ごりお さん プロフィール

  •  
ごりおさん: ケトン食でステージ4のがんを克服するブログ
ハンドル名ごりお さん
ブログタイトルケトン食でステージ4のがんを克服するブログ
ブログURLhttps://hickory-mediaworks.com/onco/
サイト紹介文肺腺がん4期の診断を受けてからの治療、ケトン食療法の経緯。ROS1陽性に関しての情報も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 34日(平均5.1回/週) - 参加 2018/07/19 22:11

ごりお さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 糖質を摂るとお腹が減る!?真逆の肥満理論
  • 私達は今まで「摂取エネルギー過剰→血中エネルギー基質過剰(糖質・脂質など)→体脂肪蓄積」って流れを当たり前に考えていたと思うのですが、「糖質摂取・インスリン過剰分泌→体脂肪蓄積→血中エネルギー基質過少→飢餓感→過食」って真逆の考え方があるようです。google 検索で見つけたのですが、Medical Tribuneという医療関係者向けWEBサイトで北里研究所病院の山田悟先生が米国の論文を解説しておられました。このサイトは [続きを読む]
  • ケトン食/低糖質ダイエットで使える ローソン焼き鳥ももしお
  • ケトン食や糖質制限ダイエットを実践する上で重宝するローソンの焼き鳥、ももしお。1本当りの糖質はなんと0.7g!ありがたいですね。ケトン食、当たり前ですけど毎日のことですので、みなさん献立には苦慮されておられると思います。私はこだわりが無い方ですので、結構毎日同じものでも平気なほうなんですけど。とはいえ、手軽に色々なメニューが楽しめるにこしたことはありません。私達夫婦はスーパー、コンビニの出来合いのお惣 [続きを読む]
  • 嫁が糖質制限ダイエット始めました。
  • 私は肺がん治療の一環として阪大のケトン食療法の治験に参加していますが、とうとう?嫁は別の病院での低糖質の食事療法を受けることになりました。これは治療でもあり、ダイエットでもあり、といったところ。もともとHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)の値が糖尿病を判定する下限値ギリであったこと、そして血圧も高めであることから、医師の診察と栄養士の指導を受けることにしたのです。これで夫婦仲良く低糖質生活になりま [続きを読む]
  • テセントリク(アテゾリズマブ)の治験成績
  • 別の記事でも書いたのですが、私は現在ファーストラインとしてザーコリ(クリゾチニブ)を服用していますが、もしセカンドラインに移行するとしたら、テセントリク(中外製薬)ではないか、と主治医から示唆されています。今の所ROS1陽性に対する保険適用の治療薬はファイザー製薬のザーコリしか存在しません。自分的には今のところザーコリ服用開始2017年12月末から、おかげさまで効果が持続していますので、今すぐどうこうってこ [続きを読む]
  • 大人のおもちゃ^^
  • 久しぶりに引っ張り出してきました。MTR(マルチトラックレコーダー)です。MTRって?簡単に言えばミキサーとICレコーダを合体させたものですね。 ご存知とは思いますが、今日のいわゆるポップス、ロック、歌謡曲などは伴奏、ボーカル、全てのパートが「せーのっ!」で同時に演奏して録音されるわけではありません。まずはカラオケを作って、そしてボーカルを入れる。カラオケ(伴奏)も、ベース、ドラム、ギター、キーボートなど [続きを読む]
  • ザーコリ(クリゾチニブ)の副作用について
  • 今朝、うんちが出ました。正常便です^^ 私は2018年12月に肺腺がんの診断を受け、治療として毎日ザーコリカプセル(一般名:クリゾチニブ)を服用しています。分子標的薬は一般的な抗がん剤よりも副作用が少ない(小さい)というイメージがありますが、それなりにやはり副作用はあり、私の場合は「下痢」なんですね。まあ、一日何度もトイレに駆け込むってほどではないですが、お腹がグルグル言い出すとヤバイです。ほんとにお腹が [続きを読む]
  • 前田敦子さんの結婚に想う
  • 女優の前田敦子さんと俳優の勝地涼さんがご結婚されたとのこと、ほのぼのした思いでニュースを聞きました。といっても、私は前田さんのファンでも、勝池さんのファンでもなく、ましてやAKBにはなんの興味もありません。なぜ、私がこのニュースに気を止めたかたというと、そう、ど根性ガエル。お二人はこのドラマの共演がきっかけで結婚まで進展したとのこと。 ええ、毎週観てたんですよ、ドラマ。 なんで五郎が警官になってるの? [続きを読む]
  • エントレクチニブについて
  • このブログのタイトルでもあるように、私は肺腺がんでROS1融合遺伝子が陽性のタイプなのです。それで、現在は唯一のROS1適応の分子標的薬であるファイザーのザーコリ(一般名:クリゾチニブ)を服用しています。そしてもちろん、ザーコリに続くROS1阻害剤の動向も気になるところです。 さて、エントレクチニブ、ですが、ROS1適用としては、多分、ロルラチニブの次、くらいに市場に出てくるのでは?と思われるお薬です。 (ただし、 [続きを読む]
  • お葬式で爆笑したことありますか?
  • ええ、図らずも自分の母親の葬儀でやっちゃったんですよね・・^^;母が亡くなったのが2018年4月。その前の3年間ほどかな、自分は実家に住んで面倒をみてました。そもそもが父親が亡くなり、一人になった母の生活が心もとないと、(若干認知が来てましたので)交代で毎日様子を見に行かないか、と兄が言うもので、会社帰りに実家寄るのはとんでもなく遠回りでもあるし、「それなら俺が実家に住むよ」と。そんな感じで。ほどなくして [続きを読む]
  • 告ってる?告ってない?
  • 私は告ってません・・・なんのこっちゃ?ってお思いでしょうが・・ 自分のがんを職場の人に伝えていますか?ということなのですが・・。 私は黙ってるんですね・・実際外見は病人には見えないですし、自分自身、疲れやすいっていう自覚症状だけで、これは癌をわずらう前から更年期かなあ・・とかいってたくらいで・・ 最近AC(公共広告機構)のCMで「ながらワーク」ってのを時々見るのですが、要はがんに罹っても通院しながら働く [続きを読む]
  • 告ってる?告ってない?
  • 私は告ってません・・・なんのこっちゃ?ってお思いでしょうが・・ 自分のがんを職場の人に伝えていますか?ということなのですが・・。 私は黙ってるんですね・・実際外見は病人には見えないですし、自分自身、疲れやすいっていう自覚症状だけで、これは癌をわずらう前から更年期かなあ・・とかいってたくらいで・・ 最近AC(公共広告機構)のCMで「ながらワーク」ってのを時々見るのですが、要はがんに罹っても通院しながら働く [続きを読む]
  • 通常CTの結果(2018/7/21)
  • こちらは標準治療を受けている病院での約2ヶ月ぶりのCT検査です。(腎-肺) 結果、現状維持、若干前回より小さくなったような印象です。樹木状の細長い形状、長さ1cmくらいでしょうか。 先生曰く、「大きくならなければ大丈夫」 そうですね、もともとはもっともっと大きいのがあったのですから、とりあえず大人しくしてくれていればそれでいいのかも。 ザーコリはまだ奏功しているようです。ケトン食も。 あと、治療開始時「脂肪 [続きを読む]
  • 通常CTの結果(2018/7/21)
  • こちらは標準治療を受けている病院での約3ヶ月ぶりのCT検査です。(腎-肺) 結果、SD(安定状態)、若干前回より小さくなったような印象です。樹木状の細長い形状、長さ1〜2cmくらいでしょうか。 先生曰く、「大きくならなければ大丈夫^^」 そうですね、もともとはもっともっと大きいのがあったのですから、とりあえず大人しくしてくれていればそれでいいのかも。 治療開始時(2017年12月末)から比べれば明らかに腫瘍の大きさは小さ [続きを読む]
  • ケトン食療法の診察日(2018/7/18)
  • この日は約1ヶ月ぶりの診察日。血液検査結果に目を落とす先生の表情が芳しくありません。インスリンの値、肺がんのマーカーであるシフラの値が高くなっていました。そしてケトン体の値も今までで一番低い値に。インスリン 22.6 シフラ   5.7 βH酪酸   1199「食べてるでしょ?わかるんですよ」との言葉に返す言葉がない私。すかさず家内が助け舟?を出してくれました「私が悪いんです、低糖質のアイスとか食べたので・・」え [続きを読む]
  • ケトン体測定器と測定方法(動画あり)
  • 阪大附属病院のケトン食の治験に参加していますので、診察の日には血液検査で血中ケトン値を測定しています。また、普段自宅でも折を見て測定していますので、簡単に紹介したいと思います。治験に参加することで、基本的な食事メニューは支給されますが、自分なりにアレンジしたり、新たな食材を試してみたりしたときに、やっぱり気になるんですよね、今日はケトン値大丈夫かな、って。 そんなときに自分でケトン値を測定している [続きを読む]
  • 頭部MRIの検査結果(2018/6/23)
