ちーたん さん プロフィール

  •  
ちーたんさん: 国内旅行業務取扱管理者試験 WEB講座
ハンドル名ちーたん さん
ブログタイトル国内旅行業務取扱管理者試験 WEB講座
ブログURLhttp://medakaholidays.com
サイト紹介文過去問からまとめたテキストと豊富な確認テストを使って独学で合格を目指すブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 29日(平均8.2回/週) - 参加 2018/07/22 16:24

ちーたん さんのブログ記事

  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「団体・グループ契約」
  • 過去問(平成29年)募集型企画旅行契約の部 団体・グループ契約契約責任者に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 同じ行程を同時に旅行する複数の旅行者は、その責任ある代表者を定めて、旅行業者に契約を申し込むことができる。b. 旅行業者は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその団体・グループを構成する旅行者の契約の締結に関する一切の代理権を有しているものとみなし、当該団体 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「旅行代金の払戻し」 に関する次の記述から、誤っているもののみをすべて選んでいるものはどれか(選択肢a.b.は、通信契約でないものとする。)。a. 宿泊機関の利用人員により旅行代金が異なる旨を契約書面に記載した場合において、旅行開始前に旅行者の都合で利用人員が変更され、旅行代金が減額になったときは、旅行業者は、当該減額した金額を利用人員の変更の申し出があった日の [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「旅行業者の解除権 − 旅行開始後の解除」に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか(いずれも解除に係る旅行者への理由説明は行うものとする。)。a. 旅行者が病気、必要な介助者の不在そのたの事由により旅行の継続に耐えられないとき、旅行業者は契約の一部を解除することがある。b. 旅行業者が契約を解除したときは、旅行業者と旅行者との間の契約関 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成22年総合)募集型企画旅行契約における旅行開始前の旅行業者による契約の解除に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(いずれも、取消料の支払いを要する期間内の解除とする。)a. 通信契約を締結した旅行者の有するクレジットカードが無効になり、旅行代金等に係る債務の決済が不可能となったため、当該旅行者に理由を説明して契約を解除した場合、旅行業者は、当該旅行者に取消料に相当する額の違約料を [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の締結」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「契約書面」「確定書面」に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a.旅行業者は、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって5日目に当たる日に旅行者から契約の申込みがなされた場合は、旅行開始日の前日までの契約書面に定める日までに、確定書面を交付しなければならない。b.旅行業者は、契約書面において、確定された旅行日程、運送若しくは宿泊機関 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「責任」
  • 過去問(平成26年)募集型企画旅行契約の部「旅行業者の責任」 に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ア. 旅行業者は、契約の履行に当たって、手配代行者が過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償する。イ. 旅行業者は、契約の履行に当たって、旅行業者の過失により旅行者の身体に損害を与えたときは、損害発生の翌日から起算して2年以内に当該旅行者より通知があったときに限り、その損害を賠償する [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の解除」
  • 過去問(平成28年)募集型企画旅行契約の部「旅行者の解除権」に関する次の記述のうち、旅行者が旅行開始前に契約を解除するにあたって取消料の支払いを要するものはどれか(いずれも取消料の支払いを要する期間内の解除とする。)。ア. 旅行の目的地において地震が発生し、旅行の安全かつ円滑な実施が不可能となったとき。イ. 旅行者が集合場所に向かう運送機関で遅延が発生し、確定書面に記載された乗車予定列車の出発時刻に間 [続きを読む]
