Tera さん プロフィール

  •  
Teraさん: ピリオドの向こう側.
ハンドル名Tera さん
ブログタイトルピリオドの向こう側.
ブログURLhttps://periodnomukou.blue
サイト紹介文ピリオドの向こう側に広がる青い世界
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 33日(平均3.2回/週) - 参加 2018/07/15 16:24

Tera さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 新聞とテレビを辞めて一年経って思うこと
  • テレビと新聞を見なくなって一年が経つ。子どもの頃から生活の中にずっとあったこのふたつがなくなったからといって何ら不便はなく、むしろ落ち着いた気がする。最初は不安だったけど、結局は変な恐い情報が入らなくなった事で不安が少なくなったと思う。あるのが自然すぎて縁が切れるなんて思ってなかったが切れた。この一年で私が辞めたものは一方的に垂れ流される一切のニュース、一切のポイントカード、一切のクレジットカー [続きを読む]
  • 道具をそろえる喜び
  • 朝散歩が続いているので昨日、15リットルの山歩き用のリュックと帽子、小さなお財布、そしてこの季節汗を掻くのでスポーツ用の下着を買いました。買い物は気に入ったものと、あとわりと直感重視で決めてしまうので、総額にすると中々のお値段。欲しいなとは思っていても、まぁ散歩だし何も持たずに行く事だって出来る。何より始めたばかりで続くかどうかもわからない。昨日は他にもかなり大きな買い物をしていたので、買うとは決 [続きを読む]
  • 朝日に松果体をリンクさせる
  • 今日は雨降り。夏の盛りだというのにとても涼しい朝です。なので本日の朝散歩はお休み。 昨日朝日を見てあまりにリセットされる感覚があったのでついつい長めに朝日を直視してしまいました。太陽の光、特に朝日と松果体は関係しあっていて、昨日は軽い頭痛がなんとなくあったので休みになって丁度良かったのかもしれません。でも朝散歩に行けなくて残念に思う気持ちもあります。そのくらい早朝の散歩は気持ちのいいものです。 朝 [続きを読む]
  • 太陽で方角を感じる
  • 朝散歩 3日目。今日はさらに早く五時前に出発。今朝は涼しくてセミが鳴いておらず秋に鳴く虫の声が聴こえました。 海に出ると朝早いのに人がたくさん。明日満月とあって釣り人が多くいました。 天気も良かったので朝日が見れました。 日本は太陽を国旗にするくらいだから太陽を重視してきた民族だと思います。太陽とは無縁な生活をしてきた私ですが目でとらえることのできる日の出の時に太陽を見ると不思議な気分になりました。ま [続きを読む]
  • INという美味、OUTという快感
  • 何かを自分の中に取り入れる時、それが物質的な物であっても、物質的な物でなかったとしても入る時はとても味わい深く、美味しい。 何かを自分から放出する時、それが物質的な物であったとしても物質的な物でなかったとしても出す時は快感が伴う。 循環が上手くいっている証拠。 逆に、入れる時違和感があったり出すべき時に出し惜しんだり苦しみや痛みが伴って上手く出せないというのならば循環が上手く回っていないという事だか [続きを読む]
  • 朝のクンルンネイゴン
  • 昨日より30分、早く朝散歩に行きました。早朝五時過ぎというと人がさすがに少ない。昨夜は急な大雨が降ったせいか涼しくて楽でした。 普段は行くことのない地元の海。朝散歩を始めた事により訪れるようになりました。海にはこの時間でも人がいます。今日はやたらにゴールデンレトリバーがいたような。 満月が近いからか釣り人が多かったです。昨日雨が降ったせいかカニの巣穴も多く出現していました。昨日は無かったのになぁ。 [続きを読む]
  • セミの声が作り出す異次元
  • 早朝散歩をしました。五時台なのにもう人は歩いてます。 木のある所には必ず鳥が居て鳴いています。この季節はそんな鳥を押しのけてセミが今と言わんばかりに鳴いています。 散歩途中に一軒、木がもの凄く生い茂ってるお宅があってそこのセミ率がハンパない。何でだろう?木があるからってあんなに集まるかな? 音って不思議な力があってあれだけ蝉が鳴いてるとそこだけ異次元なんですよ。そこだけ浮いてるというか。セミの声がそ [続きを読む]
