紫翔 さん プロフィール

  •  
紫翔さん: 夜明けにSHOWは歌う
ハンドル名紫翔 さん
ブログタイトル夜明けにSHOWは歌う
ブログURLhttps://ameblo.jp/upskay66/
サイト紹介文暮らしの中での 素晴らしい発見、気になるあの話の驚愕の真実など 盛りだくさんに綴って行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 149日(平均2.8回/週) - 参加 2018/07/24 16:42

紫翔 さんのブログ記事

  • 優しいホラーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうごさいます。本日は「優しいホラー系」のストーリーを書いてみました。「対岸の故郷」私が都内に移転して早、8年。時の流れには逆らえないものだ。既に私も40の半ばを過ぎてしまった。複雑な過酷な環境で育った私は、小3の時、自閉症になったのを切欠に学校で苛めに遭い、そんな最中に父とも死に別れた。故郷は、つらい思い出の染み付いた場所…しかしそんな [続きを読む]
  • ちょい笑ホラーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうごさいます。本日はちょい笑ホラーを書いてみました。「繰り返されるシーン」私の名前は峰倉 麗子。私は今、塩谷駅のプラットフォームで冬彦さんを待っているのです。時は12月初旬。北の夕刻の風が肌を刺す…白いマフラーを口に当て、待ちくたびれて、プラットフォームの彼方を眺める私。やがて、その視線の先に現れた男の姿…あれは冬彦さんだわ!彼ったら、 [続きを読む]
  • またまたSFホラーのお時間です 一部手直しにつき再投稿
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は、またSF系のショートストーリーをお届けします。「時の彼方より」2018年12月6日(木) 北へ向かう列車内に篠田 恒はいた。黒縁の眼鏡をかけ、コートの襟で顔を隠すようにして、進行方向側の隅の2人掛けクロスシートに恒は座り、新聞に目を通していた。 「これで5人目…!心療内科クリニックの院長 殺害される」そう記されたタイトルの記事に [続きを読む]
  • サスペンスのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。またサスペンスを書いてみました。「死のヒプノシス」この町は、鬱積した不満由来の重いストレスと苛立ちが日々、渦巻き続けているようなそんな町である。高層マンションの10階に住んでる会社員の妻は、夫の浮気が原因で夫婦の間が冷え込んで、ストレスも限界に達していた。しかし、ママ友の仲間内ではボス的存在の彼女。イジメやすそうな新入り [続きを読む]
  • お笑いサスペンス その2
  • 今回も、ついデキゴコロで書いた短編をお届けします。「トリカエの神」後編ニワトリK助誘拐事件で、世間が騒いでいた同時期に、最近、人気上昇中の若手女優の倉田愛理が誘拐されていた。窓1つなく、分厚い扉で閉ざされた貸倉庫にK助と倉田愛理は監禁されていた。K助は、ニワトリ程度の大きさの鳥が入れば満杯になるような檻に押し込まれ、傍らの愛理は猿ぐつわを噛まされ、パイプ椅子にギリギリ縛りにされており、彼らの傍ら [続きを読む]
  • お笑いサスペンス その1
  • 本日は、ついデキゴコロで書いてしまった短編をお届けします。「トリカエの神」K助は40才。焼鳥屋の店主である。今年で開店5周年だが最近、ライバル店の出現で客足が減り、あらゆる客寄せを試したがまったく効果ナシ…。K助は深刻に悩んでいた。そう言えば、1丁目に祀られている鎮守神を“トリカエ様”と言い、噂では開運のご利益があると聞く。「こうなったら神様に頼んでみよう」K助は藁をも掴む気持ちで、毎日毎日祠の [続きを読む]
  • 今回は日本映画の話題です。 演歌の動画追加につき再投稿
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。ここ数日、なんか良いストーリーを書きたいなぁ…なんて考えていたんだけど、如何せんアイデア枯渇につき、ブログの更新も出来ずにおりました。そんな大変なさなか、この映画をAmazonのprime videoにて鑑賞しました。ぼつぼつと入る予約のさなか、まったく私ときたらノンキなこってござぃます。「昭和歌謡大全集」監督 篠原哲雄脚本 大森寿美男原作 [続きを読む]
  • ラブストーリーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は幻想的なショートストーリーをお届けします。「失踪」江崎真也は、現代洋画家として名を馳せていた。その画風は何処か物憂いな、常に夕暮れをテーマとした、紫に青を基調としたものである。妻・霧子が逝去して半年になる。長患いの末の逝去であった。夫婦は子宝にこそ恵まれなかったが、真也は妻を愛していた。だから最後の半年は、創作活動 [続きを読む]
  • お笑い心霊ストーリーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は、お笑い心霊ストーリーをお届けします。「返済された7万円」親友のタケオが、バイク事故で死んだ。まだ40才と言う若さだった。俺と奴は同い年で、中学生の頃などは、よく学校の帰りに悪ふざけなどしつつ、遊んだものだ。一番気を許してた奴に死なれて、今、俺はガックリ気落ちして、毎日ションボリしている。こんな時に言うのも不謹慎な [続きを読む]
  • ホラーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。またショートストーリーです。今回のはちょっとロングなショートです。「ヨモツヘグイ」7年ぶりだ、アヤカの声を聞くのは…俺がアヤカに別れを切り出したのは、2011年の冬だった。正直に白状するが、俺にはアヤカの他にも女がいた。そしてその事が原因で、アヤカと喧嘩になった勢いで、俺の方から別れを切り出した。あの日、痛々しく泣きじゃくっ [続きを読む]
  • YouTube動画から…
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。ここ数日、風邪引いちゃって熱だしてしまいまして、ブログを更新出来ず、今日は一生懸命ブログを書いてる最中です。このブログの古い記事を、FC2にお引っ越しして久しくなりましたが、ずいぶん前に、こんな記事を書いてたんですよね。http://talking310.blog.fc2.com/blog-entry-787.html?spこのビデオはアメリカのエリア51で行われたProject Blue [続きを読む]
  • 続いてショートストーリーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。今回はひとつ、当ブログにはめずらしくSF系ショートストーリーを…「不適切な記憶」2038/4/1 Thu AM9:35モロボシ ユウイチはいつものように、自身の担当部署である、開発途中の地下都市管理システムセンターで仕事をしている。…今日は朝から、何だかやけに身体がだるいな…ユウイチはそう思った。それに今日のユウイチは、何故か集中力が発揮出来 [続きを読む]
  • ショートストーリーのお時間です。
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。唐突で大変に恐縮ながら…またショートストーリーを書いてみました。「殺しのカクテル」M子とA子とは、A子がM子の勤める会社に在籍してた頃に同僚だった間柄である。A子はM子より5つ年上で、なにを言われても黙って笑っているような大人しい性格。まあ、いじめやすいキャラだった訳だ。因みにA子はスタイルもよく、顔も美人の部類に入る面 [続きを読む]
  • 命拾いした話
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。かれこれ37年ほど前の事なんですけどね。めっちゃ怖い目に遭いましてねぇ…そこで本日は、その経験談を綴ってみました。元号がまだ昭和だった頃。私は関西地方の、ある町の商店街の近くに住んでいた。引っ越して間もないある日に、商店街のアーケードをちょうど出た辺りの民家の建ち並ぶ一角に、小ぢんまりとはしているが、モノトーンを基調にした [続きを読む]
  • あの日のディズニーワールドは…
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。昨日は腰の定期検診を受けに、半年ぶりに信濃町の病院に行ってきましてね。件の病院は、日本でも屈指の私立病院であり、著名人の方々も(故石原裕次郎さんも…)診療を受けられてる病院です。以下、本題ですのでよろしく。。かつて私が、手術を受けた2015年頃は、まだ新館を建設してる真っ最中だった。X線室も一部入院病棟も、旧館にあった。昨日は [続きを読む]
  • 強迫観念とは、もうサヨナラした
