green_owl88 さん プロフィール

  •  
green_owl88さん: 森とうたう。森のフクロウ、森ブログ。
ハンドル名green_owl88 さん
ブログタイトル森とうたう。森のフクロウ、森ブログ。
ブログURLhttps://green-owl88.hatenablog.com/
サイト紹介文森とうたう森アーティスト始めました。”森のフクロウ”の、森、歌、ボイスヒーリングなどの活動記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 86日(平均1.5回/週) - 参加 2018/07/25 12:47

green_owl88 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • “森といのちのカーニバル”仲間募集!!
  • “森といのちのカーニバル”今年の5月、頭にふと飛び込んできた言葉。それがよぎった瞬間、爆発的にわくわくして、よく考える前から「何それ絶対やりたい!!」って思った。キャンプや自然はもともと大好き。しかもそうこうしてるうちに、これも直感から森とともに創り、森とともに歌うという活動が始まった。とにかく、森が呼んでる。それだけはわかった。そしてもう1つの大事な文脈として、私はみんなが楽しそうにわいわい輝い [続きを読む]
  • “森といのちのカーニバル”仲間募集!!
  • “森といのちのカーニバル”今年の5月、頭にふと飛び込んできた言葉。それがよぎった瞬間、爆発的にわくわくして、よく考える前から「何それ絶対やりたい!!」って思った。キャンプや自然はもともと大好き。しかもそうこうしてるうちに、これも直感から森とともに創り、森とともに歌うという活動が始まった。とにかく、森が呼んでる。それだけはわかった。そしてもう1つの大事な文脈として、私はみんなが楽しそうにわいわい輝い [続きを読む]
  • 「何かである」より、「何しにきた」のか。
  • 不安になる時。先が見えないって感じた時。そういう時は、だいたい「答え」とか、「どうしたらいい」とか、答えを欲しがってるのかもしれない。いくらここにない「答え」らしきものを聞いたところで、自分の心が訴える本音を聞いてあげなければ、不安がやむことはない。だって気付いて欲しくてアラームをだしているんだから。みえないものに対して、既にあるものや答えに見えることを当てはめるのは簡単。でも、それっぽいものに自 [続きを読む]
  • みんな、ともだちの世界。
  • わたしのみたい世界。わたしの生きたい世界。わたしの創りたい世界。みんな、ともだちの世界。みんなって、人間だけが仲良しってことじゃなくて。仲良しである必要もそんなにないとも思っていて。本来の自分をそのまま生きれば、それが調和してるってことだ。自然。水や風、樹、石、火たち。生き物。人間、犬、猫、鳥、虫、沢山の命たち。地球。地球自身。みんなのお母さん。神さま、精霊たち。いろんなものに宿る多くの存在たち。 [続きを読む]
  • 「自己表現なんて怖くてできなかった」 About 森のフクロウ
  • こんにちは。森と歌う森アーティスト、森のフクロウです?? ここでは、「読めばわかる、森のフクロウのプロフィール」をお届けしようと思います。 普通に会社員としてしか生きてなかった人が、何で自然とともに歌うなんてことをすることになったのか。 もともと、・自分の意見を言うのにもドキドキする。・人の顔色を見る。・人がやってるのをみて、失敗しないよう真似してからはじめる。・昔、歌詞を書こうとした時は、怖すぎ [続きを読む]
  • きつねに包まれたとはこのことだ。
  • 先日エネルギーシフトセッションを受けてくれた親友。かわいい、美人ぞろいの友人たちの中でも際立つほどの美女なのだけど、感想をもらったら、まるで機内誌のコラムのような、おっさんコラム。笑。コメント内容は、頭のきれる方なので、とても的確。美人とおっさんのギャップをみなさんに共有できなくて残念ですが、せっかくもらったので載せときます。笑。◇◇◇きつねに包まれたとはこのことだ。何が起こったのか分からない、だ [続きを読む]
  • 森のフクロウ、第2ステージ。
  • きたー!みえた!!森のフクロウ、第2ステージ??最近、すごいサイクルで回せるようになってきたのは、違和感をキャッチして、望む方を探し出し、行動に繋げる。ということ。これがくるくる回せるようになってきたから、自分の望むものへどんどん近づいてこれるようになってる!実践あるのみやね!ほんで、この前、「ボイスヒーリング」はイメージとなんか違う、て違和感から、わたしがむっちゃテンションあがる名前をつけた。Vo [続きを読む]
  • ひとりにひとつ。100%オーダーメイド。
