西新井猫三郎 さん プロフィール

  •  
西新井猫三郎さん: それでもネコが好き
ハンドル名西新井猫三郎 さん
ブログタイトルそれでもネコが好き
ブログURLhttp://www.nishiarainekosaburou.com/
サイト紹介文意外と知られていない猫の生態、行動、病気、種類 知れば知るほど好きになる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 13日(平均11.3回/週) - 参加 2018/07/24 03:30

西新井猫三郎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夏こそ大切!猫のトイレ必勝法
  •    こんなところからすいません。でも、猫との同居生活では「トイレ」ってすごく大事なんです。猫も行きている以上は、食べ、寝て、遊んで、そして出します。ついつい食事にばかり目がいってしまいがちですが、猫の健康管理をする上では、食事と同様にトイレのケアは大切です。 トイレを覚えてもらいましょうそもそも猫と暮らし始めるときに、真っ先に準備したいのが”トイレ”です。猫は、柔らかな土や砂を掘って排泄する習性 [続きを読む]
  • 致死率90%のウイルスが都内で発生中!!
  • 感染率100%の猫のパルボウイルス感染症(汎白血球減少症)が東京都内で発生             ※パルボウィルスの拡大写真発生源は東京都立川市内の猫カフェと言われています。現在、ツイッターなどによって注意を呼びかけるなどしていますがパルボウイルス感染症の名の通り、「パルボウィルス」が原因のこの病気は、幼猫や体力の落ちた猫が感染すると、致死率が90%にもなる恐ろしい病気です。同種間での感染しかしない [続きを読む]
  • なんとなく笑えるけど、ちょっと危ない!猫のお尻ズリズリ
  • ちょっと悪い顔してますが、今回の主人公です。わが家で一番の暴れん坊「ゆっけ」君です。実は最近、トイレ(大)の後に、お尻をズリズリと床に擦り付ける動作が見られるようになりました。この子はよその子ですが、やっていることはまさにコレです。ゆっけ君の場合はトイレの直後にやっていました。見た目は何ともユーモラスで可愛くもありますが、どう考えても異常行動です。だって、普通はやりませんから。私も家人も、猫との同 [続きを読む]
  • 猫にまつわる怪談は こわいニャー
  •       聞いた話です。  ベランダにいる猫その人はマンションの13階に住んでいました。その人と奥さんと、幼稚園に通う娘さんの3人暮らしでした。その人・・・仮にAさんとしましょう。Aさんの仕事はホームページ制作で、主に自宅で仕事をしていました。Aさんの仕事部屋は大きな窓があって、広めのベランダが見渡せる造りです。仕事中に気分転換したい時や、行き詰まった時など、Aさんは大きな窓から外の景色を眺めるのが [続きを読む]
  • めずらしいねこのせかい
  • クロアシネコをご存知でしたか?南部アフリカに分布する小型の野生ネコで、足裏(にくきゅう)が黒いことからこの名前があります。世界で最も小さなネコ類の1種だそうです。鬼のように可愛いですね。こんな子と同居できるなら、今いる4匹とはさよなら・・は、死んでも無理なので、諦める他ありません。というより、この子達はカラハリ砂漠の半砂漠地帯やサバンナ地帯が主な生息域の山猫ですから、日本の、しかも足立区あたりにウ [続きを読む]
  • 江ノ島はニャーのパラダイスなのか?