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。昨日、仕事が2件終わった後のリビングで、この映画を観たんてすけどね。題名 八つ (原題 Eight)監督・脚本 ピーター・ブラックバーン製作国オーストラリア出演者リビー・マンローケイデンス・パークスダレル・プラムリッジAmazon Primeビデオ 「八つ」へ↑Amazon Prime会員になると、無料で観賞できる映画です。本日は、その感想と言うか何と言 [続きを読む]
  • 幽霊ですから…
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は…またショートストーリーを書いてみました。本日のは「笑える怪談」です。「疲れる階段」の話ではありませんので、どうかよろしく。「幽霊ですから…」原抄盛り場の外れにある小さな飲み屋は、女将が1人で切り盛りしていた。この店の馴染み客に、サチコとイチロウと言う30がらみの二人連れがいた。二人は北国からの流れ者で、イチロウに [続きを読む]
  • ジンクス女の半生
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は私が貫いてきた「ジンクス女の半生」の軌跡を、熱く綴ってみたいと思っております。正直いって昔の私は、験担ぎ女だった。それも、箸にも棒にもかからない、かなり熱心なジンクス教信者だった。私が生まれて初めて験担ぎを…即ちジンクスの、その威力の偉大さを実感したのは、満17才の冬の事である。その日以来私は、自らの人生を開運へと [続きを読む]
  • 信じ続けて40年 骨がなくて何よりです タイトル変更につき再投稿
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は誰が読んでも「なに、それ?笑」と思わず吹いてしまうようなお話をお届けしますよ。50年あまり昔の事です…私が生まれた家は、70坪ほどの土地に建てられた 庭付き店舗付きの平屋だった。ところが、私が小学4年生の夏の始め頃。それまで狭かった商店街通りを道路拡張工事する事になり、家を取り壊し、二階建ての家を新築する事になり、両 [続きを読む]
  • 夢で繋がった時の合言葉は… ご本人からお許しが出たので再投稿
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。ほんと、いつもたくさんの皆様に読んでいただいて、感謝してるんです、わたくし。皆様、ほんとにありがとうございます。ところで、突然ですが…本日の話はぜんぜん怖くありませんので、一応念のため…寧ろ笑っちゃうような実話なんです、実は… ↑ダジャレですので念のため時は2001年 夏世はまさに、「第3次占いブーム」真っ只中。そんな頃の事で [続きを読む]
  • あの日に見えた光景は、その日を予知した光景か?
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。前回、私と娘との時空を越えた不思議現象の話をお届けしましたが、実はですねぇ…ムラショーにはまだ、この手の体験があるんでございますの。今回は前回の追記として「あの日に見えた光景は、その日を予知した光景か?」みたいなお話をお届けしたいのですが…時は1999年。 巷は非正規雇用者で溢れ返り。警察は不祥事続き。悪夢の東海村原発事故。こ [続きを読む]
  • 金縛りの夜
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。本日は、「最初から不思議な話」と言うのを書いてみました。文字通り、いきなり最初から不思議な話ですのでどうかよろしく。あれは私が17才の頃だった。当時の私は、少し歪んだ土地の上に建つ二階家に住んでいて、私の部屋は歪んだ土地のちょうど鋭角に出っ張った部分にある、部屋そのものが台形の、妙に空気の冷たい部屋だった。そのせいであろ [続きを読む]
  • 台風24号
  • 閲覧ありがとうございます。いつもいいね!とペタをどうもありがとうございます。台風24号は、酷い爪痕を残したようですね。台風の被害に遭遇なされて亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。そして重軽傷を負われた方々に心からお見舞い申し上げます。この憎っくき台風24号のせいで、関東地方も暴風に見舞われ、今も尚、此処、横浜のビル7階には突風が吹き荒れております。この暴力的な大風は、我が家の掃き出し窓 [続きを読む]