全力米国株 さん プロフィール

  •  
全力米国株さん: 貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ
ハンドル名全力米国株 さん
ブログタイトル貯金と給料を全力で米国株に突っ込むブログ
ブログURLhttps://komcdspxl.muragon.com/
サイト紹介文月の給料から生活費とクレカ決済額を引き、残額を全額突っ込む投資スタイルで米国株に毎月50万円投下中
自由文2018年1月から米国株投資を開始。
2018年2月〜6月で貯金を全て米国株にぶち込む。
毎月50万円を米国株に突っ込んで資産形成していくブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 151日(平均10.2回/週) - 参加 2018/07/18 22:22

全力米国株 さんのブログ記事

  • ジョンソンエンドジョンソン急落。
  • ”JNJ9%下落。ベビーパウダーにアスベストが含まれていた問題で。(CNBC2018.12.14)” ベビーパウダーの原料タルク(滑石)にアスベストが含まれており、それが原因で卵巣がんになったという女性22人から訴訟を起こされていたジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)に対し、約5300億円の支払いを命じる評決が下ったのは2018年7月でした。 「卵巣がんが引き起こされる事実はないものと認識して [続きを読む]
  • 生活必需品セクターと公益セクターに資金が避難
  • 昨日、米中貿易問題の進展(中国がアメリカ車への関税を40%から15%に下げると合意した)という良いニュースがリリースされ、またマーケットオープン直前にGEやPGなどで良いニュースが発表されたことで、2018年12月13日は株価上昇が期待されましたが、、、S&P500とNASDAQはダメでしたね。 始めは良かったんですけれども、ズルズルズルっと下げて前日比マイナス(-0.02%、-0.39%)で着地 [続きを読む]
  • 2018年12月13日、取引開始前に発表された米国企業の動き
  • 1. GEがプレマーケットで10%以上急騰。JP・モルガンのアナリスト、スティーブ・トゥサがGEの投資判断を引き上げたため。それとは別にGEはソフトウェア関連子会社を売却すると発表。 GEが6.71ドルから7.41ドルへ急上昇。 「投資判断をアンダーウェイト(持分を減らす)からニュートラルへ引き上げる。」 「株価の底打ちが近いと考えている。ただし目標株価は6ドルのまま据え置き。」 「予想株価は上は [続きを読む]
  • 米中貿易問題の進展で株価が反発した
  • "中国が米国産自動車の関税削減に合意(ウォール・ストリート・ジャーナル2018.12.11" 2018年12月11日、中国がアメ車の関税を40%から15%に削減するとウォール・ストリート・ジャーナルが報じました。 12月11日はマーケトットオープン直前にもこれと同様のニュースが流れていましたが、株価は横ばいから始まりやや下落しました。その後、この記事がリリースされた午後2時(米東部時間)を境に株価 [続きを読む]
  • 12月10日も不穏・・・?【米中貿易問題】
  • "米中貿易交渉、2019年3月1日のデッドラインは「厳守」で。(2018.12.10)" 「米中貿易交渉が合意に至らなかった場合米国が中国側に新たな関税を課すが、交渉期限は2019年3月1日厳守とする」と、ライトハイザー米通商代表がコメントしました。 「トランプ大統領と本件について話をしたが、3月以降どうするかといった内容については大統領は言及しなかった。これは厳格な期限だ。」 「合意に至らなけれ [続きを読む]
  • フェイスブックが自社株買いを発表(1兆円)
  • GAFA、いいよね! フェイスブックが90億ドル(約1兆円)の自社株買いを行うとロイターが伝えています。 待って待って単位が大きくてわけ分からないんですけど。。 90億ドルって一兆円で合ってます?ゼロの数合ってます? 合ってますよね。 ”フェイスブッックが90億ドルの自社株買い(ロイター2018.12.8) この自社株買いはここ最近のフェイスブック(FB)の株価の不振で混乱する投資家や市場を沈静化 [続きを読む]
  • バロンズ「なんでみんなリセッションが来ると思ってるのかな?」
  • バロンズ「歴史的に3年・5年債の逆イールド後に、株価は20%も上昇してきた」 12月に入り僅か1週間でダウは4.5%下落、S&P500は4.6%下落しました。 バロンズは原因の一つに米3年債と米5年債の金利差が逆転した(3年・5年債の逆イールド)ため、市場がリセッションへの警戒感を高めたことを挙げています。 しかしバロンズは投資家達のその動きを「過去を覚えていない者は間違った結論に至り非難の対象と [続きを読む]
  • まだ「リセッションが来る」とか言ってる人がいて草
  • リセッション(景気衰退)といえば逆イールドカーブ、逆イールドカーブといえば米国債。 米国債といえばこんな記事がCNBCに出てましたよ。 ”債券市場が最も恐れる事が始まる(CNBC2018.12.3)” 「最も恐れる事」というのはリセッションの兆候といわれる米10年債と2年債の長短金利差の逆転現象である逆イールドカーブの発生なのですが(まだ発生していない)、ウェルズ・ファーゴの金利ストラテジスト統括 [続きを読む]
  • みんなに見放された米国債レバレッジ3倍ETFの奮闘
  • マイポートフォリオの12月単月の騰落率を出してみました。 20年超米国債レバレッジ3倍ETF(TMF)が頑張っています。 TMFが唯一、前月比プラスを維持。 他は全部マイナス。 (12月が始まって僅か4営業日でこの有様とは) TMFは私のポートフォリオで最大勢力(約360万円分)なので、TMFが溶けると非常に痛いのですが、逆にTMFが上がれば他が下がってもそれなりにバランスが取れるような取れないよ [続きを読む]
  • ぼくらの米国株式市場は今日も平常運転
  • 2018年12月6日、米国マーケットは今日も元気に(主にマイナス方向に)平常運転でした。 市場を揺るがすような新しい悪材料は出ていないという意味でまだマシ?だったのではないでしょうか。 ロイターはダウとS&P500のリターンがまた年初来マイナスに転じたことを報じています。 "ダウとS&P500、2018年の上昇分を全部吐き出す(ロイター2018.12.7)" CNBCはダウ・S&P500、ナスダッ [続きを読む]
  • 2018年11月末の資産状況
  • 2018年11月1日〜11月30日までの1ヶ月間の運用状況です。 CURE(米ヘルスケア株レバレッジ3倍ETF)が前月比+21%と好調でした。米中間選挙で民主党が下院を制し。オバマケアの適用範囲拡大が期待されることからヘルスケア関連株が買われたことが要因だと思われます。 TMF(米20年長債券レバレッジ3倍ETF)の出血が止まり上昇に転じました。引き続き頑張って欲しい。 1ヶ月間の増減は概ね+15 [続きを読む]
  • 逆イールド発生でリセッション入りの懸念広がる
  • "景気減速懸念が広がり銀行株主導でダウ一時600ポイント下落。CNBC 2018.12.4" 2018年12月4日の米国株式市場では、前日に米3年債と米5年債で金利差が逆転する逆イールドカーブが発生したため(長短金利差を表す代表指標とされる10年債と2年債はまだ逆イールドでは無いですが)、リセッション入りが懸念されることにより株価は大きく下落しました。 「新債券王ことジェフリー・ガンドラック氏がこ [続きを読む]