localman5969 さん プロフィール

  •  
localman5969さん: 今こそローカル(地方創生の現場から@北九州市)
ハンドル名localman5969 さん
ブログタイトル今こそローカル(地方創生の現場から@北九州市)
ブログURLhttps://imakoso-local.com/
サイト紹介文「修羅の国」北九州市(誤)→「住みやすい街」北九州市(正)に向けて、地方創生の現場で日々奮闘します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 147日(平均1.7回/週) - 参加 2018/07/16 01:46

localman5969 さんのブログ記事

  • 北九州市が進める定住・移住の施策②定住・移住の全体像
  • またまた間隔が空いてしまいました。。。なんか、週1ペースに落ちてしまって・・・イカンですな、反省します。さて、今回は「北九州市の定住・移住の施策」のパート2。まずは「定住・移住の全体像」から。北九州市の定住・移住を語る上で不可欠なもの、それはポータルサイト。「北九州 移住」と検索するとトップに表示される「北九州ライフ」がそれ。このサイト、北九州の移住に関する情報がほぼ全て網羅されています。今後もち [続きを読む]
  • 北九州市が進める定住・移住の施策①はじめに
  • またまた間隔が空いてしまいました。。。前回で「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズが終了。今回からは・・・北九州市が進める定住・移住策のシリーズ。第1回は、「地方創生を考えるにあたって」。ここで、ちょっと復習。「地方創生」には4つの基本目標があるって、最初のころにご紹介しましたね。そのなかでも「地方への新しい人の流れをつくる」というのが、この政策のキモ。分かりやすく言うと「東京一極集中の [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らしやすさ」⑨まとめ
  • 珍しく連投です(汗)。今回は「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート9、まとめです。このまとめでは、これまでパート1〜8を踏まえて、「北九州市が暮らしやすい9つのポイント」を列挙していきます!その1:(政令市なのに)物価、土地・不動産が安い!生活者の実感として、物価は安いですね。しかも、近海で獲れる鮮魚は言うまでもなく、肉や野菜もリーズナブル。これは九州に位置していること、中国・四 [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らしやすさ」⑧自然・気象等
  • ちょっとバタバタしていて、気が付けば2週間ぶりの更新。最近、土日も仕事だったりで。。。ま、すべて言い訳ですね。今後、頑張ります!(何度目の宣言やろか・・・)で、「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート8。次回で「まとめ」をして、このシリーズは終わりです。今回は、自然、気象等について。まず「自然」については、以下をご覧ください。自然北九州市は三方を海に囲まれていることもあって、海岸線 [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らしやすさ」⑦食
  • 「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート7。今回は、食について。大阪は食いだおれの街、福岡も美味しい食べ物がいっぱいというイメージですが、北九州市も負けてないですよ。6年前にはB1グランプリ(B級グルメの祭典)が開催され、数十万人の来場者を記録したくらいですから。早速、詳細をみていきましょう。食まず、飲食店が充実しています。深夜酒類提供飲食店が約6,000店もあるとのこと。こうした分類 [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らし」⑥文化・芸術・レジャー
  • ちょっと忙しかったこともあり、またもや約1週間ぶりの更新。「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート6。今回は、文化・芸術・レジャーについて。北九州市で「文化・芸術」って・・・?と思った方も多いかも。まあ、巷では「修羅の国」なんて言われてますからね。でも、市長の号令のもと、「文化の香る街」を目指した様々な取組みが進められているんですよ。文化・芸術例えば、文化・芸術施設で言うと、いのち [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らし」⑤医療・福祉
  • ちょっと忙しかったこともあり、またもや約1週間ぶりの更新。「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート5。今回は、医療・福祉について。北九州市、20ある政令市の中で最も高齢化が進んでいる都市として知られている。直近の高齢化率、なんと30%超え。日本全体の高齢化率は27%前後なので、大都市では異例の高さと言える。もっとも、高齢化率の高さは、裏返すと高齢化施策に早くから取り組んでいるということに [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らし」④治安
