pinoo さん プロフィール

  •  
pinooさん: 宮古島からおススメ情報をお届け|pinooblog
ハンドル名pinoo さん
ブログタイトル宮古島からおススメ情報をお届け|pinooblog
ブログURLhttps://pinooblog.com/
サイト紹介文沖縄本島出身で宮古島在住の私がありのままの宮古島情報をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 142日(平均4.4回/週) - 参加 2018/07/23 16:50

pinoo さんのブログ記事

  • 【通り池】駐車場・アクセス・住所・滞在時間 -【下地島観光】
  • 下地島を代表する観光スポットで、国指定天然記念物(地質・名勝) に指定されている通称「通り池」。海岸線に沿って空いた二つの縦穴は「不気味さ」と「美しさ」を合わせ持った不思議なスポット。また、この二つの穴は下で海とも繋がっており、釣りをする方もいれば、ダイビングをする方もいるというから驚き。今回はそんな不思議な天然記念物「通り池(とおりいけ)」を紹介します。アクセス「通り池」までは宮古空港から「伊良 [続きを読む]
  • 【帯岩(おびいわ)】駐車場・アクセス・住所・滞在時間 -【下地島観光】
  • あまり知られていませんが、宮古島をはじめとする先島諸島は大昔、【1771年4月24日(明和8年3月10日)】に起きた、明和の大津波で甚大な被害を受けたとされております。地震の大きさはマグニチュード7.4、その際に発生した津波での行方不明者の合計は1万2000人にもの達したようです。もちろん、当時は写真技術もなくコレが本当かどうかは分かりませんが、宮古島やその周辺の島では、通常状態では有りえない「津波の痕跡」と思われ [続きを読む]
  • 【宮古島 ラーメン】宮古島民がオススメする人気のラーメン店3選
  • 宮古島で「麺料理」と言えば「宮古そば」が有名ですが、別に「そば屋」しかないわけでは御座いません。もちろん宮古島にも「ラーメン屋」は御座います。(数件しかないですが・・・。)今回は宮古島のラーメン屋で特に美味しかった「ラーメン店」をまとめましたのでご紹介します。宮古島でお勧めラーメン店※チェーン店である「追風丸 宮古島店」は除外しております。▼このオススメの選定条件はこちら2018年12月1日時点のまとめで [続きを読む]
  • 天晴(あっぱれ)- 宮古島の濃厚豚骨ラーメン【つけ麺も旨い】
  • 沖縄産の新鮮な豚骨を24時間強火でたき出し、1kgの豚骨から3配分しか取れない極上の豚骨スープは濃厚でありながら最後の一滴まで飲みほせるマイルドスープ。麺は毎日店内で作り上げている自家製麺で、スープとの相性が良い太麺か細麺のどちらかが選べる宮古島の人気ラーメン店。「沖縄宮古島ラーメン 天晴 (あっぱれ)」を紹介。アクセス「天晴 (あっぱれ)」は宮古空港から市街地に向けて3.2km、車で5分程の距離で [続きを読む]
  • 宮古そば|宮古島の人気オススメ「宮古そば」【沖縄人が厳選】
  • 宮古島のソウルフードと言ったら、何と言っても「宮古そば」。観光で宮古島を訪れた際には、多くの方が口にするのではないでしょうか。また「沖縄そば」と比べると、見た目的には大きな違いが御座いませんが、大きく分けて下の違いが上げれます。宮古そばの特徴麺:細く薄い出汁:あっさり出汁(カツオ多め・薄味)具材:宮古島のかまぼこ(平たいやつ)と三枚肉その他:具材が麺の下に隠している店舗もある(あまり見かけない)※ [続きを読む]
  • カレーヤジョニーナンバーエイト|宮古島繁華街の逸品カレー屋
  • 最近長野県から宮古島にやってきたカレー屋、「カレーヤジョニーナンバーエイト」。カレー専門店なのにカレーのメニューは一品のみ。インスタグラムで度々トッピング盛り盛りの美味しそうな写真がUPされていて、いつも気になっていたカレー屋は観光本には載らない、知る人ぞ知る美味しい逸品カレー屋さんでした。店舗情報(外観)「カレーヤジョニーナンバーエイト」は宮古空港から5.2km、市街地に向けて北に15分程進んだ [続きを読む]
  • 【宮古島やぎ刺し】居酒屋は高いから直接、刺身屋に買いに行ってみた
  • 沖縄郷土料理のラスボス的な存在と言えば「やぎ料理」。クセが強いせいか、「好き・嫌い」がはっきり分かれるのは有名な話です。また、その食べ方は大きく分けて3つ!(クセの弱い順)生のまま食べる「やぎ刺し」骨ごと煮て出汁にして食べる「やぎ汁」固めた血や身等と野菜と一緒に炒めて食べる「血イリチャー」沖縄本島では、主に居酒屋や食堂等で提供されていますが、宮古島では取り扱っている場所が多くはないのが現状です。取 [続きを読む]
  • じんく屋|地元製麺所が運営!宮古島市街地の大衆食堂
  • 1970年設立(昭和45年)、長年宮古島住民の胃袋を支えてきた「じんく屋」。郷土料理、家庭料理が格安で提供されているお店で、地元住民のみならず観光客にも人気のお店。観光で宮古島に来た際は、綺麗な場所でおしゃれランチもいいですが、地元民が行く大衆食堂でのランチもおススメです。店舗情報「じんく屋」は宮古空港から市街地に向けて5.7km、車で15分ほどの距離に位置し、近くには「公設市場」があり、宮古島の繁華街 [続きを読む]
  • 麺処ジャングル飯店|ブレナイ一杯!宮古島のこだわりラーメン店
  • ”らあ麺”いまや国民食の代名詞となりつつあるがここ宮古島ではまだ定着していなのが現実。そんな中jungle飯店の表現は、科学調味料をほぼ使わずに仕上げる一杯。それ故に中毒性は無いものの、ブレが出ないようメニューを絞っております。らぁ麺と言えばこのラーメンを思い出して頂ける様一杯入魂を提供してます。お客様は我が味の師匠なり。「また来るぜ!!」の一言が聞きたくて。麺処jungle飯店より「麺処ジャングル飯店」(以下 [続きを読む]
  • まごとうふ|農林水産大臣賞「濃厚おぼろ豆腐」宮古島の豆腐が日本一に
  • 全国豆腐連合会(全豆連)は2018年9月29日・30日、北海道札幌市で「第8回ニッポン豆腐屋サミット」「第4回全国豆腐品評会」を開催。品評会では、まごとうふ(沖縄県宮古島)の「濃厚おぼろ豆腐」が、最優秀賞・農林水産大臣賞を受賞。審査員13人が味や食感、香り、外観の4項目で評価し、「寄せ・おぼろ豆腐の部」で1位の金賞を獲得。他3部門の金賞の中でも最高得点で最優秀となった。詳細はこちらの記事で最近このようなニュース [続きを読む]
  • まごとうふ|農林水産大臣賞「濃厚おぼろ豆腐」宮古島の豆腐が日本一に
  • 全国豆腐連合会(全豆連)は2018年9月29日・30日、北海道札幌市で「第8回ニッポン豆腐屋サミット」「第4回全国豆腐品評会」を開催。品評会では、まごとうふ(沖縄県宮古島)の「濃厚おぼろ豆腐」が、最優秀賞・農林水産大臣賞を受賞。審査員13人が味や食感、香り、外観の4項目で評価し、「寄せ・おぼろ豆腐の部」で1位の金賞を獲得。他3部門の金賞の中でも最高得点で最優秀となった。詳細はこちらの記事で最近このようなニュース [続きを読む]
  • K’s PIT DINER 宮古島|オススメの本格アメリカンハンバーガー
  • 宮古島でアメリカンフードと言えば「A&W」が有名だが、正直沖縄本島にもあり、特別感は殆どありません。しかし沖縄本島にはない、アメリカンフードを楽しめる「ハンバーガー店」が一軒御座います。それが今回紹介する「K’s PIT DINER」。宮古島を訪れている観光客の方で、並ばずに美味しい「ハンバーガー」が食べたいという方にオススメのお店です。店舗情報「K’s PIT DINER」は宮古空港から5.9km、市街地に向けて車で15 [続きを読む]
  • ふるさと納税|ポイントサイトを経由してお得にポイントGET
  • 「ふるさと納税」をする際、お好みのサイトに直接行きそのままポチっと「納税」する方は多いと思います。「ちょっと待って下さい!!」それはひょっとして、もったいない事をしているかも知れません。一部の「ふるさと納税斡旋サイト」では、他の「ポイントサイト」を経由すると、経由したポイントサイトに対して、納税した金額の「1%前後」のポイントが付く場合が御座います。「ふるさと納税」は数万円単位の寄付をすることが多 [続きを読む]
  • 宮古食堂|ボリューム満点500円以下の大盛り激安ランチ
  • 宮古島の市街地にひっそりとある住民の行き付けの食堂「宮古食堂」有名観光本にもあまり取り上げられないせいか、お客さんの殆どが地元の方々。そこは宮古島の飲食店の中でもコストパフォーマンスがTOPクラスの食堂でした!店舗情報「宮古食堂」は宮古空港から4.1km、市街地に向けて車で10分程の距離で近くには現在建設中の市立図書館が御座います。お店は白を基調とした2階建てコンクリートの1階部分で、大通りに面し [続きを読む]
  • shri(シュリ)|宮古島で人気の玄米と自家製酵母のパン屋
  • 宮古島の繁華街から離れ、観光客が通りそうもない住宅街にオシャレな二階建ての建物がポツンと一軒。そこは宮古島で人気のパン屋「shri(シュリ)」。パン屋と言っても私の一押しは「ベーグル」、それを一度食べればベーグルの固定概念が崩れると言っても過言では御座いません。今回は混雑するから教えてたくない、ベーグルが美味しいパン屋「shri(シュリ)」を紹介します。店舗情報「shri(シュリ)」は宮古空港から5.1km、 [続きを読む]
  • 酒処 竹山|宮古島の隠れランチ、メニューは4種類!
  • 宮古島の繁華街にある「酒処 竹山」。もちろん「居酒屋」のお店ですが、お昼にはランチ営業も実施している。ランチメニューは4種類。そのうち1種類は日替わりメニュー。今回は、宮古島繁華街の隠れランチ「酒処 竹山」を紹介します。店舗紹介「酒処 竹山」は宮古空港から6.1km、市街地に向けて車で15分程走った場所に位置しております。繁華街にあるものの大通りには面しておらず、またお店の前の道は細い一方通行の道で [続きを読む]
  • CAFÉうぷんみ|素材にこだわった宮古島のヴィーガン対応のカフェ
  • 近年沖縄本島でも増えている、ヴィーガン対応の飲食店。※ヴィーガン(植物性食品のみを食べる)宮古島も観光地化が進み、ヴィーガンの観光客も増えていますが対応しているお店が多くないのが現状です。今回は宮古島では珍しい「ヴィーガン」対応のカフェ「CAFÉうぷんみ」を紹介します。店舗情報「CAFÉうぷんみ」は宮古空港から6.5km、市街地に向けて車で15分程の距離、平良港から近い場所に御座います。なお、お店は大通 [続きを読む]
  • 空猫十字社|美味しいパンの秘訣は「自家製自然種酵母」
  • 宮古島の市街地から少し離れた場所にある「空猫十字社」。名前だけ聞くといったい何屋なんだろう?と思うかもしれませんが、実は「パン屋」なんです。しかも、提供してる全てのパンに「自家製自然種酵母」を配合しているというのだから驚き。今回は宮古島民にもファンが多い「空猫十字社」を紹介します。店舗情報「空猫十字社」は宮古空港から、6km、車で15分程の距離にあり、近くには平良港が御座います。またお店は、大通り [続きを読む]
  • 雪塩ミュージアム|雪塩製品の試食が豊富!雪塩ソフトクリームが絶品
  • 宮古島のお土産を代表する「雪塩」。雪塩は宮古島の美しい海水を、琉球石灰岩の地層を通して汲み上げた地下海水を原料に、海の成分をできる限り多く残すことを目指して作られており、通常は取り除いてしまうニガリ分も含まれているのが特徴で、※18種類の成分が検出されています。※かつてギネス記録でもあった。そんな「雪塩」を使用して作られた製品は絶品!!。今回は雪塩製品の試食も豊富!アイスクリームも美味しい「雪塩ミュ [続きを読む]