雪乃 精レイ さん プロフィール

  •  
雪乃 精レイさん: ゆきのスピリッツ〜創作の宴
ハンドル名雪乃 精レイ さん
ブログタイトルゆきのスピリッツ〜創作の宴
ブログURLhttp://yukinospirit.blog.fc2.com/
サイト紹介文裸の恩返し 執筆中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 8日(平均10.5回/週) - 参加 2018/07/13 12:50

雪乃 精レイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 裸の恩返し 14
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴 裸の恩返し14 小さな反省会。大げさすぎるだろうか?とにかく私は熱い湯は私を生まれ変わらせた。 「ほう、それはほんとうか?」 誰だ…?時折私の思考に割って入ってくるのは? ヨシ、それなら検証してみようじゃないか。 私は久しぶりの湯につかりこの数日間をポッポとゆで上がる体で振り返ってみた。 【比較と事故】真冬の水は凍り付くように冷たい事を [続きを読む]
  • 裸の恩返し 13
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し 13あの男性店員も女性店員もきっと御節介なんだ。もう私にに構わないで欲しい。私を笑っていたじゃないか。これ本当の私の思考かな?つい今さっきの思いはフッと消え、コロコロ、コロコロ考えが反転する。どうも信用ならない。考えすぎも程々にしておこう。そんな思いをポトポト置き去りにして湯場へ向かった。人は何を考えているか実際わからない。そうでしょ?とどめの捨てゼリフで締めく [続きを読む]
  • 裸の恩返し 12
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴〜裸の恩返し 12自分て奴はほんと、気まぐれで厄介な奴。そう思わない?誰宛の問いかけかも行方知れず。逃げる私。いやいや思えない。思わない。 相手が笑えばプンスカ怒り出すアマノジャクっぷりをオープンにしている。 おまけにムス顔(; ・`д・´)ときてるから相手にも伝わる事間違いなし。「あの、ですね。タオルありますか?」・・と 男性店員。今だ笑顔の応対。継続中。なんなんだ?何が言いたいの [続きを読む]
  • 裸の恩返し⑪
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し⑪「はい?」私からは語句の上がった返答。怪訝そうな表情を露呈したことだろう。私の粗相か?いやいや先方の伝え忘れかであろう。「余計なことかもしれませんが…。そのままご入浴ですか?」なんとまどろっこしい。服は脱ぐし裸にもなる。当たり前すぎる事柄に何と返答すればよいやら苦慮していた。いや、待てよ…。 もしや額からの出血が入浴できないという事だったりはしないか?慌てて両 [続きを読む]
  • 裸の恩返し⑩
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し⑩一階はマッサージ処と土産物があり二階と三階が温泉の施設になるという。さらに四階は食事やカラオケが楽しめると説明を受けた。当然、私の支払った代金の主な権利はマッサージや土産物の一階、食事処、カラオケの四階にはない。二階と三階の湯場にある。一万円を31日で計算すると1日約322円というプライスなら充分な権利だ。「入浴回数ですが・・・。」注意点の説明があった。一万円のパス [続きを読む]
  • 裸の恩返し⑨
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し⑨1人の頼もしい男が去っていった。その名は福沢諭吉。「月があけたらまた会おう。」現在、1月18日。2月5日は給料日。また会うにはちょっと先の話。まさに、月があけたらまた会おうとは現金の支給日をさしている。残り少ない諭吉とその仲間達で日々節制をし考え生きていかなければならない。諭吉が勇敢に潔く去ったことにより見返りがあった。「ご住所、お名前をこちらの用紙にお書きください [続きを読む]
  • 裸の恩返し⑧
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴〜裸の恩返し⑧店内カウンター付近。湯香(ゆこう)が充満していました??言葉にうまく表せない興奮があります。体温高め36.5度(たぶん)の私には寒い冬はきっと他の人より冷たく、寒く感じるんじゃないか?つまらない思考。数秒・・数十秒の空白。ぽかんとしてた。「お客様?お客様?」きっときっと、何度目かの呼び掛けられたはずで、はっと気づいて我に返る「あ、はい、はい。な、なんですか?」と [続きを読む]
  • 裸の恩返し ⑦
  • ゆきのスピリッツ創作の宴裸の恩返し⑦悪かったのは私。ここは通行の場で立ち止まる場所ではないからです。おでこをガラスに強打したまま私はその場に倒れこみました。??痛い。痛すぎる。そこで目が覚めました。ここで中の様子をいくら伺った所で何もはじまらない。冷静にもなりました。店内を覗き見る怪しげで通行妨害、迷惑な奴になってはいないか?10日間「温かい湯」から遠ざかっていた私の『鼻」は店内から放たれる「湯香」 [続きを読む]
  • 裸の恩返し⑥
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴〜裸の恩返し⑥ふわりふわふわ釣られつられてト〜ボトボ。体の芯からブルブルな夜。ほのかに香る何か?は懐かしさのみで実際ナンナノカ?判別できません。気になる香りであることは間違いありません。20メートル程直進し狭い路地をキュッと急カーブすると見えてきました。よしかわ天然温泉「ゆあみ」です。(埼玉県吉川市)ゆあみと書かれた暖簾が旗のようにバタバタなびいています。なるほどここへ皆々 [続きを読む]
  • 裸の恩返し⑤
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し⑤シャワーを浴びて一日の疲れと汚れを取ります。浴槽に水を張ってザブリはいる勇気はありません・・・??「冷水」ですから、、、、。冷水シャワーの手順はボディソープを乾燥状態の体にまぶしていきます。??塗り広げるという感覚ではないのでまぶすイメージです。極力水を使わない方向で行わないと真冬には危険です。注意はまぶしすぎると体に張り付いたボディソープを洗い流さなくてはな [続きを読む]
  • 裸の恩返し④
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴裸の恩返し④生活は限りなく低空飛行、余力のない瀕死状態の中唯一の楽しみとも言える入浴を断たれたわけです。????しっかり記憶しています。1月の7日のこの日、次回給料日の2月5日まで残金は4万円と小銭を数百円残す程度でした。??4万円と聞けば余裕ではないかと思いますが、約一ヶ月外回りの中で朝から夜まで日に三食、食いつなぐには厳しいものがあります。いつもオチがある私はこの時自動月末 [続きを読む]
  • 裸の恩返し③
  • ゆきのスピリッツ〜創作の宴〜裸の恩返し③前述したように経済状況は良くありません。いや、むしろ破綻しかかっていた時期です??給与前にもなると財布の中身は数百円残る程度の財政難です。弁当や惣菜の半額タイムを狙い購入する人も少なくないでしょう。私はその人達がVIPに見えていました。むしろ私は見限り品の朽ち果てかかったやっと命を繋いでいる瀕死の状態の食べ物を狙います。価格は定価の10分の1以下になるものもありま [続きを読む]
  • 過去の記事 …