憂果 さん プロフィール

  •  
憂果さん: The relationship between Dominant and Submissive
ハンドル名憂果 さん
ブログタイトルThe relationship between Dominant and Submissive
ブログURLhttps://sorrow77ds.muragon.com/
サイト紹介文理性的で、人として尊敬できる独身のDominant男性との奇跡を信じて…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 75日(平均2.9回/週) - 参加 2018/07/12 14:35

憂果 さんのブログ記事

  • 衝撃の姿…
  • ブログを始めて間もない頃、検索していたら衝撃の姿に出会いました。 この針金のような開口器具は、海外の歯科で使用されているものみたいです。 このような姿にされた時、悲しくもあり、恥ずかしくもあり… だけど、特別感を感じてしまいそうです。 普段は絶対に他人に触れられたくない部分。 自分が幼い頃から女性として最も絶対的に大事にしている部分。 恋人にも誰にも邪魔されたくない自分だけの聖地だからこそ、信頼し [続きを読む]
  • 懸命に生きる貴方はカッコイイ…
  • 昨日は、夜にとある連絡が入り… 全く眠れなくなりました。。 あっ… この世界の事とは関係ないお話です。 生理中という事もあり、久しぶりの偏頭痛からの吐き気もする… 結局、一睡もできずにお仕事へ。。。 眠れ無さ過ぎるので、珍しくネットサーフィンをしてみた結果… とある男性芸能人のお方の衝撃的な現在のお姿を知りました。 数年前にスポーツ番組で初めてそのお方の存在を知り、画面越しに一目惚れした人です。 [続きを読む]
  • 憧れ…2
  • 前回から… そのM女性さんは、ご主人様をとても尊敬しており、頼りきっていらっしゃいました。 ご主人様はとても冷静に物事を捉える事のできる方で、思慮深く、紳士でいらっしゃり、とても頭の良い方だと感じました。 私は、「頭の良さ」というのは、肩書きや職業・学歴や実年齢などで決められるものでは無いと思っています。 確かに社会ではそれだけ人より努力して来たとみなされるので、評価される事は事実ですし、それを否 [続きを読む]
  • 憧れ…1
  • 私はこのブログを始めるまでは、性的要素を含むブログを殆ど見た事がなかったのですが。。 20代前半の頃、二つだけ深く愛読していたブログがありました。 一つは、鼻フックマニアの男性が書いた鼻責め小説でした。 私は特段鼻フックが大好きというわけではないのですが、、、 その方の描く描写がとても魅力的で… 繊細で妖艶で… 主人公の女性は、美しいお顔をご主人様の手によってだんだんと激しく変形させられてゆくので [続きを読む]
  • 深い溜息が出てしまう…
  • ☆みんな違って、みんないい☆ 大切にしている言葉です。 昨夜ネット上において久しぶりにブログ以外の場所で、お話する機会がありました。 このブログ以外のネットというと、今まで散々でしたから、もうしたくないと思っていましたが…勇気を出して誰かと話す機会を久しぶりに作ってみようかと足を運んでみました。 その方は「雑談なので気軽に楽しくお話しましょう。SMとはこういうものだと決め付けず、固定観念が無く、相 [続きを読む]
  • 現実逃避…?
  • 旅行は楽しい。 美味しいものや美しい景色などリフレッシュになるし、日々の日常から少し離れた気分になれるのも好きな理由かもしれません。 では、この世界は? というと、時々…自分にとって現実逃避をする為の心の居場所なのかもしれない…と思う事があります。 もしもその為にこの世界が必要なのであれば、やめた方がいいとまでも思えます。 逃げ道にしてはいけないと頭では理解しています。 だけど、日常と非日常を分け [続きを読む]
  • おやすみなさい…
  • 明日は朝から歯科です。 私にはご主人様という存在がいないので、今は普通に何も考えずに行けますが、原点をきちんと知ってくださっているご主人様であれば、恥ずかしいけどある意味で調教にも成り得てしまう。。 その場合は日常が特別な時間になりますね。。 心が深く繋がっていてお互いの理解者でもある関係性は、日常の何気ない事でもどのような事でも二人の間では立派な調教になりますね。 って…今日のブログはこんな事を [続きを読む]
  • 心を整理する為にも…
