歴史の闇を探求する さん プロフィール

  •  
歴史の闇を探求するさん: 私説本能寺の変 真犯人は誰だ
ハンドル名歴史の闇を探求する さん
ブログタイトル私説本能寺の変 真犯人は誰だ
ブログURLhttp://hinomoto.jp.net/honnnouji/
サイト紹介文日本史最大の謎、本能寺の変の真犯人(信長を殺害)を探ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 1日(平均49.0回/週) - 参加 2018/07/19 09:14

歴史の闇を探求する さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本能寺の変 真犯人②
  •             ではなぜそんなに都合よくいったのでしょうか。ここでいよいよ秀吉の登場です。秀吉は信長に気に入られるため、信長やその周囲の武将(同僚)の動向をいつも気にしていました。そのためスッパや忍者と太いパイプが築かれていました。秀吉がほかの武将よりも情報を重要視ししていたのも事実です。当然居城の長浜に近い甲賀忍者などを使用していたと思われます。もともと伊賀忍軍と甲賀人忍軍は互助関係にあ [続きを読む]
  • 本能寺の変 真犯人
  • 本能寺の変の真犯人は伊賀忍者の可能性が一番強いと思います。 なぜかといううと前述のように、本能寺を襲った兵数ですが1万3千もいたようには思えないのです。織田有楽斎・弥助・女性たちが城外に逃げています。襲撃した人数はせいぜい数百人のはずです。なので信長以外の人たちが逃走してもそれに構っていられなかったし信忠を同時に襲撃なんて到底無理なことだったのではないかと考えられます。 そして当時は四国攻めのために [続きを読む]
  • 光秀犯人説 ②四国討伐説
  • 光秀が謀反した原因として四国討伐説があります。 光秀が姻戚関係にあった長曾我部と信長の間を取り持っていたのですが、信長は長曾我部による四国統一を認めていたにも関わらず翻意し、土佐と阿波南部の支配に減じた。元親は当然反発したものの、斉藤利三に送った書簡で信長に恭順することを記しています。阿波の北部から撤退した事も書かれています。天正10年5月21日付なので5月中旬には撤退したと思われる。 一方信長は三男 [続きを読む]
  • 光秀謀反説 ①信長に対する恨み
  • 光秀の謀反の原因として有力だったのが信長に対する恨み説です。 足蹴にされたとか、酒を無理強いされたとか、キンカン頭と罵倒されたとかと言う話ですが、後世につくられた話であることは他で証明されていますので省きます。宣教師のルイス・フロイスの書いた「日本史」の中の記述で安土城で信長と二人きりの時光秀が信長から足蹴にされたという箇所がありますが、当時フロイスは長崎にいたはずだし二人きりで起こった事をなぜ知 [続きを読む]
  • 定説の不思議3
  • 本能寺を襲撃し終えた光秀は京の要所を押さえるとともに安土城も占拠し、軍資金を確保する必要があります。当然配下の武将を安土城に向わせますが、琵琶湖南端にある瀬田大橋がすでに落ちており、復旧に1日以上かかっています。                  瀬田大橋のすぐ近くには瀬田城があり定説では当主の山岡隆景が光秀の誘いを断り橋に火をつけ山中に逃走した事になっていますが、それもまた不思議です。京で起きた [続きを読む]
  • 定説の不思議2
  • 光秀は1万3千程の兵で本能寺を襲ったわけですが、標的は二人 信長と信忠です。名目上の跡目を継いでいる信忠も打ち取らないと謀反の意味がありません。信長のいる本能寺と信忠のいる妙覚寺は約1kmの距離です。 2日の未明に本能寺が襲われたとき気づいた信忠は救援に向おうとしたものの、時すでに遅く二条城に逃げ込んだとされています。                           ここで大きな疑問が生じます [続きを読む]
  • 定説の不思議1
  • 現在の歴史の定説では、天正10年6月2日未明に明智軍1万3千が本能寺を襲撃し、信長を自刃させたことになっている。明智軍は信長の首を取っていないので殺害はしていないことになる。この襲撃で本能寺は全焼し信長の遺体は発見されていないし、同じく妙覚寺から二条城に逃げ込んだとされる信忠の首も発見されていない。     ここで不思議なのが謀反を起こした光秀はどんなことがあっても信長と信忠の首を三条河原に晒し、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …