日本鉄道バス情報館 さん プロフィール

  •  
日本鉄道バス情報館さん: 日本鉄道バス情報館
ハンドル名日本鉄道バス情報館 さん
ブログタイトル日本鉄道バス情報館
ブログURLhttp://hysdai2510.livedoor.blog/
サイト紹介文日本の鉄道・バスの情報収集中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 13日(平均32.3回/週) - 参加 2018/07/10 20:40

日本鉄道バス情報館 さんのブログ記事

  • 銀行Payで東急線各駅の券売機から現金の引き出しが可能に
  • GMOペイメントゲートウェイ、東京急行電鉄、横浜銀行、ゆうちょ銀行は7月13日、駅券売機で銀行預金の引き出しができるキャッシュアウトサービスの実証実験を、2018年度中に東急線の一部の券売機で行なうと発表した。 このサービスは、銀行口座と連動してスマホアプリから即時に口座引き落としなどの支払いができるスマホ決済サービス「銀行Pay」を活用して行なわれるもの。「銀行Pay」のシステムを導入する銀行の専用スマホアプリ [続きを読む]
  • 高山本線、飛騨金山〜下呂間は8月半ばに運転再開を予定 特急も・・・
  • JR東海は、2018年7月18日(水)、「平成30年7月豪雨」によって被災し、運転見合わせが続く高山本線について、飛騨金山〜下呂間の区間は、2018年8月半ばに運転を再開できる見込みであると発表しました。これにより、高山本線は、岐阜から下呂および高山を経由して坂上までの区間で、列車の運行ができるようになります。なお、同時に特急「ワイドビューひだ」に関しても、一部の列車で運転再開の予定であるとしています。運転列車、区 [続きを読む]
  • 新幹線車内の殺傷事件うけ、政府が緊急対策を発表
  • 政府は2018年7月20日(金)、東海道新幹線車内で起きた殺傷事件を受けての緊急対策を発表しました。 6月9日夜の事件発生当初から、政府は内閣危機管理監を中心として、国土交通省、警察庁と共に局長級の会議を持ち、警戒警備の強化について協議してきました。これまでもJR東海をはじめとして関係者が、個々に対策を発表することはありましたが、政府による対策の発表は事件後初めてのことです。国土交通省鉄道局は、他人に危害を [続きを読む]
  • 「夜汽車のボランティアガイドツアー」開催 8月18日と19日
  • さいたま市大宮区に所在する鉄道博物館は、2018年の「夏休みボランティアイベント」の開催について発表しました。このうち、8月18日(土)と8月19日(日)の2日間は、17時から18時まで「夜汽車のボランティアガイドツアー」が開催されます。ツアーでは、「夜にまつわる鉄道情景」をテーマに、鉄道と人との関わりが紹介されます。参加を希望する場合、16時50分に本館車両ステーション1階 入口にて集合となります。イベントは博物館ボラ [続きを読む]
  • 京都〜丹波口間の新駅名称「梅小路京都西」に決定 来春開業!
  • JR西日本と京都市は2018年7月20日(金)、山陰本線(嵯峨野線)の京都〜丹波口間に開設する新駅の名称を「梅小路京都西(うめこうじきょうとにし)」に決定したと発表しました。梅小路京都西駅は京都駅から約1.7km、丹波口駅から約0.8kmの下京区観喜寺町に開設されます。 JR西日本と京都市は駅名の決定理由について、駅の南側に隣接する梅小路公園は周辺地域を象徴する存在として親しまれており、「梅小路」は市の駅名公募結果に [続きを読む]
  • オリンピック目指し、新国立最寄りは工事中
  • JR東日本は17日、新国立競技場の最寄り駅で、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて改良工事をしている中央・総武線の千駄ヶ谷駅(渋谷区)の現場を報道陣に公開したという。 同駅は、五輪の開閉会式などが行われる新国立競技場から徒歩約5分。大会中は多くの利用者が見込まれるが、ホームは一つでトイレなどの設備も狭い。今回の工事では、1964年大会で改築された臨時ホームを再整備し、ホームを東京方面と新宿 [続きを読む]
  • 武蔵小杉駅、横須賀線ホームを2面化 新改札口も・・
  • JR東日本 横浜支社と川崎市は2018年7月17日(火)、武蔵小杉駅と駅周辺における混雑緩和に向け、新たな取り組みを公表、横須賀線下りホームを新設し、2面2線化すると明らかにしました。2面2線化は、JR東日本が事業費を負担し、2023年度に供用が開始される予定です。7月17日(火)には、川崎市とJR東日本が混雑緩和対策の項目について確認、覚書を締結しており、この2面2線化についても対象となっています。このほか、川崎市が事業費を [続きを読む]
  • 「北斗京急周年のキャンペーン」駅名看板など『北斗の拳』仕様に!
