路地裏シルベットのアンオフィシャルblog さん プロフィール

  •  
路地裏シルベットのアンオフィシャルblogさん: 路地裏シルベットのアンオフィシャルblog
ハンドル名路地裏シルベットのアンオフィシャルblog さん
ブログタイトル路地裏シルベットのアンオフィシャルblog
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/silvetleather
サイト紹介文革ジャン職人の仕事と生態
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 119日(平均1.9回/週) - 参加 2018/07/18 09:44

路地裏シルベットのアンオフィシャルblog さんのブログ記事

  • 手紙
  • 今をさかのぼること18年前独学でレザークラフトをはじめたのでした。始めた瞬間これだ!と直感したの同時にこの世界じゃ食えねぇと思ったのです。当時、レザークラフト業界を席巻していたブランドがあり、そこが行なっていた通信教育。当時、借金まみれで独立した(というかせざる終えなかった)商売が軌道に乗っていて、独り身の私にとってカネと時間を持て余してた頃でした(笑)残念ながら満たされると挑戦するという血筋の家系 [続きを読む]
  • エツル
  • いや、今まで満足できた革ジャンなんてないんすよ!って情熱大陸とかにありがちな(笑)サラリーマン時代に何かの記事で見たんですよ。その職人さんは、「革ジャンを縫い上げたら、それを眺めて悦に浸るんですよ」しゃベぇこいつしゃべぇナニ満足しちゃってるのよ!と正直思っていました。あれから、10年、くらい。俺、悦に浸ってんすよ(笑)Silvetになってからはその率高い高い。決して潤沢ではない資金の中、素材をタンナーさん [続きを読む]
  • 2千円
  • うんともすんともイェイとも言わなくなった戦友みたいな複合機プラスティックバディなのに使いやすいように切った貼ったしていた(笑)壊れたらイヤだから純正インクを使いつづけたさ。でももうお前は答えてはくれない。初めて会ったのは香椎のヤマダ電機だったな。お前と二段トレイの便利そうな若い奴と迷ったさ。紹介してくれた小太りメガネはお前の事が嫌いだったんだろうな二段トレイをやたらと褒めちぎり大幅値引きするからと [続きを読む]
  • 指名料は無料
  • 嫁さんと出会った日とか、その他もろもろ覚えているまぢキモいんですけどぉ(語尾上がる)とお嬢に引かれるが、しょうがない俺はイカレたロマンティストだものまさをむかし勤めてたお店で、いつまでたってもお客様を覚えきれない奴がいた。それは簡単なことでお客様に興味を持ってないからだ。なぜか突き抜けた人々が集うSilvetではお客様を覚える事は超たやすい(笑)お嬢にとっての第1号の職人指名群馬のS様ご指名ありがとうござ [続きを読む]
  • 黒霧ソーダ割りと仲間たちとビール瓶
  • 仕事しかねぇというか隙あらば仕事という面白みのない男なので、福岡時代は、かろうじてあった行きつけの飲み屋ってのがこっちにはないのです。大阪から新潟から利根川沿いから友達がやってくる。んじゃあ飲もうかと。歳を重ねると舌も肥えてくるのだけど、店を知らない私は、何度か行ったことのある味は普通、でも静か。という店に行ったのであった。久々の再会に酒もススム。連休中でも相変わらず静かな店内。しかし、隣のおじさ [続きを読む]
  • なんて日だ
  • これな俺が初めて踏んだミシンの抑え金なんよ。これ初めての革包丁。これは師匠からもらったヘラ。あ、はぁわたし道具には興味ないんで!仕事中に絡むおじさんを一刀両断!やるやんお嬢。この仕事は型紙作るのに、とにかくコピー機が必要なのである。Silvet立ち上げ前、こいつを買った。絶望的にお金がなかった時代。無職になった時、下の子が生まれた。もう戦友のような奴。本日をもちまして殉職しました。今までありがとう。大飯 [続きを読む]
  • 沈黙は金なり
  • ばあちゃん子だったからだろうか。男はペラペラしゃべるもんやなかとぞと言われ育ったからだろうか。お嬢から言われるのである。それでよく(接客が)成立していますねと(笑)俺は沈黙すら楽しみたいのだよ!自分の事はさておき、寡黙な奴が好きなのです。だからといってテンションアゲアゲの人が嫌いなわけじゃない。スゲーなといつも感心している。忘れもしない12月(福岡路地裏時代)毎年年内は革ジャンで過ごし、年が明けると [続きを読む]
  • たまにはこちらでオーダー流れのご紹介。
  • たま〜にやらかします。バックルが真鍮だったり、裏地がツートンでなかったり、HAIKAI-BAG小なのに大作ったりと。そんな時はしのごの言わず作り直します。お客様にそれでいいよ!だけは言わせないように。そして仕様違いになってしまったものはお客様の許可を得て、オーダー流れとして販売しています。品質が及ばなかった訳ではなく、私が間違えたんです(´???ρ???`)罰として、少々お求めやすくします。お客様にとっては即 [続きを読む]
  • 秋も夜長
  • Silvetとして独立した6年前買いやすくて、売れるものを用意しなきゃと。にちようびのお父さんが斜め掛けしているようなバディバッグのサンプルを作ってみたのでした。今さらですが私、仕事が大好きでして、中でも縫製セクションでは腹減らないんです。しか〜し。全く楽しくない!独立して、ようやく技術や素材の制限なくやりたいようにモノつくりができるようになったのに、全く楽しゅーない!どころかU2そ、そうかコレに興味がな [続きを読む]
  • 再会
  • CDを捨てられない42歳配信型になっても、データ化できる時代になっても、大量の段ボールが、、いつの時代も何かの節目節目に伏し目がちにアルバムを買いました。聴くとソッコー時代が甦るんです。泣けてくることの方が多いですが(笑)どうぞ笑ってください俺は昭和のロマンティスト。かつて作ったオーダー品がプチカスタムで里帰り(福岡産ですが)お客様の手に渡っても細部が愛おしくて帰宅が遅くなる(笑)クセが強いというか、 [続きを読む]
  • 寺子屋シルベツト
  • ありがたいことにトートバッグ受注爆発しまして(あくまでもウチレベル)ファーストロットの生産は受付終了しないと他業務に支障がでますので。予約は継続して受けてます。納期もかかります(涙)特に馬希望の方はお早めに!どーですか?色んなショップ様OEMも受けれます!ってここで書いてもしょうがないか?(???)?しかしまぁこの革とクゥオリティとsize定価設定間違えたかな〜とアフターフェスティバル(´???ρ???`) [続きを読む]
  • とんこつ難民
  • 昔、こっちで修行していた頃は週一で通っていた店台東区界隈に材料仕入れに行った帰りに寄ってみた。相変わらずここは納得!「オマエ変わってないよな」「あぁ、オマエもな!」みたいな感じ。しかし経営者は変わったのか、バイトのムダ話あるあるがうっとうしい。だが許す。ラーメン屋さんはラーメンで評価する。きくらげもチャーシューも煮卵とかもいらない。濃厚な汁と硬い麺とネギがあればそれでいい。ごちそうさまでした。しか [続きを読む]
  • 祭りオブ裁断
  • お嬢がトートバッグに没頭している間、私は革ジャン縫いまくる予定で、クロムとヌメで4着分裁断!残すはあと1着分!コイツは私の価値観ぶっ壊すための1着になる予定。昨日は福岡から足を運んでくださったお客様に目頭燃えて、39度を記録した今日はやっぱり予想通りな閑古鳥Silvet(T_T)そのかわり裁断はススムススム。これが革ジャン職人の週末革包丁タコ(笑)私がガキの頃見た父ちゃんの手は大きくてゴツくてカッコよかった。そん [続きを読む]
  • WAKU WAKUさせてよ
  • 修行時代にって、今でもシャバダバで日々修行なのですがね。師匠や熟練職人さん達が帰った後、血眼で作業台に残ったモノから沢山の技を勉強させてもらったものです。教える立場になるとさあ、見とけよ!と言わんばかりに帰るようになるんです。芸術家肌でない私にとっては切磋琢磨の環境があって今があります。バッグ職人としてしっかりしたキャリアを積んできたお嬢プロデュースのSilvet TOTE bagの初期ロット生産が今週からスタ [続きを読む]
  • 働きかた改革
  • 19歳の頃、ガソリンスタンドで働いていました。社内不倫している所長とナナハンF乗り元ヤン店長の派閥争い(笑)ハニートラップまで仕掛けられてオマエはどちらに付くんだ?という始末(笑)俺はどちらにもつかねぇそりゃ、そんな職場は長続きはしなかったわけですが、19の頃からブレてないやん(笑)素敵やん。その他食うためにいろんな仕事をしてきましたが、若い女性がいたのはそのガソリンスタンドぐらい。そして今シルベット [続きを読む]
  • 今日は真面目に
  • 正午に起立し黙祷する。商売をしているので政治や人種や宗教に関する個人的な見解は語るべきじゃないとおもっていまして。私は長崎市生まれ。長崎の学校は必ず8/9には登校日がありました。父と母は被爆者で自分は被爆2世となります。おじいちゃんという存在は生まれた時からありませんでした。こうしていい歳になると、地元を離れて、あたりまえのように好きなことを好きなだけチャレンジ出来る生活も、親を始め先祖や、国を支えて [続きを読む]
  • お盆