  • 私達夫婦に子供はいませんが、「夏休み初日だよねー」「どっか行かなきゃねー」という真剣な話し合いの結果、家人が行ったことがあり、その時は猫だらけだった「江ノ島」に行くことが決まりましたので、行ってきました。白い空 青い雲 どこまでも・・・?       間違えました。青い空に白い雲、どこまでも続く水平線。何年かぶりの海です。そもそもは家人の「江ノ島は猫だらけである」発言から決まった小旅行ですが、着い [続きを読む]
  • めずらしいねこのせかい
  • 「とらじゃないか。」と思われたかも知れませんね。ニャーなんです。トイガーといいます。1980年代、カリフォルニア州でベンガルのブリーダーを営んでいたジュディ・サジェンさんが、ベンガルの子猫の中にトラのような顔模様(サーキュラーマーキング=顔の輪郭をぐるっとなぞるような同心円の模様)をもった2匹を偶然発見しました。彼女は野生のトラの保存を呼びかけるため、この虎のような模様の猫を新種として確立しようと決意 [続きを読む]
  • 見逃しがちな愛のかたち
  •   ※猫の心中じゃありません。変わった模様のサッカーボールでもありません。”猫にまたたび”は有名です。実際にまたたびを嗅がせると、猫は酩酊したような状態になります。個体差はありますが、普段の2割増しで「ゴロゴロ」いったり心地よさげに転げ回ったり、同居人の手足にかじりつく子もいます。またたびはマタタビ科マタタビ属の落葉蔓性木で、揮発性のマタタビラクトンと総称される臭気物質イリドミルメシン、アクチニジ [続きを読む]
  • 猫にまつわる怪談は こわいにゃ〜part3
  • 私の田舎の村の隣村での出来事をお話したいと思います。今回は、ちゃんと猫が猫ランキング出てきますから安心して下さい。その村、仮に”私の田舎の村の隣村”としましょうか・・・って長いな。N村にします。その村は、私のいた村よりも山奥にあって、秘境と呼んでも差し支え無いくらいのホンマに超田舎でした。N村の大地主で山田さん(仮名)という家があります。噂では村の7割は山田さんの土地だったとか。戦後の農地開放政策で [続きを読む]
  • 猫にまつわる怪談は こわいにゃ〜part2
  •   前回よりは”怖っぽい”画像を頑張って作ってみました。やはり、怖い話には怖い画像がないと、雰囲気が出ませんからね。ふっふっふさて、前回は「猫にまつわる怪談」をご紹介したかったのに、自分の身の上話で字数を使いすぎましたので、今回は反省して、すごく怖いと評判の怪談を、たくさんたくさんご紹介したいと思っています。                         それはそうと、私には霊感がありませんとい [続きを読む]
  • 猫にまつわる怪談は こわいにゃ〜
  • 夏なので、ちょっと猫絡みの怖い話をしたくなりまして、ついでに怖い猫の画像を作ろうと思ったんですが、なんか笑える「バカ画像」みたいになっちゃいましたね。絵心のない私みたいな奴が無理すると、↑こうなります。気をつけましょう。猫の怪談そんなわけで怖い話をしたいんですが、私自身は霊感が無いのか、経験はしているのに、鈍感だから気づいていなかったのか・・・。人気ブログランキングそう言えば、こんなことがありまし [続きを読む]
  • 甘え上手なニクイやつ
  •      家人が家事の合間にちょっと休憩してスマホゲームをしている勇姿ですが、なにか毛むくじゃらな生物が、ジャスト邪魔なところに寝ています。ご存知わが家の長男坊、かるび君でした。猫あるあるですが、やつらは必ず我々のちょうど邪魔くさいところに陣取って、じゃれたり寝たりします。なぜでしょう?私に猫と話す能力があれば、是非とも訊いてみたい事柄です。人気ブログランキング       たまに こんな風になっ [続きを読む]
  • あの子どこの猫?
  • 我が家にも4匹の同居猫がいますが、今回は有名人の同居猫事情について深く考察していきたいと思います。      かるび君がなんか言ってます人気ブログランキング猫好きの有名人と言って、真っ先に思い浮かぶのは、私の場合”中川翔子”さんです。     中川さんの猫愛は、同じ猫好きの私も引いてしまうぐらいディープです。私が中川さんに親近感を覚えるのは、彼女も野良猫保護をしているからです。芸能人というと、おし [続きを読む]
  • ホントはすごい 猫のゴロゴロ
  • 我が家のイケメン(イケニャン?)担当かるび君が、家人の膝の上で「ゴロゴロ」と喉を鳴らしているようです。心地良いようです。羨ましいです。私が同じように甘えたりしたら、家人の”必殺正拳突き”をお見舞いされることでしょう。人気ブログランキング猫は機嫌がよろしい時や、アゴの下や背中を撫でられたりした時に喉を鳴らします。それは知っていても、そのメカニズムについて詳しく説明できる人は少ないです。なぜなら、未だ [続きを読む]
  • 猫はあなたを どう見てる?
  • 猫に限らず、ペットと同居されてる方々は、ペットを「うちの子」って言い方で呼ぶ確率、高いですよね。ペットと言えども大事な家族。ついついそう呼んじゃう気持ち、解ります。私も同じです。あまり動物好きではない友人なんかには「ウチの子って、あんたの子供ではないよね。」とか言われますが、カンケーないっす。人気ブログランキング生まれて間もない頃から同居されてる人は、特にそうなんでしょうが、うちの場合は同居する猫 [続きを読む]
  • できるかな?
  • 猫の知能はどれぐらい?動物の頭の良し悪しは、どうやって決まるのか?例えば犬は、教えれば芸をします。けれどもそれは、犬が元来群れで暮らし、リーダーに従って生きてきた名残りであって、知能というよりは本能的なものです。猫だって、人間と同居するうちに人間の動作や行動を学習し、同じような行動をすることがあります。Youtubeなんかでもよくありますね。猫がドアノブを回してドアを開けたり、洋式便器にまたがって用を足 [続きを読む]
  • 人生いろいろ にゃーも色々 2
  • ちょっと見はコワモテで近寄りがたくても、実はねこ好きで温厚そのものだったり。えびす顔でいつもニコニコ。”悪”なんてものとは無縁のように見えて実は腹黒い詐欺師だったり。虫も殺さないようなおしとやかな風情なのに、子供を虐待していたり。人間の性格は千差万別 十人十色。「人は見かけによらない」のが人間ですね。もちろん、見た目通りの善人や、見たまんまの悪人だっているわけです。ホンマに人間って奥が深い生き物で [続きを読む]
  • 風邪が命取りになることも!猫の病気
  • 猫は人間じゃないことを再認識しましょう!ウチみたいに、子供のいない夫婦などが陥りやすいようですが、可愛さ余ってついつい愛猫や愛犬を”人間扱いしてしまう”症候群。これ、実はとっても危険なことです。猫が可愛いのはわかります。私だって猫に話しかけたり、猫と本気で口論したりして家人に怒鳴りつけられることが間々あります。でも、冷静に考えて下さい。猫は人間とは根本的に違う生き物です。どんなに可愛くても、人間が [続きを読む]
  • 人生いろいろ にゃーも色々
  • 世界に猫は何種類?2000年頃の統計では、公認認定品種の60種と、非公認、未公認の270種ほどを併せて300種類ほどが家猫として確認されていました。現在ではもっと増えているはずです。世界にはメジャーなところだけでも4つの猫品種認定団体があって、中には毎年のように新しい品種を認定しているところもありますので、もしかしたら2000年当時の倍くらいになっているかも知れません。人気ブログランキングCFATHE CAT FANCIERS' AS [続きを読む]
  • もっと知りたい!ねこのこと
  • 猫の絶対領域 しっぽ人気ブログランキング愛すべき生き物の愛すべきパーツ 猫のしっぽふるふると振る パタパタさせる 同居人の顔を叩く 猫のしっぽは自由自在です。しっぽには”尾椎”という骨が並んでいて、長い尻尾だと20個近くあります。尾椎と尾椎の間は感覚が広くなっていて、尾椎の周りには前後左右に動かすための4本の筋肉と、微妙な動きを可能にするための筋肉が8本あり、このために自在に動かすことが可能なんです。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …