ちゃばしら さん プロフィール

  •  
ちゃばしらさん: けにも はれにも
ハンドル名ちゃばしら さん
ブログタイトルけにも はれにも
ブログURLhttps://kenimo-harenimo.hatenablog.com/
サイト紹介文横浜でFP工法の狭小平屋を建てます。30代断捨離済夫婦。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 36日(平均5.3回/週) - 参加 2018/07/16 10:45

ちゃばしら さんのブログ記事

  • 床暖房のある和室
  • 和室は欲しいと思っていた。モノを減らすことを考えたときソファーやラグを置かない選択をするときくつろぐスペースとして和室が最適だと考えたからだ。だらだらするなら映画を見たり漫画読んだりしたい。デイベッド兼シアタールーム兼ライブラリーとしての和室、というコンセプトで構想した。もちろん客間としても使えるし、寝室を分けなきゃいけないときのスペースにもできる。現在の和室にありがちな和室をもて余すということ [続きを読む]
  • 天井を低くすることについて
  • 低い天井にあこがれがあって、これは完全に伊礼智さんの影響だ。伊礼さんの設計では、吹き抜けが多い。吹き抜け以外の部分をあえて天井低く、落ち着きのある空間にすることで吹き抜けとの天井高さの差が効く吹き抜けをそこまで熱望していたわけでもないのだけれどスキップフロアのような空間が好きだったので自然と吹き抜けを作ることになった。また、天井が低いとハイドアを選ばなくてもハイドアにできる。神谷のハイドア [続きを読む]
  • 引き違い窓はもう嫌
  • なにが嫌って、サッシの汚れだ。どう考えてもどうやっても掃除の効率が悪すぎる上に汚れやすいときた。さらには、窓の種類として機密性は低い。スライドするための隙間があるからだ。となると、サッシとしては汚れにくいすべり出し窓がいいなんとなく窓といえば引き違い窓というイメージがあるけれど身近になかっただけで、いろいろある。www.ykkap.co.jp風を取り入れるのにも、すべり出し窓のほうが風を受けやすそう、とい [続きを読む]
  • プライベートスペースを分ける
  • 人を招くのが好きだ。でも、生活感を見られるのは避けたい。そういう人も多いと思う。例えば洗面所の基礎化粧品や歯ブラシ横に置かれた洗濯機あちこちに置かれたごみ箱こういう、生活がにじみ出るところはなるべく隠していきたいし、切り分けていきたい。間取りを考えるうえで、玄関から左右にパブリックスペースとプライベートスペースを分けた。パブリックスペースは、リビングとキッチンプライベートスペースは2段階に分 [続きを読む]
  • 造作家具には耐震ロックを
  • キッチンの収納棚を、奥行きの浅いものにしたくてショールームで探してみたけれど、見つからなかった。想定している奥行きは約30cmお皿の大きなものでも、余裕で入る。キッチン収納として売られている棚は、奥行きがありすぎてお皿を前後2列で納めていたりして取り出すのに苦労しそうだなと思ったのがきっかけ。見つからないならば仕方ない。造作で頼むことにした。造作といっても、既製品の組み合わせ。ウッドワンで売っ [続きを読む]
  • 吊り扉にしたい
  • いくつかの賃貸に住んで感じたのが引き戸のレールがない快適さ。クローゼットにしても、間仕切り扉にしても、レールがないというだけでモノを移動する手間も、掃除の手間も大幅に違う。築年数が浅い物件なら、当然レールなしと思っていたけれど意外にも新築で入った賃貸でレールありだった。溝に入り込んで行く汚れは、毎日拭いても取り切れない。ソフトクロージングのついた吊り扉であることはチェック項目に入れておきたい [続きを読む]
  • 土地の契約手続き
  • 住宅ローンの仮審査が無事通り、土地の契約手続きに入った。kenimo-harenimo.hatenablog.comお世話になっている不動産屋に、売主、買主が揃い、不動産屋から説明を受け、ひたすら署名、捺印をする。人生で一番ハンコを押したときかもしれない。このとき、売主さんに手付金として価格の10%を現金で支払う。事前振り込みも、事後も許されない。その場での現金直接渡し一択である。このご時世に本気かよ、と思った。だって [続きを読む]
  • 洗面所の鏡を隠したい
  • imstagramなんかを見ていると、お風呂場の鏡はアリナシで議論されていることが多いけれど洗面所については意外とされていない。kenimo-harenimo.hatenablog.com洗面所の鏡だって、けっこう汚れると思うのだけれど。しかも、お風呂場よりも強烈な汚れで曇るわけでもないから汚れが落ちにくい。さて、洗面所で鏡を使うシーンについて考えてみる。顔を洗うときの、すすぎ残しのチェック歯磨きのチェック化粧するとき、ヘアセッ [続きを読む]
  • お風呂場はなるべくシンプルに
  • 私は東北の出身で、人口が少ないためか水垢を見たことがなかった。人口が少なければ、汚れも少ない。汚れが少なければ、消毒も少なくて済む。消毒のためのカルキが少ないから、洗面台もお風呂場もびしょびしょのままでも水垢は発生しなかった。関東に来て、初めての一人暮らしのときに水垢の強烈さに驚いた。油断するとできているし、できたものを取るのも一苦労。何度かの引っ越しを経て、水垢をつけないためにはとにかくふき [続きを読む]
  • 寝室にクローゼットはないほうがいい
  • 賃貸住宅に住み続けて、1つのアンチテーゼがある。クローゼットは寝室にあるべきではない。最もそれをこじらせるのが、花粉症の時期。賃貸住宅だと顕著だけれど、クローゼットは1つしかない。コートも洋服も、すべてクローゼット行きだ。つまり、花粉をたっぷり付けたコートを、寝室にもっていかなければならない。これがすごく嫌だった。私はけっこう潔癖症のきらいがある。衣類はパジャマと部屋着と外出着で分けたい。ベッ [続きを読む]
  • FP工法について
  • 図書館で偶然出会った本で知ったFP工法。これが決め手で、工務店を決定するまでに至った。kenimo-harenimo.hatenablog.com家を建てるにあたっての重要事項の一つ、「寒くない家」これを叶えるためには、断熱性能がなにより大切だ。世の中で住宅の断熱に使われているのは大きく2つ。・グラスウール・発砲ウレタン吹付そのほか、自然な材料で断熱を謳うものもあるけれど、機能性で選ばれるのはこの2種類だと思う。前者は伝統 [続きを読む]
  • 仮審査が通った
  • 不動産屋から勧められた金融機関で仮審査に落ちた後の話。kenimo-harenimo.hatenablog.com説明いただいた帰り道では諦めていたのだけれど、その後、工務店のから連絡があり「なんなら中間融資はなくてもいいので諦めないでください」との励ましが。中間融資なしということは、工事の途中で支払うべきぶんを工務店が持ち出してくれるということ。そこまで言うなら、と再度腰を上げた。中間融資がなくて候補から外れていたネッ [続きを読む]
  • 平屋に住みたい
  • 私の実家は3階建てだ。今は還暦を超えた母だけが住んでいる。今でこそ元気だけれど、足腰が弱ったら階段の上り下りを日常的にするのは怖い。いつ転んで骨折するか、考えるだけで心配になる。実家を出てから、マンションやアパートに住んできた。階段のない生活は快適だった。賃貸住宅でも、設備はどんどん良くなっていくし、人生の自由度も高い。ずっと賃貸でもいいと思っていた、ときもあった。でも、だんだん長生きリスク [続きを読む]
  • 仮審査につまづく
  • 地元地銀に住宅ローン仮審査を申し込んだ2日後、不動産屋から電話があった。「審査が厳しい状況です」実は心当たりが大いにあって、私の病歴で団信は厳しいのがわかっていた。「団信なしでもかまいません。生命保険で補填します。」こんなこともあろうかと、死亡保障が出る保険で入れるところは確認済だ。でも、それだけじゃなかった。実際にお会いして説明したいので・・・と呼び出され言われたのは「担保不足です」なんと、 [続きを読む]
  • 住宅ローンの仮審査を申し込む
  • 以前からいくつか気になっている金融機関があった。住宅ローン比較の情報サイトなどでも今イチオシ!となっていてたまたま口座も持っていて、やる気満々だった。工務店と提携している不動産屋さんと初めにお話しした際、落とし穴が発覚する。「中間金が実行されないので選べません。」結構勉強していったのにノーマークだった中間金。どういうことかというと、注文住宅の場合、土地の決済がまず必要だ。でも住宅ローンは住宅に [続きを読む]
  • 要望の伝え方
  • 要望を伝えるためには、要望を決めなければならない。とはいえ、素人としてはまず何が好きかもよくわかっていない。最初にやったのはpintarestで好きな画像を集めまくること。www.pinterest.jp平屋じゃなくても、狭小じゃなくても、とにかくいいと思える画像は片っ端からピンをつけていった。そのうえで、実際に自分が暮らすことを考えて選抜したものをボードに入れていく。このボードは、後にプランを出してもらう施工業者に共有 [続きを読む]
  • 土地を決める
