ホーリー さん プロフィール

  •  
ホーリーさん: 思春期子育て不安から、信じあう親子に変わる方法
ハンドル名ホーリー さん
ブログタイトル思春期子育て不安から、信じあう親子に変わる方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/tefutefu-tonda/
サイト紹介文思春期になり、親子関係がこじれて不安なお母さんへ〜お子さんの自己肯定感を育み、自立をうながすには?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 7日(平均11.0回/週) - 参加 2018/07/10 15:56

ホーリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 子育てで、一番やっかいな○○。やっちゃいました!
  • こんにちは! 思春期子育て不安から、信じあえる親子に変わる方法?? 親子関係専門コーチ・ホーリーです。 ただいま期間限定で、無料体験セッション募集中! 詳しくは、こちら 昨日は、息子が出場する陸上競技の広島県大会へ応援に行きました。 春の総体3位入賞での出場だから、トップを走るとは思っていませんでしたが、やる気満々だったので、もしや?とも。 はじめは、中ほどのグループにいましたが、次第にペースダウ [続きを読む]
  • その夢は、だれの夢?
  • こんにちは! 思春期子育て不安から、信じあえる親子に変わる方法?? 親子関係専門コーチ・ホーリーです。 このたびの西日本豪雨災害では、私の住む広島も大きな被害にみまわれ、いまだに交通が寸断された地域があり、断水や物資不足が続いています。 幸い、私の住む地区は大丈夫でしたが、被害にあった方や困っている友人を思うと、ブログを書く気がしませんでした… 1週間たち、いまようやく私のできることをやっていこ [続きを読む]
  • 過去と○○は変えられない。変えられるのは、未来と○○。
  • こんにちは! 思春期子育て不安&自分探しのアラフォーママが、親子の信頼をとりもどしあなたらしく輝くことをサポートする、 親子関係専門コーチ・ホーリーです。 今日は、わが家の子育てについて。 私のプロフィールにもあるように、心理学とコーチングの学びによって、私と息子の関係性は変わりました。 しかし!息子は、ほとんど変わっていません。というか、ますます自由にのびのびしてる感じ(笑) 今日の記事のタ [続きを読む]
  • 何が大事なのか、はっきりしました
  • こんにちは! 自分探し&思春期子育て迷子のアラフォーママが、親子の信頼をとり戻しあなたらしく生きることをサポートする、 親子関係専門コーチ・ホーリーです。 先日、私の体験セッションを受けた30代のママさんからご感想をいただきました。 「堀川さんに質問されて答えを口に出すことで自分のなかで混沌としていたことがはっきりしました。 何が心に引っかかっているのか?何が大事なのか?がはっきりしました。 どこ [続きを読む]
  • 期間限定:無料体験セッション募集!
  • こんにちは! 自分探し&思春期子育て迷子のアラフォーママが、親子の信頼をとり戻しあなたらしく生きることをサポートする、 親子関係専門コーチ・ホーリーです。 「あなたの心の根っこには、何があるのでしょう?」 今回は、体験セッション募集のお知らせ 私の提供するコーチングは、心理カウンセリングをベースとしています。 悩みや問題を解決したい方、夢や目標に向かって進みたい方が対象。 「身近な人には話 [続きを読む]
  • ほんとうの「つながり」って、何だと思いますか?
  • こんにちは!親子関係専門コーチホーリーです。 先週末の3日間、コーチング講座のため東京へ行ってました。 帰ってきて息子とハグしたら、とーっても私の心が満たされたので、前回のブログを少し加筆修正してタイトルも変えました! さて、ブログを読んでくださる方に役立つ記事を書こう!と力んでたら、文章がまとまらなくなってきたので日々感じることも書いていきますね。 映画『万引き家族』を観ました。 先月 [続きを読む]
  • 子どもとあなたの自己肯定感を高める方法
  • こんにちは! 親子関係専門コーチ、ホーリーです。 子どもの自己肯定感を高めるのに大切なのは、子どもの存在そのもの(Being)を認めること。と、前回書きました。 「肌にふれること」 これは、子どもの存在そのもの(Being)を認めるもっともパワフルな方法だと私は思います。 人の肌にふれて温かさを感じると、大人の私たちでも心が満たされますよね。 なので、親子ともに自己肯定感を高められる最高の方法??ではな [続きを読む]
  • すべての子どもにとって、切なる願いは?
  • 「思春期の子どもは皆、同じ不安を抱きます。不良と言われる人も例外ではありません。本人が気づいていないだけで心のどこかに不安があるんです。  自分は必要とされているんだろうか。 自分をありのままに 認めてくれるんだろうか。 子どもはどこかで救いを求めているんです。私たちは、いらない存在なんかじゃないって自分で確信できるほど大人じゃないんです。 私たちの反抗の裏には「助けて!」という救いを求める声 [続きを読む]
  • 生きづらさの正体は?
  • 「かぁかぁ〜!!」 夕日を背景に、私を呼びながら顔いっぱいの笑みでかけよってくる息子。“かぁかぁ”は、“母さん”のことですね。 当時、自転車のうしろに息子を乗せてよく行った神戸の海岸。いつまでも忘れないでおこうと、目に焼きつけたのを覚えています。 1年以上のきびしい食事制限をへて、息子のアトピーがだいぶ良くなり、2歳になるころには外へ出かけられるようになりました。 「元気で笑顔なら、ほかには何も [続きを読む]
  • 私の存在理由って、何? ?
  • 「ああ、私は生きていていいんだ…」 あの日のことを、私は決して忘れないでしょう。わが子が生まれた瞬間。 その赤く小さなからだを胸に抱いたとき、生きていることを初めて許された気がしました。 出産したのは早朝でしたが、私のそばで小さな寝息をたてるわが子を一日中ながめ、その晩もまったく眠れなかったのを覚えています。 「守るべき存在ができた」「この子を愛し、育むという役割ができた」 生きる意味を見いだせ [続きを読む]
  • 私の存在理由って、何? ①
  • 「そして僕は自分の存在理由(レーゾン・デートル)を見失い、ひとりぼっちになった。」 その言葉に出会ったのは、17歳の時。 いまや、毎年ノーベル文学賞の候補にあがる村上春樹さんのデビュー作『風の歌を聴け』の中にありました。 高校生にとっては難しい内容だったけど、その言葉だけは衝撃でした。 私の存在理由って、何だろう? その日から長い間、私はずっと自分の存在理由を探してきた気がします。 大学時代は、軽 [続きを読む]
  • 過去の記事 …