  • 今日は、敢えてカラーに☆。。 以前からずっと、お部屋を徹底的に整理しなきゃしなきゃと思っていて、ミニマリストを目指している友人にお片付けの極意を伝授してもらったりしていましたが、なかなか出来ずに月日は流れていきました。 部屋に物が多過ぎるからなかなか物を減らすのが大変ですが、断捨離する事で部屋が美しくなると心の整理も少しはできる気がします。 ご主人様がいないから心が安定しなくて動けない…とかただの [続きを読む]
  • どれが真実なのか…
  • 3年前、某掲示板で53歳のドミナント男性と知り合いました。 バツイチの独身で、会社経営をしているとの事でした。 私は今までは、かなり年上の方との主従の経験はありません。 (過去に1人だけとある嗜好に特化したSMパートナーと呼べる年上の方はありましたが…強い緊張から気を遣いすぎてしまい、本当の自分が出せずにいました。今ならまた違っていたかもしれませんけれど。) だから私にとってこの世界で50代の方と [続きを読む]
  • この一週間は…
  • 心が病んでいました。 朝まで全く眠れない… 目は冴えているのに、ベッドから起き上がる事が出来ない…。体調が悪いわけでもないのに、心が引き籠りがちになる。 定期的に脆くてどうしようもなくダメな自分が顔を出します。 それは毎回決まってこの世界を強く求めてしまう時なんです。 私は何故、今もこの世界にいるのだろう。。 主様がいるわけでもない。一人なのに。 この世界から離れてしまいたい。 何度思ったことでし [続きを読む]
  • 傍に置いてもらえる幸せ…
  • 呼び方や扱われ方・関係性は、カップルに寄ってさまざまな形があるけれど、私は奴隷や物扱いされるとは違う感覚です。 それは、似て非なるもの。。 ただ、ご主人様の傍に置いてもらえる事がとても幸せ。。。 そして大切にされている実感や安心感を感じられる空間でもあります。 キツイ体勢だけど、耐えていたい。。 そう思えます。 こんな風に、常に傍に置いてもらえて、少しでもご主人様に快適に寛いで頂けるようにお役に立 [続きを読む]
  • 葛藤からのご報告…
  • 葛藤…で綴らせて頂いた、とても迷っていた事… やはり気持ちがどうしようもなくなって、勇気を出してついに購入してしまいました。。 今までご主人様から頂いたものや預かっていた事はあったけど、今のようにフリーで自分で自分の為に購入したのは今回が初です。 口枷や開口器、デンタルミラーや、少しだけ…玩具も買いました。。 その玩具とは、昔…厳しく厳しく責められていた陰核用のものを… ご主人様に責められている時 [続きを読む]
  • 不安定…
  • 心が不安定になると、主様と呼べる存在を求めてしまう… 心が不安定になると調教が欲しくなる… とはいえ私の場合、被虐行為を求めるのとは異なるけれど。。。 忙しく安定している時は精神が満たされていて精一杯。元気いっぱい。 それが孤独を感じたり寂しさを感じて不安定になると一気に脆い自分が顔を出す。 寄りかかり、頼りたくなる。。 でも、そんな顔をお見せするのは主様の前だけ。。 昔からずーっと答えは出ないの [続きを読む]
  • 精神的な繋がり…
  • ご主人様と従者… 強い苦痛や絶対的支配で繋がっている人達もいて。 セックスで繋がっている人達もいて。 恋人や夫婦の愛で繋がっている人達もいて。 他にも、様々な繋がり方があって。 本当に、形は千差万別。 100のカップルがいたら、100通りの関係性があると思います。 その関係性に両者が納得していれば、幸せを感じられるなら。 それはとっても素敵な事。見ず知らずの者が口出す事ではなく、どのような形でもそ [続きを読む]
  • 嗜好について…
  • 私の原点における経験と嗜好については、ブログに書くべきか否かとても迷いました。 被虐嗜好では無い事は、記事からもお分かりだとは思いますが… 自身でSubmissive側ですと名乗るのであれば、自らの嗜好について語るのはどうなんだろう…と、悩み、非常に迷いました。 過去には、主従とは違う形でSMプレイと呼ばれる責めを受けた事もあります。 その時は、この嗜好の事は封印して、他の部分における恥ずかしい責 [続きを読む]
  • 主従関係…
  • 貴女にとって、主従とは何ですか? と聞かれれば、私は真面目に「お互いの事を大切にし合えて、支え合う存在。互いの存在があるだけでホッとする関係。止まり木です…」 と、答えます。 その返答を聞いただけで… ニセモノだ。 主従を勘違いしている。 マゾを名乗る資格はない。 と、知らない方達に頭ごなしに否定され、散々 嫌な思いをしてきたので、疲れてしまい、ネットから遠ざかっていましたけれど…。 自身もブログ [続きを読む]
  • 寂しさと虚しさと欲求と…
