ポリー さん プロフィール

  •  
ポリーさん: Zゲージ マニアックス
ハンドル名ポリー さん
ブログタイトルZゲージ マニアックス
ブログURLhttps://ameblo.jp/polyzlove/
サイト紹介文Zゲージを楽しむブログです。 3Dプリント等を使った鉄道模型の記事がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 3日(平均23.3回/週) - 参加 2018/07/21 21:04

ポリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【11】テスト走行
  • さて、いよいよテスト走行です。動力シャーシ単体のテストはしていないというぶっつけ本番ですが、チョイチョイと押してやると、スムーズに走り出しました。うーん絶好調☆いろいろ牽かせてみたいです。モーター2個に4軸駆動なので、それなりに牽けるはずですが、3個ずつ付いてたウエイトは、2個しか積んでいませんし、4軸ある集電車輪のうち、ゴムタイヤが4個付いているので、2個モーター故の集電に万全を期すために、ゴムタイヤ2 [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【10】下回り組み付け
  • シャーシを切ったところで、ボディにはめ込みます。真ん中にボソっと見えてるのは、集電台車のところに付いていた集電板を兼ねた基盤です。向かい合わせに、とりあえずマスキングテープで向き合うように貼りあわせています。燃料タンクなどの付いた床を合わせてみます。配線の基盤が邪魔して奥まで入りませんが、設計どおりにはまります。少し押してはめ込んでみます。おお、なかなかいい感じですね。向きが逆なのを除けばwレール [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【9】下回り加工
  • 今回2両分使うので、そのままではボディに収まりません。よって、ショーティをさらに短く加工します。まずは下の位置を切ります。今回小型ノコを使いましたが、ニッパーでもいけるかもです。こんな感じに切ります。モーターも元どおりに組み付けてみました。次にフタの部分です。今回ニッパーしてみました。材質は柔らかく、楽に切れました。次に、台車のボルスター部を切り離します。ここはカッターで切り込みを入れて…ヤットコ [続きを読む]
  • 鉄道ピクトリアル8月号
  • 鉄道ピクトリアルを買ったら、表紙がDF50。折しも製作真っ只中に特集とは、なんとも嬉しい。特定ナンバーを作るつもりはないのだけど、台車の寸法やら載ってて感動。ただ、台車の設計終わってたので、少し嬉しい感じ。先月号はヨンサントオ特集で、なんとまあ50周年なんだと。私はどっちかと言えば私が生まれた年のサンロクトオ頃が好きなので、こんなのを設計したりしてるんだけど、時節柄デッカいラジエター積んだ方が良いのかも [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【8】下回りシャーシの分解
  • 無事にはまることが確認できたので、上回りに合わせた加工に入ります。まずはフタを外します。写真がないのですが、台車側の穴から、フタの前後を留めてる所にドライバーを突っ込んで外します。あまり難儀せずに外れてくれます。次に、モーターを外します。モーターの後ろ側にドライバーを入れ、持ち上げると、すんなり外れます。こんな感じです。モーターを外すとこんな感じになってます。緑色のプリント基盤の部分は、ここからシ [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【7】下回りの嵌り具合
  • 今回は下回りとの嵌り具合をチェックしてみます。動力はもちろんロクハンのショーティのものです。写真で見るとそれなりの大きさに見えますが、まあ小さい小さい。はめ込み作業の邪魔になりますので、集電側の台車を外します。ビス留めなので、割と楽に外れます。さてこれをボディにはめ込みます。スカートの部分が出っ張ってるので、斜めにしながら入れていきます。ちとキツいかな。はまりました。カプラーポケットが大きいので、 [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【6】各部の仕上がり具合
  • プラサフをサッと吹いたところで、モデルを細かく見てみます。まずは前面。スマホで見ると、ほぼ原寸大です。形は出ています。次に側面です。ドアの窓が厳しいですが、割と綺麗にできていますね。拡大すると分かるのですが、アクリル積層程ではありませんが、微細な積層痕。極端に潰れているところはありませんが、緩めの部分もあります。ラジエターは半分くらい埋まっているように見えます。雨樋の積層が一部剥がれてます。この辺 [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【5】マスキングとプラサフ
  • マスキングはテープでいこうと思います。まずは、窓にマスキングテープをミニドライバーや爪楊枝で、よく馴染ませます。そして、デザインナイフで窓に合わせてカットします。片方ずつするのが良いみたい。だけどこの段階で少し後悔。いや、見えないんだけどねw頑張ってこのレベル。他の窓は小さくて断念。やはり窓は抜く方が楽でいいと思いました。でもなんとか裏側にもマスキング。プラサフを吹く準備ができました。まあしかし、 [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【4】プライマー
  • 窓ガラスの透明を活かしつつ、紫外線の変色から守るために、透明のプライマーを吹きます。つや消しガラスのようなので、ヤスリで仕上げる必要もありそうですが、最後はクリアーで仕上げることにして、まずは吹いてマスキングです。プライマーはこいつ。ひとまずひと吹きして安心です。ただ、こいつの評判があまり良くなく、何が良くないって、クサイのです。いつまでたってもクサイクサイ。でも、仕上がりは良い。なんだか氷ででき [続きを読む]
  • Zゲージ DF50 クリアアクリル【3】試作観察part2
  • 試作の台車を見てみます。中間台車のDT103を造形しました。台車はアクリル積層よりも、良い感じです。車輪をはめてみないと出来は分かりませんが、目を凝らして見る限り、見かけは良いです。ちなみに砂箱無しのタイプで造形を依頼しました。動力台車をどうするかは前にも書いた通り仕上がり次第ですが、寸法は綺麗に出ているようなので、試し甲斐がありそうです。床下を見てみます。何がなんだかですが、アフタークーラー横置き2 [続きを読む]
  • 過去の記事 …