すいか さん プロフィール

  •  
すいかさん: 顔汗 ひどい 対策
ハンドル名すいか さん
ブログタイトル顔汗 ひどい 対策
ブログURLhttps://kaoasestop.com/
サイト紹介文顔汗がひどいのをなんとかしたい人のための対策を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 23日(平均3.0回/週) - 参加 2018/07/12 15:33

すいか さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 顔汗がひどい 化粧
  • 顔汗がひどいと、たびたび化粧直しをしないといけませんね。肌に密着してカバー力のあるファンデーションでも、流れる汗には強いとしても、肌の内側から出てくる汗には抵抗できません。顔汗に負けないメイクをするには、汗を抑えることが大切です。そこで、制汗効果のある成分を配合している化粧品を調べてみました。制汗成分が配合された化粧品医薬部外品に配合されている有効成分は、特定の効能効果があると厚生労働大臣が承認し [続きを読む]
  • 制汗剤
  • 制汗剤は汗を完全に止めるわけではありません。でも長期にわたって使い続けると、汗を分泌する汗腺の活動を休眠状態にしていきます。この記事では、制汗剤の有効成分が効果を発揮する仕組みや、体への影響について書いています。制汗剤の有効成分市販の制汗剤は多くが制汗シートなど一部の商品をのぞけば「腋臭(えきしゅう)、皮膚汗臭、制汗」に効く医薬部外品です。顔用は「肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。」とい [続きを読む]
  • 顔汗対策
  • 顔汗がひどい人は多汗症の可能性があります。多汗症のうち、他の疾患に原因がないものを原発性多汗症といいます。原発性多汗症の顔汗対策に何があるか、この記事を読むとわかります。顔汗 病院でできること日本では、多汗症の患者のうち病院を受診するのはわずか6%だそうです。病院で受けられるのは、科学的・医学的に検証されて、効果があるとされた治療法です。完璧な対策ではないとしても、治療を受ければ顔汗を止められる可能 [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 男性
  • 顔汗がひどい悩みを抱えている男性には、つらい季節になりました。でもひとりで肩身の狭い思いをしていても、悩みは解消しません。顔汗の治療法は、医学的に根拠のある方法が確立しています。まずは病院を受診するところからはじめませんか?顔汗がひどい男性の告白顔汗がひどいと男性でも悩みます。混雑している電車の中で前に女性が来ると、顔から滴り落ちる汗が女性の髪や服につくんじゃないかと、気が気じゃなくなります。それ [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 病気
  • 顔汗がひどいと、なにかの病気のせいじゃないかしら?と気になることがあるでしょう。全身性の多汗でないときは、それほど大きな病気が隠れていることは少ないかもしれませんが、そうでないことを確かめるためにも、早めに病院を受診しましょう。顔汗がひどいのは病気のせい顔汗のひどい原因が他の病気にないものは、原発性顔面多汗症といいます。一方、他の病気や障害が原因で多量の顔汗が出るものは続発性多汗症といいます。顔汗 [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 女性
  • 顔汗がひどいと悩んでいる女性からみると、真夏の暑い日に涼しい顔をしている人は、ある意味信じられない存在ですよね。とても同じ世界に住んでいるとは思えません。どうして、この暑さの中で汗ひとつかかずにいられるんだろう?と、不思議に思うことはありませんか?顔汗はメイクのやり方で抑える「どうして化粧が落ちないの?」顔汗で化粧崩れに悩まされている女性は、長年の疑問を某掲示板で聞いてみたそうです。すると、化粧が [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 原因
  • 顔汗がひどいときは、他の病気や障害がかくれている可能性があります。顔汗がひどいと感じるようになった人は、早いうちに他の病気や障害が原因かどうか、病院を受診して調べてみることをおすすめします。顔汗がひどい原因は他の病気や障害かも顔汗がひどいと感じるようになった人は、もしかすると気がついていない原因がかくれているかもしれません。多汗症は、多量の汗をかく部位によって分類されています。全身から大量に汗が出 [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 漢方
  • 顔汗がひどい人に漢方薬があうこともあります。漢方は日本の伝統的な医学で、その特徴は心と身体を一体のものとして診ることにあります。個別の症状に対処する西洋医学に対して、漢方は体質改善をして発症そのものを抑えようとする、というのが素人的な理解なのですが、実は即効性も期待できることがあるそうです。顔汗がひどいのには漢方がいいことも日本皮膚科学会の原発性局所多汗症診療ガイドラインでは、薬や手術で治療をして [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 薬
  • 顔汗がひどいときの薬は、多くの病院ではまず外用薬として塩化アルミニウム溶液、内服薬としてプロバンサインが処方されます。どちらも「原発性多汗症診療ガイドライン」というお医者さんが診療の参考にするガイドラインで第1選択とされている薬です。それぞれどんな薬なのか、最近は薬剤師さんがわかりやすく説明してくれるようになりましたが、ここでは薬剤師さんとは別の角度から、どんな薬なのか深掘りをしてみたいと思います [続きを読む]
  • 顔汗がひどい 病院
  • 顔汗がひどいとしても、ほとんどの人は病院に行こうとは思いません。実際に、頭や顔の多汗症で病院にかかる人は、有病者の6%ほどしかいないそうです。でも、日本では頭部・顔面多汗症は20人にひとりに近い割合で発症します。発症年齢は平均すると21歳ごろで、不安症、対人恐怖症を併発しやすく、生活の質(QOL)が著しく落ちます。多汗症には、日本皮膚科学会による診断基準と診療ガイドラインが作成されていて、病院にいけば重症 [続きを読む]
  • 過去の記事 …