  • なんでこのカラダなのか。なんでこの性格なのか。なんであんな経験したのか。肉体的なこと、精神的なこと、生い立ち的なこと。得意なこと、苦手なこと。細かいひとつひとつにまで。なんでわたしがいまこのわたしなのか。それが明らかになる時が、人それぞれのタイミングで訪れる。100%オーダーメイド。すべてがカスタムであり、そして完璧なカスタムであり。そのことが、ほんまに腹落ちすることがあって、めちゃくちゃ嬉しかったし [続きを読む]
  • 名前をつける、姿をあらわす。
  • ボイスヒーリングのセッション名、おもいついたーー!!今第一次モニター中で絶賛セッション中のボイスヒーリング。なんとなく、やってることはそうなんだけど、「ボイスヒーリング」てイメージがなんとなくかっちりハマらなくて。そんなおり、友人から「あがるセッション名、考えてみたら?」たしかに!そしたら、お風呂入ってたら、降ってきた!わたくし、森のフクロウ。音楽、歌と同じくらいに、むしろそれ以上にダンスが大好き [続きを読む]
  • ボイスヒーリングのセッション名、おもいついたーー!!今第一次モニター中で絶賛セッション中のボイスヒーリング。なんとなく、やってることはそうなんだけど、「ボイスヒーリング」てイメージがなんとなくかっちりハマらなくて。そんなおり、友人から「あがるセッション名、考えてみたら?」たしかに!そしたら、お風呂入ってたら、降ってきた!わたくし、森のフクロウ。音楽、歌と同じくらいに、むしろそれ以上にダンスが大好き [続きを読む]
  • 明け渡した力を、とりもどせ。
  • この1週間。ズレたことをきっかけにエネルギーの総復習。自分の中心に戻ってズレて。そしてまたもどる。中心意識にもどる時の感覚は、木の幹の中のような安心感と、静けさ。そしてドラクエをプレイしてる自分を見てる、て感じのイメージ。この3日、イベントを含め、セッション5連発だったのだけど、やはり面白いことに、同時多発的に繋がったテーマが見えてきた。最初に共通してあらわれたのは、怒り。色んな目の前の出来事、セ [続きを読む]
  • 「わからない」の先にあるもの。
  • 山の日に、「あ、ズレてんな」ってわかってから、ここ2日ほど徹底してエネルギー整えてた!これまでのエネルギーについてのおさらいもしまくって、元の位置に戻ってこれたー!むしろ今までで一番意識が拡大できたかも??ほんで、この2日おさらいしてた時に色々自分のこれまでがばばーっと巡ったんだけど、ほんと早く気づいた方が良かったなーと振り返るなかでつくづく思ったのは、「わからない」という思い込みを捨てる。こと。 [続きを読む]
  • 自分のリズムをつかむ。
  • 昨日は山の日。偶然、名前に山のつく友人を含め、群馬の桐生川源流林という渓谷へ。なんだか自然と10日おきの感覚くらいで森に行けてるのが嬉しかったのだが、ここ数日、喉がおかしくて、歌えない、歌いたくならない。歌ってるのに楽しくない、という状態に。調整してもらいながら渓谷につくものの、一向に歌いたい気分になってこない。そんときの自分の気持ちは、せっかく来たのに、なんかすこしくらい撮っていかなきゃ。だった。 [続きを読む]
  • 本当の自分の声、その威力。ボイスヒーリング開発記。(佳境)
  • どうも。森のフクロウです。 最近空がきれい??ここ数日は、連日、ボイスヒーリング開発にいそしんでました!展開につぐ展開で思わぬ方向に発展する毎日! もともとは、”森とうたう”を進めていった結果、たどりついた「本当の自分の声で歌う」ということ。 「本当の自分の声をだす」ってことは「本当の自分の心を表現する」ことだったり、「本当の自分を発揮する」だったり、「本当の自分で生きる」ことだったり、「本当の自分 [続きを読む]
  • 「願い事が叶う魔法のゲーム」やってみた。
  • https://ameblo.jp/toru-nishida/entry-12347589387.html偶然目にしたこのブログ。なんかこういうのも縁だなってことで、面白いので私もやってみた。以下、ゲームの内容は上記ブログからコピペさせてもらいますー。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 これ、かなり当たってます。(らしいです)このゲームを考えたご本人は、たったの10分で願い事が叶ったそうです。たったの3分ですから、是非試してみてください。まず、 [続きを読む]
  • 森とうたう。森アーティストはじめます。
  • 今日から新しくブログ始めます。題して。『森とうたう。森のフクロウ、森ブログ』6月頃から、急に作詞を始めたわたし。思いつくままに言葉を紡いで遊んでいたら、なんだかあれよあれよと。『森とうたう』そんな1つの結論に辿り着きまして。やっぱり、おみくじで2回も「表現(=国語の勉強)」を八幡様から押されただけあったようでして。【森アーティスト誕生の流れ】『国語を勉強しなさい』×2度も。(おみくじの八幡様 [続きを読む]
  • 過去の記事 …