阪電鉄から友呂岐神社ま [続きを読む]
  • 水主神社の参道⑤久世郡衙・正道官衙遺跡(城陽市・寺田正道)
  • 水主神社の参道⑤久世郡衙・正道官衙遺跡(城陽市・寺田正道)に関する記事です。正道官衙遺跡はJR奈良線の城陽駅の北東800M、久世神社から鷺坂を登った先の宇治丘陵の底部にあります。久津川遺跡マイマップ正道官衙遺跡は奈良時代の山城国久世郡の郡衙中心部の遺跡です。久世郡は現在は久御山町が所属するのみですが、明治以前は城陽市を中心に久御山町・宇治・八幡・伏見の一部を含む大所帯でした。久世郡衙はその大所帯を統括 [続きを読む]
  • 大阪天満宮の参道⑪難波橋(大阪市・北区・西天満)
  • 大阪天満宮の参道⑪難波橋(大阪市・北区・西天満)に関する記事です。難波橋は奈良時代が始まる直前の704年頃に行基が架けたとされる橋で、天満橋・天神橋・難波橋と大川に連続して架かる浪華三橋の一です。中之島マイマップ大坂と西宮を結ぶ中国街道が通過する橋でもあり西宮からは西国街道に合流して山陽道となります。難波橋を起点として梅田街道が分岐して中国街道の西側を走り尼崎の大物で再び合流します。難波橋橋梁難波橋 [続きを読む]
  • 水主神社の参道⑥平井神社(城陽市・平川東垣外)
  • 水主神社の参道⑥平井神社(城陽市・平川東垣外)に関する記事です。平井神社は近鉄京都線の久津川駅前にある神社です。平川村は久世村とともに現在の城陽市の中核となった場所で、旧奈良街道沿いに古墳や古代寺院跡が多数あります。周辺は久津川保育園、平川幼稚園、久津川小学校と平川と久津川の名前が入り乱れています。久津川史跡マイマップ久津川駅と平井神社の社叢参道入口の石鳥居には「貞享2年(1685)牛頭天皇の鳥居を再 [続きを読む]
  • 大阪天満宮の参道⑧浦江素盞烏尊神社(大阪市・北区・大淀南)
  • 大阪天満宮の参道⑧浦江素盞烏尊神社(大阪市・北区・大淀南)に関する記事です。浦江素盞烏尊神社はJR大阪駅の北西1km、浦江公園にある浦江の氏神です。浦江公園の浦江は、当地の大淀地区に古来より残る旧地名で、大仁とも呼ばれていました。浦江マイマップ浦江素盞烏尊神社は室町時代には既に鎮座していたと思われ、牛頭天王社・祇園社などと呼ばれてきました。祭神:素盞烏尊(牛頭天王)素盞烏尊神社の鳥居八十島祭は主に平安 [続きを読む]
  • 水主神社の参道⑦平川廃寺跡(城陽市・平川古宮)
  • 水主神社の参道⑦平川廃寺跡(城陽市・平川古宮)に関する記事です。平川廃寺跡は近鉄京都線の久津川駅の南東500M平川廃寺跡は奈良街道沿いにある奈良時代の寺跡です。芭蕉塚古墳から奈良街道沿いに南下し、久津川車塚古墳・平川廃寺跡と効率的に史跡探索を楽しみました。久津川遺跡マイマップ平川廃寺は8世紀、奈良時代中頃に造営された寺院です。七重塔を西、金堂を東に置く法隆寺式の伽藍配置で奈良時代の南山城地域を代表する [続きを読む]
  • 大阪天満宮の参道⑨大仁八阪神社(大阪市・北区・大淀中)
  • 大阪天満宮の参道⑨大仁八阪神社(大阪市・北区・大淀中)に関する記事です。大仁八阪神社はJR大阪駅の北西1km、浦江公園の北東端、大淀南交番前あります。現在の地名は大淀中ですが、昔は大江郷浦江岬と呼ばれ浦江・大仁・鷺洲などと様々な地名を持つ場所です。浦江マイマップ室町時代の末期に隣接地を開墾すると、地中から祠が出土しその中にあった霊石を祀ったのが大仁八阪神社の創始です。以降、数百年に渡り大仁の里の氏神、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …