節税 さん プロフィール

  •  
節税さん: 節税
ハンドル名節税 さん
ブログタイトル節税
ブログURLhttp://taxreduce.sblo.jp/
サイト紹介文節税に関して、個人や法人、サラリーマンはどうなるのか。保険や不動産での節税はどうやってやるのかなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 10日(平均5.6回/週) - 参加 2018/08/08 18:32

節税 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 節税 個人事業主
  • 個人事業主の節税の方法としては、小規模企業共済や倒産防止共済などの返還金がついた共済に加入することで経費(損金)を増やして節税をすることができます。これらの掛け金は一時的には経費に計上できるもののの、赤字が出たときの補填にすることもできますし、将来的に受け取れる金額とすることもできるのです。個人事業主に限らず節税をするためには経費を増やす必要があるのですが、無駄に経費を使っては意味がありません。不要 [続きを読む]
  • 節税 法人
  • 節税を法人でやろうと思った場合、どんな方法があるのでしょうか。法人の場合、経費と認められたものを多く計上すればするほど課税対象の利益が減ることになり、結果として節税になります。来年度の売上アップに向けて広告宣伝費を使うこともある意味で節税になります。高級車などを購入していつでも売却できるようにしておくこともある意味で節税対策になるでしょう。ただ、法人の場合(個人の場合もそうですが)は、税金を支払っ [続きを読む]
  • 節税対策
  • 節税対策をすることで支払う税金を減らすことができますが、実際には使っていない経費を計上したり、無申告であったりすると脱税とみなされてしまいますので注意が必要です。脱税が発覚した場合は、重加算税などが課されることになりますので、実際に脱税した額よりもはるかに多額の税金を払わなければならなくなります。まずはしっかりとした節税対策の方法を知り、合法の範囲内で正しい節税対策を行うことが必要です。どんな節税 [続きを読む]
  • 節税 保険
  • 節税の方法として保険を利用することもできます。法人であれば保険加入は費用扱いになりますので、その分だけ支払う税金を減らすことができて節税になります。ただ、注意が必要なのが、実際には保険に加入して掛け金を支払う時には経費算入になるのですが、保険金の払い戻しなどで受け取った場合は収入の扱いになりますので、その分にかかる税金を支払わなければならないということです。そのため、売上が好調な時に費用計上してお [続きを読む]
  • 節税 サラリーマン
  • 節税をサラリーマンが考えた場合、どんな手法があるのでしょうか。最近は副業などを推奨する企業も増えてきたので、副業をして個人事業主などになればサラリーマンだったとしても一部の出費を経費に算入することもできます。またサラリーマンが不動産投資などを行えば、不動産に対する減価償却費を経費に計上してサラリーマン収入と通算して節税をすることもできます。マンション投資などを推奨している業者などのロジックは節税& [続きを読む]
  • 節税対策 法人
  • 節税対策を法人で考えた場合、個人のそれよりも選択肢が大きく広がります。個人では認められていない経費の算入が認められているからです。次の売り上げにつながる広告宣伝費なども経費になり節税の対象となります。ただし、経費が節税対策になるからといってむやみやたらな交際費の使い込みなどはあまり褒められるべきものではありません。節度のある経費の使い方と最大限の売り上げで法人が大きくなっていくものです。(実感。。 [続きを読む]
  • 節税対策 個人
  • 節税対策を個人がやろうと思った場合、法人や個人事業主と違ってあまり選択肢が無いのも実情です。法人や個人事業主であれば経費という名の費用を自分の売上や収入から差し引いた金額から税金を支払えばよいのですが、個人ともなると基本的にはその経費というものが認められていないのが実情です。そのため、個人はまず最初に収入から税金を引かれて、そこから諸々の費用を使っていくことになるというわけです。そんな節税対策の選 [続きを読む]
  • 節税
  • 節税に関しては本当に真剣に色々と考えてきました。サラリーマンから個人事業主を経て法人を立ち上げているのでそれぞれのタイミングで節税に関しては学んできました。これから学んだ情報を紹介していこうと思います。専門家ではないので、高度で難解なことは表現できないのですがその分、生きた節税の情報をお伝えできると思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …