ふくちゃん さん プロフィール

  •  
ふくちゃんさん: ふくちゃん里親さんになる
ハンドル名ふくちゃん さん
ブログタイトルふくちゃん里親さんになる
ブログURLhttp://fu-y0320.hatenablog.com/
サイト紹介文ブログ初心者です。 里親さん目指して、奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 29日(平均5.3回/週) - 参加 2018/07/18 18:07

ふくちゃん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 妹の家にいた、座敷童 その後と余談
  • さて、なぜ妹の家には子供達(座敷童というべきか)がいたのだろう???と、疑問でした。妹が離婚して直ぐに、妹の友達が遊びに来たそうです。その子は、それこそ生粋の見える人。とは言っても見えたからと言って何もできず、本当にただ突然見えたりするので、自分でもどうしていいか分からず、歯痒いと言っていました。妹が見えるようになってしまった時に、色々話を聞いてくれたバイト先の方らしいです。旦那がいる時はな [続きを読む]
  • 妹の家にいた、座敷童②
  • 妹は、その頃旦那とあまりうまくいっていませんでした。モラハラというか、言葉の暴力が凄かったそうです??夫婦の喧嘩が激しくなると何故かラップ音が部屋中にして、そして二階からバタバタバタバタと足音が聞こえて、益々酷くなっていったそうです。また、妹が電化製品に触ったりするとみんな壊れるという不思議な出来事もありました。妹が見掛けたのは、青い服を来た男の子で、二階から階段を下りてきたらしく、階段の途中 [続きを読む]
  • 妹の家にいた、座敷童①
  • お盆なので?ちょっと不思議な話をしたいと思います。幽霊って信じますか????私は全く見えなく、でも、あ、ここちょっとヤバいなとか急に寒気に襲われたり、ふと、視線を感じたり勘は鋭いと自負しつつ。余談ですが、夫と初めて会話を交わした時に、あ、この人と結婚する??と思ったんです。当時夫には、付き合って同棲中の彼女もいたんですけど。私達がお付き合いしたのは、それから二年後に偶然再会した後でした。 [続きを読む]
  • 今を楽しむ??
  • 子供が来たら、子供にたっぷり時間をかけて過ごしたいな、と思います。その分今は自分の楽しみを思う存分満喫しよう!と考えてお一人様を色々経験したり、夫婦二人の旅行を沢山計画しています。先日は、東京スカイツリーのソラマチを1人ブラブラして、買い物をしながら、美味しい物を食べて来ました。平日だったので、結構空いていました。お一人様も私以外に沢山いて、びっくりしたのが、開店前から行列が出来ていたラブリーな [続きを読む]
  • いよいよ児童相談所へ
  • 里親支援相談員さんのお話を聞いてから、児童相談所へと連絡を入れました??ここからは、夫婦参加になります。しかも平日のみでした。この調整が結構大変でした??まずは、面談です。約1時間、里親支援相談員さんが話してくれた内容の復習になります。私はだいぶ分かっていましたが、夫は初めて聞く話でした。そしてまた違う日に、基礎研修を2時間行います。前回やった内容をちょっと詳しくしただけでした。わざわざ別の日 [続きを読む]
  • 里親さんの種類
  • 里親さんにも色々種類があります。◆里親の種類 ◎養育里親・・・家族と暮らせない子どもを一定期間、自分の家庭に迎え入れて養育する里親 ◎養子縁組を希望する里親・・・養子縁組によって、子どもの養親になることを希望する里親 ◎専門里親・・・養育里親のうち、虐待や非行、障害などの理由により専門的な援助を必要とする子どもを養育する里親 ◎親族里親・・・実親が死亡、行方不明などにより養育できない [続きを読む]
  • はじめの一歩
  • 私達が、里親さんを申請するきっかけですが、実際里親さんになろうかな〜??と漠然と考えているときに、たまたま役所に用事があり確か社会福祉課だったと思いますが、たまたま目についたのが、そのチラシでした。「あなたも里親になってみませんか?」という様なチラシだったと思います。そこには、【片親でも大丈夫】【共働きでも大丈夫】みたいな事が書いてあり、意外とハードル低いんだなという印象でした。(実際はそうで [続きを読む]
  • 里親体験談を読む
  • 水泳の岩崎恭子さんのご両親が、里親さんをやられている事を、テレビで知りました。しかも70代??私も里親さんと触れ合う機会がまだなかった時期、色々な体験談を知りたいな、と思い読んでみる事にしました。岩崎さんご夫婦は、一時の短期預かりを経験した後、里親さんになったそうです。三人の娘さん達も理解があり、とても素敵な関係を築いているようです??74歳、今まで生きてきた中で一番幸せです!作者: 岩崎勝稔出版 [続きを読む]
  • 里親登録までの道のり
  • 里親登録は児童相談所の元で進めていきます。簡単にスケジュールを書いていくと1.児童相談所での面接    詳しい説明と生活状況の聴き取り   ?2.基礎研修   里親制度の概要勉強(2時間)   ?3.申請書類等の受付   本籍・所得証明・誓約書他   ?4.家庭訪問と聴き取り   職員の家庭訪問5.認定前研修【講義と実習】    講義1日と実習3日 *4.5は順不同   ?6.所長面接   ? [続きを読む]
  • 偽善者かもしれない
  • たまに考える事あります私もしかして偽善者なのかな?と。テレビでも、チャリティーで多くの方々が出られていますよね。中には事務所に言われたから出てる人好感度アップ??したいと思っている人もしかしたら、いるかも知れません。それでも、やっていく中で何かを感じるかも知れないし、影響力があり皆を引導出来る力になるかも知れない。人は縁に触れて気持ちも変わっていくものです。そんな風に考えるとやらないよりはマ [続きを読む]
  • 足るを知る
  • 私が不妊治療をしていた頃、なかなか止め時が分かりませんでした。いつかできるかも?!??という淡い期待があったからです。不妊治療の長い人は必ずと言っていい程、こういう気持ちで続けています。ほとんど賭け事と一緒です。やめられない中毒症状みたいなものです。私もハマっていました。止めたくて止めたくて仕方ないのに止められない…??で、強制的に出来ない状況に追い込んでみました。稼ぎがそれなりにあったの [続きを読む]
  • 身近な事から
  • 支援と言っても、なかなかハードルが高いし、何をやっていいのか全くわからない??始めはそう思うかも知れません。私は特別、何か大きな事をいきなりやる必要はないと思います。まず1番良くないのは無関心です。無関心程恐い事はないと思います。支援を必要としている人、今苦しんでる人がいる、という認識があれば、自ずと色々見えてくる気がします。今直ぐ出来る事、何より自分達の周りにいる人や周りの物を大切にして下さ [続きを読む]
  • 支援
  • 今、国内でも様々な災害や、問題があり、とても心が痛い事が続いています。何かできる事は??多くの人が考える事ではないでしょうか??ただ、そういう善意も一歩間違えると押し付けになってしまいかねません。折角の善意が無駄になってしまうなんて、本当に残念な事だと思います??必要な支援は、その時に起こった問題、地域、人、そして刻一刻と変化する状況にあったものでなければ駄目なんですよね??なので、支援する側 [続きを読む]
  • 土用の丑の日
  • 今年も土用の丑の日がやってきました。どうやら土用の丑の日は年に何度かあるみたいですね。でも夏といえば鰻!鰻といえば夏!(旬は違うそうです??)いつもはセコセコ節約している我が家もたまには!と奮発します。最近、国産の鰻もかなりの品薄のようで毎年値上がりしています。が、先日テレビで、昨年鰻が沢山売れ残り何トンも廃棄した、と言ってました。MOTTAINAI??食べ物を廃棄するなんて、かなり抵抗を感じます。そう言 [続きを読む]
  • 親権大国と子供の所有物化
