ほわいと さん プロフィール

  •  
ほわいとさん: 私と一緒に心を磨きませんか?
ハンドル名ほわいと さん
ブログタイトル私と一緒に心を磨きませんか?
ブログURLhttp://itsushoniyarou.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分と向き合うことは度々辛いことがあります。一緒に心を磨きませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 26日(平均5.7回/週) - 参加 2018/07/24 18:51

ほわいと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 悪口が気になる
  • 悪口を気にする人は多い。悪口に限らず他人の思惑が気にならない人はあまりいないだろう。悪口といっても些細な事から言っている対象などさまざまな事象があり一概に『気にしなければいい』という解決策だけでは納得できないだろう。私も他人の思惑を気にする人間の1人。また人のエネルギーを敏感に感じとってしまうため自分も影響を受けてしまう。悪口や批判というのはマイナスエネルギーの一種で人からエネルギーを奪う。そして [続きを読む]
  • まずは自分を愛することから
  • 『自分を愛する』全ての悩みの万能薬だと思います。私はそのことについて色々な切り口で記事にしていこうと思います。自然と自分を愛し、自分とつながれるようになればずいぶんと人生が楽になります。自分を愛する類いの本はありますが、引き寄せやスピリチュアル、成功哲学などのようにたくさんあるわけではありません。ただ自分を愛するというのは全てのベースにあるものでありこの思想が市民権を得るようになればと思います。自 [続きを読む]
  • 意見が対立する人との自分のあり方
  • 自分と主義主張が全く同じ人はいない。ましてや集団になればなおのこと。会社や組織の上に立つ場合この意見を束ねるというのは難しいことだと思う。先を読む力や指導力は必要であるし何より人間性がものを言う。私にはまだまだ遠くに及ばず未だに悪戦苦闘中。ただひとつお話できるとすれば、批判の受け止め方は自分なりに以前より楽になったように思う。私も多くの人同様人の批判に敏感だった。刃物で刺されたような感覚。なかなか [続きを読む]
  • 自分を愛するということ
  • 『自分を愛する』日本人にはあまりない感覚で表現するにも難しく、伝えることも難しい。『とっても大切ですよ!』といったところで『はい、そうですか!』とはならないでしょう。この重要性に気づくのは何か気づかされるような環境になってからだんだんと理解していくことになるのだと思います。ただ、巷に起こっている色々な問題を見聞きするたびに結局問題の根本原因が「自分をどう思っているかという」原因に行きつくので一人で [続きを読む]
  • 共依存から自立へ
  • これまでの人生で抜け出すに難しく、一番時間をかけて癒していったものが母親との関係でした。父親、兄弟とも複雑でした。母親とは長らく会っておらず兄弟とは音信不通です。一般的に見ればいい状態にはないと思いますが、私の中では今の状態がベストであり、やっと正面から向き合うことができるようになって、一段落した思いです。共依存の状態で苦しまれてる方はずいぶん多いと想像します。 私も30年近くかかりました。自分が苦 [続きを読む]
  • 引き寄せの法則
  • 『引き寄せの法則』この言葉を創造した人は今の時代の需要をよく理解している。女性の感性を刺激する非常に魅力的なエネルギーのある言葉。私も引き寄せの法則本を読んだ人間のひとり。ただとても気になるのは『引き寄せる』という超人的な言葉をあたかもなんでも思いのままという偏った見方をして解釈するのではないか、ということ。何もしなくても、動かなくても思えばくるというような思いで受け止めていればそれは全く違ってい [続きを読む]
  • 人を動かす
  • カーネギーの名著に「人を動かす」があります。一度は読まれた方も多いでしょう。読まれた事がない方も、人を動かす立場にあれば是非とも読んでみて下さい。この「人を動かす」という言葉を一般的な感覚で受けとると「自分の力で動かす」ととらえるでしょう。「椅子を動かす」のような感覚です。でも全く違います。今の自分の意識では人は動きません。びくともしません。椅子は動きません。この本は自分への処方箋です。相手を知り [続きを読む]
  • 自分を愛すること
  • 自分が自分をどう認識しているか。このことは全て自分の人生に影響します。言いきります。非常に辛辣な表現になりますが、多くは心理的には奴隷の状態であると言えると思います。とらわれているのです。「自由」自らに由るを追及していますが、なかなか簡単に真の自由を実践できる人は多くはないでしょう。自らにおこる問題はこの自分を愛する意識のなさから起きているのです。自らに由るのであれば他者は自分の心にうつる鏡となり [続きを読む]
  • 悩みの解決時間
  • 悩んでいるとき、この悩みはずっとあるように感じませんか?そして今すぐにでも解放されたい気持ちになりますよね。この状態ってまるで転んで怪我した子どもの時の感覚に似ていますね。(うちの子どもも人生終ったように訴えてきます。絆創膏で終息に向かいます。)またパニックに陥った状態の人間は悩み苦しみのエネルギーが圧縮された状態にあるといえるでしょうか。そして自分だけが苦しんでいると無意識に感じている。人間はこう [続きを読む]
  • ブログについて
  • 私はあまり自分からアピールしない性格なので今までブログはもちろんその他の情報発信などしたことがありませんでした。思いつくままにブログをつづっていますが、私の想定に反して色々な方々がご覧になっていることに初めての刺激を受け、今一度あり方について考え直し、自分のなかで再考しました。発信するにあたって「自分の思いや考えをめぐらせたもの」は綴っていきますが、「どなたかがご覧になられて、少しでも力になれる内 [続きを読む]
  • どうして人間は生きるのか
  • どうして人間は生きるのか。程度の差はあれ生きている人間は一度は考えるのではないだろうか。地球の生物の一部が人間であるが生きている状態に疑問を持つ生命は人間だけであろう。他の生物はあるがままに生きている。人間のみが生自体に問いを投げかけるのだ。「この宇宙を存在させる何か(大いなる存在と表現する)がある」として私たちの意識というものにはその大いなる存在に対して「自由意思がある」ということを感じざるにい [続きを読む]
  • 徳とは
  • 徳とは何か。漢字は物事の有り様や意味を表しておりその一字からイメージを得ることができる表意文字である。よって経験を伴わない場合、意味を理解することが難しい。山は山の様を表現しているし川は川の様を表している。小学校一年生で学習する80字は6〜7歳までに見聞きでき理解できる文字となっている。20歳ころまで私はこの「徳」という字の意味が全くわからなかった。徳川家康の徳の文字であるほどの認識であった。昔ちょっと [続きを読む]
  • 地球の循環システムの偉大さ
  • 今日は近所の海で子どもと遊んだ。自然の存在物は人間の造作物には到底及ばない。自然と対峙する人間のあり方について戦後特に私達の捉え方が非常に狭くなっていると認めざるをえないだろう。私が住む地域の海は非常に美しく地元の方の清掃活動もあり日本のなかでは誇らしい景観を守っている。それでもペットボトルとビニール袋は浜に上がっていた。ただ私的には浜に上がっている状態は拾えば捨てられる状態なので海の中にあるより [続きを読む]
  • 死刑について
  • 死刑。日本の制度の一つ。憲法9条の問題もあるが、これについては現在のルールという尺度だけで語れない難しさがある。憲法9条問題は端的にいえばつじつまがあってないという問題ということになるのだろうが、(自衛隊武器もってるじゃん、人殺す道具だよね。自衛と言ってもそもそも戦力じゃないの。って感じでしょうか。死刑制度そのものに関する是非については完全にあの世のルールが一般的に理解される世の中にならないと難しい [続きを読む]
  • 感謝の修行
  • 以前の私は感謝の気持ちが非常に少ない人間だったと感じる。現在は少しは向上したと思うが、どうだろうか。感謝の気持ちをもてば人生が変わるとかありがとうを何万回と唱えると人生が変わるというような内容を頻繁に目にする。そうなんだろうなぁとそのまま受け止めてはいるけれどなかなか思うように実践できない。私は両親が不仲で、母親と私は共依存の環境だったため何かあるたびに「すみません」という言葉が出てしまう。(今日 [続きを読む]
  • 生と死
  • 生と死。根源的な哲学的な究極的な内容。今の私が感じるままを書くだけであって、実際に極限まで向き合った経験のない私には到底表現できるような内容ではないことであるけれど綴ってみようと思います。「生」は今の私の状態であって「死」は概念はわかっているつもりであるけれど。でも実際自分が死ぬという自覚がなく生きている。・・・知っていても全く理解できていない状態。翻って今の「生」も生きている状態ではあるけれど実 [続きを読む]
  • 気付き
  • 魂の成長を感じる瞬間に「気付き」という意識状態があります。気付きを文字にすると、「そうか。こういうことか。」という表現になると思います。気付きってふとした瞬間におこることもあれば、かけられた言葉だったり、本の一文だったり、思いがけなく起こりますよね。私は「どうしたらこの苦しみから解放されるか」という動機から本を読むことが習慣になりました。それまでは本は賢い人が読むものという感覚で小説を読んだりする [続きを読む]
  • 悩みと魂の向上
  • 私は小学2年生の男の子と4歳の女の子がいます。私は自分の子どもも魂の成長をするべく毎日生活している人間の一人だという感覚で接しています。大人から見ればわがままや甘えと感じられたとしても子どもにとっては悩みや苦しみであることには違いないと思うのです。ただ大人から見たらかわいいもんですけどね。(お兄ちゃんの苦しみ例)・妹は宿題をしなくていい・眠いのにラジオ体操に行かなくてはならない・好きなだけゲームで [続きを読む]
  • 一番苦手なこと
  • 朝起きれない・・・。私の一番苦手なことです。私は考えすぎるくらい考えすぎることが癖になってます。夜は色々考えてしまい、更に冴えてくるのです。で、朝は憂鬱な気分が続きなかなか起きれない。直そうと色々本を読んだりしました。でも癖って本当になかなか治らない。それが、今日は4:56に起き、二時間半掃除ご飯洗濯お弁当とやりました。本来は掃除も好きだし、動くのは好きな方。でも今日できたのはこのブログのお陰だと思う [続きを読む]
  • はじめの修行
  • 私が心を磨こうと思って一番初めに行ったものが悪口をいわないでした。私も女子ですので、物心ついたころから癖のように言っていました。ただ思い起こしてみると、うちの家族内で悪口が日常的だったこともあり、他の方に比べて多かったかもしれません。(ちなみに両親は離婚しています。)家を出て就職していろんな人と接していく中で我が家の常識はおかしいと気づき、悪口を言うことで家庭が荒れていたこともはっきりと理解できた [続きを読む]
  • はじめまして
  • 心を磨こう!!ある日突然思いついたことではありません。日々を生きてきて、目には見えないスピードでしたが自分自身の心が成長しないと、つらい状況になっていくというか、追い込まれていったというのが正直な思いです(笑)そんな私が一番初めに行ったことが「人の悪口を言わない」ということ(修行とでもいいましょうか)でした。修行の最中は苦しんですよ。ホントに・・・。ただそこから環境が変わっていきました。(環境が変 [続きを読む]
  • 過去の記事 …