  • 車が少ないなあと思ったら、もうお盆休みなんですな。うちは明日からお嬢さんがお休み。私も福岡や長崎へと里帰りしたかったのですが、移転初年度から動けるほど甘くねーのでした(笑)という事で私はフルで出勤!お暇な方は気軽にお茶のみにいらしてください。袖もおっ立つ暑さです。目論見とは裏腹に「走り」のイメージが定着しております当方。表に出すとさらにイメージが強くなるので打ち出してませんが、この袖はかなりライデ [続きを読む]
  • 俺節
  • 新潟へお嬢と岡山の若者を連れて。若者にはティッシュ元ラガーマンのおっさんは縦スラを覚えたがり全国どこでもSilvetバーベキューを仕切ってくれるヤナイマンがいたり縦社会先輩と福岡の強敵(とも)と再会したり福島の青年は全国どこで会っても椅子で寝ていたり若者は愛を語りこのおっさんは相変わらずイカレてたりお嬢も無事デビューしたり夕陽をバッグに彼は言った。「献杯」そして「乾杯」彼のコレを聞くために来ている。Silv [続きを読む]
  • デビュー戦
  • 例えば私は8ヶ月ズブのシロートだった私が製品を一着縫いを許可されるまでに費やした期間である。人それぞれ違いはあれど、多分そこでは1番時間がかかった新人だったと思う。古い友人なら知っている私の手先の不器用さ(笑えないくらい)今があるのは、育ちの良さからくる(笑)類いまれなる、あきらめの悪さと打たれ強さがあったからだ。それを今の若人に強いるつもりはサラサラない。わずか15年でも時代が違いすぎる。止むに止 [続きを読む]
  • 斬鉄男
  • また儲からぬモノを作ってしまいそうだ???????深夜の新作会議(1人)絵心がない男は、型紙引いて実際に作った方が早かったりする(笑)アングラならではなウチでしかやれない(正確にはやらない、笑)モノを作らないといけないけれど、だから儲からないんだなぁでもこの産まれる感がたまらなくて続けているのかもしれません。こいつは新潟出店でお披露目しましょう!数少ない裏ブログ読者の皆様お楽しみに。久々、歯食いし [続きを読む]
  • 人を見た目で判断する
  • 10年ぶりに埼玉に、ある意味戻ってきた。昔は草加から台東区まで国道4号をアドレスV100メインで通勤していた。今は浦和から越谷まで、アドレスV125で約半分は国道4号で通う。私跨るとバカなので通勤中にも悲喜交々出会いや別れいろんなドラマがあったものだ。ある夜のことSilvetから4号に出てすぐ一台のバイクに遭遇した。今となっては懐かしいZZR400手作り感満点のホワイト全塗がすんげー汚いTシャツ短パンスニーカーで白のRX7に [続きを読む]
  • エースのジョー
  • うちのエースお嬢の革ジャンデビューに備えて深夜の模様替え。バッグ職人としてのキャリアを積んでSilvetに加入した彼女。面接では、一年間はバッグを作りながら革ジャンを覚えなさい!と言った私に一年もかかりますか?その一言に職人としてゾッコンラブファントム(笑)適度に世の中舐めてないとこの業界は生き残れない彼女との約束は、2年で私を抜きなさい!2年もかかりますか?とは言わなかったけど(笑)かつての自分たちがそ [続きを読む]
  • ふつう着ぃひぃんやん
  • 埼玉にやってきて、古い友人の一人が、「なんかしたいことないの?」元旦と二日以外はほぼ仕事している工房が狭いからバイクは広島のGEMMA先輩に預かって貰いっぱなしで。う〜ん、浅草で昼間から酒飲みたい(笑)そしてよく一緒に飲んでたあそこで献杯しよう。かつて6年ほどこの街で働いていた。しんどい想い出しかない(笑)それも今となってはよきことかな。丸々休みは勿体無いので浅草界隈の取引先をウロウロして、カシメ2000個 [続きを読む]
  • 逃げ癖
  • 強烈な個性と腕力を持った兄がいた次男坊の私は好きなものは一番先に食べた。学生時代166センチ70キロでフルバックだった私は、全速力で突進してくる185センチ100キロにタックルしなければならなかった。肩は抜けるかもしれないけどそれで死ぬことは多分無いと思った。しっかし痛い!自分の痛みが分るからこそ味方をサポート出来るし、される。大事なことを後回しにして逃げたりしんどい事や分かり合えなかった事柄に向き合わず逃 [続きを読む]
  • 給料日
  • 25日は給料日であーる。今月も渡せたぜと胸どころか全身くまなくなでおろしたい。吹けば飛ぶような私の所に仕事しにきてくれて、一生懸命やっている。休めといわないと休まない職人さんおまえがやってみろやとかそれは儲かるのとかあの頃大嫌いだったトップの言葉を口走りそうになってしまう。いつも下から上を見てきたペーペーにとっては、それ言っちゃおしまいなのである。経営者は孤独だと。遅ればせながら実感できた42歳夏。ザ [続きを読む]