  • ちょっと忙しかったこともあり、約1週間ぶりの更新。「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート4。今回は、治安について。そう、北九州市の泣きどころ的なテーマかと。。。とかく、北九州市は「修羅の国」などと揶揄されています。たしかにひと頃、暴力団による凶悪犯罪が続いたり、毎年の恒例にもなっている奇抜な成人式が放映されたり・・・と、あまりイメージがよろしくない。これは認めざるを得ませんね。も [続きを読む]
  • 人気YouTuberあやなん、北九州市に降臨、観光大使に
  • またまたデータから検証する「北九州市の暮らし」シリーズを離脱して、新規カテゴリー「魅力発信!北九州市」の第一弾。「あやなん」と聞いて、すぐに反応するのは中高生や大学生でしょうかね。この世代の、とりわけ女子には圧倒的な人気を誇ります。あ、知らない方のために少し説明しますね。あやなんは以前「ツイキャスの女王」と呼ばれていたこともあり、ツイキャスの視聴回数が1千万回を超えたという伝説を持っています。恥ず [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らし」③
  • 「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート3。東京/新宿にオープンした「北九州酒場」の食レポを挟んだこともあって、久しぶりのシリーズ復帰。今回は、交通(航空路線等)について。首都圏在住の方が「地方移住」を検討するに当たっては、実は首都圏からの交通アクセスは非常に重要な要素のひとつ。なぜだか分かりますか・・・?やっぱり人間心理として、「急に移住先だけで生活」ってのも不安になるようです。 [続きを読む]
  • 東京/新宿にオープンした北九州酒場レポート2
  • 前回に引き続き、東京出張の際に行ってみた「北九州酒場@新宿」。今回は実際にオーダーした食レポです。ごまサバや鉄板餃子も試してみたかったんですが、品切れだったので次回に持ち越し。まず最初に登場したのは・・・お通しですね。ちょっと変わっていて、辛子ナスと大根おろしが小さな容器に入って提供されました。大根おろしはフツーにおろしたもの。辛子ナスはかなり辛めでしたが、酒のつまみにはちょうどいい感じ。続いて出 [続きを読む]
  • 東京/新宿にオープンした北九州酒場レポート1
  • ちょっとバタバタしていたので、記事更新が遅れました。遅れついでに、シリーズ記事をお休みして、今回は出張レポート第1弾!今回は、東京出張の際に行ってみた「北九州酒場@新宿」です。実はこのお店、9月12日にオープンしたばかり。個人的には、わざわざ東京に出張して、また地元メシってのも・・・と考えたりしましたが、、、でも、気になりますからね、やっぱり行ってみなければ!!当日は18:30頃に羽田空港着だったこともあ [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らし」②
  • 「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズのパート2。今回は、交通について。(北九州市在住の方には当たり前のことも多いかも知れませんが、悪しからず・・・)物価・住宅・交通②東京在住の方にとっては、鉄道(地下鉄を含む)が日常の交通手段として欠かせないものですよね。ところが、地方に行くほど鉄道網が貧弱になってしまうのは仕方のないところ。鉄道は人口が多くないと成り立たないものですからね。例えば、J [続きを読む]
  • データから検証する「北九州市の暮らし」①
  • 今回から「北九州市の暮らし」をデータから検証するシリーズ。ちょくちょくサラメシなどの軽いネタも挟むことになりますが。。。我らが北九州市、田舎暮らしの本(宝島社)の「2018年版 第6回住みたい田舎ベストランキング(大きなまち)」で、総合部門とシニア部門で2冠を達成。※大きなまち・・・人口10万人以上よくタイトルだけ見て、北九州市って「田舎」に成り下がったのか??って声も聞かれますが、大きなまち編は人口10万 [続きを読む]
  • サラメシ@北九州市 ② はちまる
  • 今回は、「サラメシ@北九州市」の第2回。別に意識しているワケではないのですが、今回もガッツリ系で。で、2番手として選んだお店は・・・小倉駅南口から歩いて3〜4分の「はちまる」。駅前からモノレール沿いを歩いて、コレット小倉を通り過ぎた辺りとなります。このお店、実は今回の利用が初めて。以前、通りかかったときに看板を見て、気になったもので。そのランチ看板がコレ。またまた、安っっ・・・特に、からあげ定食は [続きを読む]
  • ふるさと納税が大変なことに・・・②
  • 本日(9月11日)、総務省がふるさと納税の見直し方針を発表しました。この発表に先立って、前日(9月10日)には「ふるさと納税に係る返礼品の見直し状況についての調査結果」が以下のとおり公表されています。http://www.soumu.go.jp/main_content/000573243.pdf最初に、返礼割合3割超の返礼品を送付している自治体を公表。9月1日現在で、ナント246団体もあるそうです。。。今回の発表では、その246団体全ての自治体名を公表する徹 [続きを読む]
  • ふるさと納税が大変なことに・・・①
  • このところ、ふるさと納税が物議を醸している。2017年度の寄付総額は3653億円にも及び、まだまだ拡大一途の様相。少なくとも昨年度までは。。。この寄付の内容、都市間で相当な差があることも指摘されているとおり。まあ、簡単に言えば、大都市ほどマイナス幅が大きく、小規模な市町村でも返礼品を手厚くしている都市ほどプラス幅が大きいということ。もっとも、「ふるさと納税はよく分からないから、やったことないよ」って方も少 [続きを読む]
  • 台風21号、北海道胆振東部地震での被害に思う
  • ここ数日、台風21号による猛威が報じられていたが、今朝は北海道での大型地震。午後になって最大震度も7に変更となった。凄まじい規模の地震だ。両災害で被害に遭われた方々には、心よりお悔やみ申し上げるとともに、一刻も早い復旧を切に願いたい。こうした大型災害が起こるたび、「災害への備え」が話題となる。たしかに、理屈ではそのとおりだ。最近では防災グッズなどを店頭で見かけることも多くなり、家庭でも非常用食料など [続きを読む]
  • サラメシ@北九州市 ① VIVO(ビボ)
  • 今回は、初投稿の「サラメシ@北九州市」シリーズ。まあ、ひと休み的な気楽なランチネタということで。何故このブログでサラメシを取り上げるのかって・・・?それはやっぱり、物価を計る目安のひとつだからです。都内のランチ事情と価格・内容を比較していただくと、北九州市のコスパの良さを実感して頂けますからね。にほんブログ村で、栄えある1番手として選んだお店は・・・西小倉駅から歩いて4〜5分の「喫茶VIVO(ビボ [続きを読む]
  • 北九州市の物価が安い理由(個人的に考察)
  • 前回に続き、「北九州市の物価の安さ」について。今回は、あくまで個人的な見解ですが、物価の安さの理由について考察してみようかと。北九州市、よくよく考えてみると、魚にしても、肉にしても、野菜にしても・・・、取り立てて大きな生産地という感じではない。というより、第1次産業が占める割合は、たしか1%に満たなかったはず。なのに、なぜ圧倒的な安さを実感するのだろうか・・・?筆者なりに、その理由を3つに分けて推 [続きを読む]
  • 北九州市は物価が安い!(特に土曜AM)
  • 今回は休日なので、番外編。「北九州市の物価の安さ」について。北九州市、データで見ても20ある政令指定都市の中で最も物価が安い都市です。が、生活者の立場で考えると、データを上回る安さ、お得感があると実感しています。後々、言及しようと思っていますが、筆者は東京に通算8年(学生時代を含む)、上海に3年半住んでいたことがあるので、これらの街での生活と比較すると、衣食住にかかるコスパは相当高いです、ホントに。 [続きを読む]
  • 合計特殊出生率が高い北九州市
  • 今回は「北九州市の合計特殊出生率」について。合計特殊出生率って言葉、ちょっと分かりにくいですよね(汗)で、グーグル先生に聞いてみました。合計特殊出生率とは・・・人口統計上の指標で、一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示す。この指標によって、異なる時代、異なる集団間の出生による人口の自然増減を比較・評価することができる。まあ、簡単に言えば、出産適齢期にある女性が産む子供 [続きを読む]
  • 北九州市と福岡市の人口のヒミツ
  • 今回は「北九州市と福岡市の人口比較」をやってみようか・・・と。とかく隣町の福岡市と比較されることが多い北九州市。わずか60キロしか離れていないところに九州における商業の中心地、福岡市があるというのは、北九州市にとってシンドイものがありますね。もう20年以上前から、長崎、大分、熊本といった九州各地から週末は福岡に遊びに出かけるという流れが顕著ですから。。。にほんブログ村そんなこんなで、人口の数で言うと、 [続きを読む]
  • 北九州市の高齢化のピークを正しく認識
  • 今回は「北九州市の高齢化」に絞って話を進めます。我がまち北九州市、20ある政令市の中で最も高齢化率が高いことで知られております。しかも、近年はずっと1位をキープしております。。。来年の発表で、おそらく高齢化率が30%を超えるものと思われます。こういった状況は、市民のあいだでもある程度共有されていますが、実際のところデータがどのようになっているかまで知っている方は意外と少ない印象です。というか、筆者も知 [続きを読む]
  • 北九州市の定着率って・・・?
  • 前回の記事アップから、またもや日が経ってしまいました。色々と忙しくしていましたので。。。気を取り直して、毎日更新するくらいの意気込みで!さて、前回までの記事で、「北九州市の人口減少」についてデータを見ながら分析を進めてきました。にほんブログ村ここで、新しい視点として「定着率」という観点から分析します。皆さん、定着率って言葉、あまりご存じないですよね?筆者も、この仕事に携わるまで無知でしたので、それ [続きを読む]