観光列車評論家@山田 さん プロフィール

  •  
観光列車評論家@山田さん: 観光列車評論家@山田
ハンドル名観光列車評論家@山田 さん
ブログタイトル観光列車評論家@山田
ブログURLhttps://lineblog.me/shuppanproduce/
サイト紹介文今まで乗ってきた寝台特急、観光列車、レストラン列車、トロッコ列車、SL、ラッピング列車などの乗車記。
自由文本業での傍ら、たくさんの観光列車に乗車してきましたので、各列車の車両、食事、車窓、アテンダントなどの魅力と共に観光列車の楽しさや素晴らしさをこのブログで発信していきます。
ただし、寝台特急、観光列車、レストラン列車、トロッコ列車、SL、ラッピング列車などに乗るのが好きというだけで、いわゆる“鉄”ではありません。
“鉄”の人から見たら突っ込みどころが満載かもしれませんが、温かく見守ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 24日(平均2.9回/週) - 参加 2018/07/24 12:05

観光列車評論家@山田 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 観光列車評論家として、ラジオに出演してきました
  • 本日、6月11日にラジオ日本さんより出演依頼をいただきまして、「ハロー!アイレディオ」に観光列車評論家として出演させていただきました。朝からあいにくの雨でしたが、緊張しながらラジオ日本さんへ。軽く打ち合わせをさせていただき、台本もご用意いただけていたので、ホッとしました。まぁ、これを読めば何とかなると…。ところが、パーソナリティの栗原美季さん、実際に旅行や鉄道好きらしく、台本の流れを飛ばして質問を! [続きを読む]
  • 山田稔&愛子全国縦断結婚披露ツアー
  • ちょうど一年前に全国縦断鉄道の旅を慣行いたしました。その名も『山田稔&愛子全国縦断結婚披露ツアー』です。昨年、結婚式を苫小牧で挙げたのですが、そのまま旭川から指宿までを電車で移動しながら、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡、鹿児島で結婚パーティーを開催して、最後は東京でフィナーレだったのですが、今回は旭川から指宿までの列車の旅を紹介したいと思います。鉄道の移動は一筆書きで乗車券を買うと、だんだん安くな [続きを読む]
  • グランド・スーパーカートに乗車しました。
  • 高千穂あまてらす鉄道で2017年3月から運行開始した『グランド・スーパーカート』に乗ってきました。高千穂駅から高千穂鉄橋までを運行するルートです。もちろん、高千穂鉄橋も渡ります。祝日は混雑しますが、運行が1時間に1,2本なので、事前に時刻表のチェックはしておきましょう。料金はこんな感じ。この新車両は屋根なしなので、日差しが強い日はなかなか厳しいものがあります。先頭と後方にディーゼル車が接続されており、 [続きを読む]
  • ななつ星in九州(一泊二日)に乗車しました。3回目!
  • 今回はANAツアーズのツアーでななつ星in九州に乗車してきました。ななつ星in九州の乗車は、今回で3回目の乗車です(3回ともツアーでの乗車ですが…)。まずは、東京から鹿児島まで飛行機で移動して、東川隆太郎氏のアテンドでバス観光です。大河ドラマの『西郷どん』の1回目の放映が終わったばかりなので、西郷さんゆかりの地巡りに皆さん興奮気味でした。日当山温泉にある“西郷どんの宿”は、よく西郷隆盛が訪れたという宿を再現 [続きを読む]
  • ゴールデンパス・ライン クラシックに乗車しました
  • ゴールデンパス・ラインは、3つの鉄道会社の路線をつなぎ、ルツェルンからモントルーまでを運行するスイス横断ルートです。今回はスイスのツヴァイジンメンからモントルーまで乗ってきました。ゴールデンパス・ラインの編成にはゴールデンパス・パノラミックと呼ばれるパノラマ車両とノスタルジックなクラシック車両のゴールデンパス・クラシックがありますが、今回はクラシックに乗車です。座席は食事が出る1等車両と2等車両、食 [続きを読む]
  • ゴルナーグラート鉄道に乗車しました
  • スイスのツェルマットとゴルナーグラートを結ぶ登山鉄道であるゴルナーグラート鉄道に乗ってきました。急斜面を登っていくため、全線でアプト式ラックレールが敷かれていた。車両は高床スペースと底床スペースがあります。1等車両とか2等車両とかがあるわけではなく、全席同じチケットで座れます。基本は4人席。窓が開くところと開かないところがありますが、車窓からの眺望が美しいので、写真撮影をすることを考えると絶対に高床 [続きを読む]
  • 氷河特急(グレッシャー・エクスプレス)に乗車しました
  • スイスのサンモリッツからツェルマットまでのルートを氷河特急に乗ってきました。平均速度35kmで、高低差が1500mと言われており、パノラマ車両から望むライン川とローヌ川の源流は絶景でした。氷河特急にも、1等車両と2等車両があります。まずは、座席の違いを紹介から。最初に1等車両の座席。1等車両の座席は、4人席と2人席。1等車両は、トイレも大きい。次に、我々が乗った2等車両の座席。1等車両と大差ないので、2等車両がおす [続きを読む]
  • チェントヴァッリ鉄道に乗車しました
  • イタリアのドモドッソラからスイスのロカルノまでを運行する『チェントヴァッリ鉄道』に乗ってきました。この観光列車は、「百の谷」を意味する風光明媚なチェントヴァッリ地方を走ります。ちょうど秋色に染まりつつある車窓が絶景です。列車の最初と最後には、ややゆったりと座れる1等車があります。座席には4人席と2人席がありました。ヘッドレストカバーに『1』と書いてあるのが何とも…。2等車。こちらの座席も、4人席と2人席 [続きを読む]
  • 過去の記事 …