ハリ子 さん プロフィール

  •  
ハリ子さん: ハリ子の妊活日記-体外受精-2人目が欲しい-お金の事情
ハンドル名ハリ子 さん
ブログタイトルハリ子の妊活日記-体外受精-2人目が欲しい-お金の事情
ブログURLhttp://hariko2.blog.jp/
サイト紹介文2人目を希望し、妊活突入ー体外受精ーかかる費用はどのくらい?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 26日(平均8.3回/週) - 参加 2018/07/25 21:19

ハリ子 さんのブログ記事

  • 採卵に向けて最後の血液検査
  • 本日は、D9エストロゲン値は、E2:815 右5個、左7個 たまごの大きさは8〜11mmで左が大きめでした。前回初期胚を移植してダメだったので今回はすべて凍結することになってます。薬の反応は前回ほどではないそう。些細な言葉に一喜一憂する日々。10コたまごを取れたら良いなぁとのこと。本日の看護師の教えハリ子「たまごを自然周期で大きくして1個とって、胚盤胞にするのと、薬でたくさんとってたくさん胚盤胞にするやり方があります [続きを読む]
  • 採卵のための血液検査、医師の一言で傷つく
  • 2回目の採卵に突入してます。本日はD7。実は昨日、薬を忘れてしまいました。採決のとき看護師に聞いてみましたハリ子「もし、朝の注射を忘れたら採卵は中止になりますか?」看護師「思い出してその日の注射を夕方とか 夜に打ってもらえたら問題ないですよ。    翌日になってしまったときは連絡ください」もう、気が抜けてるのか。赤ちゃんができない気がして。気持ちが落ちています。こんな状態でちゃんと卵は [続きを読む]
  • 不妊治療の用語、BT、ETなど
  • 不妊治療をされている皆さんが使っている、D、BT、ETいろいろあるけど、わからなくてやっと調べてみました。もっと早く調べればよかった。ブログを読んでも意味が分からず、流し読みしていましたが、これでちゃんと理解できます。IVF=体外受精(in vitro fertilization)ET=胚移植(embryo transfer )  ET=胚移植は、採卵2〜3日後の4〜8細胞期胚を戻すもの。 BT=胚盤胞移植(blastocyst transfer)  BT=胚盤胞は、採 [続きを読む]
  • 不妊治療の用語、BT、ETなど
  • 不妊治療をされている皆さんが使っている、D、BT、ETいろいろあるけど、読んでもよくわからなくてやっと調べてみました。もっと早く調べればよかった。ブログを読んでも意味が分からず、流し読みしていましたが、これでちゃんと理解できます。IVF=体外受精(in vitro fertilization)D=Day 生理の日数ET=胚移植(embryo transfer )  ET=胚移植は、採卵2〜3日後の4〜8細胞期胚を戻すもの。 BT=胚盤胞移植(blastocyst tr [続きを読む]
  • 2回目の採卵に向けて。
  • 判定日から4日。気持ちは少し落ち着いた。また、リセットして赤ちゃんができるまで頑張ろうと思う。今日は、血液検査。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量をみる。ホルモン量はいい、子宮がリセットされてる。採卵に向けてスタートできるようだ。AMH:1.45前回もこのくらい。それで、27個も卵をとれるとは!って医師が言った。この数値だと、とれないものなのか…では、次はとれるのか…とやはり不安になる。子宮は、もやーっと大きく [続きを読む]
  • 2回目の凍結胚移植にかかった費用と助成金申請
  • D13・・・子宮鏡検査、抗核抗体検査D20・・・移植(BT0)D34・・・判定日(BT14)体外受精の用語、ET、BTについて 今回の周期でかかった費用は142,210円申請で戻ってくる金額、70,000円72,210円のマイナスまだ、1回目の助成金が振り込まれていません。もちろん、2回目もです。戻ってこないと、次の採卵の時の費用が苦しくなります。振り込みが遅れているということですが、申請が通らなかったのではないかという不安があります。次 [続きを読む]
  • 2回目の凍結胚移植で服用した薬
