オバタマキ さん プロフィール

  •  
オバタマキさん: 大地の住人 ヴィンチの丘で
ハンドル名オバタマキ さん
ブログタイトル大地の住人 ヴィンチの丘で
ブログURLhttp://obatamakivinci.blog.jp
サイト紹介文レオナルドダヴィンチの生地に在住。バイオダイナミックワインとオリーブ栽培、地球と体に優しい暮らし
自由文ヨーロッパ・トスカーナ農業開発プロジェクト農業士養成講座でブドウとオリーブの剪定士の資格を取得。ヴィンチの丘で地球と体に優しい暮らし・食事・観光を応援します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 31日(平均4.1回/週) - 参加 2018/07/17 23:04

オバタマキ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夏の訪問者 Lo Yukata
  • 夏のお客様は、やっぱりトスカーナよ!時の同居人は、仕事の合間に時の姉妹がいるヴィンチにやぁやぁやぁと現れた。いくつになっても、アネキ。私がつくったアネキ。ほんの少しの時間を共にしたアネキ。私たちは、フィレンツェに足跡を残した。そして足跡を埋めるように語りヴィンチにまた、足跡を残した。多彩な話に、彩る食事風が残していく雲と踊る湿気。活きる野菜と潤った果実。アネキがね時の妹のことを想像しながら飛び跳ね [続きを読む]
  • ボクらは赤いトマトを摘みに Italian Tomatoes
  • スーパーのトマトは、ボクらが摘んだトマト。ボクらの手で摘んだトマト。ボクらは、トマトを摘みに来たんだ。大地と風と雨と太陽のあるイタリアのトマトを。イタリアは、真っ赤に熟れたトマトの収穫期。遅く移植した我が家のトマトも、次から次へと熟れ食べるたびに収穫する。トマト畑はトマトの香りで充満するのかカメムシもそろそろやってきた。カメムシが先か私たちが先か。カメムシを見ると、トマトのピークを察する。そんなカ [続きを読む]
  • 暑い夏に赤いトマト pomodorini come arcobaleno
  • 「どう?家の中涼しい?」「うーん。涼しくはない。外にいた方がいい。」えっ、外気温35度だよ!外は、風が吹いているし、カラッとしている。去年の方が暑かった。と、夫は週末も外で働いている。我が家の温度計は、セントラルヒーティング用で日陰の外気温と室内温度が感知され冬に自動で暖房がつく設定。確かに去年は、37度か38度までいったような記憶がある。今がピークなんじゃないかと思う日朝7時頃、27度で午前10時には32度 [続きを読む]
  • 自家製プロテイン Siero
  • 海外で生活しているとふるさとの味は、自分でつくるしかないことが多々ある。大葉シソやニラを栽培したりカイワレの水耕栽培に夢中になったりうどんを捏ねたりお豆腐をつくったり。ふるさとの味を一からつくるだけではなく私はなるべく自分でつくることを心がける。そして、研究料理することだってあるし面倒なこともやってみたりもする。それでも性格が追いつかないからスピーディにできることしか維持はできない。そんな中からヨ [続きを読む]
  • 熱いヴィンチに月染まる Festa dell-Unicorno
  • 人・人・人・・・人の体温と汗の湿気とイベントの熱気は夏のヴィンチをメラメラ上昇させた。コスプレの方、ご苦労様です。駐車場の大地が足りない!Navettaナヴェッタ(無料送迎バス)を用意し遠くの畑を急いで刈り込む。トスカーナのイメージの中にある麦畑の刈り込んだロール上にまとめた藁の横に車を駐車する。利用者は、Navettaがとても作用しているとのこと。少年は、三日間行きたがるほど、楽しいそうだ。我がヴィンチの少年は [続きを読む]
  • 望へ向けて Mini Pomodori e Lentil Tòfu
  • 望とは満月のこと。イタリアでは七月二十七日の夜日本では二十八日の早朝皆既月食が観察できる。皆既月食は、望の時にしか起こらないそうだ。地球が太陽と月の間に入り、一直線に並び地球の影が月にかかること月面に太陽の光が当たらない現象のことをいう。 今回の皆既月食の時間が1時間43分ほどとかなり長い間観測できるチャンスだそう。イメージだと新月のように真っ黒になりそうだが月食の間、ほのかに赤く月が染まるそうなの [続きを読む]
  • 暗闇のトラクターショー Trattori d-epoca
  • ドドドドー ダダダダー パキッパキッ燃料が燃える音最大限のヴォリュームで、節約する部分なんてない。前に移動させ、後ろを耕す時には、紐で鋤の刃を操作し時には、ひっくり返りそうになって観客をヒヤヒヤさせた。七月の半ばCerretoGuidiチェッレート グイディ(ヴィンチから5kmの隣村)でTrattorid'epoca - Aratura in notturnaトラットーリ デェポカ アラトゥーラ イン ノットゥールナ(夜間時代物トラクター耕作ショー)が [続きを読む]
  • カイワレのっけイタリアンソーメン Germogli
  • これ、これ、これよ!やっと見つけた日本ではお馴染みのカイワレ大根の種Ravanelloラヴァネッロ(ラディッシュ・ハツカダイコン)日本のカイワレ大根の種は原産国イタリアから来ている。(一部)しかし、イタリアでカイワレ栽培用に見かける種はスプラウト系の細いハーブ系の種かもやし用の豆しか今まで見かけなかった。一度体に良いものと見なされると次から次へ発見し分析される。そんなとこがグローバルの良いところかもしれない。 [続きを読む]
  • 治癒力を高めるには Marmellata di Pera
  • 薬剤耐性(AMR:AntiMicrobialResistance)とは抗菌薬(抗生物質、抗生剤)が効きにくくなるまたは効かなくなることです。耐性菌が世界中で増え一部の感染症では従来の薬では治らない治りにくい場合が生じています。薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐために抗菌薬を服用する際には、医師や薬剤師の指示に従って必要な場合に、必要な量を適切な期間、服用してください。外務省海外安全から在留届を提出した人と、たびレジに登録した人へ七月に入 [続きを読む]
  • 自新年はニッポン食 Tòfu fatto da latte di soia BIO
  • IlTòfu deve essere morbidoedeve sciogliersi in bocca.Nonsi trovano il Tòfu morbidoe BIO in commercio oppureè costoso.Allora bisogna fareda noi...① Mettetesul fuoco 2L di latte di soiaBIOe senza aromi e zuccheri aggiunti ecc.,efar bollire finché arriva 75-85°c circa(quandoemana il vapore e fa schiuma) poiiniettate piano i Nigari diluito(Nignari8g + Acqua tiepida 160ml)emescolate poco e tappa [続きを読む]
  • イタリアンソーメン Pera Etrusca
  • エロスな果実・・・?もっと先、先wwファミリーな果実の収穫。七月は、フルーツの季節、野菜の季節。五月頃のさくらんぼから始まって(今年はちょっとしか食べなかったなぁ)ビワとかアンズとか橙色のフルーツ(ビワ大好きだし、樹はあるのに、ならなかった。手入れしてないからだね)果皮の裏っ側が超酸っぱい野生のスモモ(少年の大好物。取り合いにならなくていいや)お花も実もかわいく付くモモ(BIOなのにこんなにキレイでこんなに [続きを読む]
  • ヴィンチの七月 Eventi a Vinci
  • 2500年以上もっと昔から古代ギリシャでは天体の要素は大地・水・空気・火の四つのエレメントで構成され全てのエレメントが一つになると、愛と見なし四つが分離すると、不和となると言い伝えられていた。今日の私たちにとってこの四つのエレメントはどんな意味を持つのかエレメントのチカラは一体何なのかこの一ヶ月間世界の歴史や昔話、画像と共に一緒に旅をしましょう。そしてこの四つのエレメントをキーワードにもう一度見直して [続きを読む]
  • il Tòfu di Ceci ひよこ豆腐
  • IlTòfu di Ceci①Immergetei ceci (500g) lavati nell'acquatutta la notte. ②Frullatebene i ceci con l'acqua(900ml)dividendoper 2-3 volte.⑤Filtratecon la garza e strizzate. Eccoil latte di ceci ela feccia di ceci=Okara.③Mettetea cuocere a fuoco alto il latte ottenuto,giratespesso.Poiabbassate il fuoco.④Quandocomincia a densarefà i grumi.Toglietedal fuoco e rompeteli,poirimettete sul fuoco.Cuocet [続きを読む]
  • 田舎道で Bello e Brutto ・ STARMAN
  •  私と少年は歩く。田舎道を歩く。草の中を歩く。木々の下を歩く。好きだから歩く。車がないから歩く。車があっても歩く。同じ道だけどこの道を歩く。静寂がいろいろ想像させる。怖かったり、神秘的だったり。田舎の色取り、自然の彩りたまに、香りがしたり、鼻をついたり。ヴィンチまで、我が家から2km弱だろうか遠回りのハイキングコースを通ってヴィンチへ行く。車道から少し離れたところに粗大ゴミの山ができていた。それでな [続きを読む]
  • 一株のラベンダー la Raccalta di Lavanda
  •  六月二十四日、キリスト教はイエスの十二使徒の一人SanGivanni Battistaサン ジョバンニ バッティスタ(聖・ヨハネ)の洗礼・聖名祝日であるそうだ。フィレンツェの守護聖人であり街は祝日となり、盛大に花火が打ち上げられる。この日は、夏至に近いことから大地の花を清らかにする水に浸け日のエネルギーを夜空の気に晒し翌日、そのこしらえた聖水を浴し自然界のエネルギーを浴びることで心身を労わる言い伝えがあるそうだ。私 [続きを読む]
  • 夏至に Verde Crudo
  •  夏至 ・・・ 一番日が長い日。ヴィンチの丘は、向うの山に沈む時間は20:50。向うの山はLuccaルッカ県の山Apuaneアプアーネ。そこを最高地点に、また短くなっていく。日が沈んでも、まだまだ一日は終わらないほど明るい。そんな時間から、隣人は草を草刈機で刈り出したりする。夕飯時も明るい。もっともっと日が短くなった八月の終わり頃の夕飯時気温は夏だけど、暗い夕飯となるので調度良くなる。我が家のパノラマ方面は西日と [続きを読む]
  • 夏休み突入Hamburger
  • あっ、そういえばおめでとう!うーん、おめでとうって言うのかな。あまり耳にしないけど。少年は、小学校を修了した。そう、卒業っていうより、修了したんだ。小学一年生になるとき、ピカピカワクワクした感覚が小学課程を修了し、中学課程を迎える今なんだ... [続きを読む]
  • 過去の記事 …