ペレック さん プロフィール

  •  
ペレックさん: ネコとコウモリとポーランドの空の下で
ハンドル名ペレック さん
ブログタイトルネコとコウモリとポーランドの空の下で
ブログURLhttps://nietoperek.hatenablog.com
サイト紹介文薬草とコウモリが好きで黒猫とポーランドにひっそりと住んでいるライターのつぶやきブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 6日(平均24.5回/週) - 参加 2018/07/11 16:35

ペレック さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  •  吸血鬼が魔女だった?! 〜いい加減な歴史検証〜
  •  歴史が好きなペレックです。歴史の中でも、ヨーロッパ中世史が特に好きだったりします。その中でも、さらに細かく述べよ、といわれたら魔女裁判のあたりですかね。(これを言うと、たまにひかれます・・・)ということで、そのあたりの歴史ニュースは自然と目に入ってくるのですが(その代わり、興味のない時代は全くといっていいほど私の眼球が動きません、すなわち読む気がしない)先日、強烈なニュースを読んでしまいまし [続きを読む]
  • 姑に勝ったとき
  •    先日、義父母のところに顔を出していたペレック。旦那がちょっと前に彼らの家から持ち帰ってきたりんごが全て瓶詰め完了していると聞いていた彼らは、今度は2倍以上の量のリンゴを用意してくれていました。ええ、もちろんバケツ詰め。 義母は共産主義時代をガッツリ経験している人なので、食べ物の無駄遣いをしません。  高度成長期で使い捨てがかっこいい、という時代だった日本で子供時代を過ごしたペレックにはま [続きを読む]
  • アナログな私でも(頑張れば)生きていける・・・
  •   先週末は仕事を兼ねて(?)山登りをしたペレック。さすがに5時間以上山登り(+下りもね)は体に堪えました。山を降りる途中はひたすら「フィッシュ&チップスとビールが飲みたい」と念仏のように唱えていたことを白状します。ええ、そしてその願い、いや念仏か?は叶いましたのよ。 言霊って、本当なのね。←ん?!すごい石の道がつづいているので下りは膝をおかしくするかと思った!汗 翌日はペレックは再び別の [続きを読む]
  • 一生懸命 稼働中
  •  確かロシアあたりの諺に「夏の働きが冬の生活を決める」的な内容のものがあったと思いますが、ただ今の私、この諺に負けないぐらい働いています。原稿をあげることもそうなのですが、前々から計画していた家の改装が始まりました。今回は壁塗りなのですが職人さんがなかなか捉まらないので、DIYのペレック一家です。階段部分の天井が普通より高いのでレンタルの梯子まで借り出して家族総出で塗りまわっています。いいかげん終わ [続きを読む]
  • 今年のハーブ
  •   つい数年前まで、なかなか植物を育てることができなかったペレック。なんででしょうね、私が触るとなぜか枯れてしまう植物たち。汗 そんな私にかかっても、人間の子供と動物たちは立派に成長してくれたから「ペレック、あんた邪気が出すぎなんじゃないの?だから植物が枯れるんじゃないの?」と言い放った友人の台詞はあたってない・・・・と思いたい。(それとも彼らは、私を反面教師としてまともに成長したのからしらん) [続きを読む]
  • エコなコウモリ
  •  ペレックの好きな生き物のなかに「コウモリ」があります。(あ、その他にはねぇ、猫とからす、犬とペンギン・・・って、ただの動物大好き人間ともいえる) あまりにコウモリ愛が高じて、「こうもりの会」にも入会しています。 日本でのコウモリのイメージは、、、私がかつて住んでいた場所には「コウモリ」の「こ」の字も聞こえてこないような場所でしたので、身近な人でコウモリに関するコメントを聞いたことがありません [続きを読む]
  • 日本 × ポーランド戦 面子を保ったって・・・
  • う〜ん、サッカー事情を連投してしまうほどハマッたペレックです。今日も観戦モードでルンルンと(日本が勝つつもりで)みていたのですが、え?え?え?の連発。どうした日本。あのいつでもどこでもいる(足の速い)選手が出てないし、動きもなんだか前の試合に比べて鈍いし。そのかわり、ポーランドの攻めが強かったかな。途中で、(日本が点を取られたため)娘と『応援に気合がはいらない』とつぶやきながらも最後まで見まし [続きを読む]
  • ワールドカップ 日本万歳!ポーランドよ・・・君たちは・・・
  •  昨晩は夕方から日本とセネガル戦、その後にポーランドとコロンビア戦がつづいていたので、最近めったにない「リビング満員御礼」状態となりました。実況中継を壁一面に映して、家族4人でポテチをかかえこんで応援。 日本選手よ、君たちはすばらしかった! ワールドカップ自体にあまり燃えていなかった私ですが、途中から熱狂ファンごとく応援にはいりましたわ。 ポーランドの放送だったので、解説者もポーランド人のポーラ [続きを読む]
  • 似合う服
  •  衣装道楽?が多いポーランド。なのに、日本人基準でも持ち数が少ないペレックは、『〜フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣〜』を地で行く勢いの女です。(う〜ん、でも10着は大げさだな。でもだんなより少ないのは確かだったりする 汗)  だって、着たいと思う服、似合う色でなおかつカットがこの年齢(に伴う老化)と戦い続けているボディ・ラインにあう服ってそうそう簡単には見つから [続きを読む]
  • 中身の濃い20分〜ブロツワフにて〜
