泥沼毒生 さん プロフィール

  •  
泥沼毒生さん: 泥沼毒生のSM手稿
ハンドル名泥沼毒生 さん
ブログタイトル泥沼毒生のSM手稿
ブログURLhttp://dokuo44.blog.fc2.com/
サイト紹介文泥沼毒生のSM手稿
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 29日(平均5.8回/週) - 参加 2018/07/21 20:12

泥沼毒生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 休息
  • しばらくの間、休息したいと思う。ブログ更新用の絵が二枚完成しているのだが、それらの記事を書けないでいける。絵を描く脳と、文字を書く脳は、私の中では随分と違うらしく、文字を書く脳が文字を書く事に関して拒絶反応を示しているのだ。次期の二枚の絵は、五部作完結の重要な記事の二つなのだが、どうも重要な記事を書く時は、脳の消耗が激しいのだ。前回の三部作では、随分と記事を書く事に苦悩したのではあるが、次期五部作 [続きを読む]
  • 水車責めとモンキーターン責め
  • 当ブログは、検索エンジンからの訪問者も増え始め、ブログランキングからの訪問者と五分五分の比率となってきた。過去のGoogle検索からの検索ワードでは、第一位が「泥沼毒生」であり、第二位が「責め絵」であった。責め絵に関する検索からご訪問頂いている事もあり、責め絵を描かなくてはという気持ちで、ここ数日を過ごしていた。前回の責め絵カテゴリーの記事は、天使緊縛であった。もう随分と責め絵カテゴリーを更新していない [続きを読む]
  • 私の望むもの
  • 主様の考えであったり、主様の望むものが何であるかについて、奴隷の人達は随分と悩み考えさせられているのではないだろうか。先日、私のチャットルームに来場頂いた主従関係を結ばれている奴隷さんが、それらを求めて沢山のブログを閲覧して廻っているという話をされていた。主様それぞれに特色があり、求めているものも主様によって違うのは明白ではあるが、何かの取っ掛かりが欲しくて、沢山のブログを閲覧して廻っているのであ [続きを読む]
  • フェラのスプリンター
  • 最近の出来事ではあるのだが、私のブログファンの女性が、わざわざ私の家に赴き、フェラ奉仕をしてくれている。以前より当ブログでは、肉オナホを募集していたのだが、その女性はどうしても肉オナホというネーミングに抵抗があるらしく、暇つぶしのフェラ奉仕でこれまでに二回、私の家に訪問してフェラ奉仕に至っているのだ。私よりも17歳年下の27歳の若娘が、何を血迷ったか泥沼毒生のチンコをしゃぶりに来るのである。この女性の [続きを読む]
  • 『遙かなる桃源郷』
  • 三部作の今回は最終稿。リスク-{Heavy}-の記事では、主従関係そのものがリスクを伴う関係性であり、理性なき性の成れの果てがSMであると述べさせて頂いた。そして、『狂気』という記事においては、一般常識のない状況が「狂気」であり『狂気というのは、人生を楽しむ能力なき者達の手によって追求されるものである』と論じた。私がそうした狂気の世界で、人生を楽しむ能力なき者達と何を目指しているのか。目指す世界は『桃源郷』 [続きを読む]
  • 『狂気』
  • 前回の『リスク』の記事の最後で、理性のない状態が「狂気」であり、狂気とは通常の精神状態ではない事だと申し上げた。まずは、その理性とはどういうものなのか。男性からの目線で大変恐縮ではあるのだが、例を上げさせて頂きたいと思う。目の前に理想的な女性が立っていたとする。通常であれば「綺麗な女性だな。こんな女を抱きたいな」程度に思考して終わりである。しかし理性よりも情動が強く作用すると、目の前に立っている理 [続きを読む]
  • リスク-{Heavy}-
  • 主従関係を結ぶ際、皆様はどれほどのリスクを考え、主従関係を結ぶのであろうか。主従関係を結ばれている方が、連絡不能となり捨てられるような事態は、よくあるケースなので驚く程の事でもないが、どうしてこのような事象が起こるのかと考えてみた。最近、私のチャットルームに訪れたM女さんが、ご主人様の本名も住所も知らないと言うので、どうしてそうした個人情報も知らずに主従関係を結べるのか聞いてみたことがある。その方 [続きを読む]
  • 相互リンク探訪『虜-TORICO- 愛欲の檻』
  • 私が初めて『虜-TORICO- 愛欲の檻』に訪れた時は、既に幾つかの記事がアップされており、各章に分けて文章構成し、読んでいる者を引きつける何かが文章にあると感じていた。ブログを見た瞬間に、ブログの管理人さんは、とても几帳面な方であると感じ、夫婦で主従関係を結ばれているブログとあって、とても興味をそそられた。そして私と同じ精神疾患持ちであるところに、深い親近感を感じたのであった。そうした二人の出来事の記事 [続きを読む]
  • 愛という見えないもの
  • 私の簡易的なプロフィールには、「愛情や優しさはありません」と記載している。しかしこの表現は、いささか間違っており、本当は「愛情や優しさというものを理解出来ません」というのが、自分の中では正しい表現だと思っている。愛の中には家族愛、恋愛、友愛、性愛、自己愛等と多種多様な愛がある為に、私にとって、ややこしさを感じる要因でもあるのだ。「愛はこうだ!」と論ずる人というのは、壺を売りつける霊媒師のように思え [続きを読む]
  • 「お金」と「女」
  • 『この世の中で、一番欲しいものは何ですか?』と問われたら、今の私は躊躇もなく『奴隷』と答える。では、それ以前の私は何と答えていたのか。それは「お金」と「女」と答えていたと思う。お金があれば、自由に何でも欲しいものが手に入り、女が居れば性的欲求不満を常に解消出来るからと考えていたからだ。特にお金に対する執着は酷く、儲け話があるとそれに飛びついて、結局は損をするという事の繰り返しであった。中には犯罪め [続きを読む]
  • 無視の渦中
  • 私が小学.校へ入学する際、何かと問題が生じていた。私の幼稚園での問題行動や、同じ年代の子供達が当たり前に出来る事が出来ていない事。知能的にかなり遅れている事。そうした事を踏まえて、養護学校への道も提案されたそうだが、最終的には普通の小学.校へと通い、授業の半分ぐらいは特別学級で受けるという話でまとまったそうだ。中学の頃に母から聞いた話では、小学.校時代の知能テストで、私のIQは70台だったらしい。一般的 [続きを読む]
  • 肉オナホ募集
  • 肉オナホを募集したいと思います。肉オナホとは、肉体を使ったオナニーホールという意味ですが、泥沼毒生のオナニーホールは、フェラと性感マッサージをしてくれるマゾ女性という事になります。見返りとしては、緊縛してからの快楽責めを施してあげます。主従関係でもなく、SMパートナーでもありません。あくまで、泥沼毒生の性処理の為の肉オナホです。条件としては以下の通りとなります。既婚未婚不問。年齢50歳まで。体重は身長 [続きを読む]
  • 天使緊縛
  • 天使なんて大嫌いだ。自分達は善人だと思い込みすぎている。誰も傷つけたり虐めたりしたことがないと豪語しても、単にそれは鈍感で気づいていないだけだろ。一つの言葉、仕草、行動で、脆くも人は傷つく生き物だ。善人ぶっている人は、見てられない。この世は希望に満ち溢れ、誰もが夢を見て、それが叶うと信じて何になるのだろうか。正しい行いをして、徳を積めば、みんなが幸せになると本気で思い込んでいる。何になるのだ、偽善 [続きを読む]
  • 鯉の滝登り
  • とあるM女さんが、縁起を担ぐ意味も込めて、鯉の滝登りを描いてみてはどうかという話をされた。その方の話によると、鯉が滝に登る絵というのは、鯉が滝を登りきった先に、その鯉は龍になるという言い伝えがあるらしく、立身出世を意味するものらしい。風水の世界では、夫婦鯉の滝登りの絵を玄関先に飾ると、効果があるらしいのだが、だいたい私のような人物がそのような縁起物の絵を描いて、効力があるとも思えず。気が向いたら、 [続きを読む]
  • 各種SNS及び相互リンク募集のご案内
  • 日頃から『泥沼毒生のSM手稿』をご覧頂き、ありがとうございます。この度、各種SNSのご案内と、相互リンクの募集をさせて頂こうと思います。つきましては、下記の各種SNSのフォロー並びに、SM及び主従関係のブログやサイトをされている方々は、是非とも相互リンクをお願いします。■相互リンク募集SMや主従関係のブログやサイトをされている方達で、もし相互リンクに賛同頂けるのでしたら、是非とも相互リンクをお願い致します。こ [続きを読む]
  • 『粘膜損傷デスソース責め』
  • 私は極度の辛いモノ愛好家であり、飲食店等において激辛メニューがあると、それに挑戦するのが私の努めであり礼儀だと自負するところである。日頃からレトルトカレーには「ブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア」を小さじ一杯ぐらいを目安に混ぜて頂くのであるが、カレーというよりも辛さを味わっていると感じる時がある。しかしながら人間の味覚には、辛味を感じる味覚というのは存在せず、辛味を感じるのはあくまで痛覚で感 [続きを読む]
  • 2018年6月度分ブログ絵画紹介YOUTUBE動画
  • 2018年6月度に、当ブログで公開した私の絵に関する紹介動画を作成させて頂いた。私の声で説明しており、私の思いなども話している。。ただ、私のイメージは崩壊するかもしれません。そのままのイメージで良い方は、見ない事をオススメする次第だ。また、 で動画は再生されますので、周りの環境等を配慮して再生する事。では、お楽しみください。↓YOUTUBE動画です。 で再生開始。音声が出ますので、ご注意ください。 [続きを読む]
  • 再出発
  • 一時的に『にほんブログ村』から撤退してましたが、復帰しました。今回の件に至っては、私が事前にサチ氏に記事にして良いかという確認を取らなかったというのが要因であり、私のモラルのなさが原因であった。他人に関する事を記事にするのは、リスクが伴うという事を学ぶに至りましたので、今後は気をつけいく所存である。極力、他人の事は記事にしないつもりだ。感情に揺さぶられて理性を失いつつも、サチ氏と和解出来た事は、私 [続きを読む]
  • 反省なのか。。。
  • 昨日、サチ氏に関する記事を書かせて頂き、公表させてもらいました。私は、サチ氏と関わった中で、本人から聞いた話と私が感じた事を、そのままに書きました。しかしながら当人のサチ氏からは、正しくない事が多く書かれて、怒っているとサチ氏のブログで読みました。当事者の本人と私との見解では、大きな隔たりがそこにあったのだと思います。私はサチ氏にメールにて、確認を取りました。それほどまでに正しくない事を書いていた [続きを読む]
  • 大人のお仕置き
  • 江戸時代の商人の家には、下男や下女といった奉公人を雇ったりするのが当たり前であったようだ。三食の飯と着衣と寝床といった衣食住を提供し、年に少しの賃金を払えば奉公人を雇い入れる事が可能だったようで、下女のような女は雇い主の身の回りの世話等をしていたようだ。江戸時代のような世界であったら、下女は雇い主の性的な世話をしていたのも容易に想像が出来る。きっと私が雇い主であったら、性的な目的が主目的で下女を雇 [続きを読む]
  • 主従は向かう
  • 主従関係を結ばれている方々のブログをいつも楽しく拝見させて頂いている。ただただ私は羨ましく。私にはとても築けない世界観であっても、ただただ羨ましく。言葉が見つからないよ。ただ言わせて貰えるのであれば、主従は向かう。たとえそれが、爆心地であったとしても・・・2018年7月17日 泥沼毒生 [続きを読む]
  • 一ヶ月が経過して
  • ブログを開設してから一ヶ月が経過し、私としては大変満足いくような状況となっている。6月15日にブログを開設し、ブログランキングの最王手でもある『にほんブログ村』においてランキング参加をさせて頂いていた。当初は「フェチ」のジャンルに所属し、次に「性の悩み」というジャンルに移行して、しばらくは活動していた。本当は、「大人の主従関係恋愛」のカテゴリーにおいて、最初から参加する予定ではあったのだ。しかし、私 [続きを読む]
  • 過去の記事 …