  • 私は、自慰というものをしません。 20代の頃にはリアルの経験が長くあったものの… 自慰をした事は無く、そのような躾を受けた事もありませんでした。 ただ、会っていない時にも主様に自慰をしなさいと命じられる、或いは許可を頂ける。或いは禁止される。 会った際は主様の目の前で自慰をさせられる… 見守って頂ける…という管理的な事についてはとても憧れがあります。 30代に入ってからは、とあるトラウマから人を信 [続きを読む]
  • 視覚で、感じた事…
  • Ⅰ…お互いの存在を大切にし合い、愛おしさが滲み出ていると感じます。 躾は厳しいでしょうけれど、関係性はきっと甘美な二人だけの世界なんだろうなぁ…と感じます。 足元に居て、幸せ溢れているのでしょうね。 自然体で微笑ましくて、羨ましいです。 Ⅱ…以前にも登場しましたが、私はこのシチュエーション及び雰囲気が大好きです。 Masterは、一見お口の中を視ているように見えて、きちんと従者の表情や深層心理を読 [続きを読む]
  • この経験を通じて…
  • その後も会っていて、その度に「そして初めての…」と「2回目の羞恥検査…」の記事に綴らせて頂いた内容の検査をされていました。 会っていない時間も、連絡を取っていて、その度にお兄さんは検査の時の感想を伝えてくださっていました。 お兄さんは、私が恥ずかしさに耐えながら検査を受け入れる姿が可愛いし、特に鼻腔の吸引を頑張っている時の苦悶の表情が美しい…といつも伝えてくださっていました。 私は、そう感じてくだ [続きを読む]
  • 2回目の羞恥検査…
  • 「次は、歯もじっくり見ます。」 お兄さんからそう言われていたので、覚悟してお会いしました。 検査を始めるまでの流れとしては、前回と同じです。 私が安心して検査を受けられるようにと、今回も鞄の中身や持参した物を全て出して机の上に並べて見せてくださいました。 その中に、前回の道具に加えて、デンタルミラーと開口器具とカットロールと舌圧子がありました。 舌圧子とは、一般的には耳鼻科や内科等での診察時に使用 [続きを読む]
  • そして初めての…
  • ついに約束の日が来ました。 恋人でもなく、SとMの繋がりでもなく… 性的な要素は一切ない関係性。 でも、相手をきちんと信用できて、非日常の空間で、2人だけの世界感…という意味では共通していると思います。 2人きりになれる空間が必要なので、ホテルに行きました。 今でも初対面の異性の車には乗らないように気を付けていますが、お兄さんとは面識があるので車で移動しました。 ホテル前に着いても、私の心の準備が [続きを読む]
  • その後の決心…
  • お兄さんにそう告白され、頼まれてからの私は毎日ドキドキしながら気が気でない日々を過ごしました。 お医者さん以外の男性に、自分にとって最も恥ずかしくもあり、大切にしている部分を検査されてしまうなんて… 想像するだけで恥ずかしくて堪らないのに、実際にされてしまったら私はどうなってしまうのか… お兄さんを目の前にどう反応すれば良いのか… もしも汚いと思われてしまったらどうしよう… そしてお兄さんは、本当 [続きを読む]
  • 恥ずかしい出会い…3
  • お茶をした時… 最初はお兄さん自身の身の上話や、世間話しをしてくださいました。 やはり思った通り、当時の私よりも少し年上の20代半ばで、会社員でした。 少し打ち解けたところで、私の今回の治療の経緯や歯の事など…を、聞かれました。 もしも周囲に話の内容が聞こえていたとしても、単に歯科治療の話題を口にしているだけかもしれませんが、私にとっては… とても恥ずかしい話題だと感じました。 だからドギマギして [続きを読む]
  • 恥ずかしい出会い…2
  • その後 数回はそのお兄さんと待合室で一緒になる事はありませんでした。 もしまた私の治療を知られたら今度はどんな顔をすればいいのだろう… 顔を合わすのが恥ずかしい… あれ以来そう思いながら通院していたので、もう会う事もないかもしれないと思うと少し安堵でもありました。 でも…… その後また待合室で遭遇してしまったのです。 最初はただ恥ずかしさしかありませんでした。 でもその時は、前回とは逆の状況で、そ [続きを読む]
  • 恥ずかしい出会い…1
  • それからしばらくして… どうにか忘れようと、頑張って日常生活を送っていました。 学生生活も大詰めに差し掛かり多忙でもあったので、バタバタしているうちに月日は過ぎていき… しかしそれからしばらくして、子どもの頃に治療した歯が悪さをしてしまい、しばらく歯科に通院しなければいけなくなりました。 初めての大掛かりな治療です… 今まで軽い治療の経験はありますが、今回は人生で初めての神経の治療… ショックもあ [続きを読む]