  • 京浜急行電鉄、ノース・スターズ・ピクチャーズ、音遊は19日、『北斗の拳』とコラボした「北斗の拳35周年×京急120周年記念『北斗京急周年のキャンペーン』」を7月30日から9月17日まで実施すると発表した。キャンペーン期間中、『北斗の拳』キャラクターなどの特別ラッピングを施した電車を運行するほか、駅名看板を『北斗の拳』仕様に特別装飾し、記念乗車券「北斗の券」も発売する。「北斗京急周年のキャンペーン」は、1983〜198 [続きを読む]
  • 9月30日に「そらとぶハッピーコンサート」を運行へ
  • 千葉都市モノレールは、2018年9月30日(日)に、「松尾貴臣with横洲かおる そらとぶハッピーコンサート inモノレール」を運行します。この列車はモノレール2両編成のうち、1両は松尾貴臣さんが歌う大人向け楽曲の車両、もう1両は横洲かおるさんが歌う子供向けカバー曲を中心とした親子専用車両として、ライブを開催するものです。集合場所は千葉駅で、13時13分に出発し、千葉駅で14時46分に解散予定です。参加費は、大人2,000円、小 [続きを読む]
  • 新国立競技場まで5分 千駄ヶ谷駅で進む工事
  • 東京オリンピック開催まで間もなく2年に迫る中、新国立競技場の最寄りとなるJR千駄ケ谷駅の工事の様子が公開されたという。 周辺にオリンピック関連の施設が立ち並ぶ千駄ケ谷駅は、開会式と閉会式が行われる新国立競技場から歩いておよそ5分の距離にあり、大会期間中に多くの利用客が見込まれるため、2016年からバリアフリーの充実などの改良工事が行われています。さらに現在は全ての電車を1つのプラットホームで賄っていますが [続きを読む]
  • 豪雨災害のボランティア向け「こだま」割引きっぷ発売
  • JR西日本は18日、「平成30年7月豪雨」の被災地での支援活動に向けた取組みとして、「被災地でのボランティア活動をされる方々のお帰りなど」に利用可能な「こだま限定自由席片道きっぷ」を新たに発売すると発表した。「こだま限定自由席片道きっぷ」は山陽新幹線岡山〜徳山間の設定駅(出発地)から新大阪駅(大阪市内)まで「こだま」の普通車自由席を利用できる片道タイプの商品。7月26日から8月7日までの期間、JR西日本インターネッ [続きを読む]
  • 豪雨災害のボランティア向け「こだま」割引きっぷ発売
  • JR西日本は18日、「平成30年7月豪雨」の被災地での支援活動に向けた取組みとして、「被災地でのボランティア活動をされる方々のお帰りなど」に利用可能な「こだま限定自由席片道きっぷ」を新たに発売すると発表した。「こだま限定自由席片道きっぷ」は山陽新幹線岡山〜徳山間の設定駅(出発地)から新大阪駅(大阪市内)まで「こだま」の普通車自由席を利用できる片道タイプの商品。7月26日から8月7日までの期間、JR西日本インターネッ [続きを読む]
  • 山陽本線、不通区間を新幹線で代替輸送 こだま、ひかりの自由席に乗車可能
  • JR西日本では、この度の大雨災害で列車の運行が止まっている山陽線(笠岡〜海田市駅間、岩国〜徳山駅間) 岩徳線(岩国〜櫛ヶ浜駅間) 呉線(三原〜海田市駅間)において、新幹線による代行輸送を実施中です。ただ、不通区間を一部でも含む定期乗車券・普通乗車券・普通回数券等(7月6日までに購入)をお持ちのお客様に対してです。新幹線対応区間は山陽新幹線の三原〜広島駅間、新岩国〜徳山駅間です。詳細は下記URLをご覧ください。 ht [続きを読む]
  • 山陽本線、不通区間を新幹線で代替輸送 こだま、ひかりの自由席に乗車可能
  • JR西日本では、この度の大雨災害で列車の運行が止まっている山陽線(笠岡〜海田市駅間、岩国〜徳山駅間) 岩徳線(岩国〜櫛ヶ浜駅間) 呉線(三原〜海田市駅間)において、新幹線による代行輸送を実施中です。ただ、不通区間を一部でも含む定期乗車券・普通乗車券・普通回数券等(7月6日までに購入)をお持ちのお客様に対してです。新幹線対応区間は山陽新幹線の三原〜広島駅間、新岩国〜徳山駅間です。詳細は下記URLをご覧ください。 ht [続きを読む]
  • 東京圏での混雑率180%超の路線が11路線に減少
  • 国土交通省が実施した都市鉄道の混雑率調査で、東京圏での混雑率180%超の路線が12路線から11路線へ減少したことが明らかになった。調査は、通勤通学時間帯の鉄道の混雑状況を把握するため、毎年度実施している。結果によると、三大都市圏主要区間の平均混雑率は東京圏が前年度から2ポイント下がって163%、大阪圏が横ばいの125%、名古屋圏が1ポイント悪化して131%だった。目標混雑率180%を超えている11路線は、東京地下鉄東西 [続きを読む]
