takei hiroshi さん プロフィール

  •  
takei hiroshiさん: 花の店 たけい
ハンドル名takei hiroshi さん
ブログタイトル花の店 たけい
ブログURLhttps://takeikoriyama.blogspot.com/
サイト紹介文小さな花屋の毎日から 沢山の人に喜んでいただける日々を綴ります
自由文facebookは野球関連が多いですけど
よかったら覗いてみてください
https://www.facebook.com/koriyamaboys.takei
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 82日(平均8.4回/週) - 参加 2018/07/27 14:49

takei hiroshi さんのブログ記事

  • 看板のはなし
  • 花屋開店の24年前掲げた看板二階のベランダ部分がせり出しているところにビニールテントで5.4メートル×2メートル今から何年か前のこと大家さんから建物の全塗装をするからと言われ一度はずして設置と考えたけど劣化していて水玉も取れてしまうだろうから自作することに60センチ×20センチ100分の1中身がギュッと凝縮した(笑)中華街入り口の看板や神社お社のように入り口上に少し下向けてつけたこの看板へたくそさが妙に [続きを読む]
  • りんごが美味しくなってきた
  • 早生の林檎が出始め寒くなるにつれだんだん美味しくなってきたアップルパイなどりんごが旨けりゃまたおいしリンゴと言えば奇跡のリンゴ木村秋則さんがすぐ浮かぶそこにはそれを上手に説明されたローマ法王に米を食べさせた男で名をはせた高野誠鮮さんからたどりつく御二方とも命と向き合い誠を貫くそのたどった道は想像もつかないけど自分は何ができるかを全力で成し遂げて来た方々私の手本一つの事を突き詰めて無理だといわれてい [続きを読む]
  • ふくろう
  • お花のご注文いただき配達帰り集金に寄るようにと言ってくださるお客様がいる玄関に飾ってあるふくろう「不苦労」だから縁起物だと知ってからは気にしてふくろうグッズに目が向いてしまうでも苦労しらずでは実にならないからそのいわれはあまり気に入っていないけどこのふくろうたくさん見てきた中でも一瞬で強烈に惹かれた色 形 質感欲しい ではなく「自分で作るならこんな感じ」に出会った何故「作りたい」だったか自分でも不 [続きを読む]
  • 至福のチョコケーキ ♪
  • 以前息子が妻の誕生日に買ってきてくれたチョコケーキその出会いは息子が仕事のご縁で出会ったご夫妻にかけがえのない人生の道標となるお話を聞いたり大変お世話になったそのご夫妻の御子息がお店をされていてそこで販売していると聞き妻の誕生日にウチへ舞い降りたその時食べた感動は忘れられずもとても贅沢なので忘れたふりをしておりました(笑)でもどーしても食べたくて購入帰宅ウチでは入荷する事の少ない「カトレア」がたま [続きを読む]
  • ペチュニア
  • 大好きなお店バリ カフェ&ダイニング apiの庭に咲いていた「ペチュニア」ひと月ほど前に撮影したものなんとなく眺めていてその時は気付かなかった色のにじみの少ない真ん中3つの花模様中央から外に向かって綺麗な白い矢印に見えるん?ちがう!5つのかわいいハートが浮かび上がった!その人の観る物と観点その時の心のあり方によって見え方が全然違う今はゆったりした優しい気持ちそれで満たされてるからハートにしか見えない! [続きを読む]
  • 結婚記念日アレンジ
  • 結婚記念日に旦那さんから奥さんへ優しい色のアレンジメント結婚記念日入籍した日?披露宴をした日?ウチでは別の日なので両方特別の日にしています想いのある日が沢山あった方がいいでも出会った記念日とか〜〜した記念日とかあまり多くても困るけど・・誕生日は自分を生んでくれた母に感謝する日と聞いた事がある自分にとってうれしい日は多くの人を巻き込んでみんなで笑顔になっていたい今日はあなたにとって何の日ですか?まわ [続きを読む]
  • 読書の秋です
  • いつも「花の店たけい」のブログにお越しいただきありがとうございます今日は一冊の本を皆さんに是非お勧めしたくご紹介します私の人生の礎を作った本と断言しますこの本と出合った時の衝撃は妻と出合ったときの・・いえ、そちらには敵いません言いすぎでした(笑)この本はイギリスのジェームズ・アレンという方が今から116年前に書いた本です1世紀もの時を超えてなお影響を与え続ける物事の本質を提示した100ページほどの書 [続きを読む]
  • 月命日の花
  • 毎月決まった日にご注文をいただく方がいるお世話になった方の月命日にと欠かすことなく4年以上忠義を尽くし律儀の上にもただ淡々と送られる側も冥利につきることだろうと思う心のつながりのお役に立てるその気持ちに向き合い作成させて頂くこちらの身も引き締まるどんな生き方をすれば真が見えるのだろう日々あれこれ考え花を見つめる花っていろんな気持ちを背負って贈られているんだとあらためて思うその花から気持ちを探り感じ [続きを読む]
  • キングプロテア
  • ネイティブフラワーでも触れた花ギリシャ神話に出てくるプロテウスに由来するその中でも王様「キングプロテア」プロテウスは自分の意思でその姿を自由に変えられるという秩序正しく並んだおしべが開花が進むともっと立ち上がり四方に乱れる様はまさに変化(へんげ)ビッグバンの爆発が起こった宇宙での異次元空間へのトンネル入り口のようそれを想像して頭の中が錯乱した若き修行時の出来事花ってとっても神秘的怖くもありその反面 [続きを読む]
  • 祝スタンド花
  • 夜のお店の周年祝いに贈られたお花開店花やお店のママなどの誕生日などにも贈られる沢山並ぶと品評会絢爛豪華にぎやかに真っ赤な花はとてもよく目立つ自店で派手に挿したつもりでも配達先では地味に見えてしまうときがある色との格闘一所懸命挿してお届けすると次の日器回収の連絡を頂く儚いものを扱う花屋にとってももう少しそのまま飾っておいてとそんな気持ち回収に行ってすっかり花が抜かれた器を見るとみんなに喜んで持ち帰っ [続きを読む]
  • 変わらないデザイン
  • 10年前、商業施設テナントのお菓子屋さんがオープンしたときの「アレンジメント」つい最近つくったものと瓜二つ先日の開店アレンジ(オーバル卵型)にグラジオラスとグロリオサで動きを出した形何年経っても身体が覚えていて好きな形が変わらないぱっと見、遠くからでも自分の作ったものはすぐ判る自分で作って綺麗だと思うものはお客さんもきっと喜んでもらえるだろうと勝手に自己満足楽しみながら作っていると不思議と受け取った [続きを読む]
  • ポレポレシネマズ映画鑑賞
  • 妻がテレビの深イイ話の中で出ていた映画「カメラを止めるな!」に興味を示しさっそく見に行こうと計画レイトショーで見れる場所は?と確認したらいわき小名浜のポレポレシネマズ21:15スタート最終配達の仕事終わりが19:00でそれから車で2時間あれば間に合うぞと即行動低予算の映画だそうだし古びた映画館で地味に上映してるから遅くまで営業しているんだなと勝手に想像(笑)着いてびっくり最近できたイオンの商業施設内充実し [続きを読む]
  • 思わず競りで
  • 本日の競りで思わず手を挙げてしまい競り落とした花「くじゃく草」30本しか入荷無くウチにはちょうど良い!今までのは花が大輪に品種改良されて花姿が短冊のように幅広いこれは在来種の形三角すいツリーの形花も小さくかわいくてしかもピンクで八重一番大きい花でも直径15mm今まで見たこと無い!?久しぶりに売らずに店に飾っておきたい感92%何そのびみょーな数字?にほんブログ村 [続きを読む]
  • コーヒーの花
  • 珈琲が大好きで毎朝店に出勤したら正面入り口の鍵をあける前にまず淹れる至福の時でもウチはずっとコーヒーメーカーサイフォンなどとは程遠くいつかはそれでゆったり淹れて読書などしてみたい観葉植物の鉢で7月入荷についていた花贈られた先で今頃実が付いているのだろうかこの花を初めて見たとき思わず手が伸びあらかわいい鼻に近づけ香りをかいでみる優しい香り勘違い焙煎された良い香りを想像してた自分・・(笑)にほんブログ [続きを読む]
  • 花屋の息子
  • 7,8年前息子が大学3,4年の時3度ほど自転車で帰省池袋から郡山までママチャリで220?この格好なので東京出るときと埼玉入ってすぐの2度自転車ドロと疑われ職務質問されたと盗んだものじゃないとわかると「がんばれよっ!」警察の方に笑顔で見送ってもらえたって16時間、18時間、14時間3回のタイム18時間の時は極寒で会津若松市付近の国道で車が何台も雪で閉じ込められ身動きできず命の危険を感じながら過ごした [続きを読む]
  • 中村ばら園の薔薇
  • 定期に仕入れ販売させて頂くようになった中村ばら園(生産現場を訪ねて)中村さんのバラが届いた色とりどりで詰め合わせちいさな花屋に合わせた手間のとっても掛かる詰め合わせそんな気遣いをして頂いたそんな人のバラだから売るこちらも丁寧に紡いだ作品を販売したいコスト 鮮度 品質今までそれを気にして市場で仕入れしてきたけど自分の求めている品物は小さい購買力だと弾かれてしまうことが多々中村さんに出会って安定して満 [続きを読む]
  • かぶりつき
  • 昨日のブログに初登場上の孫あらたあれからウチに寄って夕飯食べさせ風呂も入り妻が焼いた食パン一斤お土産に持たせ自宅にお帰りしばらくすると息子から下の画像が送られてきた夕飯食べて満腹のはずなのに(笑)はじめ人間ギャートルズマンモスの肉にかじりついてる原始人の子そのものそれを笑って息子夫婦が眺めてる普通だめだと制止することをこどもの感情のまま一度させてみる自分たちの子育ての頃そんな余裕はとれなかったまず [続きを読む]
  • あらたとはじめ
  • たまたまの都合で孫の保育園お迎え息子と連れ立って孫二人を保育園まで迎えに行く帰り支度の時間なので子供たちがそわそわ誰の親が迎えに来たのか建物から出て乗り出し駐車場の方を覗きこむ保育士先生の静止の脇から裸足でこちらを伺ってるウチの孫新 あらた普段いっしょに住んでいないのでたまに生で身近に見る孫はたくましくなってる息子が下の子を迎えに行ってると見知らぬ女の子が寄ってきて「ねえ、誰のパパ?」「あらたとは [続きを読む]
  • 店づくり
  • 山形県寒河江市に夫婦で営む居酒屋ブログに上げる話をせずに勝手にアップなので名前は伏せておかなきゃと思い・・・でも、叱られてもいいや声を大にして言いたい「赤ほっぺ」このブログに何度か登場してる天童市のボスコホーム黒田社長と此処のママさんとの激闘の末完成した唯一無二の店と〜っても古い建物をリノベーションして「赤ほっぺ」武田ご夫妻が魂を吹き込んだ見事にその世界が表現されている初めて来てもどこか懐かしく [続きを読む]
  • バラの花びら
  • バラの花びらの一番外側つぼみの名残の一部みどりがかった花びら全部のバラがそうではないけどついている事で色を邪魔する場合もあるそんな時はそれを一枚取り除いてしまう色の濃淡があるバラの一部の場所を使いたくて花びら何枚もはがす時がある花の持ちを考慮せずその場の色を重視したいとき「すき、きらい、すき、き・・・」一枚ずつ花びらをはがしていく感じ床に落ちた沢山の花びらを見てお風呂に浮かべてみようかと実行した事 [続きを読む]
  • 演台の花 ハプニング付き
  • 今だから笑えるその時は真っ青になった懐かしい思い出思い出して探したら画像が出て来たのでアップ随分と昔の話なので画像も荒くごめんなさいある大手会社の講演会でのこと大変お世話になっている支社長から直接注文をいただき気合いを入れて作成納品オシャレな寄木でつくられた台にアレンジされたこの演台花自分でも上出来と有頂天で納品してその後関わっている野球チームの大会会場へ車を走らせ45分後支社長から電話・・・「講 [続きを読む]
  • お見舞いアレンジ
  • 元気が出るようにと注文を受け作成元気が出る色オレンジ 黄色それらを合わせ「お見舞いアレンジ」受け取った方によろこんで頂けますように心の中が華やぐかなあれこれ考え挿していく貰った方が元気になります様に一本一本の花たちにあとは君たちに任せたにほんブログ村 [続きを読む]
  • 鬼門封じの山
  • 江戸の時お城から見て鬼門の方角に位置していた筑波山鬼門から災いなどが入り込まぬよう要所とされた場所標高877メートルと高い山では無いけれど綺麗に山すそが広がって男体山女体山が対を成しゆったりと落ち着いた姿彼岸中日に先祖墓参の為に立ち寄った亡父の生まれ育った実家の庭から眺める幼少の頃からこの景色を見て育ったから父の穏やかな性格が作られたんだと改めて納得先祖に向き合い夫婦で手を合わす今の自分が此処にいる [続きを読む]
  • 開店アレンジ
  • お蕎麦屋さんの開店に御祝の「アレンジメント」を配達花束じゃなくカゴや器に吸水性スポンジを入れてそこに生け込む線や面を意識して形を作っていた時期もあったが最近は多色取り合わせで形はオーバル卵型開業当初デザインなどに憧れて線や形に注視してたある人が魅せたいけばなでもなくアレンジメントでもない背負いかごに無造作に花をまとめごそっと挿し和服の作者がそれを担ぐ写真集の1ページに心奪われた無造作にごそっとまと [続きを読む]
  • 不思議な花
  • 不思議な花と加工されたような画像どちらも違っていて画像はスマホで撮影し加工なし不思議な花は花じゃなく苞(ほう)とガクの部分で形成されて花のように見えるクルクマ「ラッターワン」ヤッターマン??どこかで聞いたような連想の変換が上手く行きませんごめんなさい良く出回っているクルクマシャロームよりちょっと上品で(個人によって見解が違います)凛としてる祝い花 供え花どちらにも優しい色なので合わせやすいそうそう [続きを読む]