雪乃 精レイ さん プロフィール

  •  
雪乃 精レイさん: ゆきのスピリッツ〜創作の宴
ハンドル名雪乃 精レイ さん
ブログタイトルゆきのスピリッツ〜創作の宴
ブログURLhttp://yukinospirit.blog.fc2.com/
サイト紹介文裸の恩返し…妄想?現実?狸の森でピーマンのゲホと私、モゴの会話が始まりました☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 154日(平均6.1回/週) - 参加 2018/07/13 12:50

雪乃 精レイ さんのブログ記事

  • 裸の恩返し 137
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 137モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ回想録「当時のわしは中学生じゃ。わしを囲むように次々とヘルメットを被った男達が続々と集まってきよった。もっさり髭のヘルメット・ダンプ―ぶっとい黒ぶちメガネのヘルメット・ダンプ―大柄デッカイ体のヘルメット・ダンプ―ダンプから降りてわしと話している目の前、細面のヘルメットダンプ―乗組員は一番偉い奴とみた。子供心になんとなく [続きを読む]
  • 裸の恩返し 136
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 136モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ回想録「わしは大事な沼を埋め立てられると聞いて一切の言葉を失ったんじゃ。運が悪いことに辺りには誰一人仲間はいなかった。そう、あの時のわしは孤立無援…しかしな、ここでわしがなんとかしなきゃならんと思って行動に出たんじゃ。チョイナ♪アラヨ♪」子供・ピコたかし「じーちゃん!ヘルメットを被ったダンプの大きな男の人たちは5人もいる [続きを読む]
  • 裸の恩返し 135
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 135モクモクの雲「もくもく。もくもく。」ズガガガ・ダンプー「ズガガガガガガガ。ガー。ウイーン。キ〜コ、キキキ。ガガガ―ン。」じーじ回想録「あれはな…もう二度と聞きたくないイヤーな音じゃ。思い出したくもない。じーちゃんな、沼っていっちょるが名前をつけておってな。名前すら口に出すと悲しゅうてな。もう忘れた事にしちょったんじゃ。チョイナ♪アラヨ♪」子供・ピコたかし「 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 134
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 134モクモクの雲「もくもく。もくもく。」ザリガニ釣りの名人・じーじ「あの日は今日の様なもくもく〜っとした雲が空に立ち上っておった。ア、チョイと東〜京音頭ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「ん〜、きれいでまっしろな、もくもくの雲だね。ピコ。」ザリガニ釣りの名人・じーじ「うんうん。わしと、たかすぃの頭の上にある真っ白なもくもく雲じゃ。チョイナ♪アラヨ♪」モクモクの雲「ぽ [続きを読む]
  • 裸の恩返し 133
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴 裸の恩返し 133 モクモクの雲「もくもく。もくもく。」おだんご作りの名人・じーじ「いいか、たかすぃ…たかすぃと同じ年の頃、季節も今と同じ夏から秋になろうとしていた頃の事じゃ。じーちゃんは日曜日の午後近くの沼で友達とザリ釣りをしていたんじゃ。チョイと東〜京音頭ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「沼?ザリ釣り???ピコ。」ザリ釣りの名人・じーじ「そうじゃ、ザリ。わかるか?わかんね [続きを読む]
  • 裸の恩返し 132
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 132モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」おだんご作りの名人・じーじ「たかすぃ、いいかだんごは丸く固めた後、砂をかけて磨きこむんじゃ。さっき話した銀砂でな。チョイナ♪アラヨ♪」子供・ピコたかし「ぎんすなで磨きこむ??ピコ。」おだんご作りの名人・じーじ「そうじゃ。かわいた白いサラサラの砂。これが銀砂とじーちゃんは呼んでいたんじゃ。その銀砂でやさし〜く、かけては撫でるよ [続きを読む]
  • 裸の恩返し 130
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 130モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」元・おもらし君のじーじ「たかすぃ、銀砂かけりゃだんごは固くなると思ったら大間違いじゃ。ア、チョイと東〜京音頭ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「え〜?じーちゃん、おだんごに、ぎんすな振り掛ければいいっていったよ。言った言った。そうやって言ったもん。ぷー。ピコ。」元・おもらし君のじーじ「うんにゃ、ちゃうぞ。大事なやり方つーもんがある [続きを読む]
  • 裸の恩返し 131
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 131モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」おだんご作りの名人・じーじ「たかすぃ、土のだんごな、片方の手におむすび位の土をのっける所まで話したよな。汁気もチョビットつけなきゃダメだぞ。ア、チョイと東京音頭♪ヨイヨヨイ♪」子供・ピコたかし「うん。聞いたよ。しるけもね。じーちゃん、続きが知りたいんだ。ピコピコ。」おだんご作りの名人・じーじ「ホホ、そかそか。んだらば両手で丸 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 129
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 129モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」元・おもらし君のじーじ「なぁ、たかすぃ…じーちゃんが何故おもらししたか、今から話すから黙って聞いとけ。チョイと東〜京音頭ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「う、うん…。ピコ。」元・おもらし君のじーじ「子供のころのじーちゃんはやんちゃ坊主じゃった。チョイナ♪アラヨ♪」子供・ピコたかし「そうなの?ピコ。」元・おもらし君のじーじ「あぁ、 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 128
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 128モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「げんまん、げんまんしたんだから大丈夫でしょ?ピコ。」眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「指きりげんまんしたからってまだ安心できねー。いいか。誰にもいっちゃならん話じゃ。本当に約束できるか?たかすぃのパパやママも知らんのじゃからな。バレたらじーちゃんは恥ずかしゅうてここに居れなくなるからな。ホレ♪東〜京 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 127
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 127モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「じ、じーちゃん!!謎ピコ。」ガッシリたかすぃと抱擁中、眉間にシワ、額にふっかいシワのじーじ「あーもいうな。わかっちょる。ポロッポロの涙とはなんぞ?そういいたいんじゃろ?ア、チョイと東京音頭♪ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「じーちゃん、一番とビリッカスが同じなのがわからないんだ。嬉しくて泣くのもわからないよ。謎 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 126
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 126モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」ガッシリたかすぃと抱擁中、眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「たかすぃの悲しい涙もじーちゃんの嬉しい涙も一番でビリッカスじゃ。わかるか?人が何か感情に訴えかけられるものがあれば、それはそれは尊いものなんじゃ。涙ってーものは不思議なものよ。その人それぞれの一番でビリッカスじゃ。ア、チョイと東〜京音頭ヨイヨイ♪」子供・ピコ [続きを読む]
  • 裸の恩返し 125
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 125 モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」ガッシリたかすぃと抱擁中、眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「じーちゃんなぁ…たかすぃと指きりげんまん出来てうれしいんじゃ。ぐっすん。もらい泣き。ヨヨイのヨイ♪」モクモクの雲「もくもく、もくもく。」子供・ピコたかし「ぐっすん、ポロリ。あのさ、じーちゃん。嬉しくて泣いたの?どうして?ピコ。」ガッシリたかすぃと抱擁中、眉間 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 124
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 124モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「ぐっすん、ポロリ。いい?じーちゃん、男と男の約束するときはこれ。わかる?じーちゃん?ピコ。」ガッシリたかすぃと抱擁中、眉間にシワ、額にふっかいシワのじーじ「ほ?なんじゃい?男のくせに小指なんぞ立ておって。なんいじゃらほい?チョイナ♪アラヨ♪」子供・ピコたかし「ぐっすん、すんすん。いいからじーちゃんも小指立て [続きを読む]
  • 裸の恩返し 123
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 123子供・ピコたかし「うわぁぁぁーん。」モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」スコップ放り投げハロー、ハロー。眉間にシワ、額にふっかい皺のじーじ「いいさ。なー。なんか悔しくて、なーんか悲しい。人はみんなそうやって何回も何回も泣きながら大きくなるんじゃ。」子供・ピコたかし「ひっく、ぐすん。じ、じーちゃん…そうなの?泣いたりしたの?ピコ。」スコップ放り投げハロー、ハロー [続きを読む]
  • 裸の恩返し 121
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 121モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」スコップ片手にハロー、ハロー。眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「たかすぃ、じーちゃんのいう事が聞こえんのか?目つぶれ、歯を食いしばれ。ア、ソレ、チョイと東〜京音頭ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「僕は…。じいちゃんに…。」スコップ片手にハロー、ハロー。眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「たかすぃ!言い訳は聞いとらん [続きを読む]
