ちーたん さん プロフィール

  •  
ちーたんさん: 国内旅行業務取扱管理者試験 WEB講座
ハンドル名ちーたん さん
ブログタイトル国内旅行業務取扱管理者試験 WEB講座
ブログURLhttp://medakaholidays.com
サイト紹介文過去問からまとめたテキストと豊富な確認テストを使って独学で合格を目指すブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 54日(平均7.0回/週) - 参加 2018/07/22 16:24

ちーたん さんのブログ記事

  • 都道府県別「確認テスト」
  • はじめに、今回の北海道を襲った地震、また西日本や関西など、各地に甚大な被害を及ぼした台風で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。今回の北海道の大地震ですが、私も北海道出身ということもあり、報道で見る映像も知っているところばかりと、何とも言えない感覚を覚えました。いつどこで災害に襲われるか、日ごろの備えの重要さを改 [続きを読む]
  • JR運送約款「グリーン料金」
  • 過去問以下の行程を大人 1 人が、繁忙期に新幹線の改札口を出ないで乗り継ぐ場合、特急料金、グリーン料金及びグランクラス料金の合計額で正しいものは次のうちどれか。n7Vtbb6M4FP41fkUYG7AfISUzWmml1fZhdx/ZxE1QSagIbdP99WuDTcB2mrQNyYRmFI3MMb7wfcfnBgVostr+KNOn5e/FnOXAc+dbgO6A54XI5/8LwVsjwBA2gkWZzRtRR3Cf/cek0JXS52zONr0bq6LIq+ypL5wV6zWbVT1ZWpbFa/+2hyLvr/qULpghuJ+luSn9K5tXy0ZKvHAn/8myxVKtDAPa9Pybzh4XZfG8lusBDz3U/5 [続きを読む]
  • JR運送約款「料金」
  • 過去問(平成29年)閑散期に次の行程で乗車する大人1人の新幹線の特急料金について、資料に基づき、正しいものを選びなさい。(注)長野駅では新幹線の改札口を出ないで、最初の列車の乗車日当日に乗り継ぐものとする。〈行 程?(閑散期) n7ZhLj5swEMc/ja8r3o9jSEj30EqV9tDt0QUvuGtw5DivfvqOwQ5xYJVdVeleiCI0/vsx2L8ZjEH+sjl+EXhTf+MlYchzyiPyV8jzAs+BqxJOveD5YS9Ugpa95A7CE/1DtKj7VTtakq3VUHLOJN3YYsHblhTS0rAQ/GA3e+HM9rrBFRkJT [続きを読む]
  • JR運送約款「料金」
  • 過去問(平成26年)繁忙期に次の行程で旅行する大人1人の料金について、資料に基づき、正しいものを選びなさい。(注)仙台駅では新幹線の改札口を出ないで、最初の列車の乗車日当日に乗り継ぐものとする。〈行 程?n7ZhNc5swEIZ/ja4dCwEWR3Bwc2hnOpND06MKMqgRyCPLX/31XYEwBuxJckh6wePxrF5JK62etbUYkVV1+qrZtvyuci6Rt8hPiDwgzyPBAj6tcG4FHIWtUGiRO6kXnsRf7kQ3r9iLnO8GA41S0ojtUMxUXfPMDDSmtToOh22UHK66ZQWfCE8Zk1P1p8hN2arUW/b6IxdF [続きを読む]
  • 平成30年度の本試験が終了しました。
  • 9月2日、平成30年度「国内旅行業務取扱管理者試験」が終了しました。試験を受けられた方、結果はいかがでしたでしょうか。私としても、「国内旅行業務取扱管理者試験 WEB講座」というサイトを立ち上げて初めての試験ということもあり、試験直前は興奮と不安の入り混じった、何とも言えない感覚でした。また、多くの方から感謝の言葉とおしかりの言葉をいただきまして、より一層、しっかりとした対策講座に作り上げていかなければ [続きを読む]
  • 平成30年度の本試験が終了しました。
  • 9月2日、平成30年度「国内旅行業務取扱管理者試験」が終了しました。試験を受けられた方、結果はいかがでしたでしょうか。私としても、「国内旅行業務取扱管理者試験 WEB講座」というサイトを立ち上げて初めての試験ということもあり、試験直前は興奮と不安の入り混じった、何とも言えない感覚でした。また、多くの方から感謝の言葉とおしかりの言葉をいただきまして、より一層、しっかりとした対策講座に作り上げていかなければ [続きを読む]
  • JR運送約款「割引運賃」
  • 過去問(平成27年)旅客営業規則に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ア.学生が東北新幹線の東京駅〜新青森駅間(片道の営業キロは713.7キロ)を、往路7月1日、復路7月12日で往復乗車するとき、学生割引と往復割引を重複して適用する。イ.小学生の学生団体は、指定学校の児童15人以上がその学校の教職員に引率されて旅行する場合に適用され、当該児童の団体旅客運賃は1年を通して大人普通運賃の 5割引である。ウ.指定席特 [続きを読む]
  • JR運送約款「割引運賃2」
  • 過去問(平成28年)旅客鉄道会社(JR)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ア.5月31日に始発駅を出発する新幹線の指定席グリーン券の発売日時は、4月30日の午前10時である。イ.大人に随伴される3歳の幼児が、快速列車の指定席を幼児1人で利用する場合、この幼児については、小児の運賃と小児の座席指定料金が必要である。ウ.新幹線の普通車指定席を利用する団体旅客が15人で構成される普通団体の場合、1人を無賃扱人員 [続きを読む]
  • 数字に関するクイズ(旅行業法編)
  • 直前対策として、「するクイズ(旅行業法編)」をアップしました。本試験まで残り僅かとなりました。平成30年度の国内旅行業務取扱管理者試験に間に合わせるべく、本業の合間に最大限頑張って作成してきたこのWEB講座ですが、国内旅行実務の確認テストが未完成に終わり、また、テキストの各所にも誤字脱字と、お恥ずかしい内容のWEB講座となってしまいましたこと、お詫び申し上げます。今後もこの試験対策のお役に立てるサイト作り [続きを読む]
  • 問題文をしっかり読みましょう
  • 問題文の問われ方は、正しいもの間違っているもの正しいものすべて間違えているものすべて(あまり目にしない)この4パターンです。特に1.正しいもの、2.間違っているもの については十分に注意してください。せっかく正しい答えを導き出しているのに、問題文をしっかり読んでいないために、逆の選択肢を選んでしまうケースが多々あります。私に限らず、多くの方が行っている方法ですが、多少面倒でも問題文のキーワード「正しい [続きを読む]
  • JR 小児と幼児の運賃・料金
  • 過去問大人に随伴される3歳の幼児が、快速列車の指定席を幼児1人で利用する場合、この幼児については、小児の運賃と小児の座席指定料金が必要である。 平成28年度に出題された問題の選択肢を使って、小児と幼児の運賃・料金のポイントをチェックしてみます。 ポイントは、指定席なのか、自由席なのか。指定席 ⇒ 幼児は小児扱い 小児の運賃・料金が必要自由席 ⇒ 大人に随伴される(同伴している)場合、幼児2人まで無料(運 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「責任」
  • 過去問(平成25年)募集型企画旅行契約の部及び受注型企画旅行契約の部「旅程保証」に関する次の記述から、誤っているもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行業者が支払うべき変更補償金の額は、旅行者1名に対して1募集型企画旅行又は1受注型企画旅行につき旅行代金に15%以上の旅行業者が定める率を乗じた額をもって限度とする。b. 旅行者1名に対して1募集型企画旅行又は1受注型企画旅行につき支払うべき変更補償金の [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「責任」
  • 過去問(平成23年総合)次の記述のうち、変更保証金の支払いが必要となるものはどれか。a. 確定書面に利用航空会社として記載していたA航空の欠航により、契約書面に記載のないB航空に変更になったときb. 利用した航空便が大幅に遅延したため、目的地への到着時刻が遅れ、当日入場する予定であった美術館に入場でいなかったときc. 確定書面に利用ホテルと記載していたAホテルの一部の部屋が消防設備の不備により使用できなくな [続きを読む]
  • 旅行業法 「旅行業務取扱管理者」
  • 過去問「旅行業務取扱管理者の選任」に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ア. 旅行業者等は、営業所ごとに1人以上の旅行業務取扱管理者を選任しなければならない。イ. 旅行業者等は、その営業所の旅行業務取扱管理者として選任した者のすべてが欠けるに至ったときは、新たに旅行業務取扱管理者を選任するまでの間は、その営業所において旅行業務に関し旅行者と契約を締結してはならない。ウ. 旅行業務取扱管理者は [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の締結」
  • 過去問(平成24年総合)通信契約に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。a. 旅行業者が、善良な管理者の注意をもって旅行サービスの手配をしたときは、契約に基づく当該旅行業者の債務の履行は終了する。b. 旅行業者は、旅行者から契約の申込みがあった場合は、業務上の都合があるという理由だけでは契約の締結を拒否することはできない。c. 旅行の参加に際し、特別な配慮を必要とする旅行者は、契約の申込時に申し出なけ [続きを読む]
  • 旅行業法「旅行業協会」
  • 過去問(平成28年)次の記述から、旅行業協会が適正かつ確実に実施しなければならない業務として、定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行業務に関し社員である旅行業者又は当該旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業者と取引した旅行者に対し、その取引によって生じた債権に関し弁済する業務b. 旅行業務に関する取引の公正の確保又は旅行業及び旅行業者代理業の健全な発達を図るための調査、研究 [続きを読む]
  • 旅行業法「禁止行為」
  • 過去問(平成23年総合)次の記述のうち、旅行業者等がしてはらならない行為(禁止行為等)に該当するものをすべて選びなさい。a. 旅行者に対し、旅行地において特定のサービスの提供を受けることを強要する行為b. その営業所において掲示した旅行業務の取扱いの料金を超えて料金を収受する行為c. 営業の貸渡しの方法をもって、旅行業又は旅行業者代理業者を他人にその名において経営させる行為d. 旅行業務に関し取引をする者に [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「旅程管理」
  • 過去問(平成25年)募集型企画旅行契約の「旅程管理」「旅行業者の指示」「添乗員等の業務」「保護措置」に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ア. 旅行者は、旅行開始後旅行終了までの間において、団体で行動するときは、旅行を安全かつ円滑に実施するための旅行業者の指示に従わなければならない。イ. 旅行業者は、旅行サービスの内容を変更するときは、変更後の旅行サービスが当初の旅行サービスと同様のものとな [続きを読む]
  • 旅行業法「外務員」
  • 過去問(平成26年)外務員に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ア. 外務員は、その業務を行うときに旅行者から請求があったときに限り、外務員の証明書を提示しなければならない。イ. 外務員の証明書は、国土交通省令で定める様式により、外務員の所属する旅行業者等が発行する。ウ. 外務員は、いかなる場合においても、その所属する旅行業者等に代わって、旅行者との旅行業務に関する取引についての一切の裁判外の行 [続きを読む]
  • 旅行業法 「旅行業務取扱管理者」
  • 過去問次の記述から、「旅行業務取扱管理者の職務」として定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 法第12条の9の規定による標識の掲示に関する事項b. 法第12条の規定による料金の掲示に関する事項c. 法第12条の5の規定による書面の交付に関する事項d. 法第12条の10の規定による企画旅行の円滑な実施のための措置に関する事項ア a.b.c イ a.b.c ウ a.c.d エ b.c.d旅行業務取扱管理者の職務は、以下の [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「団体・グループ契約」
  • 過去問(平成29年)募集型企画旅行契約の部 団体・グループ契約契約責任者に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 同じ行程を同時に旅行する複数の旅行者は、その責任ある代表者を定めて、旅行業者に契約を申し込むことができる。b. 旅行業者は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその団体・グループを構成する旅行者の契約の締結に関する一切の代理権を有しているものとみなし、当該団体 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「旅行代金の払戻し」 に関する次の記述から、誤っているもののみをすべて選んでいるものはどれか(選択肢a.b.は、通信契約でないものとする。)。a. 宿泊機関の利用人員により旅行代金が異なる旨を契約書面に記載した場合において、旅行開始前に旅行者の都合で利用人員が変更され、旅行代金が減額になったときは、旅行業者は、当該減額した金額を利用人員の変更の申し出があった日の [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「旅行業者の解除権 − 旅行開始後の解除」に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか(いずれも解除に係る旅行者への理由説明は行うものとする。)。a. 旅行者が病気、必要な介助者の不在そのたの事由により旅行の継続に耐えられないとき、旅行業者は契約の一部を解除することがある。b. 旅行業者が契約を解除したときは、旅行業者と旅行者との間の契約関 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成22年総合)募集型企画旅行契約における旅行開始前の旅行業者による契約の解除に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(いずれも、取消料の支払いを要する期間内の解除とする。)a. 通信契約を締結した旅行者の有するクレジットカードが無効になり、旅行代金等に係る債務の決済が不可能となったため、当該旅行者に理由を説明して契約を解除した場合、旅行業者は、当該旅行者に取消料に相当する額の違約料を [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の締結」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「契約書面」「確定書面」に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a.旅行業者は、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって5日目に当たる日に旅行者から契約の申込みがなされた場合は、旅行開始日の前日までの契約書面に定める日までに、確定書面を交付しなければならない。b.旅行業者は、契約書面において、確定された旅行日程、運送若しくは宿泊機関 [続きを読む]