  • 2周期目は生理周期を薬でコントロールし、移植日を決めすべて薬で管理された治療だった。「この日が生理3日目です」と、決められた日からプロギノーバエストラーナテープ(隔日)バファリン柴苓湯ウトロゲスタン抗核抗体が高い可能性があるので17日目から追加でデカドロンタクロリムス20日目の移植日にP50(注射)これだけたくさんの薬を飲むことは人生初。薬剤師である私は、自分のこの体験を仕事に活かせると思う気持ちが少しあ [続きを読む]
  • 凍結胚移植、2回目の判定日
  • ずっとダメなんだろうなと予感はあった。診察室に呼ばれたときも、医師の声のトーンでダメだったんだ…とわかった。感情はない。なんでダメなのか…一人は産んだのに、二人目はこんなにも遠い。次の採卵の話をした。今回はホルモンで生理周期を作ったので、子宮をしっかり休めている。だから、採卵までに間隔をあけなくてもよいと。「また、始める気になったら子宮を休める薬を飲み始めましょう」と言われたので、「すぐ始めてくだ [続きを読む]
  • 判定日の前日
  • 判定日の日の前日体も特にしんどくなく、いつもの生理前の体調じゃない気がするのに。。。。なんだか、血のにおいがする・・・・これは、生理前の鉄のにおいかな・・・期待と不安と、期待と不安と。。。。不安が勝る。おなかも痛くないし、体もしんどくないけど生理が来そうな予感。こんな状態だけど、ほんのちょっと期待してしまう。薬も飲み忘れたのに・・・生理痛のような痛みもあったのに・・・・それでも血液検査をするまでは [続きを読む]
  • 判定日の2日前
  • 前回の判定日の数日前と同じおなかの痛み。生理痛のような痛み。朝、目覚ましの時間より前に痛みで目が覚めた。と、同時にガッカリ。いつもと同じ、生理の周期の予感。わかってしまった。受精は成立していない。期待をしたけど何も変わらない日常。凍結した卵は2回分。採卵からしないといけない。仕事の調整、体への負担、また頑張ろう残りの薬はちゃんと飲んで、サプリメントもちゃんと飲む。途中でやめないように言われているの [続きを読む]
  • 朝の薬を飲み忘れたっ!
  • 朝の薬を飲むのを忘れた。前回、忘れたときはたまたま旦那が休みだったのでお願いして職場まで持ってきてもらった。今日は仕事なので無理。有効血中濃度が下がって着床に影響があるかもしれない。心なしかお腹が痛いし体がだるい。いつもの生理前の体調と同じ気がする。黄体ホルモンを補充できないと赤ちゃんが子宮に居続けることができないって聞くから不安。今回もダメだったらまた採卵しないと。ツライ・・・不妊に悩む方々の体 [続きを読む]
  • 2回目の凍結胚移植から1週間
  • 移植してから一週間。来週の判定日まで、まだまだ時間がある。本当だったら生理が始まっているこの時期に、薬で遅らせているのでいつもと違う体調に期待と不安が入り混じる。前回移植した後、このくらいの時期には生理痛にも似た痛みがあって少しだけ期待したけど、血液検査の結果は陰性。着床成立していなかった。今回も、ここ数日は体調に敏感。おなかが痛いような、気持ち悪いような、それが生理痛なのかちゃんと妊娠しているの [続きを読む]
  • 2回目の凍結胚移植
  • 前回受けた、抗核抗体の検査。自分の細胞を攻撃してる可能性を、医師から告げられ、数値は40倍とのこと。それは、少し高め、らしい。最高1280倍の方が最高で、その方を主治医は妊娠させたと。数値が高くてもやり方があるとか。今、タクロリムスとデカドロンを服用中。免疫を抑えて着床しやすくする。移植する部屋へ入り、5分で終了。エコー写真をもらって、ここに卵を戻したよ、と説明。本当に受精卵が戻ってきたのか実感はないま [続きを読む]
  • 1回目の凍結胚移植で服用した薬
  • 今回は、自然な排卵周期で凍結胚移植をしてもらいました。排卵周期:卵胞を育てて排卵を確認後に移植卵巣の状態を確認、排卵周期に合わせて移植日を設定、服用する薬も少なめでした。プロギノーバウトロゲスタンフォリルモン注75生理3日目、10日目、15日目に受診をし、17日目に移植。良かった点薬の種類が少なくて楽だった悪かった点移植までの受診回数が多くて大変だった。勤務先への説明が大変だった。直前にならないと次の予定 [続きを読む]
  • 1回目の新鮮胚移植で服用した薬
  • 採卵後、移植するまでに服用した薬。プロギノーバウトロゲスタン卵巣刺激方法:アンタゴニスト法薬を使用して卵巣を過剰に刺激しているので胚を移植するときにちゃんと受け取れる状態になっているかどうか。卵巣を過剰に働かせてたくさん卵をとったので過剰症にならないように気を付けるようにと言われた。何か異変があったらすぐに医師に電話。結局、何も異変はなく体調も特に変化がなかったのでいつもどおり過ごすことができた。 [続きを読む]
  • 1回目の採卵で服用した薬
  • 初めての採卵までに服用した薬。富士HMG300単位フェリングHMG450単位ガレニスト0.25良かった点薬の使用で体調の変化はなくしんどさはありませんでしたあっという間に終わって、医療が進歩したのを感じました。悪かった点採卵までの受診回数が多くて大変でした。勤務先への説明が大変でした。直前にならないと次の予定が決まらないのがしんどかったです。医療用の葉酸を教えてもらいました。市販のサプリメントではなく、製薬会社が [続きを読む]
  • 1回目の凍結胚移植までにかかった費用と助成金申請
  • 今回は2回目。体外受精の申請は、すんなりいった。 税金の書類も省略できて、申請書と領収書で完了。次の治療も始まっているので、新たな申請書をもらって帰った。前回の申請の助成金はまだ振り込まれていなかったもう少しかるみたい今周期でかかった費用7日目・・・判定日、兼、移植準備開始日14日目21日目・・・移植日33日目・・・判定日140,215円ホルモン補充をして、自然周期に合わせて卵の成長を確認。タイミングを見て移植。 [続きを読む]
  • 子宮鏡検査と抗核抗体
  • 前回、判定日に医師から言われた。着床しなかった原因の一つが抗核抗体の数値が高いかもと。今日の血液検査で、抗核抗体の検査も一緒にする。数値が高かったら、自身の免疫が受精卵を攻撃しているかもしれない。子宮内膜の厚みはちょうどいいので来週移植予定。自分の免疫せいで子供ができないかもしれないと思うと、切ない。1回目の凍結胚移植で着床しなかったから子宮鏡検査もすることになっていたので、今回実施。子宮鏡検査は [続きを読む]
  • 1回目の凍結胚移植の判定日
  • 今回は、生理開始から33日目の受診。いつもは26日くらいで生理が来るので、一週間くらい遅れていることになる。というか、薬で生理が来ないようにしているので遅れているというのもおかしいけど。病院に行く前に少し出血があった。心の準備をしておく。血液検査で、妊娠判定。待つこと一時間ちょっと。診察室に呼ばれる。医師が、怖い顔。妊娠してない・・・・と悟る。私の今の状態で妊娠していないのは免疫が自分の細胞を攻撃して [続きを読む]
  • 1回目の凍結胚移植
  • 簡単な説明を受けたらすぐ移動。手術室に入る。麻酔もない。痛みもない。モニターを見ながら説明を受ける。ラボから卵を移動させる際にスポイトの中に吸い込まれる受精卵を見せてもらった。「この卵を戻します」と。小さすぎて体の中に受精卵が戻った実感もない。不思議な感じ。 あっという間に終わり。「いつも通り過ごして大丈夫です??」とのこと。次は、判定時の受診75,600円 [続きを読む]
  • ホルモン値確認、移植に向けて
  • いつもちゃんとした良い数字が出る血液検査。 自然周期にホルモンを足して移植をする。 子宮の内幕の厚みがあれは、予定通り移植ができる。なかったらまた再受診だったけど、なんとかクリア。医師からの説明も、血液検査の数値がいいので大丈夫でしょうと言われる。 安心はするけど、結果が出ていないので心の底で不安があるが、考えないようにする。 気持ちで負けていると旦那が言う。 できると思わないとできないと。 その通り [続きを読む]
  • 凍結胚移植準備-2週目-
  • 判定日から7日。 次の移植に向けて準備が始まりました。次は、凍結胚移植。 プロギノーバと膣錠が処方されました。 ホルモン値と子宮内膜の厚みはいつもちょうどいいくらいなのに着床してくれない。 医師も、いろいろな手を考えてくれていると思います。 幸い、副作用らしき副作用も出ていないのでこのまま続けて行けそうです。25,295円 [続きを読む]
  • 1回目の移植までにかかった費用
  • 初診から1回目の採卵、移植、判定日までにかかった費用 666,055円 市の助成金を申請したので戻ってくるとしたら 300,000円 結果、366,055円のマイナス書類をそろえて区役所に申請に行ってきました。夫婦合わせて所得が730万以下であること が条件なので、 市民税・県民税特別徴収税額の通知書が返ってきてから申請となりました。 なんとか、申請できる額の所得だったので30万、戻ってくるといいな [続きを読む]