  • 6月23日脳への転移の有無を確認するため、MRIを受けてきました。結果は問題なしでした。 前回は肺腺がんの診断を受けてすぐの撮影で、ちょうど半年後の検査となりました。前回の結果と今回の結果を左右に並べて検査結果を比較しながら説明していただきました。素人が見ても分からないとは思うのですが、やっぱり画面を食い入るように見つめる自分と家内。 先生の「大丈夫ですよ」って言葉が聞けたときは本当に安堵しました。 少し [続きを読む]
  • ロスワンブルー(ROS1患者の憂鬱)
  • ロスワンブルー・・自分だけ?ザーコリ効かなくなったらどうしようって不安になること。まあ服薬してまだ半年なので、まだまだ効果は続くのかもって気持ちもあり・・今のところ適応症に「ROS1融合遺伝子陽性」とはっきり謳っている保険適用の薬はファイザー製薬の「ザーコリ」(一般名:クリゾチニブ)だけなんですよね。別の記事でも書きましたが、ファイザー製薬の第三世代ALK融合遺伝子適用の新薬「ロルラチニブ」が今製造承認 [続きを読む]
  • やっぱ死ねないんだよね〜
  • ガンを告知された時、人それぞれ思うことは違うのかもしれませんが、やっぱり多くの人は今はまだ死ねない・・そう思うのではないでしょうか?私の場合はもう四捨五入すれば還暦な年齢ですから、子供たちはもう成人して立派に自分で稼いでいますので、その点は安心、というか、これでもう自分の役目は果たしている?ので、もうほぼ死んでもいいかな、って思ったんですよ。でも、妻のこと。私達は再婚で、妻とはまだ新婚なのですが・ [続きを読む]
  • ファイザーのロルラチニブ、早期承認へ
  • 今年1月に製造販売承認を申請していた、第三世代のALK阻害薬、ファイザー製薬の「ロルラチニブ」が6月8日、厚労省の優先審査の対象になったとの通達があったそうです。 これは昨年10月に導入された「医薬品の条件付き早期承認制度」に基づくもので、早期承認の必要性が高いものについて優先的に審査するものだそうで、ロルラチニブは具体的には今年2018年秋ごろに承認されるのではないかと言われています。医薬品製造販売承認申請 [続きを読む]
  • PET-CTの検査結果(2018/6/6)
  • 6月6日、ケトン食糧法を受けている大阪大学附属病院にて4月下旬に受けたPET-CTの結果を聞きにいってきました。まず最初に撮ったPET-CTは2017年12月下旬にがんの診断を受けた現在も標準治療を受けている病院でのもので、それとの比較になるのですが、標準治療(ザーコリ)4か月、ケトン食療法3か月後の結果は、とても良くなっていました。2017年12月に撮ったものは全身のショットで左肺が「ビカーー」ってすごく光っていたのが今 [続きを読む]
  • がん患者が実践するケトン食のレシピとその効果
  • 私は今、がんの治療としてのケトン食療法の治験に参加しています。 今に至るまでの経緯と、ケトン食についての基本的な情報を紹介します。目次ケトン食療法との出会いそもそもケトン食とは?ケトン食の歴史てんかんの治療法として確立されているがんの治療としての効果研究が広まるきっかけになったと思われる症例兵糧攻め説ケトン体自体に抗腫瘍効果がある説インスリンの分泌が少なくなるため説体質改善説ケトン食のメニューにつ [続きを読む]
  • なぜがんで死ぬのか
  • 奇をてらっているわけでもなく、子供じみたことを言うつもりもありません。がんになるとなぜ死ぬのか?いざ自分ががんに罹ってみて思うことなのです。左胸に立派ながん君がいるんですけど・・「そりゃがん細胞が際限なく増殖すれば、死んじゃうだろ!」ってご意見はごもっともですが、全身に転移しても何年も生きておられた方もおられますし、実際自分も肺がんの診断を受けた時点ですでにステージ4で何センチもある腫瘍が2個もあ [続きを読む]
  • 喫煙歴(喫煙とがん)
  • 喫煙と発がんの関係は皆さんご存知のとおり科学的に(統計学的にかな?)認められている通りで、自分もタバコを吸ってなければがんにならなかったかもしれません。 (因果関係を証明する術はありませんが。) 私がタバコを初めて吸った […] [続きを読む]
  • 過去の記事 …