GINGA KAITO さん プロフィール

  •  
GINGA KAITOさん: VIVA63
ハンドル名GINGA KAITO さん
ブログタイトルVIVA63
ブログURLhttps://www.viva63.asia/
サイト紹介文アラフォーデザイナー@サイゴン
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 67日(平均13.7回/週) - 参加 2018/07/22 20:40

GINGA KAITO さんのブログ記事

  • 大殺界の過ごし方
  • 若い人は知らないかもしれないが、一昔前に細木数子という占い師がテレビに出ていた。約三年でテレビ出演を辞めたが、全て彼女の計画通りだ。細木数子がテレビに出ていた時期は、彼女にとっての大殺界にあたる。大殺界とはなんだろうか?簡単に言えば、「運がツイテない年」だ。厄年のようなもの。彼女の占いによると、12年のうち3年大殺界がやってくる。「何をやっても上手くいかない」という年だ。これが三年も続くな [続きを読む]
  • 海外へ行くつもりがあるなら
  • 考えれば考えるほどくだらない話。でも、未来ある若者のことを考えると、気にならずにはいられない。赤の他人のことなんてどうでもいいかもしれない。でも、なぜか気になる。いや、気にさせるのが彼らのやり方だ。それを知っていても、やはり気になる。「無責任に他人の人生を左右するような発言をするな」とも思うし「彼らの発言なんかで自分の人生を棒に振るな」とも思うどちらにせよ僕の人生にはあまり関係のないこと。 [続きを読む]
  • デブは痩せられる
  • 8月から本格的に始めたダイエット。毎月2キロ減が目標。今年の末までに10キロ落としたい。目的は、健康的な生活習慣を身につけること。9月がもうすぐ終わろうとしているが、順調に体重は落ちている。目標に近いペースで体重が落とせている。と言っていいと思う。食事を減らして、週に3回以上走る生活をはじめてから、1ヶ月位で突き出ていた腹が平らになってきた。体重よりも見た目の変化が大きい。ズボンも少し緩くなって [続きを読む]
  • 日本に住むならどの都市か
  • 2009年にドイツへ渡ってから、もうすぐ海外生活が10年になる。まだしばらくは日本へ帰国するつもりはないが、もし日本に住むとしても東京には住みたくない。というか、通勤ラッシュに揉まれる地域には住みたくない。そうなると、自然と地方都市しか選択肢がなくなる。すべての県へ行ったことがあるわけではないが、「この街なら住んでみたい!!」という都市はいくつかあった。僕が住んでみたい街 第三位 福岡福岡は通勤 [続きを読む]
  • あなたの名前の由来は?
  • 銀河魁人の名前の由来「銀河」という苗字ないらしい。もちろん「銀河魁人」はペンネーム(ハンドルネーム?)だ。そして、このなんとも仰々しい名前を付けたのは母だ。実は、僕の母は占いで生計を立てていた時期がある。手相や算命学が専門だが、最近は名前の画数にもうるさい。あと、引っ越しするときの時期や方位もなにかと口出ししてくる。だから、名前を付ける時はいちいち相談している。息子の名前を付けたのももちろ [続きを読む]
  • さよなら大好きだったzaif
  • 今年のはじめに仮想通貨暴落してから、仮想通貨の売買は控えていた。ただ、ひっそりとzaifで少しずつ積み立てしていた。「zaifの積み立てはトレンドに左右されないし、いつか仮想通貨が高騰したらまとめてうればいい」そう考えていたら、今朝一通のメールが・・・。prtimes.jp9月14日に不正アクセスって、一週間近く経っているじゃねーか。twitterにも情報流れてこなかったしどういうこと?ホットウォレットがハッキングって [続きを読む]
  • バズる要素
  • 昨日の紹介したブログすごい。1記事でここまでバズるって只者ではない。本人はこうなることを狙って記事を書いたのだろうか?それとも、たまたま記事の内容が多くの人に刺さっただけなのか?ちょっと分析してみたいhonda.hatenadiary.jpまず不思議な点ブログのタイトルと記事のタイトルが同じ。でも、サブタイトルの「さよなら大好きだったホンダ」これが刺さる。「大好きだったハズのホンダを3年で退職したってどうい [続きを読む]
  • ダブルショック
  • 今日は2つのショックがあった。1つ目は、神の子KIDが亡くなったこと。K-1全盛期に登場した彼の試合はいつもアツかった!実力とスター性を兼ね備えた誰もが認めるカッコいい選手だった。つい先日まで、格闘代理戦争に出ていた。早すぎる彼の死は衝撃的過ぎたそして、もう一つのショックがこれhonda.hatenadiary.jpTwitterで流れて来たこの記事めっちゃバズっていた。たった1記事でこのバズり方はうらやましい。下記は、こ [続きを読む]
  • 中国で家具のIot化は進んでいるのか
  • もう少し上海ネタを引っ張りたい。中国が先進国って言っても、まだまだハリボテ感がある。ameblo.jp都市部のインフラは気合いで作り上げることはできるけど、人は簡単につくれない。モラルとか道徳とか倫理観、そして生産性や効率は先進国に追いついてないと思う。街はきれいに見えたけど、道路を掃除する人がけっこう多くて、それってベトナムと同じじゃないか。レストランでも従業員多い割に、サービスはよくないとか。AIや [続きを読む]
  • 上海ボーイと上海ハニー
  • 「上海では、持ち家がないと結婚できないんだ!!でも、最近の上海は不動産が暴騰してる。高すぎる!!」ドライバーさんがいきなり愚痴りだした。「日本ではそんなことあるかい?」中国は少子高齢化社会がはじまっている。また、一人っ子政策の影響か、若い男子が余っているらしい。女子は売り手市場で、男子を選び放題。「家もマンションも持っていない男子は、結婚できない。」ということを彼は言いたいらしい。上海に入 [続きを読む]
  • マトリックスの時代が来るのか
  • マトリックス人工知能が人類を支配する時代。シンギュラリティ(技術的特異点)が起こり、人工知能が自分よりも賢い人工知能を作れるようになると無限に賢くなる。1に0.9を無限に掛けていくと0に近づいていくが、1に1.1を無限に掛けていくと際限なく大きくなる。人工知能がシンギュラリティを超えて、人間の頭脳を超えたときに、人工知能に支配される時代が来るかもしれない。ロボット対人間ロボットとは人工知能が埋め [続きを読む]
  • 旅行記の変遷
  • 旅行記は難しい旅行記で有名なのはこれ。深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)作者: 沢木耕太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1994/03/30メディア: 文庫購入: 13人 : 199回この商品を含むブログ (310件) を見る旅行記を書くなら、読者が体感できるくらいのリアルな描写が必要。で、リアルな描写をするなら熱が冷めないうちがいい。今回のアジアを旅した旅行記を書き始めたのは2年前。旅の後から6年も経っていた。当 [続きを読む]
  • 通信インフラの違う中国
  • 中国では、FacebookやGoogleが使えないとは聞いていた。しかし、上海にいる友人はFacebookやTwitter使っているし、「どーにかなるだろ〜」と気軽にやってきた。が、本当に使えない。Facebook、Twitter、GoogleTwitterとGoogleはなくてもどうにかなる。しかし、Facebookは通信手段としてアテにしていたので、使えないのは痛手。あと、ベトナムSIMのローミングできなかった・・・。Viettelだからか。Mobiphoneならローミングで [続きを読む]
  • 上海へ 2018
  • 初めて上海を訪れたのは、2005年くらいだったと思う。当時働く会社での社員旅行だった。ブラック企業ではあったが、社員旅行で海外へ行くとは、今思えば悪くない会社だ。そこだけは評価できる・・・あとはブラックだったが。その頃の上海は、開発が始まったばかりで建設ラッシュ。まだ自転車も多かった。新築の建物と古い建物が混在し混沌としている街だった。その次に訪れたのは2010年。名目GDPを中国が日本を抜いた年だった [続きを読む]
  • ブログで稼ぐ向き不向き
  • 会社員しながらブログはじめると、自分のセンスのなさ、実力のなさがわかります。本業に投資した方が結果出せるなーっと— 銀河魁人 (@kaito_vs) 2018年9月10日僕がブログに力をいれはじめたのは2015年の後半だった。「ブログで稼いで、そのうち会社辞めてやる!」って、当時は勢いで記事書いてたな。2016年末頃までは勢いがよかった。PVも徐々に増えていったが、たいして稼ぐことはできなかった。ここで気づいたよ。 [続きを読む]
  • 一ヶ月の旅にかかった費用とあとがき 2009年 アジアの旅
  • 一ヶ月の旅にかかった費用一日分の費用はその日の最後に記載しているから、省略。ここでは、トータルでいくらかかったかをまとめてみたい。ただし、すでに8年も前のことだから、あくまで当時のレート。2009年当時のレート1?(ユーロ)=135円 1TL(トルコリラ)=65円 1RM(リンギット)=26円1$(ドル)=95円 1B(バーツ)=3円 1T$(台湾ドル)=3円1日目 103.44?  ドイツ→トルコ2日目 165?+57.5TLトルコ3日目 98 [続きを読む]
  • ジョージア・ガイドストーンの謎
  • アメリカのジョージア・ガイドストーンが謎すぎる。ジョージア・ガイドストーンの10戎大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する。健康性と多様性の工場で、再産を知性のうちに導く新しい行きた言葉で人類を団結させる情熱・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する公正な法律と正義の法定で、人々と国家を保護する外部の紛争は世界法定が解決するよう、すべての国家を内部から規定する狭量な法律や無駄 [続きを読む]
  • 【台北から東京へ】2010年1月17日 7ヶ月ぶりの日本に帰国
  • 台北から日本へ昨年の2009年6月28日僕は、大きな期待と夢を胸にドイツ留学へ旅立った。それから、約7ヶ月振りに日本に戻ることになる。正直言って、ドイツで得たものはあまりなかった。日本に帰って、「何をするのか。」「何ができるのか。」現実と向き合わなければならない。ただ、一つだけ自分の中で感じていることがある。「海外で働きたい。」もちろん、ドイツに行ければ一番いい。それ以外の選択肢も考える必要がある [続きを読む]
  • テレビの良さ
  • 最近では、若者のテレビ離れ進み、高齢者向けのTV番組が増えているらしい。だけど、テレビはまだまだ役に立つメディアだと思う。ただ、つまらない番組も多く、テレビを観ていると無駄な時間、だと思うこともある。特にリアタイ(リアルタイム)でテレビを見ようと思うとストレスがたまる。僕は片親だったため、小さい頃から一人で過ごすことが多かった。小学生の頃、親が夜9時位まで帰ってこない日もあり、家で一人で過ごすには [続きを読む]
  • ダイエットのパラダイムシフト
  • ダイエットって脂肪を減らす作業なわけで、食事を制限したり、運動を増やしたりしなければならない。好きなものを好きなだけ食べられないし、朝寝坊していたら運動する時間が作れない。特に、僕みたいな出不精で運動が苦手な人間にとっては、ダイエットは修行のようなもの。そう思っていた。ダイエットしなくても今すぐ死ぬわけでもないし、結婚もできたから婚期を逃すわけでもない。ダイエットして手に入れられるものよりも、 [続きを読む]
  • 【台湾 台北】2010年1月15日 千と千尋の神隠しの舞台 九份へ
  • 九份へこの旅も残すところあと3日となった。最後の1日は移動日だから、台湾を堪能できるのも、旅気分を味わえるのも2日しかない。日本に帰ると現実と向き合う日々に戻る。8時に起きようと思っていたが、起きれたのは8時半だった。ただ、腹の調子はだいぶ良くなってきたのがうれしい。9時半に宿をでて、MRTとバスを乗り継ぎ11:15頃には九份に到着した。街並みは、期待通りの雰囲気があるわけなのだが、ここからの景色が綺麗なの [続きを読む]
  • 海外在住者に何が出来るか
  • 台風の影響で大阪港が閉鎖。コンテナを受け入れ出来ないみたいです。コンテナが転がってる写真とか日本から送られてきたけど、中身が入ってない空コンテナであることを祈ります。(うちの商品でないことをもっと祈ります)— 銀河魁人 (@kaito_vs) 2018年9月6日日本の台風21号や北海道地震は、ベトナムに住む人達にも少なからず影響を与えている。ベトナム人と結婚しても、日本人はベトナム人になれるわけがない。(結婚 [続きを読む]