ネパール学生奮闘記 さん プロフィール

  •  
ネパール学生奮闘記さん: ネパール学生奮闘記
ハンドル名ネパール学生奮闘記 さん
ブログタイトルネパール学生奮闘記
ブログURLhttps://everestbiu.hatenablog.com/
サイト紹介文さまざまなキッカケから、なぜかネパールで活動することになった3人の日々の記録と葛藤。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 1日(平均189.0回/週) - 参加 2018/07/11 18:15

ネパール学生奮闘記 さんのブログ記事

  • フィリピンなう 日本語コミュニティ作ろう
  • ナマステ!あまのっちです。今、僕はフィリピンにいます。その目的は!以前、フィリピン留学していた時に参加していた日本語コミュニティに参加するため!セブ島でフィリピン人と日本人を集めて、英語で日本語を学ぶコミュニティです。(今回のトピックは日本語発音について:モーラ)1年以上続くコミュニティは今や100人程度が参加することも。。いい感じで進んでいた矢先、フィリピンの南国パワーで大雨が。。。( [続きを読む]
  • サッカー大会開催しました in 大阪
  • (集合写真 楽しかったなぁーーー。)先日、福祉施設で働くネパール人二名と日本人でサッカー大会を開催しました!今回で二回目の開催ですが、ネパールの人達がサッカー上手!(臨場感たっぷり。)(楽しかったなぁーー×2)ネパールの方2人とも習ったことはないと言ってましたが、日本人の誰よりも上手いという。。笑高校卒業してずっと運動していない僕は、すぐに息切れ。。ずっと大きな声だけ出してました [続きを読む]
  • コーヒープロジェクト最前線② 〜ウッタルさんとの出会い〜
  • ナマステ!あかりんです。コーヒープロジェクトの最前線!コーヒー畑で出会ったウッタルさん。コーヒー畑に通った2週間。ウッタルさんの人柄に感動しっぱなしでした。そんな心から尊敬するウッタルさんについて紹介します!★ウッタルさんの尊敬ポイント★めちゃくちゃ真面目!とっても仕事が丁寧で誰よりも働き者!まわりが休憩していても黙々と一番大変な仕事をしている!村人から愛されている!言葉通り、老若男女誰とでも [続きを読む]
  • コーヒープロジェクト最前線① 〜畑1年目の厳しい現実〜
  • ナマステ!あかりんです!雨季が始まるこの時期はコーヒーを植える大切な時期。コーヒープロジェクトの事業計画や組織体制は整ってきたものの、まだまだ現場は動き出しの段階。プロジェクトに関わる以上は現場をしっかり自分で知っておきたい。そこで!コーヒーの木を植える前段階の穴掘りをしにコーヒー畑まで行ってきました!カトマンズからバスで4時間。そこから山道を登ること1時間ちょっと。そしてアティットダイの家から [続きを読む]
  • トビタテ奨学金 二次試験 面接対策
  • 【二次試験対策】二次試験には個人面接とグループディスカッションがあります。別々に見ていきましょう。個人面接持ち時間:20分個人によってどういった用意をするのか、かなり異なっているようです。自分の留学プランを一番分かりやすく伝えられる方法で望みましょう。僕は紙芝居風の軽い説明と、A4・2枚のハンドアウトを用意していきました。結局、面接官の方はハンドアウトには目を通さず、紙芝居を披露するタイミ [続きを読む]
  • トビタテ奨学金 一次試験対策
  • こんにちは。あまのっちです。僕は文科省がしているトビタテ奨学金の9期生に採択をされ、1年間ネパール留学を支援して頂いております。その経験と、少し試験のコツを書いていこうと思います。この記事を読んでいるあなたは恐らくトビタテ奨学金に応募予定の学生だと思います。もしあなたが応募自体を悩んでいるのなら、試験対策記事を見る前に、是非こちらの記事を一読して頂きたいです。everestbiu.hatenablog.com [続きを読む]
  • トビタテ奨学金 デメリット
  • 【トビタテ奨学金制度のデメリット】To応募を悩むひとへ僕の大学で、トビタテ応募期間中の大学主催対策会で一人、興味深い学生に会いました。その学生は9期の一次審査に通過し、2次審査を明後日に控えていました。何気なく、その学生と話していると不意に彼が一言、「おれトビタテ辞退するわー。明後日、東京行かない。」僕 「は??」一ヶ月10数万円タダで貰える奨学金を目の前にして、辞退するってどういうこ [続きを読む]
  • ネパールとの出会い
  • ナマステ!なおです。私は、2018年の5月まで約9ヶ月間ネパールに住んでインターンをしていました。今回は、「なぜインターンすることに決めたのか」「そもそもなぜネパールなのか」を自分でも振り返りながら書いていきたいと思います。きっかけは2015年のネパール大地震大学入学してから、国際交流ボランティアや東北復興支援ボランティアの活動をしていました。国際協力に携わりたいという思いがあったのでインドネシアや [続きを読む]
  • 防災活動
  • 【防災】概要「防災・減災」は、持続的な社会のために世界中の国が考えなければならないトピックです。とくに、日本・ネパールは自然災害が多い国であり、自然災害に対して一層の対策が必要になっています。防災について知ってもらうためには、まずは自らが学び実際に参加すること、そしてそれを発信していくことが必要だと感じ活動を始めました。活動内容・ネパール・日本における防災活動への参加/お手伝い・情報発信活動へ [続きを読む]
  • フィールドワーク
  • 【フィールドワーク】[:contents]概要ネパールの観光業は、2015年震災後に一旦落ち込んだものの2017年には海外からの観光客数は約94万人を記録(2017年12月現在・Department of Immigration)し過去最高となりました。観光業は、ネパールの主要な産業の1つであり、震災復興、国の発展においても重要な役割を担っています。ネパール政府も2020年を観光年とし海外へのプロモーションに一層力を注いでいるところです。・国の復 [続きを読む]
  • バスシリーズその②キュウリのおばちゃん
  • ナマステ!あかりんです。農村部に行くためバスにのることが多い事から始めたバスシリーズその2。基本的にローカルバスに乗ると周りはネパール人ばっかり。その中でもおばちゃん率が高い。そしておばちゃんはいつもキュウリをくれる。豪快に半分に折って、「はいこっち!」と笑顔でくれるおばちゃん。バスの中はムシムシしているのでこのキュウリ最高に美味しいんです。このおばちゃんもやっぱりキュウリくれました。もっと前か [続きを読む]
  • 日本語教育
  • 【日本語教育】プロジェクト概要ネパールにはたくさんの日本語学校があり、多くの学生が、日本へ留学・就職するために日本語の勉強を一生懸命頑張っています。ネパール人学生がネパールで、質の高い日本語教育を受けることができる環境を作ることを目的に活動しています。活動内容・ネパールの日本語学校での授業 (会話、日本文化etc.)・学生のカウンセリング活動への思い意外かもしれませんが、ネパールでは日本語を勉 [続きを読む]
  • 1杯のコーヒーと100粒の4年間
  • ナマステ!あかりんです!コーヒープロジェクトに関わりだしてからコーヒーをよく飲むようになり、カフェがあると立ち止まるようになった。コーヒーカップ1杯のコーヒーを作るのに必要なコーヒー豆の量は約10g。だいたい100粒のコーヒー豆が必要になります。コーヒーの苗木を作るのに約1年。コーヒーの苗木からコーヒー豆が安定的に収穫できるようになるまで約3年。4年経てばこんなにたくさんのコーヒー豆が取れる(かもしれな [続きを読む]
  • オーガニック野菜プロジェクト
  • 概要カトマンズ近郊のオーガニックで作られた野菜を適正固定価格で買い取り販売し生産者、消費者、販売者、環境にも良い流通システムをつくっています。活動内容オーガニックファームの実態調査販売、運送技術に関する指導オーガニック野菜販売店舗開店準備活動への思いネパールの町中で見かける野菜は、比較的きれいで美味しそう。でもその野菜をたどると、隣国インドと中国からの輸入が大半を占め、農薬の使用量や、残留量に [続きを読む]
  • コーヒー農業プロジェクト
  • 【コーヒー農業プロジェクト】[:contents]概要<プロジェクト背景と目的>ネパールは多くが農業従事者です。実際に昔ながらの農業を守りながら、のんびりと暮らすネパールの人々の姿を幾度となく見てきました。しかし、乾季が1年のうち9ヶ月を占めており農作物の生産が難しい。山岳地帯が国土の%を占め、かつ内陸国であるため物流面で課題がある。農村部では道も十分に整備されていない。といった様々な要因から [続きを読む]
  • 在日ネパール人サポート
  • 【在日ネパール人サポート】 概要 活動例 活動への思い概要ネパールから日本に働きにきているネパール人が快適に不自由なく暮らせるよう様々なサポートをしています。活動例日本での住居・バイト紹介日本語の勉強サポートコミュニティの紹介・立ち上げ病気等の緊急時の付き添い対応など臨機応変に色々なサポートをしています。(フットサル大会を開催し、プレイ後の1枚)(ネパール料理を振る舞って頂いた [続きを読む]
  • 大学教授から酷評された話
  • ナマステ〜。From天野っち。いま、4回生の僕は卒論を執筆中です。卒論のテーマ概要はフィリピンにおけるNGOの活動について。昨日、このテーマで教授のところに相談しに行った。結果、めっちゃ酷評。卒論の内容も、僕の国際協力に対する考え方についても酷評された。酷評された内容が自分でも納得できてめっちゃ悔しい。国際協力に参加する人が増えてきて、批評されている事実は知っていて気をつけていたつもりだっ [続きを読む]
  • ネパールについての書籍紹介
  • ネパール語についての書籍 『基礎ネパール語』 石井溥著 『SS式 すぐに話せるネパール語』 『CDエクスプレス ネパール語』 野津浩仁著 ネパール語についての書籍『基礎ネパール語』 石井溥著本格的具合:★★★★★Amazonのページへ文法事項を学び、単語さえ知っていれば0から独自の文章を作れるようになりたい人へ非常にオススメの参考書である。ネパール語を体系 [続きを読む]
  • 3ヶ月分の涙
  • 一昨日は1日涙が止まらなかった。自分でも理由がわからないまま、なんだかわからないけれど、ネパールに来てから3ヶ月間こらえていたものが全部溢れ出した。自分の弱さと臆病さに、虚しさと悔しさをずっと抱えていた3ヶ月間。今まで自分は使ってはいけないと思っていた言葉。まだまだ自分の努力が足りていないだけだから。私よりも何百倍も頑張っている人がいるんだから。こんな私なのに応援してくれる人もいるんだから。 [続きを読む]
  • ネパールに関する書籍紹介
  • 今まで僕(天野っち)が読んできた本の中で、ネパールに関連する書籍を紹介します。関心領域が国際協力・言語なのでそれらに関する書物が多いです。すべて僕の意見なのであくまでも参考までに。このブログはターゲットの中に、「学生」も入っています。その学生へのメッセージとして、沢山の本に出会ってほしいとの思いも込めてこのページをヘッダーの項目にしています。(自分にももっと読書しろよ、との思いもあります。 [続きを読む]
  • 悪臭と価格破壊 〜ネパールの卸売市場に潜入!〜
  • ナマステ!あかりんです。ネパールの首都カトマンズを歩いているとよく見かけるのが八百屋さん。お店を構えている人もいれば、改造した自転車のような乗り物で売っている人もいます。(なんでこんなに近い距離で売るんだろう・・・。)お店はいたるところにあるのですが、こんなたくさんの野菜や果物がなっている畑は首都カトマンズで見たことがない!・・・ということで調べてみたらカトマンズで売られるの生鮮食品の卸売を [続きを読む]
  • バスその① パンク。
  • ナマステ!あかりんです。農業という専門柄、村や地方に行くことが多い私。そのためよく利用するのがバス!大きく分けるとネパールのバスの種類は3つ都市部でネパール人の足となる「路線バス」観光客向けの「ツーリストバス」ネパール人が長距離移動で使う「長距離バス」更にこの長距離バスの中で形によって「大型バス(通称:マイクロバス)」と「バン」に分かれます。チトワンからの帰り道。なるべく早くカトマンズに戻り [続きを読む]
  • ネパール最高峰の農業大学へ行ってきた!
  • ナマステ!あかりんです。日本はそろそろ梅雨が始まる頃でしょうか?実は私、現在、首都のカトマンズからバスで5時間かかる「チトワン郡ランプール」という地域にいます!今ここ!ランプール。この旅の目的は.......「ネパール農業大学Agriculture and Forestry Universityへいくこと!」バスに5時間揺られて行ってきました!そして到着してびっくり!き・・・きれい???きれいすぎる????「わ〜日本人!写真とって [続きを読む]