  • いかに継続するか
  • 運動をしない生活なのですが体は適度に動かしてもらいたいみたいです。 しかもアジア人なのに西洋スタイルの生活は「もう、嫌だ」と体が訴えてきてる。 股関節が固まってきたのがわかるんですね。でも、病院に行くほどの問題ではない。 。。。というのが基準になっているのが現代の大いなる問題。 股関節が固まってくるというのは生命体にとって相当大きな問題です。 最近、少しずつ簡単な柔軟を生活に取り入れるようにしました。 [続きを読む]
  • 「未来のミライ」時空を越える幼児
  • 「未来のミライ」を観てきました。会場はほぼ満席で客層は大人が多かったですね。 ここからはネタバレかも知れません。感想はと言うと、最後の最後で納得出来たけれど頭から9割くらいの辺りまで金払って何を観てるのだろう?と正直思っていました(笑)。ま、結論から言うとスピっとした話でした。 主人公は(くんちゃん)という男のコ。妹が生まれて嫉妬に地団駄を踏む幼児。 大人の関心を、新生児の妹(未来ちゃん)に全部持ってかれ [続きを読む]
  • 土用の梅干し 2018
  • 今年は梅干し作りを初体験!6月に仕込んでこの土用の日を待っていました。なんでも、梅を漬けただけでは完成ではなく土用の入りを待って漬けた梅干しを天日に干すのだそう。2018年の夏の土用は7/20から8/6まで。初体験だけにこの作業を心待ちにしていました。で、めでたくお天気にも恵まれ、梅、干しましたー! こんな風に梅を干すから「梅干し」って言うんだ。。。。、なぁんて行動することで腑に落ちる事ってあるなと。長年生 [続きを読む]
  • 土用はうなぎ屋で食べるべし
  • 昨日、奮発してうなぎ屋さんへ行って来ました。土用にうなぎ屋さんへ行ったのははじめてだと思う。 長期断食して食が変わり野菜が多くなったのだけどバテるとうなぎをたまに食べに来てたんです。そのお店、いつもはガラガラなんだけど昨日はすごい長蛇の列でびっくりしました!こういうのテレビでは見てたけど皆さん、うなぎ食べに行かれるんですね。列の長さにひるみましたが並んで食べることに。 味は文句なく美味しい〜!お店 [続きを読む]
  • フラクタルの日除け
  • いつも通りかかる場所にフラクタルの日除けが設置されていました。これ、とっても涼しいんです。フラクタルとは図形の部分と全体が自己相似になっている幾何学的概念のことを言うのだそうです。自然界に見られる構造ですよね。 一定の模様のパターンの薄いビニールで作られているのですがスカスカで風通しが良く、まるで木陰です。強すぎる太陽から逃げ場のない場所なので散歩の途中で一休みできる休憩所としてとても助かりました [続きを読む]
  • コリント人への第一の手紙 13章 〜聖パウロ〜愛のむきだし
  • 《コリント人への第一の手紙13章より》 たとえ人間の不思議な言葉、天使の不思議な言葉を話したとしても愛がなければ 私はただの鳴るドラ、やかましいシンバルたとえ予言する力があり、あらゆる神秘、あらゆる知恵に通じたとしてもまた、たとえ山を動かすほどの信仰があったとしても愛がなければ 私は何者でもないたとえ全財産を貧しい人々に与え、誇るために自分の身を引き渡したとしても愛がなければ 私には何の益もない愛は [続きを読む]
  • モニュメントバレー
  • ipadのアプリの中でもお気に入りが『モニュメントバレー』。まぁ、ゲームなんだけど。非常に美しい。幾何学的と言うか、プレイしているととても不思議な気持ちになる。とても短くてあっという間に終わってしまう。でも余韻がずっと続く。。。。プレイが終わった後もしばらくその世界に浸った。いろんな意味で私にはちょうど良く、お気に入りです。 [続きを読む]
  • ピリオドの向こう側の青い世界
  • ピリオドの向こう側には何がある?そこには青い世界が広がるという。。。。終末論なんてものがあるけれど人類は激しく、そして静かにピリオドを迎えた。どうやらピリオドを境に 世界はぐるりと反転するらしい。赤い世界から 青い世界へ。いやー、ひっさしぶりのブログでござるー [続きを読む]
  • 過去の記事 …