rosiago さん プロフィール

  •  
rosiagoさん: Russian✽Tea
ハンドル名rosiago さん
ブログタイトルRussian✽Tea
ブログURLhttp://roshiago-lesson.blogspot.com/
サイト紹介文東京・横浜でロシア語の講師をしています。日々の出来事を不定期に更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 4日(平均43.8回/週) - 参加 2018/07/27 18:17

rosiago さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018年東京ロシア語学院 夏期集中講座
  • 2018年東京ロシア語学院 夏期集中講座のご案内です。私は、昨年に引き続き「検定3級対策講座・和文露訳(8月11日、12日)」を担当します。あたらしく「ロシア語の絵本を読む(8月15日、16日、17日)」も担当します。現在通っている大学院で研究しているのが「現代ロシア児童文学」なので、ロシアの絵本や児童書のことなど、専門を活かしたお話ができればと思います。ほかにもロシア語検定対策に役立つ講座、ロシア語がもっと好き [続きを読む]
  • MacBookの日本語
  • MacBook の日本語変換がストレスすぎる!!学習機能はないわ、妙におせっかいで「考えオチ」な候補ばかりがゾロゾロでてくるわりに、ふつうに考えて「すぐ出てきてほしい」変換候補がなかなか出てこない!もう耐えられん!!ということで、無料のGoogle日本語入力をインストールしました。https://www.google.co.jp/ime/インストール後にメニューバー右上の「あ」「A」などで表示されるアイコンからGoogle文字種を選択します。これ [続きを読む]
  • 『ロシア人・生まれてから死ぬまで』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年5月読了。 私はロシア語講師としてだけではなく、「通訳案内士」としても仕事をしています。「東京観光」など、ロシア語でガイディングをしながら観光客を案内する仕事です。歴史・文化・社会についての話が多いなか、ロシア人観光客が喜んでくれる話題の一つに「日本の慣習の話」があります。「なぜ日本では火葬にするの?」「昔は結婚相手を親が決めていたって本当?」からはじまっ [続きを読む]
  • 『ロシア民話集〈上〉』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年5月読了。 ロシアの民話を読んでいて感じるのは、「オオカミが意外と単純でイイ奴」ということです。主人公をまめまめしく助けてくれたり、他の動物に言いくるめられて妙に間抜けな行動をとったりします。これまでオオカミというと『赤ずきんちゃん』の人食いオオカミのイメージが強かったので、ロシア民話での意外な「ほっこり」ぶりに、なごみながら読んでいます。 [続きを読む]
  • ブロック体に書き順はあるのか
  • ロシア語の授業中、受講生からさまざまな質問を受けます。質問を受けてはじめて「そういえば、これってなぜこうなのだったっけ?」と改めてこちらの勉強にもなる質問もあれば、よくこんな質問を考えつくなあ!とユニークさに驚いてしまう(良い意味で)ものもあります。面白いと思ったのは、「ブロック体に筆順はあるのですか?」という質問。答えは「ありません」です。念のため、ロシア人の先生何人かにも確認しましたが、やはり [続きを読む]
  • 『ロシアの昔話」
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年5月読了。 昔話は通勤・通学電車の中で読むことが多いです。一つひとつのお話がみじかいので移動のスキマ時間に読み切ることができます。混んだ車内の殺伐とした空気から「おとぎ話」の世界へ、ページを開くだけで するっと逃げることができます。 [続きを読む]
  • 『幻のロシア絵本 1920‐30年代』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年4月読了。 「ロシア・アヴァンギャルド」とよばれる時代に描かれた絵本たちです。100年近く前の時代が香り立つ「クラシカル」さと、子どものために描かれた「正統的な可愛らしさ」、さらにアヴァンギャルドの「キレッキレさ」が混ざり合っているところが、とても魅力的です。 [続きを読む]
  • ロシア語講師 資格取得への道8◆モスクワ出発1ヶ月前
  • 今回は、モスクワ出発前に日本でやった下準備について書かせていただきます。いよいよモスクワに出発するにあたり、何はともあれ最終試験(口頭試問)にパスできるかどうかが一番心配でした。これから始まる2週間のモスクワ研修の最終日に、口頭試問が行われます。その約一か月前(2月13日)には、大学のホームページにТиповые экзаменационные вопросы (試験問題例)がアップされていました。と [続きを読む]
  • 大学院で学ぶことになりました
  • この四月から、大学院で学ぶことになりました。ロシアの現代児童文学を研究します。今さら(すでに50歳を過ぎていますので)なぜ大学院? については、自分でも納得し切っていない部分があり、何度も自問自答しました。もちろん「勉強をしたい」というのが一番の理由ですが、「なぜ急に、今になって」については、他に理由があります。昨年から本格的にロシア語講師の仕事をするようになったことで大きな心境の変化があり、突き動 [続きを読む]
  • 『ロシアの詩を読む 銀の時代とブロツキー』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年4月読了。 ロシアの15人の詩人についてのエッセーです。よりぬかれた15人のラインナップが豪華です。それぞれの詩は もちろん素晴らしいのですが(日本語に訳されています)、岡林氏の解説の日本語が美しくて、まるでそれこそが クリスタルでできた詩のよう。ロシア通はもちろん、ロシアの詩に触れるのははじめて、という人にもおすすめです。 [続きを読む]
  • 『はじめての言語学』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年4月読了。言語学に興味があります。 私の専門はロシア現代児童文学なので、言語学は「研究対象そのもの」ではありませんがロシア語講師としては、言語学の知識は不可欠です。複雑なロシア語の文法をできるだけクリアに、わかりやすく生徒さんに説明するためにも、言語学をもっと知りたい!!なにしろ仕事に直結している学問なので、身につまされる(?)「あるある」が多いことと、児童文 [続きを読む]
  • 『レポートの組み立て方』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年4月読了。 いわゆる「学校のレポート」は、大学の卒論を書いて以来、30年近く(!?)書いていないので、学術的な文章力とは? を 学び直すために読みました。これにて院生として恥ずかしくない文章が書けるようになったはず……なわけもなく、今の私は いわば「車の運転マニュアル」は読んだけれど、車を運転したことがない状態です。恥ずかしがらずにどんどん書いて、実践してい [続きを読む]
  • 『幼い子の文学』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年3月読了。 児童文学についての連続講話をまとめた本。子守唄から童謡、幼年期むけの短い物語へと順を追って、わかりやすい言葉で語られています。おもに西洋の児童文学についての話なのに、「美しい母語(日本語)を きちんと読み、書き、話せる人間になりたい」とあらためて強く感じながら読みました。外国語で書かれたお話の翻訳であっても、「言葉を大切にする」スピリットは消え [続きを読む]
  • MacBook のロシア語 アクセント記号
  • MacBook のアクセント記号の出し方1 右上の文字表示のところ  「あ ひらがな」とあるところ  を 2 展開した中から  下から3番目の  「絵文字と記号を表示」を開く3 開いた中に「Unicode」がある4 「Unicode」の中の0300台のところ=  「ダイアクリティカルマーク(合成可能)」の  「U+0301」を「お気に入り」に登録5 以降は上記1、2で「絵文字と記号を表示」して  「お気に入り」を す [続きを読む]
  • 『ロシア文学の食卓』
  • 読んだ本をリストアップしています。2018年3月読了。ロシアの文学作品に登場する、グルメの数々。「語学」「仕事」「勉強」のいつもの(?)ロシアとはまた違う、「食」のロシアもまた、ボリューミーで奥が深いことがわかります。本場のロシア料理を食べに、ロシアに飛んで行きたくなります。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …