加奈 さん プロフィール

  •  
加奈さん: マイワーホリ
ハンドル名加奈 さん
ブログタイトルマイワーホリ
ブログURLhttps://mywh-blog.com
サイト紹介文1年のワーホリ留学でも英語ペラペラになることはできる!帰国後TOEICも970点。
自由文1年のワーホリ留学でも英語ペラペラにすることができた勉強法と海外での暮し方について。帰国後TOEIC970。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 39日(平均10.1回/週) - 参加 2018/07/15 11:16

加奈 さんのブログ記事

  • ニュージーランドで感じた日本語と英語の文化の違い
  • テカポ湖2017年にニュージーランドを1週間ほど一人旅したとき、日本語と英語の「文化」の違いを強く感じるできごとがあった。ニュージーランドの南島を長距離バスで移動中、ある小さな町を通り過ぎながら「自分の離婚した妻が住んでいる町」だと観光案内する運転手さんに遭遇したのである。ニュージーランド基本情報まずニュージーランドは、(日本と比べると)その大きさのわりに人口が少ない国である。全体の国土面積は日本の半 [続きを読む]
  • 英語をインプットする勉強とアウトプットする勉強の違い
  • 英語をずっと勉強しているにも関わらず「話せない」と感じている人は、英語のインプット(英語を暗記して頭の中に入れる)ばかりを気にして、アウトプット(英語を口から出すこと)ができてない、ということはないだろうか?「暗記した知識が使えそうな状況」がやってくるまで、ひたすら待っていたりしないだろうか?カナダで学校に通って英語を勉強していたころの私は、まさにそういう状態だった。英語を受身で学ぶ「パッシブスピ [続きを読む]
  • ワーホリして後悔する理由「英語話せないし何も変わってない」
  • 海外に行けば「何か」が変わると思っていたのに、何も変わってない。カナダでワーホリしてから、海外に1年または2年以上住んでも、そう言う人に多く出会った。海外に行く「だけ」で、自動的に英語がペラペラになって、外国人の友達もたくさんできて、帰国したら英語を使って転職して・・。カナダに行く前は私もそういう想像をしていた。でも実際にワーホリを始めたら、学校に通って日本でしてきたような英語の勉強(単語や文法を暗 [続きを読む]
  • バンクーバー・ワーホリでの仕事。ホテルフロントや事務職も
  • カナダにワーホリで行く前、現地でワーホリの人ができる仕事を調べていたら、「レストランかカフェかみやげもの屋が一般的」だとネットや留学情報誌によく書いてあった。バンクーバーで語学学校に通うようになると、学校に行きながら働いているクラスメイトが何人もいたが、職場はきまって「日本食レストラン」か「コリアンレストラン」だった。(私は生徒の90%が日本人か韓国人の学校に通っていた。)学校のカウンセラーの人にも [続きを読む]
  • カナダ人の性格は優柔不断!?日本との共通点も
  • バンクーバーでハイキングカナダでワーホリをしていた時、現地の友達が働いている会社の「部外者も参加OK」なハイキングイベントに誘われ、そこで初対面のカナダ人と「カナダの文化」の話で盛り上がった。カナダ人自身がカナダ人を「Wishy-Washy(優柔不断)」と表現していたので、私も笑ってしまった。初対面の2人のカナダ人女性+私1人の車内ちなみにカナダではハイキングなどのアウトドアスポーツが人気で、ダウンタウンから [続きを読む]
  • 留学に必要な英語の教材とは何か?
  • カナダ・バンクーバー島のナナイモ「日本語を何個知っているかなんて気にしないのに、英語では気にするのはなぜですか?」。カナダで語学留学(ワーホリ)をしていた時、現地で受けていたマンツーマンの英語レッスンで先生からそう聞かれた。以来、私は英語の単語帳を捨て、帰国後も英語の教材は買ったことがない。それでもTOEICを受けたら970点だった。こう言うとよく驚かれるのだが、果たして英語を勉強するときには教材が必要な [続きを読む]
  • カナダで英語を話すために必要な勉強とは?
  • カナダで英語を話すために必要な勉強とは、英語の「文化」である。文化とは、考え方や価値観・行動パターンのこと。カナダのバンクーバーでワーホリを始めたころ、私は教科書や問題集を使って英語を勉強していた。当時はそういう勉強の仕方しか知らなかったので、それが「当たり前」だと思っていた。でも3ヶ月そうやって勉強しても英語が話せるようにはならなかった。今考えると、教科書や問題集を使う勉強はすでに日本で中学高校 [続きを読む]
  • バンクーバーでの出会いに感謝したこと
  • カナダのバンクーバーでワーホリ中、様々なバックグラウンド(生まれ育った環境)の人たちとの出会いがあり、自分とは違う文化(考え方や価値観)を意識させられたことが何度もあった。語学学校に通っていた頃は、仲よくなるのはそこで出会う日本人か韓国人の留学生(バックグラウンドが似ている人)に限られていたのだが、その後マンツーマンの英語レッスンを受けるようになってからは、カナダ人や移民(ネイティブに近いレベルの [続きを読む]
  • バンクーバーで英語が話せるようになったきっかけ
  • バンクーバー・ダウンタウンにある図書館の内部カナダのバンクーバーでワーホリをしていた時、語学学校に3ヶ月通ったものの英語が話せるようにならず、知り合いから聞いてマンツーマンレッスンで英語を習うようになった。体験レッスンを受けたのはダウンタウンにある図書館だったのだが、そこで6ヶ国語を話す先生から聞かれた質問は、今でも忘れられない。それは「What’s your first culture?(あなたの1つ目の文化は何ですか?) [続きを読む]
  • ワーホリが楽しいと言う人とそうじゃない人の違い
  • カナダのバンクーバーでワーホリ中、友達になったばかりの日本人のワーホリメーカーとしゃべっていた時のこと。彼女はカナダに来て2ヶ月くらいだというので「ここでの生活はどう?」と聞いたところ、「最初は楽しかったけど、今はあんまり。英語を勉強するために学校に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・・」と言う。私は「ん? 学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし英 [続きを読む]
  • ワーホリが楽しいと言う人とそうじゃない人の違い
  • カナダのバンクーバーでワーホリ中、友達になったばかりの日本人のワーホリメーカーとしゃべっていた時のこと。彼女はカナダに来て2ヶ月くらいだというので「ここでの生活はどう?」と聞いたところ、「最初は楽しかったけど、今はあんまり。英語を勉強するために学校に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・・」と言う。私は「ん? 学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし英 [続きを読む]
  • ワーホリが楽しいと言う人とそうじゃない人の違い
  • カナダのバンクーバーでワーホリ中、友達になったばかりの日本人のワーホリメーカーとしゃべっていた時のこと。彼女はカナダに来て2ヶ月くらいだというので「ここでの生活はどう?」と聞いたところ、「最初は楽しかったけど、今はあんまり。英語を勉強するために学校に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・・」と言う。私は「ん? 学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし英 [続きを読む]
  • ワーホリで英語力はここまで伸びた!各レベルの解説つき
  • ワーホリをするとどのくらいの英語力がつくのだろうか。私はカナダでワーホリに行く前、「英語がペラペラになりたい!」と思う一方で、「1年のワーホリでもペラペラになれるものなのだろうか?」とも思っていた。結論を言うと、1年のワーホリでもペラペラになった。「英語が話せないレベル」から「ペラペラのレベル」まで、各段階で具体的にどういうことが起きるのか、カナダでワーホリ中に全て経験することができたのでシェアした [続きを読む]
  • アジア人は英語が苦手な理由がカナダでわかった
  • バンクーバーのライオンズゲートブリッジカナダでワーホリを始めて語学学校(ESL)に通うようになり、たまにヨーロッパやメキシコ・南米からの留学生とクラスが一緒になると、彼らがペラペラと英語を話すことに驚いた。自分は日本で英語を中学高校の6年以上勉強してきているのに全然話せない。「この違いはどこから来るのか?」日本人にとって英語が難しいのは、日本語と英語は文法も単語も発音もぜんぜん違うから。それに比べる [続きを読む]
  • 留学して英語ペラペラになったと思えた瞬間
  • カナダでワーホリ留学をする前、わたしは「海外に行けば英語が話せるようになるはず」と期待する一方で、「もしも話せるようにならなかったらどうしよう・・」という不安もあった。帰国した今、思うこと海外留学やワーホリで英語がペラペラになることは全く難しくない。しかしそれは「英語の勉強の仕方を間違えなければ」という条件つきの話である。 まだ英語が話せなかった頃の自分と現地の男性の会話例えばまだ自分がカナダで「 [続きを読む]
  • 留学に必要な英語の単語力とは何か?
  • カナダの公園にあるトーテムポールカナダでワーホリ留学をする前の私は、英単語や文法を覚え、日本語で書かれた文章を英語に訳すという勉強をよくしていた。そうやって勉強はしたものの英語が話せるようにはならず、カナダでは語学学校に通い、またまた英語を「勉強(=単語と文法を暗記)」することにした私。そうして3ヶ月が過ぎたが、自分が「英語を話せている」という感覚がない。その頃の私は、20歳を過ぎた大人なのにもかか [続きを読む]
  • カナダでパーティーに呼ばれた時感じた文化の違い
  • カナダでワーホリをしていた時、現地の友だちの誕生日パーティで、日本(日本語)とカナダ(英語)の文化の違いを感じるできごとがあった。日本ではプレゼントを渡す時に、謙遜で「つまらないことものですが・・」とよく言う。しかしこれを文化の違う国で言うと、要らぬ誤解を招く可能性があるのだ。文化(culture/カルチャー)とはある特定の集団における人々の考え方や価値観、行動パターン、ライフスタイル、そして人と人との関 [続きを読む]
  • 英語を話したら「ネイティブと思った」と言われた理由
  • バンクーバーのダウンタウンにはカフェがたくさんあるカナダでマンツーマンの英語レッスンを3ヶ月受けた後、初めて会った人から「ネイティブだと思った」と言われたことがある。その日はカナダで知り合ったアメリカ人の友達(Daniel:男性)と、その友達に会いにアメリカからやってきた友達(Mia:女性)の3人でダウンタウンのカフェで待ち合わせ、遊びに行くことになっていた。10代からアメリカに住む友達の友達と初対面私とDan [続きを読む]
  • ワーホリ中カナダ人から英語が「自然」とほめられた理由
  • カナダでワーホリをしていた時、カナダ人の男友達が実家での食事(ディナー)に招待してくれ、そこで友達のお母さんから英語をほめられたことがある。ちなみにその友達はバンクーバー生まれのバンクーバー育ちで、よく一緒に遊ぶことはあったものの、とくに恋愛関係にあったわけでもなかった。しかし親に「初めて日本人の友達ができた」と話したら「ぜひ家に連れてらっゃい」と言われたとのことで、バンクーバー郊外にある家に連れ [続きを読む]
  • カナダで友達を作る方法。カナダ人はフレンドリー!
  • 私がカナダのバンクーバーでワーホリしていて「おもしろい!」と思ったことの一つは職業や学校、年齢や価値観や考え方の違う人とも知り合う機会がすごく多いということだった。というのも、外国人の友達がいる人は知っているかもしれないが、海外の文化では友達に友達を紹介するということがごく自然に行われるため、ひとり友達ができると、あとは雪だるま式に友達が増えていく。文化(culture/カルチャー)とはある特定の集団にお [続きを読む]
  • どこでワーホリしても英語できない人がいる理由
  • バンクーバーのLooout(展望台)カナダのバンクーバーでワーキングホリデー(ワーホリ)をしているとき、「ここで英語を勉強したけど話せるようになってないから、次は○○○に行って英語を勉強する」という人によく出会った。そしてその度、私は不思議に思っていた。「○○○に行きさえば英語が話せるようになると思う、その根拠は何なのだろう・・・?」と。なぜなら「○○○に行けば英語が話せるようになるはず」と言う人がいる [続きを読む]
  • ワーホリが失敗になる原因と、それを避ける方法。
  • 自分がワーホリをする前、最も恐れていたことは、海外に行っても英語が話せるようにならず、現地で仕事ができず、現地の友達もできず、海外に行っても何も変わらず日本に帰国になることだった。「海外に行ったら英語が話せるようになって、ネイティブの友達もたくさんできて、英語を使う仕事もバリバリできるようになるはず!」。カナダに出発前の私は、そう楽観的に考える一方で、「でももし1年住んでも英語が話せるようにならな [続きを読む]
  • 1年間の留学で英語力はどのくらい伸びる?
  • バンクーバー・ダウンタウンにある図書館。イタリアのコロッセオのような外観。まだカナダでワーホリ留学をする前のこと。私は「海外に行けば英語は話せるようになるはず!」と楽観的に考える一方で、「でももし、1年たっても英語が伸びてなかったらどうしよう・・」という不安もあるという、なんとも矛盾した状態だった。ひとまずは海外に行く前に「少しでも英語を勉強しておこう!」と思い、以下のような勉強をしていた。日本で [続きを読む]
  • ワーホリと英語力〜仕事に必要なのはTOEICじゃなかった
  • バンクーバーの高層ビル群ワーキングホリデー(ワーホリ)するなら、英語を使って海外で働いてみたい。そう思っている人は多いと思う。私がカナダでワーホリするために情報収集していたころ(2010〜2011年)には、よくネットに「この仕事をするにはTOEIC○○点あれば良い!」みたいなことが書いてあって、渡航前にはその点数を目指して英語を勉強したりしていた。でも実際にカナダのバンクーバーでワーホリを始めたら、TOEICに言及 [続きを読む]