  •  先日、ちょいとブロツワフのほうまで出かけておりました。こちら日本でもポーリッシュ・ポッタリーが好きな人や、そもそもポーランドが好きな人の間では有名な観光地です。ブロツワフのリネック。綺麗な観光地です。  実はペレック、地元でバスに乗ることがありません。(エコじゃないですね、すいません。この場で懺悔いたします・・・)理由はバス停が遠すぎるってことと渋滞になったら車と一緒に渋滞に巻き込まれる [続きを読む]
  • 外国人が少なすぎる弊害
  •  本日のタイトル、なんだか硬派に熱く社会問題を語るんじゃないかと期待された方ごめんなさい。ポーランド社会、確かに外国人(っていいますか、見てわかる「コーカソイド」以外の人種ですね)は西側のヨーロッパに比べたら、いや、比べ物にならないぐらい少ないのでペレックなんかもそこそこ目立ちます。が、本日はその話じゃなくて、ここしばらく続いている買い物難のはなし。 若かりし頃、日本人の中でも群を抜いて硬く [続きを読む]
  • パーソナル・スペース
  •  本日、コウモリのパーソナル・スペースの記事&論文を読んでいて(コウモリは実に「哺乳類的」といいますか、「人間的」だったりします、、、っていうか、実際に哺乳類なんだけどね)ふと昔のことを思い出しました。 ペレックは昔々ドイツに住んでおりました。そのころ、子供たちがすでに幼稚園に通う年齢だったのでほかのドイツ人(や移民)のお母さんたちとも知り合いになり、家の行き来があったりしたのですが本人がド [続きを読む]
  • ちょっとお隣の天国まで
  •  我が家(ポーランドの南部に住んでおります)からスロバキアにある天国にはちょくちょく出かけておりました。 「スロバキア天国」と呼ばれる場所にあるハイキング、、、いや、結構まじめに山を登るトレッキングコースはこの地域一帯でかなり人気のスポットです。これ、けっこうコンディションがないと登りきれない、下手すると心臓発作を起こして本当に天国への片道切符となる人がいる真剣コースです。(今年も既にポーラン [続きを読む]
  • ブッカー国際賞 ポーランド人作家受賞
  •  ブッカー賞というのは、イギリスの文学賞なのですが(ということで、当然英語で書かれていることが基本だと思います、はい)2005年から海外の作品が英語に訳されたものも「国際賞枠」で選出されています。 今年は、ポーランドの作家、オルガ・トカルチュックさんが入賞! 彼女の本は私も旦那も好きなので数冊持っています。(私なんかサイン会にも出かけたもんね!)彼女が今回入賞したのはポーランド語では10年ぐらい前にか [続きを読む]
  • 万が一に備えて
  • 日本が「万が一に備えて」というときは、今現在きっと地震などの震災に備えてのことだと思いますが、ポーランドの北、スウェーデンでは先日、国が国民に「万が一の戦争に備えて」の覚書を配布したとか。 特定の国を指定はしていないようですが、対象がロシアというのは皆さん承知。 予備の食料品、水、寝袋などの用意をよびかけているそうです。 ちなみに、義務徴兵制度も戻るらしいですね。ここは男女平等の国ですの [続きを読む]
  • マイ・エコ洗剤
  • 洗濯に市販の洗剤を使わなくなって久しいペレックです。だって、洗えてないんだもん。 なんで温水(普通の洗濯でもたいていは40度設定)で洗濯しているのに、こうも汚れが落ちないんだ、と思ったときから石鹸を溶かしたものを使ったほうがよく落ちることに気づき、それ以降は石鹸で洗濯をしているんです。 でもですね、ヨーロッパで売られている多くの製品が西のほうが品質がよくて東は同じメーカーの同じ製品でも格段落ちる [続きを読む]
  • コウモリ作品コンクール
  • コウモリ作品コンクールEdit ポーランドには、アマチュアだけどただただ好き、というコウモリ愛好家から専門家の組織といいますかグループがいくつか存在します。さらに、このコウモリのおかげでEUから援助資金が出て地域の歴史遺産建築物を保存していたりします。冬のポーランドは非常に寒いので建築物内で冬眠することは少ないのですが、夏のあいだですね、日が出ている間休む場所として教会の屋根裏などが好んで利用されていま [続きを読む]
  • 花粉差別
  •  花粉アレルギーの季節が続いているポーランド。ここ2週間は黒い我が家の車が、時に黄色い車に見えてしまうぐらい飛んでいます。(目医者に行けって?いやいや・・・) テラスも朝には黄色い絨毯とまでは言わなくても、黄色いベールをかけたかのごとくに積もっています。 ということは、当然日中も飛んでいるわけで、日中も飛んでいるということは花粉アレルギーの人はもう、鼻ぐずぐずやってますね。 鼻ぐずぐずなら、まだか [続きを読む]
  • 大学入試、真っ只中
  •  新緑のいい季節。そしてこの時期はポーランドの高校卒業試験+大学入試の時期にあたります。今年、来年と2年連続で受験生を抱える我が家。受験生もさることながら親のほうも結構疲れるこの試験。 なんせ連休中の5月4日にはじめるというのが強烈。この日から連続でポーランド語、英語、数学(この3教科は必須)がはじまり、その後は本人の選択により早く試験が終わる子もいれば、我が家の娘のように最後が21日という駅伝のよ [続きを読む]
  • ペレックのつぶやき
  •  ポーランドでひっそりと物書きをしているペレックです。 2004年に日本を出てから現在までヨーロッパ大陸のどこか、、、というかそのほとんどをポーランドで生活しております。 現地で会社勤めをしたのち、自分のクリエイティブ脳?を抑えることが出来ず物書きに転向してみました。 取材以外は、こう、わたしのひっそり生活?に非常にマッチした職業のため今現在も継続中。 薬草、ヨーロッパの中世史、山登りが好き。 動物 [続きを読む]
  • 過去の記事 …