  • 旅行業法 「旅行業務取扱料金」
  • 過去問(平成25年)旅行者から収受する旅行業務の取扱いの料金(企画旅行に係るものを除く。)に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行業者は、事業の開始後速やかに、旅行者から収受する旅行業務の取扱いの料金を定め、これをその営業所において旅行者に見やすいように掲示しなければならない。b. 旅行業務の取扱いの料金は、契約の種類及び内容に応じて定率、定額その他の方法により定め [続きを読む]
  • 旅行業法「取引条件の説明、書面の交付」
  • 過去問(平成23年総合)次の記述のうち、企画旅行契約を締結するに当たって交付する取引条件の説明書面に記載する事項に定められていないものはどれか。a. 契約の申し込み方法及び契約の成立に関する事項b. 旅行者が旅行業者等に支払うべき対価に含まれていない旅行に関する経費であって旅行者が通常必要とするものc. 旅程管理業務を行う者の同行の有無d. 責任及び免責に関する事項 設問は「企画旅行契約を締結するに当たって [続きを読む]
  • 旅行業法「登録」
  • 過去問(平成22年)次の記述のうち、「旅行業等」の登録の拒否事由に該当するものはどれか。ア. 申請の7年前に旅行業法の規定に違反して罰金の刑に処せられた者が、旅行業の新規登録の申請を行ったものイ. 旅行業の登録の申請者が法人であって、その役員のうちに登録申請の1年前まで破産者で復権を得ていなかった者がいるものウ. 旅行業の登録の申請者が、同じ建物内にある2つの営業所に同じ者をそれぞれの旅行業務取扱管理者と [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の締結」
  • 過去問(平成26年)募集型企画旅行契約の部「契約の成立時期」「契約書面の交付」に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 契約は、旅行業者が契約の締結を承諾し、当該旅行業者が定める金額の申込金を受理した時に成立する。b. 通信契約は、電子承諾通知を発する場合には、旅行業者が契約の締結の通知を発した時に成立する。c. 旅行業者は、契約の成立後速やかに、旅行者に、旅行日程、旅行サ [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「契約の変更」
  • 過去問(平成26年総合)募集型企画旅行契約における契約の変更に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。a. 契約書面に記載したホテルが過剰予約をしたため利用できなくなり、宿泊料金の高いホテルに変更したことにより、旅行の実施に要する費用が増加した場合には、旅行業者は当該契約内容の変更の際にその範囲内において旅行代金を増額することができる。b. 利用する運送機関について適用を受ける運賃・料金の減額がなされ [続きを読む]
  • 旅行業法「旅行業者代理業者」
  • 過去問(平成26年)旅行業者代理業者に関すr次の記述から、誤っているもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行業者代理業者は、旅行業務に関し取引をしようとするときは、所属旅行業者の氏名又は名称に関しては、取引の相手方に明示する必要はない。b. 旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承認がある場合であっても、所属旅行業者による受託契約に基づき企画旅行契約を締結する場合を除き、所属旅行業者以外の旅行業者 [続きを読む]
  • 旅行業法「旅程管理」
  • 過去問(平成25年総合)企画旅行の円滑な実施のための措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。a. 旅行業者は、旅行に関する計画に定めるサービスの旅行者への確実な提供を確保するために、旅行の開始前に必要な予約その他の措置を講じなければならない。b. 旅行業者は、本邦外の旅行について、旅行に関する計画に定めるサービスの内容の変更を必要とする事由が生じた場合は、代替サービスの手配及び当該サービスの [続きを読む]
  • 旅行業法「登録」
  • 過去問(平成25年)次の記述から、旅行業または旅行業者代理業の登録を受けようとする者が提出する申請書に記載すべき事項として定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 氏名又は名称及び住所並びに法人にあってはその代表者の氏名b. 主たる営業所及びその他の営業所の名称及び所在地c. 事業の経営上使用する商号があるときはその商号d. 旅行業者代理業を営もうとする者にあっては、その代理する旅行業を営 [続きを読む]
  • 旅行業法「旅行業者代理業者」
  • 過去問(平成28年)旅行業者代理業者の旅行業務等に関する次の記述から、正しいもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行業者代理業者は、旅行業務に関し取引をしようとするときは、所属旅行業者の登録番号及び旅行業者代理業者である旨を取引の相手方に明示しなければならない。b. 旅行業者代理業者は、その行う営業が旅行業であると誤認させ、又は所属旅行業者を誤認させるような表示、広告その他の行為をしてはならな [続きを読む]
  • 旅行業法「広告」
  • 過去問(平成25年)次の記述から、「誇大表示をしてはならない事項」として定められているもののみをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行地における旅行者の安全の確保に関する事項b. 感染症の発生の状況その他の旅行地における衛生に関する事項c. 旅行地の景観、環境その他の状況に関する事項d. 旅行者に対する損害の補償に関する事項ア a.d イ a.b.d ウ a.c.d エ a.b.c.d 広告について、「誇大広告をしてもよい [続きを読む]
  • 旅行業法 「営業保証金」
  • 過去問(平成25年)「営業保証金の額等」に関する次の記述から、正しいものをすべて選んでいるものはどれか。a. 第1種旅行業の登録を受けた者が供託すべき営業保証金の額は、前事業年度における旅行業務に関する旅行者との取引の額が5.000万円未満である場合にあっては、3.000万円である。b. 第2種旅行業の登録を受けた者が供託すべき営業保証金の額は、前事業年度における旅行業務に関する旅行者との取引の額が5.000万円未満で [続きを読む]
  • 旅行業法「登録」
  • 過去問(平成23年)「登録業務範囲」に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ア. 第1種旅行業者は、本邦外の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。本問において以下同じ。)を実施することはできるが、本邦内の企画旅行を実施することはできない。イ. 第2種旅行業者は、本邦外の企画旅行を実施することができない。ウ. 第3種旅行業者は、本邦外への旅行者の案内、旅券の受給のための行政庁 [続きを読む]
  • 旅行業約款 募集型企画旅行契約「総則」
  • 過去問(平成26年)募集型企画旅行契約に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。a. 約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習による。b. 旅行業者は、国内旅行の契約の履行に当たって、その手配の全部を手配を業として行う者に代行させることはできない。c. 旅行業者が提携するクレジットカード会社のカード会員との間で締結する契約は、すべて通信契約となる。d. 書面により結んだ特約は、法令に反 [続きを読む]
  • 旅行業法「旅行業協会」
  • 過去問(平成28年)弁済保証金制度に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ア. 保証社員は、毎事業年度終了後においてその弁済業務保証金分担金の額が増加することとなるときは、その終了の日の翌日から100日以内に、その増加することとなる額の弁済業務保証金分担金を旅行業協会に納付しなければならない。イ. 保証社員は、変更登録を受けた場合においてその弁済業務保証金分担金の額が増加することとなるときは [続きを読む]
  • 旅行業法「受託契約」
  • 過去問(平成24年総合)受託契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。a. 第1種旅行業者は、第2種旅行業者の受託旅行業者になることができる。b. 第3種旅行業者は、委託旅行業者になることができない。c. 委託旅行業者及び受託旅行業者は、受託契約において、委託旅行業者を代理して企画旅行契約を締結することができる受託旅行業者又はその受託旅行業者代理業者の営業所を定めておかなければならない。d. 旅行業 [続きを読む]
  • 旅行業法 「旅行業約款」
  • 過去問(平成23年)「旅行業約款」に関する次の記述から、正しいものをすべて選んでいるものはどれか。a. 旅行業者は、旅行者と締結する旅行業務の取扱いに関する契約に関し、旅行業約款を定め、登録行政庁の認可を受けなければならない。b. 第2種旅行業者及び第3種旅行業者が使用する標準旅行業約款は、その主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事が定めて交付する。c. 旅行業協会の保証社員である旅行業者は、旅行業約款 [続きを読む]
  • 旅行業法「登録」
  • 過去問(平成26年総合)次の記述のうち、誤っているものはどれか。a. 法人である第2種旅行業者が名称を変更したときは、その日から30日以内に、登録行政庁に登録事項の変更の届出をしなければならない。b. 旅行業者代理業者が主たる営業所の所在地を東京都から埼玉県に変更したときは、その日から30日以内に、埼玉県知事に登録事項の変更の届出をしなければならない。c. 登録の有効期限の満了の日が平成26年9月1日である旅行業 [続きを読む]