  • 裸の恩返し 122
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 122モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「じ、じーちゃん…。じーちゃん…。ごめん、ごめんなさい…。僕じーちゃんにうそついちゃった…。僕、ダメで悪い奴だよ…、ピコ」スコップ片手にハロー、ハロー。眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「なにいっちょる。たかすぃ、お前はなーんと優しい男だ。謝るこたぁねぇ。堂々とせい。嘘も方便てな。触ってもいねー、殺生も [続きを読む]
  • 裸の恩返し 119
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 119モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」スコップ片手にハロハロー。眉間にシワ、額に三本ジワのじーじ。「たかすぃ、象が一番デカイ生き物か?間違いねーか?アーラ、ヨイヨイ♪」スコップ片手にハロハロー。眉間にシワ、額に三本ジワのじーじ。「そか。のぉー、たかすぃ、象はつぇぇか?よわかねーよな?アラヨ♪ホイサ♪」 子供・ピコたかし「大きくて、ふっとい足でどっしーん、どっしーん [続きを読む]
  • 裸の恩返し 120
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 120モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」スコップ片手ハロー、ハロー。眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「たかすぃ、じゃぁ、なぜミミズを殺した?答えてみろ?アラサ、ホラヨ♪」子供・ピコたかし「じぃちゃん…。ピコ。」スコップ片手ハロー、ハロー。眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「たかすぃ、じいちゃんに何も答えられない意気地のない男なのか?おー?ヨヨイのヨイ [続きを読む]
  • 裸の恩返し 118
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 118サンさん太陽「チラ、ギラ、ピカリ。」子供・ピコたかし「あ、あのね…僕、めめずさんを殺しちゃったんだ。ホントだよ。嘘じゃない。ピコ。」裏庭でスコップ片手にこんにちは、眉間にシワ、額にふっかい三本ジワのじーじ「な、なんじゃと?ミミズを殺した?本当か?嘘じゃないじゃろうな?本当なら、なんという事をしでかしたんじゃ。」子供・ピコたかし「じ、じーちゃん、怒らないって [続きを読む]
  • 裸の恩返し 117
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 117モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「どうして?スコップ…ないよ…。どこ?どこ…?ピコピコ。」真打ち、主・パパ「おーい、たかし早く持ってきなー。」子供・ピコたかし「パパ、ないんだよー。スコップどこにもないんだ!ピコ。ピコ。」ミミズのニョロ「ヒューー〜、ドッスン。うへーっ。」裏の勝手口からハローハロー先回りしていた眉間にシワ、額にふっかい三本ジワ [続きを読む]
  • 裸の恩返し 115
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 115モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」はい。こんにちは。二階からドタドタ移動中、眉間に縦シワ、額に、ふっかい横三本ジワのじーじ。「たかすぃ〜!あれほど触っちゃなんねーっていっとったのにダ~メダァー。アラ、ヨイヨイ♪」子供・ピコたかし「パパ、じいちゃんがここへ来ちゃうよ。僕じーちゃんに怒られるの嫌だよ。じーちゃんは怒りだすとずっと怒ってるんだ。僕が謝っても、泣いたっ [続きを読む]
  • 裸の恩返し 116
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 116モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「パパ、スコップ取りに行く前にめめずさん、どうしよう?ピコ。」ミミズのニョロ「またとないチャンスがきた。土だ。土のある場所にそっと置いてくれ。そうすれば最後の力を振り絞って土の中へ潜り込む。ピコ、頼むぞ。」子供・ピコたかし「あれ?あれ?あれれ?ピコ。」真打ち、主・パパ「どうした?たかし?」子供・ピコたかし「誰 [続きを読む]
  • 裸の恩返し 113
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 113子供・ピコたかし「そーっと、そーっと。ピコピコ。」モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」ミミズのニョロ「雲よ雲…。空中ってのは、なんて落ち着かない…薄ら寒いものだな…。」モクモクの雲「もくもく、もくもく。」ミミズのニョロ「へっへへ…雲よ…お前さんと違うのは俺は独り立ちしていない。俺は挟まれ、この先どうなるかわからない宙ぶらりんの身だ。いや、お前さんも風の言いなり [続きを読む]
  • 裸の恩返し 114
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 114モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」子供・ピコたかし「パパ、これめめずさんだよね?ピコピコ。」真打ち主・パパ「たかし。それはミミズだ、間違いないよ。しかし驚いた。男の子だろ?ミミズ一匹触れないのか?」子供・ピコたかし「違うよ。あのね、めめずさんを触るとじーちゃんが怒るんだ。ピコ。」真打ち主・パパ「そうか…。たかし、いいこと教えてやろうか?」子供・ピコたかし「う [続きを読む]