よろしく39 さん プロフィール

  •  
よろしく39さん: 〜と、ともかく入門から初段まで〜
ハンドル名よろしく39 さん
ブログタイトル〜と、ともかく入門から初段まで〜
ブログURLhttps://yorosiku.muragon.com/
サイト紹介文直立のまま近付く少女、笑える泣ける
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 21日(平均12.0回/週) - 参加 2018/07/26 13:00

よろしく39 さんのブログ記事

  • 11、手の平に目からウロコが
  • 11、手の平に目からウロコが  私は自分を中肉中背と言いたいが、顔だけ不気味に大きく、三頭身くらい。よく昔(五十年以上前)、 「テメー、でかい顔するな」  と言われても、周囲が一斉に笑って緊張が解けたりして。顔が広い、とは全く冗談で今も言われる。  例の児玉志田宇多、大先生は、八十歳だそうだが長身で、真っ直ぐ立つと私はかなり見上げた。 「一週間、ぶり、かな。僕は毎日来ているが」 「私は、一日に何回 [続きを読む]
  • 11、手の平に目からウロコが
  • 11、手の平に目からウロコが  私は自分を中肉中背と言いたいが、顔だけ不気味に大きく、三頭身くらい。よく昔(五十年以上前)、 「テメー、でかい顔するな」  と言われても、周囲が一斉に笑って緊張が解けたりして。顔が広い、とは全く冗談で今も言われる。  例の児玉志田宇多、大先生は、八十歳だそうだが長身で、真っ直ぐ立つと私はかなり見上げた。 「一週間、ぶり、かな。僕は毎日来ているが」 「私は、一日に何回 [続きを読む]
  • 10、手の平に目からウロコが
  • 10、手の平に目からウロコが  私は自分を中肉中背と言いたいが、顔だけ不気味に大きく、三頭身くらい。よく昔(五十年以上前)、 「テメー、でかい顔するな」  と言われても、周囲が一斉に笑って緊張が解けたりして。顔が広い、とは全く冗談で今も言われる。  例の児玉志田宇多、大先生は、八十歳だそうだが長身で、真っ直ぐ立つと私はかなり見上げた。 「一週間、ぶり、かな。僕は毎日来ているが」 「私は、一日に何回 [続きを読む]
  • 11、手の平に目からウロコが
  • 11、手の平に目からウロコが  私は自分を中肉中背と言いたいが、顔だけ不気味に大きく、三頭身くらい。よく昔(五十年以上前)、 「テメー、でかい顔するな」  と言われても、周囲が一斉に笑って緊張が解けたりして。顔が広い、とは全く冗談で今も言われる。  例の児玉志田宇多、大先生は、八十歳だそうだが長身で、真っ直ぐ立つと私はかなり見上げた。 「一週間、ぶり、かな。僕は毎日来ているが」 「私は、一日に何回 [続きを読む]
  • 11、手の平に目からウロコが
  • 11、手の平に目からウロコが  私は自分を中肉中背と言いたいが、顔だけ不気味に大きく、三頭身くらい。よく昔(五十年以上前)、 「テメー、でかい顔するな」  と言われても、周囲が一斉に笑って緊張が解けたりして。顔が広い、とは全く冗談で今も言われる。  例の児玉志田宇多、大先生は、八十歳だそうだが長身で、真っ直ぐ立つと私はかなり見上げた。 「一週間、ぶり、かな。僕は毎日来ているが」 「私は、一日に何回 [続きを読む]
  • 10、手の平に目からウロコが
  • 10、手の平に目からウロコが    私は自分を中肉中背と言いたいが、顔だけ不気味に大きく、三頭身くらい。よく昔(五十年以上前)、 「テメー、でかい顔するな」  と言われても、周囲が一斉に笑って緊張が解けたりして。顔が広い、とは全く冗談で今も言われる。  例の児玉志田宇多、大先生は、八十歳だそうだが長身で、真っ直ぐ立つと私はかなり見上げる。 「一週間、ぶり、かな。僕は毎日来ているが」 「私は、一日に [続きを読む]
  • 7、人間とは、宇宙とは
  • 7、人間とは宇宙とは  今日も今日とて、片手を腰に当て、狩野川を見ながら冷たい缶コーヒーを飲んでいると、 「チューハイもあるよ。僕は、もう飲めない、酒もチューハイも。暫くビールにしよう。梅酒ソーダも一個あるよ」  言いながら川原の石段を登って来る、前立腺ガンと膵臓ガンの、丁度八十歳、元社会科の教師でなく講師だか、元ホームレスだか・・・、太く長い杖を突き、もう片手に重そうなコンビニの白いビニール袋を [続きを読む]
  • 7、人間とは宇宙とは
  • 7、人間とは宇宙とは  今日も今日とて、片手を腰に当て、狩野川を見ながら冷たい缶コーヒーを飲んでいると、 「チューハイもあるよ。僕は、もう飲めない、酒もチューハイも。暫くビールにしよう。梅酒ソーダも一個あるよ」  言いながら川原の石段を登って来る、前立腺ガンと膵臓ガンの、丁度八十歳、元社会科の教師でなく講師だか、元ホームレスだか・・・、太く長い杖を突き、もう片手に重そうなコンビニの白いビニール袋を [続きを読む]
  • 6、花火大会直前の、狩野川
  • 7、人間とは宇宙とは  今日も今日とて、片手を腰に当て、狩野川を見ながら冷たい缶コーヒーを飲んでいると、 「チューハイもあるよ。僕は、もう飲めない、酒もチューハイも。暫くビールにしよう。梅酒ソーダも一個あるよ」  言いながら川原の石段を登って来る、前立腺ガンと膵臓ガンの、丁度八十歳、元社会科の教師でなく講師だか、元ホームレスだか・・・、太く長い杖を突き、もう片手に重そうなコンビニの白いビニール袋を [続きを読む]
  • 5、花火大会直前の、上土(アゲツチ)朝日稲荷神社
  • 7、人間とは宇宙とは  今日も今日とて、片手を腰に当て、狩野川を見ながら冷たい缶コーヒーを飲んでいると、 「チューハイもあるよ。僕は、もう飲めない、酒もチューハイも。暫くビールにしよう。梅酒ソーダも一個あるよ」  言いながら川原の石段を登って来る、前立腺ガンと膵臓ガンの、丁度八十歳、元社会科の教師でなく講師だか、元ホームレスだか・・・、太く長い杖を突き、もう片手に重そうなコンビニの白いビニール袋を [続きを読む]
  • 4、アイデンティティークラッシュ、その2
  • 4、アイデンティティー・クラッシュ、その2  炎天下を行くと、 「アイデンティティー、クラッシュ?」  長身の老人が、堤防の花壇の縁石に腰を降ろしながら多分そう呟く。 「え?アイ、デン、・・・な、なぜ!?」  大袈裟に私は両手を下方に広げて振り返った。 「スケートボード遊び等を禁じる、とあるのに」  老人が遠くまで顎を杓ると、辺りのプレートや立て札に多分確かに、そう書かれてある。 「又、アイデンテ [続きを読む]
  • 4、アイデンティティー・クラッシュ、その2
  • 4、アイデンティティー・クラッシュ、その2  炎天下を行くと、 「アイデンティティー、クラッシュ?」  長身の老人が、堤防の花壇の縁石に腰を降ろしながら多分そう呟く。 「え?アイ、デン、・・・な、なぜ!?」  大袈裟に私は両手を下方に広げて振り返った。 「スケートボード遊び等を禁じる、とあるのに」  老人が遠くまで顎を杓ると、辺りのプレートや立て札に多分確かに、そう書かれてある。 「又、アイデンテ [続きを読む]
  • 4、アイデンティティー・クラッシュ、その2
  • 4、アイデンティティー・クラッシュ、その2  炎天下を行くと、 「アイデンティティー、クラッシュ?」  長身の老人が、堤防の花壇の縁石に腰を降ろしながら多分そう呟く。 「え?アイ、デン、・・・な、なぜ!?」  大袈裟に私は両手を下方に広げて振り返った。 「スケートボード遊び等を禁じる、とあるのに」  老人が遠くまで顎を杓ると、辺りのプレートや立て札に多分確かに、そう書かれてある。「又、アイデンティ [続きを読む]