kamakuraboyのブロガー さん プロフィール

  •  
kamakuraboyのブロガーさん: kamakuraboy
ハンドル名kamakuraboyのブロガー さん
ブログタイトルkamakuraboy
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ymhkobayasis
サイト紹介文日本人として日々の暮らしの中で思うこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 23日(平均7.6回/週) - 参加 2018/07/21 17:53

kamakuraboyのブロガー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 桜井神社(福岡県)③
  • 桜井神社の続きです。岩戸宮を出たところです。振り向いて撮った写真です。右の銅屋根の下に岩戸宮がある構造です。屋根についているのは「鰹木」と呼ばれる飾りでしょうか。出雲大社などで目にしますね。桜井神社の境内には、何故か八幡宮の小さいお社もありました。神功皇后にご縁があったのでしょうか。そればかりか、何故か金比羅さんまで。神様が大勢でにぎやかな神社です。神社の鳥居の外にはこのような石がありました。何と [続きを読む]
  • 桜井神社(福岡県)②
  • 桜井神社の続きです。ここで参拝します。二拝、二柏手、一礼。禰宜の詰所のようです。絵馬がぶら下げてあります。この右手奥が岩戸宮のようです。いよいよ岩戸宮のところに参りました。正面です。扉には錠がかけられてあります。(下)岩戸宮(奥宮)の岩戸開きは年に1回だそうです。7月2日の午前4時から夕方5時までその日は中にも入れるそうです。中は、四方を岩に囲まれた空間になっていて、岩には沢山水滴がついており、この水 [続きを読む]
  • 桜井神社(福岡県)①
  • 桜井神社をご案内致します。残念ながら、一番奥が更にあることに気づかず、表向きのお社と岩戸宮だけしか見てこれませんでしたが。正面はこうなっています。鳥居から続いている参道です。この途中に太鼓橋があります。参道の正面から後ろをむくと階段がこのようになっています。鳥居脇にある由緒書きはあくまでも江戸時代以降の由緒についての記載のみです。何と書いてあるのか、私にはちょっと読めません。太鼓橋が見えてきました [続きを読む]
  • 二見ケ浦(福岡県糸島市)と「岩戸宮」
  • 先日福岡に行った折に私のリクエストで父に車で連れて行ってもらった場所のもう1つが、糸島です。二見ケ浦海岸。砂浜は海水浴場になっていました。中央は夫婦岩、手前には白い鳥居があります。鳥居という名称の語源には2説あるようです。1つは「トリイ」はヘブライ語で「門」を意味することばからきたとする説。もう1つは「天岩戸説」と呼ばれ、天照大神が天岩戸に閉じ籠り、世界が真っ暗になったとき、何とか天照大神に出て来て [続きを読む]
  • 太宰府天満宮
  • 父が福岡に住んでおりまして、高校1年の長男の顔を見せに先週末、博多に行って来ました。ついで学問の神様である太宰府天満宮にお参りしてきました。 上から見ると「心」という字になっている池です。鯉がいました。 正面の太鼓橋 池の中に噴水があります。 太鼓橋を渡ると脇に風鈴が沢山飾 [続きを読む]
  • 外国人技能人材の受け入れは慎重になるべき
  • 安倍総理が6月5日突然、拙速にも「外国人技能人材を50万人受け入れる」と180度方向転換を発表。9月の総裁選を睨んで、地方の自民党員の要望に答える形で、建設現場や介護現場で不足する「技能人材」を補うという主旨だそうだが、誠に長期的視野に立たない近視眼的というより盲目的でかつ思慮の浅い方針であると思う。以前当ブログの「外国人技能人材受け入れは多民族国家への道」でもいくつか指摘したが、更に強調したい点として、 [続きを読む]
  • 医学部志望の女子学生は高得点をとるしかない
  • 私の母校は旧七帝大の一つの国立の医学部医学科で、1学年の定員は120名(現在の入学定員は111名)、その内の女子学生は9名だった。女子学生の入学者数は学年によって多少違うが概ね1割以下だった。点数を操作した結果では決してないと思う。周囲は各県のトップ高の男子学生ばかりだった。みな、勉強の要領が概ねいい人ばかりで、世間の基準でみて、人のいいタイプはあまりいなかった。性格は悪くないのだが、皆とにかくマイペース [続きを読む]
  • 花組「MESSIAH -異聞・天草四郎」
  • 大劇場内のロビー内のスクリーンは撮影OKなので。今回みりおさまが大階段を下りてくるときに背負っていた大羽の写真です。すごくおしゃれな大羽でした。この水玉模様の様な大羽はみりおさまの負担を減らすように重量を軽くして、しかし見た目の豪華さは残しての工夫と思われます。今日(昨日ですが)観てきた花組の「MESSIAH -異聞・天草四郎」は作・演出原田諒、振り付けAYAKO、作曲玉麻尚一とあります。「異聞」とわざわざ銘打 [続きを読む]
  • 宝塚大劇場
  • 側阪急宝塚南口駅で降りて少しの所にある宝塚大橋の上からみた宝塚大劇場と宝塚音楽学校の後ろ側(上)大劇場入り口(右)人を写さないように上の方を撮影花組公演 「MESSIAH−異聞・天草四郎」を大劇場に観に行きました。ロビーに飾ってあった花とポスターです。今日の13時開演の部を観ました。公演が終わって会場を去る人々。前半はミュージカル「MESSIAH」で、後半はショー・スペクタキュラー「Beautiful Garden」でした。感想は [続きを読む]
  • 「The End of the World」
  • ”The End of the World”は、米国のカントリーミュージックの女性歌手、スキータ・デイヴィス(1931〜2004)のヒット曲です。1962年12月にRCAレコードから発売され、世界的にヒット。作曲はアーサー・ケント、作詞はシルビア・ディー。日本では「この世の果てまで」のタイトルで知られていますが、原題を直訳して「世界の終わり」とした方が元の歌詞の意味に近い。多くの歌手によってカバーされています。youtubeから拾ってきた [続きを読む]
  • ソビエト連邦の成立と崩壊の意味
  • 現在のロシア国旗は実はロマノフ王朝時代の帝政ロシアの国旗が復活したものです。つまり、現在のロシアはソ連の後継者ではなく、帝政ロシアを引き継いだ国家という位置づけのようです。では帝政ロシアと現在のロシアの歴史的中間にあった「ソビエト社会主義共和国連邦」とは何だったのか。世界最初の社会主義国家「ソビエト社会主義共和国連邦」(ソ連)は1922年から91年まで存在した「世界最大」の国家でした。そして「共産主義」 [続きを読む]
  • ODAはテロの抑止力にはならない
  •                                              朝鮮総督府庁舎(日韓併合時代建造)このようなものをつくる発想そのものがそもそも間違いだったのでは上の写真は日本が戦前にソウルに造った朝鮮総督府庁舎の写真です。当時東洋一という豪華絢爛な建物だったそうです。金泳三大統領時代の95年に爆破解体してしまったそうですが。韓国の首都ソウルは朝鮮戦争のとき、一瞬で陥落して、 [続きを読む]
  • マキャベリが説く隣国への外交姿勢とは
  • 西日本豪雨災害への韓国からの義援金として100万ドル(約1億円)というニュースに日本からは「ありがとう」という感想だけではなく、「必要ない」という意見も出るほど日韓関係がここまで感情的に悪化したのは何故だったのか。賢人の慧眼に背き、併合すべきでない国を併合してしまったこと。これが最初の失敗。国家予算の10分の1ともいわれる莫大な日本人の血税を毎年注ぎこんで自力で近代化できない国を一気に近代化しよう [続きを読む]
  • El Condor Pasa
  • フォルクローレ(folclore)という言葉は日本ではラテンアメリカ諸国の民族音楽や民族音楽に基礎を置いた大衆音楽を指す言葉として使われているものの、元々は民俗学、民俗学的伝承一般を指す英語のfolkloreから来ている言葉だそうです。日本で最も有名なフォルクローレは、「コンドルは飛んでいく」だと思いますが、これはサイモン&ガーファンクルが歌詞をつけてカバーしたためとされています。元々はサンポーニャ(パン・フル [続きを読む]
  • IR整備法に対する野党やマスコミの反発
  • マスコミの凄まじい偏向報道から、私は普段TVのニュース番組や討論番組を視なくなって久しいのですが、昨日TVの夜のニュースをたまたまつけておりましたところ、またもや凄まじい偏向報道に出くわしてびっくりしたところです。それは7月20日に国会で可決したIR整備法案に関するニュースだったのですが、なんとその番組では、「IR整備法の成立はトランプ大統領からの依頼で、それはトランプ大統領の強力な支持者であるカジノ王のシ [続きを読む]
  • 核兵器開発の歴史
  • まず太平洋戦争で使用された原子力爆弾開発の経緯をみてみることに。太平洋戦争当時、「マッチ箱1つの大きさで戦艦一隻を沈める」といわれていた新兵器は、今日でいう原子爆弾のことで、日本でも研究開発が進められ、海軍は京大の荒勝研究室、陸軍は理化学研究所(仁科芳雄博士)に研究を依頼していました。理研は研究では実験段階まで米国に先駆けて既に成功していたといわています。それに先駆け、湯川秀樹博士は1934年に「中間 [続きを読む]
  • 目歯比率に関しての注意点
  • ネット上などで去年くらいから顔認証の「目歯比率」のことが話題になっています。例えば大統領選挙でトランプ大統領と一騎打ちしたヒラリー候補は本人ではなく替え玉だったなど。参考:https://www.youtube.com/watch?v=Ou1MNgm4EVg人間の頭蓋骨は10才頃までに96%がほぼ完成し、「顔認証」で使われる「目歯比率」は10才以降では変わらないと言われています。目歯比率とは、瞳と瞳の距離である「瞳孔間距離」を1とした場合、瞳孔間 [続きを読む]
  • 真備町を氾濫させた高梁川の現在の様子
  • 7月19日9時現在の倉敷市高梁河の様子です。水位は普段通りです。ボランティアの方はゴーグル持参が必要です。大変埃っぽくて散水車で水を撒いての作業をしているようです。今日、こちらに来る用事があり、現在車で移動中です。方々からボランティアの方々が駆けつけておられ、連日頑張って皆さんで作業しているそうです。 [続きを読む]
  • 三島由紀夫の「女神」
  • 三島由紀夫の中編小説に「女神」という作品がありますが、私はこの作品を最初に読んだのが、10代の終わりか20代の始めで、確か三島作品の中で最初に読んだ小説でした。複雑で猥雑な人間の心理をこれほど見事に描写している三島由紀夫という作家が途方もない文学の巨人だということを感じました。彼の作品はどれもラストが秀逸で、例えば遺作となった「豊穣の海」の第四部のラストなどは「お見事」としか言いようがない、日本文学史 [続きを読む]
  • 復活する米国、没落する中国②
  • 発電所で使われる「大型ガスタービン」は日本、米国、ドイツにしか作れない究極の産業技術といわれ、米国(GE)、ドイツ(シーメンス)、日本(三菱重工、川崎重工)のみが作ることができるものの例に出されています。他国が技術を盗もうにも分解することすら難しくその構造を解析・研究することすらできないとされています。このような大がかりなものではなく、例えばボールペンのペン先にあるクロームやステンレス鋼でできたボー [続きを読む]
  • 復活する米国、没落する中国①
  • 米国は第二次大戦後の世界において古い慣習にとらわれない世界のルール作りや自由主義国家の価値観などを世界で牽引してきた唯一の国家(スーパーパワー)でした。米国の力の源泉は技術発展や資本の発展における柔軟性で、技術発展によって資本や労働を変え、「人々の生活水準の向上に結び付く仕組み」を主導してつくってきたといわれています。それに対抗して「一帯一路」「海のシルクロード」「AIIB」など様々な「中華主義的」グ [続きを読む]
  • 竹島軍事訓練と事業計画に対して日本政府は韓国に制裁を検討すべき
  • 来月9日の米韓合同軍事演習の中止にも関わらず韓国は先月18日と19日に2日間に渡る竹島軍事訓練(定期的な「独島防衛訓練」と韓国は主張)を行った。韓国軍がこの、毎年の軍事演習上想定している「仮想敵国」はもちろん我が国である。それだけではなく、本日付の「ソウル総合ニュース」によれば韓国政府は彼らが「独島」と呼ぶ島根県隠岐の島町竹島に関連する64事業に、今後合計883億ウォン(約88億円)もの巨額の予算を投じて「3次 [続きを読む]
  • Michael Jackson ~ Heal The World ~
  • 9年前の6月25日にマイケルは突然この世を去りました。マイケルの曲の中でこの曲は特に好きな曲です。YOUTUBEに和訳付きのこの曲にぴったりの素敵な動画が投稿( by Kengo Hamasakiさん)されていたのでご紹介します。Heal The World(Michael Jackson 1991)There's a place in your heartAnd I know that it is loveAnd this place could be much brighterThan tomorrowAnd if you really tryYou'll find there's no need to cry [続きを読む]
  • 米朝交渉の歴史と半島情勢
  • 米朝交渉の歴史をみてみることに。朝鮮半島分断は第二次大戦後の米国とソ連による分割統治という米ソの冷戦の副産物であるといわれているが、米ソが引き揚げた後の朝鮮戦争(50年6月〜53年7月)は実質的には米軍と北朝鮮軍+中国義勇軍との戦争で、休戦協定もこの三者によってなされた。北朝鮮は金王朝体制下の90年代の朝鮮半島危機では、クリントン政権当時の93年、米朝全面戦争の一歩手前まで行き、同じ民主党のカーター元大統領 [続きを読む]
  • 過去の記事 …