interiorx-インテリアクス- さん プロフィール

  •  
interiorx-インテリアクス-さん: 家具インテリアバイヤー日記
ハンドル名interiorx-インテリアクス- さん
ブログタイトル家具インテリアバイヤー日記
ブログURLhttp://interiorx.net/blog/
サイト紹介文これを書いたらメーカーに怒られる!?業界歴20年の家具インテリアバイヤーが商品の本質を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 1日(平均35.0回/週) - 参加 2018/07/23 17:14

interiorx-インテリアクス- さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • エアーマットレスを購入するための重要なポイント
  • 空気を入れて膨らませるエアーマットレス。空気の圧力で体を支える仕組みは単純明快です。誰もが一度は夏のビーチやプールサイドで、平べったい浮き輪(エアーフロート)を使ったことがあるでしょう。基本的にエアーマットレスの寝心地感は浮き輪のような「ポンポンと押し返すような感触」です。空気を目いっぱい注入して張りのある状態にすると、どうしてもそのような反発のある感触になりますが商品によっては空気圧を調整して寝 [続きを読む]
  • DIYが楽しくなる。電動工具はやっぱりマキタ
  • 最近は昔ながらの木ネジを使うような組立家具も少なくなり、木製ベッドに至ってはほとんどが付属の六角レンチを使って締める「極低頭キャップスクリュー」での連結になっています。低頭キャップよりさらに頭部が低く、極低頭型は1.5〜1.6mm程度の頭(出っ張り)なのでネジが露出する部分でも気にならない、安全性が高まるのが使われる理由です。これがプラスドライバーを使った一般的なキャップですと、頭の出っ張りの見栄えの悪さ [続きを読む]
  • 竹製グラスで口当たりを楽しむ
  • 竹そのものやその葉である笹を食器や食材の保護に使うというのは、竹の産地である日本や中国においては古くから行われていたようです。多くは保存目的に使われており、竹の皮でおむすびや肉を包んだり、竹の水筒に水を入れ、腐敗や痛みを防いでいました。現代でも笹寿司、笹かまぼこ、笹団子といったように食品を日持ちさせる用途に多く用いられています。竹の抗菌作用や鮮度保持作用を昔の人も気づいていたのでしょう。実際に孟宗 [続きを読む]
  • 秋の夜長の北欧照明
  • 灯りの使い方は古来から世界各地の照明文化として発達してきましたが、中でもノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドといったいわゆる北欧・北ヨーロッパにおいて先端と言える発展を遂げてきました。冬が長く、木々に囲まれた森林文化の北欧は、少ない日照時間というハンデから灯りに対する捉え方を重要視してきました。北欧の照明への考えとして特徴的なのは、意外なほど「明るさ」へのこだわりがない事でしょう。蛍 [続きを読む]
  • いよいよコタツのシーズン到来!人気商品はお早めに
  • ヴィンテージウッド 古木風ヴィンテージデザインこたつテーブル Nostalwood ノスタルウッド昨年(2016年)に大手家具量販店で大ヒットした男前コタツです。情報によると数千台もの販売数のようでメーカーの供給能力を超える売れ行きだったとのこと。コタツはシーズン商品ということもあり、各メーカーとも9月下旬からが新商品の入荷時期となります。本来バイヤーとメーカーとの商談は半年前の2〜3月が佳境となるのですが、ヒット作 [続きを読む]
  • 過去の記事 …