  • 日本は世界でも親権の強い国、として有名です。だからなのか、社会で子供を育てるというよりも全て夫婦が主になっています。一家心中では、必ずと言っていいほど子供まで道連れですよね??これは海外では考えられないそうです。子供の意思・人権は無視され、親の自由にしていい、なんてありえない!!と。普通に考えればそうなのですが、どうしても残すのは可哀想という気持ちもあってからなのでしょうか??子供を無責任に手放 [続きを読む]
  • 完璧な人間がいないように、完璧な親もいない
  • 子供をひきとりたいなんて、きっと自分の子供の頃は幸せいっぱいの家庭で何も不自由なく暮らしてきたのだろうな〜なんて思われそうですが、そうでもないです(笑)私は二人姉妹の長女。産まれたばかりの頃は、それはそれは待ちに待った子供だったので、家族の喜びはとても大きかった様です??ただ、私の記憶にある家族は、ぎすぎすしたものでした。確か一軒家に引っ越し母の祖父母と同居した頃からそれは子供の目にもわかるくら [続きを読む]
  • 里親さんを決意するまで②
  • 物が溢れ、衣食住にも困らない日本に住んでいる私達。そんな中で、何故か増え続ける家族間の殺人や子供の虐待。殺伐とした世の中になってしまった日本。今まで海外の悲惨な状況にばかり目を向けてた私は、考えさせられました。私に出来る事があるかも知れない。夫も同じ気持ちだったと思います。私達は自然に里親さんや養子縁組の話をどちらからともなく、よくする様になりました。夫婦の価値観がそこで一致していなければそうい [続きを読む]
  • 里親さんを決意するまで①
  • 私達夫婦はごく自然に、里親さんになろうか?みたいな感じになりました。血縁だけにこだわる必要も感じなかったからです。そりゃ自分のお腹を痛めた子は、可愛いだろうとは思います。自分たちに似ていたら尚更だろうな〜と想像の中で思っています(笑)??私は自分が子供の頃、ちょっと普通の子供?と違っていました。集団行動は全く苦手で、幼稚園も小学校も最初の頃はなじめず登校拒否。友達と遊ぶのも楽しい時もありましたが、 [続きを読む]
  • 不妊治療②
  • 不妊治療中は色々な事がありました。もちろん傷ついた事は山のようでした。神経質になっていたので、敏感に反応し過ぎていたところもあったのだと思います??夫婦の喧嘩もやはり結構ありました。ちょっと前にドラマでやっていた「隣の芝生は〜」はとてもよく不妊治療の葛藤やら状況を描いているドラマだと思います??まさにあんな感じでした。時に、幸せ絶頂の人は、自分の幸せを人に押し付けたり、優越感に立ったり逆に不幸 [続きを読む]
  • 不妊治療①
  • 里親さんを決意するまでの過程の中に、不妊治療がありました。結婚したのが30歳。それからなんとなく周りに不妊の方が多かった事や、テレビで話題にもなっていたので、気になって直ぐに始めました。取り合えず検査結果は夫婦ともに何も問題なし。それからタイミング、人工授精とやっても結果はでなく体外へ。そこで問題が発覚する事もあるのですが、特に問題はなく途中内膜症チョコレート膿腫にもなりましたが、たいした事もな [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 私は42歳フルタイムで働く主婦です。夫44歳サラリーマン。そして私の両親と犬一匹が家族として一緒に生活しています。犬の名前はゆずと言います。14才の老犬で、この犬実は保健センターから委託された犬です。来た当初はかなりの人間不信でしたが、今は大いばりで(笑)元気に毎日走り回っています。可愛い子です。 [続きを読む]
  • ブログ始めます!
  • 初めまして!ブログ初心者ですが、宜しくお願い致します??さてブログをやろうかなと思ったきっかけはというと、私達夫婦には子供がいません。そして様々な経験をして、最終的に今里親さんになろう!と決めました。日本ではなかなかハードルが高く馴染みのない、養子縁組や里親制度。このブログを通して、色々な情報やこれから里親さん、養子縁組を考えている方などに私達の経験を発信出来たら嬉しいかなと思っています。つた [続きを読む]
  • 過去の記事 …