株の損失解消くん さん プロフィール

  •  
株の損失解消くんさん: 株の損失を挽回・解消・取り戻す方法は?
ハンドル名株の損失解消くん さん
ブログタイトル株の損失を挽回・解消・取り戻す方法は?
ブログURLhttps://kabu-sonsitu.com
サイト紹介文株の失敗での損失は取り戻すことが可能です。その方法を提案させていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 62日(平均4.5回/週) - 参加 2018/07/27 18:20

株の損失解消くん さんのブログ記事

  • 【逆三尊形成】これからが狙い目の●●市場!!
  • 8連騰中の日経平均株価は、遂に2万4000円の大台を回復。高値2万4129円突破の展開にも期待が高まる一方、国内の市場で最も出遅れ感が強いマザーズ市場。なんと、そのマザーズ指数に急騰サインが灯っています!!チャートは932ポイントを底とした逆三尊(トリプルボトム)を形成し、本日そのネックラインである1067ポイントを上抜ける動きを披露。この結果、値幅的には1150ポイントを軸に上下50ポイント、1100〜1200ポイン [続きを読む]
  • 【残念】IPOに当選できない方へ
  • ▼今月のIPOスケジュール▼上場日市場銘柄想定BB期間仮条件9/25東Mアイリックコーポレーション14109/5-9/111600-17709/26JQSブロードバンドセキュリティ8009/5-9/11690-7509/27東MSBIインシュアランス21609/7-9/131800-21609/27JQS極東産機3959/10-9/14395-4059/27インフラ東京インフラ・エネルギー投資法人10万9/10-9/139.7万-10万9/28東1ワールド36309/11-9/142900-32009/28東Mフロンティア・マネジメント22609/10-9/142160-2260 [続きを読む]
  • ≪必見≫この銘柄・・・
  • プロアナリストによる無料推奨銘柄情報になります▼【買】●●●ス●●●製●(※2※2)単元100株同社は※※※※向け工業用※※※大手です。主に※※※※向けの※※※※※※を手掛けており世界シェア首位を誇ります。海外売上比率は約9割と高く、同社の今期前提為替レートは108円程と円安はメリットです。19年3月期は通期で増収に転換する見通しで、主に東南アジアやインドでの回復、新商品効果などを見込んでいます。 [続きを読む]
  • 【見逃し厳禁!!】今おすすめの注目銘柄!!
  • プロアナリストによる無料推奨銘柄情報になります▼(※公開期限18年10月2日正午迄)【買】●●●ス●●●製●(※2※2)単元100株同社は※※※※向け工業用※※※大手です。主に※※※※向けの※※※※※※を手掛けており世界シェア首位を誇ります。海外売上比率は約9割と高く、同社の今期前提為替レートは108円程と円安はメリットです。19年3月期は通期で増収に転換する見通しで、主に東南アジアやインドでの [続きを読む]
  • 大半の人がざっくりとしか理解してない“信用取引“について。
  • 「信用取引はリスクが高いため、株の熟練者がやるもので初心者には向いてない」という考えが一般的にあるかもしれませんが、これは間違いです。むしろ、信用取引の増減は、株の値動きに大きな影響を与えるため、初心者こそ信用取引を理解しておく必要があるのです。信用取引とは?信用取引とは、株式を売買するために証券会社からお金や株券を借りて行う取引のことを言います。株券を借りるには、担保となる保証金を預ける必要があ [続きを読む]
  • 【注目銘柄記載】年末株高に向け“視界は良好”!!
  • おはようございます。本日の日経平均の予想レンジは2万3650円─2万4000円。5日続伸中の日経平均株価。本日も欧米株高、為替相場での円安基調を背景に買い優勢での展開がみこまれます。20日の米国株式市場は貿易摩擦懸念への警戒感の後退をうけNYダウが1月につけた過去最高値を約8ヶ月ぶりに更新。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も3日続伸でこちらも過去最高値を更新とすこぶる好調な展 [続きを読む]
  • 【事件発生】セキュリティ関連銘柄に注目
  • 日本の仮想通貨取引所『Zaif』でハッキング事件が発生し、67億円以上の仮想通貨が流出したとのことです。今年2月に起きたコインチェックのネム(XEM)流出事件での被害額は580億円相当、それに比べると被害の規模は小さいですが仮想通貨取引所のセキュリティ面の脆弱さが再度浮き彫りになった形ではないでしょうか。この一件を受け、サイバーセキュリティ関連銘柄に物色の矛先が向かいそうです。【2326】 デジアーツ【2327】 [続きを読む]
  • それは大きな勘違い!PERの活用の仕方!!
  • 銘柄選びの際に「高PER=割高だからNG!!」と考えていると、有望株を見落とすことになります。逆に、「低PER=割安だから狙い目!!」と勘違いしているとと業績悪化の銘柄をつかんでしまうリスクがあることを知っておきましょう。高PER=割高だからNGは間違い株価を1株当たりの利益で割って求めるPER(株価収益率)は、株価の割安度を判断するために投資家が活用する重要な指標です。ご存知かもしれせんが、PERが高いと割高 [続きを読む]
  • デイトレーダー必見!短期の基調転換をとらえる方法!!
  • 価格が前日比と変わらずでも売り優勢、大幅安でも買い優勢のといったケースがあります。株価と需給のねじれをローソク足で見ることで、相場の流れをとらえることができます。ローソク足から流れを読む株価が前日と同じ300円で引けた場合、売りと買いの勢力が均衡しているかのように見えるかもしれませんが、実は流れが180度変わっているときがあります。これは野球などのスポーツで例えることができるのですが、前半は4−0 [続きを読む]
  • 初心者でも投資信託なら安心は嘘!失敗・損失は案外多い
  • 投信がオススメされる理由まずはじめに、オススメの投資信託(以下、信託)は、売り手がもうかるからオススメになっているだけであり、実は、投信は初心者向けではないということをご存知でしょうか。投信とは、品質を見抜く力が求められる経験者向けの投資商品なのです。投信を扱っているのは証券会社だけではなく、銀行や信用金庫でも扱っています。また近年ではインターネット上で投信を売買する人も増えていますが、馴染みの銀 [続きを読む]
  • 【注意】その分散投資!間違っていませんか?!
  • 「卵を1つのカゴに盛るな」という格言があるとおり、投資の分散は基本中の基本といえます。分散投資とはリスク(変動要因)の分散も目的として、分散すればするほどリスクを低減できますが、分散には「投資対象」と「時間」という考え方があります。分散の要素は2つある。投資対象の分散まず、投資対象の分散からふれていきますが、投資は株だけでなく債券や為替など、その他にもおおくの形が存在します。この中で株を例に挙げれ [続きを読む]
  • 知ってますか?!株式投資でよく使われる「リスク」の本当の意味!!
  • “リスク”の意味を誤解してませんか?投資でよく利用される“リスク”という言葉ですが、この言葉の本当の意味を知らない人は案外多いようです。そして、このリスクの意味を履き違えてしまうと、資産運用を根本から間違えるといわれるほど重大なことなのです。リスクは直訳すれば「危険」という意味ではありますが、投資においては“可能性”と解釈するほうが適切です。つまりは、将来における不確実さ、わかりにくさ、という意味 [続きを読む]
  • デイトレするなら値動きの大きな銘柄で!
  • 株価の値動きの要因は、世界情勢や景気、為替、企業業績やニュースや材料など多岐にわたりますが、この値動きは時期によって変動幅が大きくなったり小さくなったりします。仮に1000円程度の価格の株であれば、1日に10円くらいしか動かない時期もあれば、大きく数十円も動く時期があったりします。これは、どの銘柄にもいえることですが、動かないときは動かず、動く時はどの銘柄もおおきく動くということです。また、時期と [続きを読む]
  • 株での失敗を避けるには資金管理(マネーマネジメント)が大事。
  • 資金量に応じた戦略を考えましょう。株取引において「資金管理」は重要なファクターとなります。市場分析などは研究していても、資金管理という観点を持ってトレードしている個人投資家は案外すくないのではないでしょうか。一概に資金管理といっても考えなければならないことは様々です。どのような資金管理で運用するかは、自身の運用資金の大きさを基準に考える必要があります。これは、まったく同じ売買ルールを使ってトレード [続きを読む]
  • キャッシュレス化や預金封鎖やタンス預金の話
  • 世界的にキャッシュレス化が進む一方で、日本のキャッシュレス決済比率は現状で2割程度と言われています。韓国や中国は既に5割を超えているため、日本はキャッシュレス後進国ということになりますね。まだまだ現金決済が主流の日本ですが、何故キャッシュレス化がなかなか進まないのでしょうか?日本は治安が良いため盗まれるリスクが少ないなどの理由があるかとおもいますが、個人的には、我々日本人の文化には古来より冠婚葬祭 [続きを読む]
  • 株で本当に勝ちたいならある程度のコストは必要?
  • 努力しない投資家は損をする株をやってみたけど失敗した、損失だけで終わったという人は、株式投資に取り組むうえでどれだけの努力をしたでしょうか。これといった努力もせず、“なんとなく儲かりそう”という安易な気持ちで市場に飛び込んで撃沈したのであれば、それは損するべくして損をしてしまったと言わざる得ません。何故なら、相場の世界は厳しいからです。株は約9割が負けると言われるほどですし他の大勢と同じことをやっ [続きを読む]
  • 株で損失を出す人の共通点、失敗する“16”の要因はこれだ!!
  • 株で損失を出してしまうひとには共通点があります。それらの要因を今回の記事では挙げていきますので、これらを克服することができれば“勝てるトレーダー”へと変貌を遂げることができるかもしれません。売買の判断と実際の行動が結びついてない。※判断したこととは異なった行動をとってはいけません。相場の値動きは人の感情を揺さぶり翻弄してきます、こうだと自ら判断した通りに実行するようにしましょう。分析の仕方が未熟 [続きを読む]
  • 株高バブルの崩壊目前?!株式投資以外の資産運用も考える
  • 金融市場の崩壊も囁かれていますから、株式以外での資産運用を検討するのも一考ではないでしょうか。世界的にも弱気相場に突入してる?ここのところ、海外(主に米国)の金融関連のサイトをみていると『Bear Market』というフレーズをよく見かけます。相場の世界とベアといえばご存知の通り、相場が軟調、弱気であることを示す言葉です。日本市場においても、2018年に入ってからは軟調な推移となり、3月に安値をつけてから切 [続きを読む]
  • 株式投資以外の資産運用も考える
  • 金融市場の崩壊も囁かれていますから、株式以外での資産運用を検討するのも一考ではないでしょうか。ここのところ、海外(主に米国)の金融関連のサイトをみていると『Bear Market』というフレーズをよく見かけます。相場の世界とベアといえばご存知の通り、相場が軟調、弱気であることを示す言葉です。日本市場においても、2018年に入ってからは軟調な推移となり、3月に安値をつけてから切り返していいったものの、節目23 [続きを読む]
  • トルコリラ急落を経て秋に向けて株高の期待
  • トルコリラ急落の件先週に米トランプ大統領が対トルコリラでのドル高をけん制し、アルミ20%、鉄鋼50%の関税引き上げを表明したことでトルコリラの急落が起きました。トランプ大統領に似て好戦的な気質で知られるトルコのエルドアン大統領は12日、米国に対抗するかのような姿勢で、リラ安定化に不可欠とされる利上げを否定したことで、世界中の金融市場でリスク回避の動きが広がりトルコリラが急落。欧州金融市場の混乱を招 [続きを読む]
  • 株で損失を出さないために認識しておくべきこと。
  • テクニカル分析ですべての相場に対応できるわけではありませんが、短期的な取組においてはテクニカル分析の有用性は顕著となります。しかしながら、実際には相場の基礎もわからずチャートもテクニック指標も見ずに売買している投資家が多いため、株で損失を出す人が圧倒に多いのではないでしょうか。テクニカル分析を覚えたからと言って、どこで買ってどこで売れば儲けられるかを正確に知ることなどできるわけではありませんから、 [続きを読む]
  • 大きな損失を経験することで相場に対する考えが変わる。
  • チャートなど紙の上で考えられる理論と、実際の相場の中でポジションを持ちながら考えることの間には、大きなギャップが生じます。あくまでチャートは結果論でしかなく、現時点を基準に将来の株価がどうなるかを考えた場合、実際には株価がどう動いていくのか適切に捉えるのは困難です。また、人間には様々な心理が働いていますから、本来なら押し目で買わなければならなかった局面で売ってしまったり、戻りを売らなければならない [続きを読む]