  • 東京圏での混雑率180%超の路線が11路線に減少
  • 国土交通省が実施した都市鉄道の混雑率調査で、東京圏での混雑率180%超の路線が12路線から11路線へ減少したことが明らかになった。調査は、通勤通学時間帯の鉄道の混雑状況を把握するため、毎年度実施している。結果によると、三大都市圏主要区間の平均混雑率は東京圏が前年度から2ポイント下がって163%、大阪圏が横ばいの125%、名古屋圏が1ポイント悪化して131%だった。目標混雑率180%を超えている11路線は、東京地下鉄東西 [続きを読む]
  • 臨時快速「ブルーオーシャン外房」を運転
  • JR東日本千葉支社は、2018年7月下旬に、大宮〜安房鴨川間を武蔵野線、京葉線、外房線経由で結ぶ、臨時快速「ブルーオーシャン外房」を運転すると発表しました。運転日は、7月21日(土)、7月22日(日)、7月28日(土)、7月29日(日)です。運転時刻は、往路が大宮7時37分発、安房鴨川10時38分着で、復路が安房鴨川16時発、大宮19時6分着です。停車駅は、大宮、南浦和、東川口、南越谷、南流山、新松戸、新八柱、東松戸、西船橋、海浜幕張 [続きを読む]
  • 臨時快速「ブルーオーシャン外房」を運転
  • JR東日本千葉支社は、2018年7月下旬に、大宮〜安房鴨川間を武蔵野線、京葉線、外房線経由で結ぶ、臨時快速「ブルーオーシャン外房」を運転すると発表しました。運転日は、7月21日(土)、7月22日(日)、7月28日(土)、7月29日(日)です。運転時刻は、往路が大宮7時37分発、安房鴨川10時38分着で、復路が安房鴨川16時発、大宮19時6分着です。停車駅は、大宮、南浦和、東川口、南越谷、南流山、新松戸、新八柱、東松戸、西船橋、海浜幕張 [続きを読む]
  • 「JR久留里線スタンプラリー」第2弾、8月開催
  • 君津市の企画制作部企画政策課が事務局を務める久留里線活性化プロジェクト実行委員会が、2018年8月に「JR久留里線スタンプラリー」の第2弾を開催します。久留里線は千葉県の木更津駅と上総亀山駅を結ぶ32.2kmの路線です。途中、木更津市、袖ケ浦市、君津市を通ります。 スタンプラリーは久留里線の活性化を図ることを目的に、今年3月の第1弾に続き8月1日(水)から31日(金)まで第2弾を開催。参加者は、久留里線の木更津駅か久 [続きを読む]
  • 「JR久留里線スタンプラリー」第2弾、8月開催
  • 君津市の企画制作部企画政策課が事務局を務める久留里線活性化プロジェクト実行委員会が、2018年8月に「JR久留里線スタンプラリー」の第2弾を開催します。久留里線は千葉県の木更津駅と上総亀山駅を結ぶ32.2kmの路線です。途中、木更津市、袖ケ浦市、君津市を通ります。 スタンプラリーは久留里線の活性化を図ることを目的に、今年3月の第1弾に続き8月1日(水)から31日(金)まで第2弾を開催。参加者は、久留里線の木更津駅か久 [続きを読む]
  • ロマンスカーLSE 10月13日 ラストラン!
  • 小田急電鉄は18日、特急ロマンスカー・LSE(7000形)の臨時列車について発表した。7月10日に定期運行を終えたLSEは、9月15・30日と10月8・13日にイベント列車として運行され、10月13日の運行をもって引退を迎える。特急ロマンスカー・LSE(7000形)は1980年に就役し、翌年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。1984年までに計4編成製造された。うち2編成が2018年まで活躍したが、今年3月の新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)第1編成の就 [続きを読む]
  • ロマンスカーLSE 10月13日 ラストラン!
  • 小田急電鉄は18日、特急ロマンスカー・LSE(7000形)の臨時列車について発表した。7月10日に定期運行を終えたLSEは、9月15・30日と10月8・13日にイベント列車として運行され、10月13日の運行をもって引退を迎える。特急ロマンスカー・LSE(7000形)は1980年に就役し、翌年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。1984年までに計4編成製造された。うち2編成が2018年まで活躍したが、今年3月の新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)第1編成の就 [続きを読む]