たいもも さん プロフィール

  •  
たいももさん: CAI西高屋のコーチング!ブログ
ハンドル名たいもも さん
ブログタイトルCAI西高屋のコーチング!ブログ
ブログURLhttp://cai-nishitakaya.seesaa.net/
サイト紹介文CAI西高屋の公式ブログ。教室、子育て、教育、趣味など、色々なことをコーチング的思考でつぶやきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 35日(平均9.2回/週) - 参加 2018/07/12 11:38

たいもも さんのブログ記事

  • 読書感想文
  • 子どもたちは夏休み真っ只中。夏休みといえば、宿題です。宿題が大変、とぼやく子どもが結構います。うちの長男坊も、読書感想文のため悩ましげな顔をして読書をしていました。個人的には、宿題なんかよりも夏休みは、たくさん遊べ!と言いたいところですが。そういえば、僕は読書感想文が大嫌いでした。だいたい、あらすじだけ読んで書いていました(笑)高校のときには、映画化された小説を読んでよく意味がわからなかったのでつ [続きを読む]
  • そろばん講座【6時間目】見取算〜上級編③〜
  • 一応、今回が見取算の最後の授業になります。本当はあと一つ、マイナスの計算があるんですがかなり上級で出てくる問題なのでとりあえず、今回でいったん終了とします。繰り返しになりますが、そろばんは、この見取算が基本です。なので授業でも、しばらくはひたすら見取算の練習を繰り返します。早い子だと2ヶ月、長い子だと1年以上。もちろん、年齢にもよりますが。それが終わって初めて掛け算、割り算のある級の練習になります [続きを読む]
  • そろばん講座【5時間目】見取算〜上級編②〜
  • 物を教える場合「たとえ」を使うとうまくいく場合があります。教え方の上手な人は、この「たとえ」がうまいです。そろばんの珠を、お金(1円玉、5円玉)など別のものに例えて説明したり掛け算を教えるときに、袋に入ったお菓子を配るなど実際の場面にたとえて説明したり。たとえを使うと、すっと理解できることが授業の中でもたくさんあります。子どもにわかりやすく教えたいときはたとえ名人になることを心がけるといいですね。で [続きを読む]
  • 水槽のその後
  • 先日、長男坊が川遊びで捕まえた魚たち。今までなら、どうせ死ぬから逃して帰っていました。が、今回は珍しく持って変えることにしました。というのも、最近飼育しているメダカが次々にお亡くなりになり水槽がさみしいことになっていたので飼育してみることにしたんです。ちなみに、以前はメダカの飼育に命をかけていてメダカに害のありそうな生き物は共生は断固反対していました。が、最近はその熱もすっかり冷めてG.W.には捕まえ [続きを読む]
  • そろばん講座【4時間目】見取算〜上級編①〜
  • みとりのやり方一覧表がありますが子どもによって、使い方はまちまちです。僕はこんなもの見なくても大丈夫だ!と、意地を張って見ない子。ひたすら見まくって問題を解くけどなかなか頭に入らない子。自分なりの覚え方を考えて比較的すぐに表がいらなくなる子。教えていると、色んな子がいて面白いです。要領のいい子は、3番目のタイプですが意外と苦戦していた1番目や2番目の子でもある時、急にできるようになる子もいたりして [続きを読む]
  • 魚人間の川遊び
  • 先日、川で遊びたいと子どもが言うので適当に遊べそうな川を行き当たりばったりで探しながらようやく、ある公園を見つけました。公園につくと、見覚えのある車が。。。なんと、そろばんの生徒の家の車でした。ちょっと一般には見慣れない車なので、すぐわかりました(笑)偶然たどり着いた公園で偶然出会うとは。世の中狭いものです。。。でも、結構生徒さんとは意外なところでバッタリ会うこともあります。確か、他県で鉢合わせた [続きを読む]
  • 子どもの体と脳の関係
  • 今まで、保育士時代も含め多くの子どもを見てきましたが一つ、共通する点があります。それは頭のいい子は、運動神経もいい子が多いという点です。(あくまで僕の経験による主観です)ちなみに、ここで言う頭がいいというのは勉強ができるという意味ではなく知恵があるとか、回転が早いとか、地頭がいいという意味です。もちろん、勉強ができる子も多いですが。運動オンチの子がいますがよく観察すると、体のバランスが悪いです。体 [続きを読む]
  • 苦境に立たされた次男坊!
  • 次男坊の逆上がりチャレンジの続報。元記事はこちら逆上がりチャレンジ〜その1http://cai-nishitakaya.seesaa.net/article/460299099.html逆上がりチャレンジ〜その2http://cai-nishitakaya.seesaa.net/article/460527659.html実は、次男坊。すでに、何度か逆上がりは成功させています。ただ、できる日もあれば、できない日もあるので引き続き、毎日取り組んでいる状態です。そんなある日妹のお.. [続きを読む]
  • そろばん講座【3時間目】見取算〜中級編②〜
  • 何でもそうですが、教え方にはコツがあります。たいてい、一定時間指導を経験すればコツはつかめてくるものです。しかし、指導経験のない人の場合例えば、家で我が子にそろばんを教える場合はなかなか経験をつむことができません。そういう場合は、どうすればいいのか。一番のポイントはその子がどのように考えているのか、を考えることだと思います。要するに、子どもの立場に立って考える、ということです。コーチング的に言えば [続きを読む]
  • 子供のストレスに注意
  • 学校ではしっかりしているけど家ではだらしがない。こんな子どもはたくさんいます。家ではリラックスできるからだらけてしまうけど学校など公の場では、空気を読んできちんとできる。基本的にはこういう理屈です。なので、こういう子は基本的にはあまり心配する必要はないと言われています。逆に、家でもきちんとさせようとすると子どもは安らげる場所がなくなるので常にストレスを抱えた状態になりかねません。一方、学校でも家で [続きを読む]
  • 子育てもゼロベース思考で
  • ゼロベースで考えることはかなり難しいことです。ゼロベース思考とは、その名の通り色々なことをリセットしてゼロにした状態で改めて考えてみる、という意味です。よく、ビジネスで使われる手法ですが意外と日常生活でも応用できます。例えば。ある子はいつも黄色の鉛筆を使っていました。しかし、ある時、お母さんが黒い鉛筆を買ってきました。その子は今までずっと黄色い鉛筆だったので黒い鉛筆は使いたくない!といいました。お [続きを読む]
  • そろばん講座【2時間目】見取算〜中級編①〜
  • このブログを見て、そろばんのやり方をマスターすればぶっちゃけ、そろばん教室に通う必要はありません。その意味では、自らの首を絞める行為をしています(笑)というか、ネットが発達した今調べれば、何だってわかります。僕は、ピアノの動画をよく見ますが教室に通わなくても動画で覚えて弾けるようになりました。なので、その気になれば何かを習うために教室なんて通わなくてもいい時代なんです。しかし、です。いくらネットで [続きを読む]
  • そろばん講座【1時間目】見取算〜初級編〜
  • はじめに。そろばんのやり方は、流派?によって色々あります。なので、このブログで紹介するやり方が唯一の方法ではありません。実は、僕はそろばんを習ったことはありません。教室を始める際に、ピコ本部から一通り習っただけでその後は、ほぼ独学です。けど、独学でも十分1級程度の実力にはなれました。大会に出るようなレベルになりたければ恐らく、基礎基本をしっかり押さえたほうが良いのだと思います。しかし、うちの教室は [続きを読む]
  • そろばん講座〜イントロダクション
  • 本日より、そろばん講座を始めます!いきなりすぎますね(笑)軽く説明します。そろばんは、とても簡単です。やり方を覚えれば誰でもできます。数の勉強にとてもいいのはもちろん左脳中心の学校教育とは異なりそろばんは右脳を使うので脳をバランスよく鍛える意味でもとてもいい教材です。しかし、単に頭が良くなるから!という理由で始めるわけではありません。コーチングが冠のブログである以上もちろん、コーチングが関係します [続きを読む]
  • 夏休みの宿題
  • 我が家のお花畑、次男坊ですが夏休みの宿題に苦戦しています(笑)確認してみましたが結構な分量が出ていました。あまり学業の方は得意ではないのでわからん!わからん!と毎日連呼しながらやっています。落ち着いてやってくれればいいのですがわからないとすぐにイライラします。そんなイライラした我が子に冷静に教えられるほど人間できていないので僕が教えると100%ケンカになります(笑)最近、子どもの宿題について色々思う [続きを読む]
  • 厄日でもめげないコーチング
  • 土日は久しぶりにキャンプの予定でしたが台風のため中止に。ここのところ、ずっと晴れてたのになぜ、よりによって週末だけ雨なのか。。。晴れ男のはずが、おかしいです。しかし、コーチングを実践している僕はそんなことでめげるわけはなく急遽、海水浴&釣りに出かけることに決定。昼ごはんを食べて出発し約2時間かけて目的の場所に到着。さあ、泳ごう!と思ったとたん「ただいまより、台風のため遊泳中止とします」の放送が。。 [続きを読む]
  • 読書家の集まる教室
  • 僕は、読書が趣味です。とはいえ、子供の頃からよく読んでいたかというとそんなことはありません。むしろ、全く読まないほうで宿題の読書感想文はあらすじだけ読んで書いてました(笑)ただ、父が司馬遼太郎のファンだった影響で大学くらいの頃は、多少読むようになりました。趣味と言えるようになったのはここ最近でコーチングを学んでからのことです。子どもには読書をさせるといいと学校などでも言われていますが実際、なかなか [続きを読む]
  • 良い子育てをしたければ
  • 前回、子育ての「呪い」を解くにはコーチングを実践しよう、と書きました。実は、心屋さんも同じようなことを書いています。具体的には・やりたいことをやってスッキリするべし・イヤイヤやっている何かをやめるべし・「私のせいだ」という罪悪感をすてるべしこれって、まさにコーチングの考え方そのものです。そもそも、心屋さんは心理カウンセラーなのでコーチングと似たような考え方であるのもうなづけます。要するに、心屋さん [続きを読む]
  • お花畑をすくう方法
  • ついつい叱られてしまうことが増えてしまう、お花畑の子どもたち。そんなお花畑の子どもに対してはどのように接すれば良いのか。心屋さんは、こう書いています。子どものそのままを認めて、一緒に笑うだけでいい。子どもに、こうさせようなどとは思わずに、できなければできない今の姿を認めてあげる。そして、いつかできるようになったら一緒に喜んであげればいい。確かに、そのとおりです。多分、親なら誰でも知ってることです。 [続きを読む]
  • ちゃきちゃきタイプとお花畑タイプ
  • 子育に関する「呪い」の正体がわかったところで今回は、子どものタイプについて、です。心屋さんは、子どもには2つのタイプがあると書いています。一つは、ちゃきちゃきマルチタイプでもう一つが、お花畑スポットタイプです。前者は、周りの空気が読めて聞き分けがよく、要領もいいのが特徴。後者は、空気が読めないが、無邪気でいわゆる、天然・癒やし系・マイペース。集中すると周りが見えなくなるのが特徴だそうです。我が家で [続きを読む]
  • 親から受け継いだ子育観を見直す
  • 前回は、子どもにこうなってほしいという親の「願い」が子育ての「呪い」であると書きました。著者の心屋さんは、つづけてさらに面白いことを書いています。その「呪い」の原因とはあなたのお母さんから受け継いだ子育ての理想だと。これはどういうことか。実はコーチングでも同じようなことを学びました。ブリーフシステム。これは、人が無意識に行ってしまう判断や行動などのことです。例えば、お店でコーヒーか紅茶を勧められた [続きを読む]
  • お母さんの呪い
  • 今日からしばらく、この本について書いてみようかと思います。 以前も、ちらっと紹介しましたがけっこう面白かった記憶があったので改めて詳しく見てみようかな、と。あまり長くならない程度に気になった部分をかいつまんで書いていきたいと思います。では、さっそく。著者の心屋さんは子育てには「呪い」があると言っています。まず、お母さんの呪いについて。お母さんが子育てで悩む原因はすべて同じで子育てが「思うように」 [続きを読む]
  • ココロ貯金
  • 親にストレスがたまっているとつい叱ってしまいやすいと、前回書きました。これは、子どもにも言えます。このことについて東ちひろさんは、この本の中でココロ貯金という言葉でわかりやすく説明しています。https://amzn.to/2uMNIAi簡単に説明すると子どもはココロの中に貯金箱をもっていて中身がたくさんあれば、心が安定し中身がない、あるいは底に穴が空いている場合は心も安定しないそうです。どうすれば中身が貯まるのかと言 [続きを読む]