エリー さん プロフィール

  •  
エリーさん: さよならパニック障害!30代主婦の認知行動療法日記
ハンドル名エリー さん
ブログタイトルさよならパニック障害!30代主婦の認知行動療法日記
ブログURLhttp://mycognitive-behavioral-therapy.hatenablog.com/
サイト紹介文パニック障害になった主婦が克服をめざして認知行動療法を体験する記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 97日(平均1.0回/週) - 参加 2018/07/13 19:03

エリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • パニック障害がおきるメカニズム
  • パニック症(パニック障害)とは何か?パニック症とは10分以内にピークを迎えるパニック発作を繰り返すこと。そうしたパニック発作へのを恐れ予期不安を特徴とする不安症の一つです。パニック症はその人にとってパニック発作が生じる危険性を感じさせる場所や状況でのみ起こる場合もあれば、唐突に起きる場合もあります。パニック発作の恐怖と予期不安は違う性質のものパニック発作(恐怖反応)は闘争拒否反応と呼ばれ [続きを読む]
  • 鉄分不足がパニック障害に関係している?
  • それから今日は採血して、鉄分が足りているかチェックしますからね 。パニック障害と鉄分不足関係あるんですか?あるんですよ。ちょっとあなた手を見せてください。あ、右手の親指の爪ガタガタじゃないですか。鉄分不足ですよ、アナタ。本当ですか?次回来る時に結果分かりますから。まあ鉄分不足だと思いますけど鉄分不足だったら鉄剤を処方しますね。わかりました。いきなり採血なんて怪しい!ような気もし [続きを読む]
  • Eテレで自律神経セルフケア術が放送されています
  • パニック障害の克服には自律神経のケアが欠かせないですよね。Eテレで自律神経セルフケア術を毎週水曜午後9:30〜9:55で放送中です。講師は自律神経の第一人者として有名な小林弘幸先生です。小林弘幸(こばやし ひろゆき)医師・順天堂大学医学部教授1960年埼玉県生まれ。順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病 [続きを読む]
  • 電車に乗ってパニック障害の初診察へ
  • パニック障害の初診のため、電車に乗って外出する。そもそもパニック障害だと電車バスなどの公共交通機関が非常に苦痛なのに診察を受けるために交通に乗らなくちゃいけないって言うね…皮肉な状況。ほんの10分ちょっとなのに電車に乗ることが不安で仕方ないなんて…。自分でもおかしいと思う。この時は抗不安剤などの服薬はしないでいつものっていたけれど、電車に乗ると体がこわばり、みぞおちが重苦しく、喉に圧迫感を感じ [続きを読む]
  • 認知行動療法は誰でも受けられるわけじゃない?
  • 目当てのクリニックに電話した。「こういう症状で認知行動療法を受けたい。」と伝えました。すると、受付の方が「今、認知行動療法を受けたいということはとても多いのでどなたでも受けられるわけでありません。」「先生にの診察を受けて頂いて先生が認知行動療法に適正があるだろうという方だけ受けて頂いているのですが…。」というので早速診察を予約することにした。予約は3週間後。まぁ・・待つ感じ。精 [続きを読む]
  • 認知行動療法はどこで受けられるの?
  • 心療内科や精神科などのクリニックがあっても必ずしも認知行動療法を受けられるとは限りません。やはり都市部など のクリニックでなければ受けられない場合もあるんじゃないかな・・。認知行動療法を行っているクリニックを調べるには?自分の「住所」と「認知行動療法」で検索しすると自治体のサイトで認知行動療法を受けることができるクリニックを紹介していたんですよね。その中から私は選びました。認知行動療法の [続きを読む]
  • 認知行動療法って何?
  • そもそも認知行動療法って何なの?ストレスなどで心のケアを必要としている人が増えていると聞きます。そうした心のケアの治療には心療内科、精神科に通い抗不安剤や抗うつ剤などの薬物治療をするのが一般的…というイメージがありました。それに対して今注目を集めているのが認知行動療法です。うつ病、パニック障害、強迫性障害などの不安障害に悩む方に有効な心理療法として注目を集めています。私もパニック発作を [続きを読む]
  • 過去の記事 …