守 さん プロフィール

  •  
守さん: ビオ on 猫星
ハンドル名守 さん
ブログタイトルビオ on 猫星
ブログURLhttp://abcd-tya.blog.jp/
サイト紹介文連ドラ「半分、青い。」に感動! ドラマに私の想うままを綴りました。当面は連ドラ絡みです。
自由文(自己紹介)
あなたの人生の価格を100兆円として、その人生を僅か1億円や10億円で安売りできるか…と問われて、100兆円でも儲けがないと私は考える人です。( ´∀` )
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 56日(平均13.4回/週) - 参加 2018/07/16 14:56

守 さんのブログ記事

  • 新ブログの立ち上げ
  •             ?新ブログ【詩(short poems)】は、当ブログのなかのカテゴリー「the talk(恣)」を独立させたものですので、こちらのブログで続きを載せることはなくなります。お気がむかれたときにでも、是非お越しください。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 2018年9月度・有季
  • 桜桃忌俺が大事と云ふげっぷこれはネットから引張ってきたもの。桜桃は太宰治の作。桜桃忌は作品の「桜桃」に由来している。太宰の作品は身を売って仕上げた物というフレーズを遺したが、太宰の気持ちは私にも分る気がする。恥しい想いをしながら稼いだ太宰。作品「桜桃」に... [続きを読む]
  • 2018年9月度・無季
  • 日野原重明氏は104歳で俳句を詠んでおられた。そのことを私が知ったのは2〜3日前だっけ?氏が俳句を始められたのは小学生との交流が切っ掛けだった。いやあ、それに刺激を受けた私で、それでこのカテゴリーも生れたのです。小学生に刺激され、104歳に背中を押されてヨチヨチ... [続きを読む]
  • 詠みたい想いで‥
  • 自分で詠んだ詩や誰かの詩を記していきたいと思ってカテを作った。有季詩 (short poems)・無季詩 (short poems)・現代詩 (poems) の三つ。ココでは俳句というジャンルを消した。有季定型俳句は有季詩 (short poems)となる。どうように自由律俳句は無季詩 (short poems)。現... [続きを読む]
  • 写生俳句?
  • それでは比較しながら一つ一つ観ていきます。?古池や蛙飛こむ水のおと 芭蕉のこの句は写生俳句か?否か?‥って件。古池を写生し、蛙を写生し、飛びこむのを写生し、水の音を写生した。さすがは芭蕉の代表句‥分りやすくて、誰も写生でないなどと言えまい。この句と見比べながら他の句を見てったら違いが分りやすかも知れないね。?閑さや岩にしみ入る蝉の声 その場所は静かだった。岩があって、蝉の声がしてて、その蝉の声は岩 [続きを読む]
  • 写生俳句?
  • (ブログ記事の主観と客観からの抜粋です) 「客観写生」などはありえません‥‥客観などより非情の目こそ大事‥‥写生とは「見えるものも見えないものも、ありありと描く」ということ‥‥現実も心の世界もということ この文(青文字)は私が尊敬する長谷川櫂氏のもので歯切れの好さが何とも気持ちいい。思うことを私もズケズケ書くほうだが、もしかして長谷川櫂氏に染った虞は十分にある。??結論的には私も長谷川櫂と同じところ [続きを読む]
  • 写生俳句?
  • 俳句づくりの耳にタコができるくらい聞かされる「主観・客観」のようです。しかも俳壇の流派や集団で言うことは異なるらしい。いやいや、私は「異なったらダメ」というスタンスに立たないが、誰もが句作していてどうして意思の疎通を図ろうとしないのかと想われて、私には不思議でならない。芭蕉は江戸時代の人であれば現代の私たちとは観る景も交わす言葉(= 表現)も異なるだろうし、だからと云って芭蕉の句は俳句でないと捉えるの [続きを読む]
  • 詩へ高めたい自由律
  • 尾崎放哉が嘆き叫んだ 咳をしても一人放哉に山頭火が和した 鴉啼いてわたしも一人ここで私がイメージする自由律を述べておきたい。一人で完結しづらい自由律。嘆く放哉だけでは詩にならず、励ます山頭火だけでも詩になりにくいが、「鴉啼いて」は人間性を見ていて詩になっている。自由律は嘆き節あるいは傲慢節に陥る危険が高いし、詩でない禅問答のそもさんに陥りやすい。いっぽう有季定型は起承転結とか序破急と言っていいスト [続きを読む]
  • 叫び‥山頭火
  • 言葉遊び‥私が種田山頭火から受けるイメージだ。己の人生にやる気を失くして無責任に面白おかしく過したい人は多いだろうな。手っとり早いのは?現実から目を反(そ)らし、目を瞑(つぶ)れば済む。目を瞑っても現実は気懸かりだからオチオチ寝てられない。それならばと酒に逃げる。だが酒だけで済まず、博打や遊興で時間つぶしする。博打も遊興も一人でできる筈なのに、一人遊びは詰らない、だから遊び相手(人間)を欲しい。つまり、 [続きを読む]
  • 叫び‥尾崎放哉?
  • 一高時代に酒の味を覚えたにしても溺れるまではいかなかった?東京帝大・法学部だもの、父親に続く夢を見続けていた放哉だったのか‥。(大学時代)木犀に人を思ひて徘徊す木犀(もくせい)。放哉の時代なら銀木犀‥かな。控えめな花と香りは当世ふうでなくても、恋に恋する放哉の時代性を想う。見上げれば「頑張るのよ」って望月(もちづき)が足元を照らしてくれている。いぬころの道忘れたる冬田かな草が少ない冬田の土はゴツゴツして [続きを読む]
  • 叫び‥尾崎放哉?
  • 放哉は一高(東京)に入学したという。語彙も増えて句作りのテクニックも上達しただろう。もちろん、それが良く作用するとばかりは言えないけれど。兎に角、一高時代の作から一句選んだ。(一高時代の句)酒のまぬ身は葛水のつめたさよこの句は二句一章として「酒のまぬ身は / 葛水のつめたさよ」で良いでしょう。実直な父親の目の届かない東京での一人暮らし。その東京で真面目に育った放哉は酒を口にしたようだ。この句の身は放哉自 [続きを読む]
  • 叫び‥尾崎放哉?
  • 今回の教材は、咳をしても一人の尾崎放哉(1885年〜1926年)。出自:士族。鳥取地方裁判所の書記官の次男。荻原井泉水(1884年〜1976年)は一学年上で、一高以来の仲。種田 山頭火(1882年〜1940年)は同門。容易に答え難い質問・応答を好む禅問答なんだと捉えている私ですが、若き日の放哉の句が禅問答に見えないのは彼が禅宗に無関係だったからの気がする。裁判所の書記官の父親のもとで育った放哉が描く父親像として謹厳実直な雰囲気 [続きを読む]
  • 詩形・詩心
  • このカテゴリーを「the talk」と命名した理由の一つは適当な日本語が思いつかなかったから。短詩・俳句は直ぐに思いついたが私のfeelingにしっくりこない。それで自分自身を解剖してみて感じるところがでてきた。私のなかの詩の意味が最近になって変わっている。ありゃりゃあってなもんです。これまでの私は詩形を守りたい想いが強かった。もちろん、他者には鷹揚ですよ。あくまでも私に関してです。有季定型俳句、叙事詩、一行詩 [続きを読む]
  • 自己実現‥talk
  • 自己実現に、仏との関係を重視するのは仏法者であれば当然で、これがイスラム教徒ならモハンマドとの関係重視となり、キリスト教徒ならキリストとの関係重視、共産主義者なら心酔する共産主義思想の中心(権威)との関係を重視することになる。卑近な例「座の文芸」でこれを考えていきたい。仮にも俳壇のどこかの集団に加盟したら、その集団の権威との関係が重要となる。権威との関係が万全なら好い想いがデキるという計算をあなたは [続きを読む]
  • 山ってなんだろうね?
  • 谺して山ほととぎすほしいまま  杉田久女この句、私は取りあえず「谺して/山/ほととぎす/ほしいまま」と捉えた‥文章をこのまま続けるのも好いが、その前に幾つか他も当たりたい。  ?分け入っても 分け入っても 青い山    種田山頭火  ?何かしら児等は山から木の実見つけてくる  尾崎放哉  ?麦刈が立ちて遠山恋ひにけり    橋本多佳子  ?谺して山ほととぎすほしいまま  杉田久女私は意図的にこれ等の [続きを読む]
  • 短詩‥ほしいまま
  • カテゴリー「the talk(恣)」を作った。どんな内容になるか‥確定してないが、「恣」に私の想いは籠(こ)めた。恣と書いたが私は我がまま勝手に素直でなく、道理が大事。talk(≒遠く)もね。谺して山ほととぎすほしいまま  杉田久女杉田久女の切々たる想いが谺(こだま)して谺してその広がった波紋のなかにいて今は私が谺すところ‥さて、どのように谺すべきか?そんなことを想いつつキーボードを叩いて谺している私なのです。私は私 [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 100分de名著‥夏休み第4回の最終講義は木ノ下裕一氏の解説に依る百人一首。氏は古典演目の木ノ下歌舞伎の主宰。いやいや、大変に面白かったし、ここでお伝えできたら良いけど難しいから止めておく。それで此処では感銘を受けた私の想いに沿って述べておきます。古典の和歌を詠むのは約束ごとに添わねばならないから私は敬遠しているが、その「百人一首」も読みかたは自由という発想はとても嬉しい。いっぺんで古典に親近感を持って [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 世界市民をもう少し続けますね。詩は世界市民の世界、だから権威の世界の俳句はお習い事。権威の世界の文芸はお習い事‥当然ですね?そうすると詩とお習い事では目的が異なる。だけどそれに何か問題ある?ちっとも問題ないでしょう?お習い事はファッションに準じると言える。ブランド物を持ちたい人は持って楽しめば好いのです。好きなブランドも苦手なブランドもあるから、好きなのをセレクトして持って何か問題がありますか?問 [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 千利休は茶室での対等をイメージし、私は文芸の座に対等をイメージする。対等がイメージされる俳人と云えば杉田久女。世界的には自由でいい文芸の世界だ。それであなたは世界市民ですか?自由に生き生き生きる魂‥即ち世界市民の躍動する魂に詩心は宿る。対等な座でなければ卑屈に平伏(ひれふ)す場(座)になる。対等であればこそお互いの作品を忌憚(きたん)なく批評できる。すなわち、宮沢賢治と権威を同列に並べてご自分の意見を述 [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 日本で座の文芸と云うのはご存じだろ? もっと言えば、杉田久女の句 虚子きらひかな女嫌ひの単帯。俳句と捉えるとき私的には秀逸に想える、それで座の文芸として捉えるときは如何だ?あなたはどうお思いか?想いは感性の世界だし、思いは現実の世界だ。座の文芸の世界観は感性か?現実か?感性の世界でこそ杉田久女は愛されるキャラ、だが現実世界で久女は鬱陶しがられるキャラだ。鬱陶しがられるのを恐れなければならない世界を句 [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 太田静子の「斜陽日記」と太宰治の「斜陽」が存在しても日本に文芸誌や文芸評論家がいなければ話題にならない。私が知るかぎりは当時真剣に採りあげたプロは絶無だった。逆説的に云えば、彼(か)の件を真剣に語る者はプロの能力を疑われたと言えそうだ。プロが関わらないものをネタにするのは「プロ意識がないド素人」という説明でもあれば世間はウンウン頷(うなず)く。プロが誰も相手にしないのに、愚か者が訳の分らんことを言うと [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • ?メロス、?メロスの親友(石工)のセリヌンティウス、?シラクスの老人、?暴虐な王ディオニスの四者をあなたはどう捉えるか?その前に折角の鈴木梨央氏の役を設定しておきたい。?穢れを知らない乙女の役が「走れメロス」にある。最後の最後に登場して、メロスの裸体が満天下に曝されているのが悔しく惜しく、それで人々の眼から覆い隠した‥あの乙女。恥を知る乙女の役は鈴木梨央氏が好い‥太宰(の想い)。いやいや、太宰の想いと [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 100分de名著‥夏休み第3回講義は太宰治の「走れメロス」が採りあげられた。メロスの男っぷりを描いたようで、あなたにはあなたなりの、他人には他人なりの見方があろう。今回の「forティーンズ」夏休みスペシャルで私は自己実現を考えた‥と云うか、nhkの4月以降の命題は自己実現だと受けとめている。ともあれ、人は葛藤(かっとう)を乗越えて成長するだろう。さまざまの葛藤を乗越え成長してこそ叶えられる自己実現であり、人間の [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • 怪しい星‥地球。あなたは此処でどんな体験を積み、どんな知恵がついたか?星の王子は怪しい星・地球でどんな体験をしたか‥少しだけなら私も知っている。地球へ着いた星の王子は、怪しい??林檎の樹の下から一匹の怪しい狐が飛出てきて驚いた体験をしている。そんなとき、好奇心旺盛な子どもはナニナニ?って近づいていって遊ぼうとする。王子の場合も好奇心いっぱいだっただろ?あなたは幼児やお子に「怪しい人について行ったら [続きを読む]
  • 星の王子さま‥実践?
  • この夏休み八月の「100分de名著」第2回目はソロモンの指輪。今回の指南役は瀬名英明氏(作家)。著者ローレンツは動物行動学に詳しい科学者のようだ。刷り込みや強者に具わる抑制のシステム。そういった諸々の生きる智慧に気づいたローレンツ。目の前に得体の知れない存在があれば‥星の王子ならどう対応するか?あなたならどう対応なさるか?私ならどう対応するべきか‥哲学したいと思う。母の胎内で過ごしている私に母の好さが刷り [続きを読む]