  • 実は本命の工務店に初めて行ったときから、いい土地は紹介されていた。最近完成されたオーナーさんのお隣の土地が、狭小平屋にぴったりだと。ただ、その話を聞いたのは「5年後までに家を建てたい」くらいの気持ちのとき。いい話だったけれど、見逃しかな。と思っていた。その後、いくつかのHMとの付き合いをする中で例の土地がかなりいい物件だということが分かってきた。もしかして、これを逃すのは失策なのでは。2回目に工務店 [続きを読む]
  • 土地を探す
  • 土地探しは、施工業者選定と並行して行った。というか、土地探しをするためにもう候補に挙がっていないHMと付き合いを続けたりした。やはり素人には土地選びは難しい。平屋を建てる以上、土地の最低限の広さは決まっていて高さの調整が必要な勾配地なども避けたい。しかしながら横浜を離れることはできないため、どうしても坂の多い横浜で、平坦な土地というのはかなりのハードルだった。ということで、平坦であることを重視し、交 [続きを読む]
  • 住宅展示場へ行く
  • スーモカウンターで候補に挙げてもらった施工業者を見るために住宅展示場へ行った。スーモカウンターへ行く - けにも はれにもこの日のノルマは5社+1+1社は、紹介されなかったけれど、気になっていたところ。入口に近い順に、回る順番を決め、1社あたり1時間まで、と決めていた。紹介された7社のうち、2社は遠いので外した。今後打ち合わせをすることを考えたら、立地は大事。以前から何度か足を運んだことのある住宅展示 [続きを読む]
  • 本を読んで考えたこと
  • いくつかの家づくり関連の本を読んで、分かったことがある。・ハウスメーカーではなく、地元の工務店を選ぶのがおすすめ・下請け業者の施工で信頼できるところはない確立された施工方法で、低コストで住宅が建つならハウスメーカーいいのでは、と思っていたけれどいろんな先生が「地元の気候や暮らしを知っている工務店がよい」とおっしゃっていた。また、ハウスメーカーでは下請けの下請け、孫請けのような業者さんが施工していた [続きを読む]
  • スーモカウンターへ行く
  • リクルートさんにはよくお世話になっていたので、ひとまず、と思ってスーモカウンターに行った。無料配布されている注文住宅の冊子とかはよく見ていたし数ある施工業者から自分で選ぶのも大変そうだし、きっとリクルートさんなら選び方のポイントとかを押さえて説明してくれるだろうという期待があった。まずは基本的な知識もなかったので、費用に関すること、スケジュール感、相場などを教えてもらった。体系立てられた説明で、さ [続きを読む]
  • 工務店を決める
  • 地元の工務店を集中的に選ぶようになって、わりとすぐに本命というべき工務店を見つけた。FP工法を採用している、アクセスも悪くないところ。なぜすぐ見つけられたかというと、そこの会長が精力的に本を出版しているからだ。地元の本屋には必ず著書があり、図書館にも潤沢に置いてある。しかも種類が多い。なかなか熱意のある会長で、思いをぶつけるのに20数冊も出してしまったようだ。主張していることにも共感できるし、頑固に [続きを読む]
  • 間取りを考える
  • 土地が決まるより、施工業者を決めるより早く、私は間取りを考えていた。50平米という狭さにこだわりがあったので、まずは50平米の間取りを考えてみてもし見つかった土地が広かったら一部広げればよい、という考えでメートルモジュールでお絵かきをしていた。あまり図表を描くのも絵を描くのも得意ではないのでグリッド線の入っているメモ帳を使った。手のひらサイズのメモ帳なので、どこにでも持っていける。ツバメノートのほ [続きを読む]
  • 情報整理
  • 家に関する情報はとにかく紙が多い。展示場に行けば名刺、カタログ、参考間取りなどがどっさり来てDMもひっきりなしに届く。しかも大きさもバラバラでまとめようがない。ので、Evernoteに必要な情報だけ撮影して管理することにした。カタログはさっさと読んで、いい情報をEvernoteに入れたらもう捨ててしまう。本で得た有益な情報なんかもメモしておく。ちなみに、郵便でくるDMはいらなくなったら受け取り拒否の手続きをした。赤ペ [続きを読む]
  • 情報収集ーおすすめの本ー
  • とにかくたくさんの本を読んだ。買っていたら埋もれてしまうので、図書館で建築関連の本を片っ端から借りた。最寄りの図書館にないものも読むため、常に予約上限まで予約。参考になった本を共有したい。あたらしい 家づくりの教科書作者: 前真之/岩前篤/松尾和也/今泉太爾/森みわ/竹内昌義/伊礼智/水上修一/三浦祐成(共著),伊藤菜衣子(暮らしかた冒険家)出版社/メーカー: 新建新聞社発売日: 2016/08/31メディア: 単行本この商品を [続きを読む]