noco さん プロフィール

  •  
nocoさん: OLだって毎月旅したい!
ハンドル名noco さん
ブログタイトルOLだって毎月旅したい!
ブログURLhttps://ameblo.jp/noco-freefeelfun/
サイト紹介文OLバックパッカー・nocoの旅ブログ。仕事も旅もしたいと試行錯誤9年。現在OLしながら毎月旅行中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 23日(平均44.7回/週) - 参加 2018/07/29 11:32

noco さんのブログ記事

  • 歴史は時空を越える
  • ここのおかあさんとっってもアイヌっぽい本当に勝手なイメージだけど。笑こんな感じでアイヌの伝統家屋で縫い物しているアイヌの人達が頭の中でクリアにイメージできた。ここアイヌコタンは今もアイヌの末裔の人達が住んでいるのであながち間違いでもなさそう。あるお店に飾ってあった木彫りの壁掛け。バリのボロブドゥールでもカンボジア王朝との戦いの壁画が遺跡に描かれていたりしたけれどこの壁掛けにもそういうストーリーがあ [続きを読む]
  • アイヌコタンで想いを馳せる
  • あったあった〜ここ阿寒湖温泉はアイヌ末裔の人達が住んでる地域。コタンはアイヌ語で集落・部落を表す。アイヌコタン。北海道は元々アイヌの土地。彼らは自分を自然の一部と捉え、自然と共にある民族。そこに和人がやってきて、どんどん侵されていく自分達の土地。歴史は勝ちの歴史というが、いわゆる負けと位置付けられてしまった側の歴史も当然あるわけでそこにはかなり貴重な歴史があったりするのだ。民謡も歌もそんな歴史を伝 [続きを読む]
  • 見つけた♪
  • 観光案内所の向かい側からまりもの湯方面へ向かう手前にpan de Panさんというパン屋さんがある。ここのパン屋さんの前に『5つの幸せの湯』という誰でも入れる足湯スペースがある。ここのお客さんでなくても入れる。しかもタダ蔦緑のルーフがあるけれどこの日の雨量が多く座る所が濡れていた。入りたい気持ちとめんどくさい気持ちが入り混じったがタオル持ってるし、せっかくなので入ってみることにしたカッパ着て立ったままで(笑) [続きを読む]
  • お散歩開始@阿寒湖温泉!
  • 先程、観光案内所でなにを探していたかというとFree!の足湯??滞在時間が2時間のため普通の温泉行くとそれだけでのんびりして終わっちゃうだから手軽に行ける足湯みたいなものないかなぁ〜ってねそしてまずは一つ目。『まりもの手湯??』これは足ではなく手なのだが、誰でもできるのでトライ下の写真、左上に「熱い!Hot!」の注意書き。注意書き通り、熱かったずっとは触れられないくらいでも雨で身体が冷えていたので手を少し触 [続きを読む]
  • 釧路川源泉→阿寒湖温泉
  • 屈斜路湖から釧路へ向けて流れる釧路川。ここは釧路川源泉。ここから朝バスを出発したところまで続いてるんだと思うとなんだか大自然の大動脈の上を通ってる気がしてなんだか感動した。雨が強くなってきた。ますます霧が深くなる一帯。阿寒湖周辺に到着。まずは観光案内所で調べてみる。一応少しは事前に下調べをするが、現地に行って調べた方が圧倒的に情報の精度もローカル度も上がるのでガイドブックには頼らずいつも観光案内所 [続きを読む]
  • 飲める温泉@屈斜路湖
  • 屈斜路湖の売店の中へ〜飲める温泉があったよ??しかもタダ温泉ゆでタマゴやコーヒーもあってリーズナブルな価格だったよ温泉を飲むには写真右端の枡を使ってこうやって湧き出してるところから飲む。温度は飲むのにちょうどいい感じここにも木彫りがあった。ちょうど彫っていらしたのでお写真許可頂き、撮らせてもらったよ上手だなぁなんだかキンキラキンのところがあったので近付くとぜ〜んぶ偽金グッズだった(笑)なぜこんな所に [続きを読む]
  • 屈斜路湖は雨でも楽しめる⁉?
  • どーん屈斜路湖の未確認生物・クッシーくんネッシーくんと兄弟だそうで連絡を取り合ってるだとか時は昭和。以前は新聞でも大きく取り上げられたそう。そんな話がある全面結氷する淡水湖として日本最大の面積を持つ湖。砂湯が有名で砂を掘ったらお湯が出てきて温泉が楽しめる。雨だけど人は多い。傘さしながらお湯を触ったり楽しむ人達。この子は完全に温泉楽しんでた雨で寒くないのか聞いてみると結構熱いらしい??だから体に触れ [続きを読む]
  • 硫黄山→川湯温泉
  • さてさて硫黄山を下るぞ〜足元悪いから転けないように蒸気なのか霧なのか境目が分からないねまたまた売店あったので入ってみる。硫黄山の名物とガイドさんもイチオシの温泉蒸したまごマグネットなんか全部リアルだな。笑これとか結構シュール北海道はこの形がウリなのかやたら多い北海道の地形マグネット硫黄山限定の地酒もあったよ温泉あるところには地酒と温泉卵が絶対あるあるジャパン次は屈斜路湖へ途中で大鵬相撲記念館があっ [続きを読む]
  • 硫黄山
  • 摩周湖の次は屈斜路湖手前にある硫黄山へすごい蒸気だね何か燃えてる煙かと思って一瞬焦ったこんなごつごつの足場を歩く硫黄の影響で黄色いあの蒸気が出てるところ程黄色が濃いからあの蒸気に硫黄が含まれてるんだね黄色い丸のところお湯が湧き出てるの分かるかなこういうのが所々で湧き出ていてちょっと触ってみた結構暑いこれは温泉入りたくなる??止まらない硫黄の蒸気〜写真じゃ大きさ分かりにくいけど一塊りで高さが人間より [続きを読む]
  • 売店でご当地探索
  • 売店の中、暖かい〜なにが有名とか全く調べてこなかった私。売店の中見渡すと結構分かるかなとなんたとなく分かるよねマリモとかキャラメルとか(種類多くてびっくり)摩周湖キャラメルもあったし、北海道の地名キャラメルもある(笑)チーズ・バター・生キャラメルうん。北海道っぽい。アイヌ民芸品・木彫りや鹿の剥製も鹿がこっちをガン見してる熊出没も根強い人気摩周湖バージョン限定キューピーもお土産物屋さんで知るご当地モノ [続きを読む]
  • 摩周湖の隠れた可愛い住民
  • まだ摩周湖〜売店入ろうと階段降りたらシュッとなにかが通り過ぎるん⁇動きを感じた方へ目をやると。。これは。。プラプラデーンでもお会いしたリスさんではないですかかわええのうきゃあ〜更に足元に近寄ってきてくれたと思ったらすぐプイッとどこかへなるほど(笑)エサ目的だったか。笑エサ持ってるか確認しに来たのね。そしてなかったからすぐ移動。笑笑でも可愛いから許すだからキティちゃんもリス仕様だったのね納得なっとく〜 [続きを読む]
  • 霧の摩周湖
  • やってきました〜第1ポイント摩周湖雨降りそうで心配したけどなんとか持ち堪えてくれて霧の覆う神秘的な摩周湖に出会えた。この地に来て、自分の目で見れた嬉しさを噛み締めて夏でも極寒だけど極限まで眺める。笑薄手の長袖じゃ足りない。コートいるわ。真ん中の島はカムイシュ島。ちょっと拡大ここにはアイヌの悲しい伝説が残されていて、カムイシュ伝説とググったら出てくるのでまた読んでみてください(笑)少しだけ言うと騙し討 [続きを読む]
  • 鶴居村
  • 次に通過したのは鶴居村〜。アイヌ語の地名がほとんどの北海道で和名なのは珍しい。皆様名前から御察しの通り鶴が居るそうだが、今日は雨宿りしてるのか一向に姿を見せない。鶴の像はあったけど(笑)この時期茶色の小鶴も親鶴と一緒にいることが多いらしいが、本日営業終了の可能性が濃厚(笑)拓けた土地にぽこんと木々集まる場所がなんだろう⁇気になるがサーっと流れていくバス。勝手に(笑)焦らされた感になる。次釧路に来た時は鶴 [続きを読む]
  • 車窓から動物鑑賞@釧路湿原
  • バスの車窓よりさっそく垣間見える自然。あれはお馬さんださすが北海道!放牧なんだね。お馬さん達も気持ちいいだろうなぁお次は牛さん達〜無意味に(笑)拡大してみようこの柄はばっちりホルスタイン種。白と黒の斑の乳牛。この子達から搾取する牛乳が日本の食卓に並ぶんだね。牛さん毎日お疲れ様〜霧の街といわれる釧路。今日はまさにその名前にぴったりの風景だ。晴れの日には釧路湿原の三分の一が見える展望台(さっそく名前忘れ [続きを読む]
  • PRAY FOR PEACE
  • 今から3年前、2015年8月17日。タイ・バンコクで爆破テロがありました。当時、私はバンコクに住んでいて事件が起きた時は仕事から帰宅途中で事件の起きた一本南の通りを大好きな赤バスで通っていました。まさか身近でテロが起きてるとも気付かずに。。テロが起こってしまったエラワンという所は昼夜共に人通りが多い所でタイ人達が普段から親しんでいる場所でした。その当時の記事が出てきたので続けて2件、載せたいと思います。更 [続きを読む]
  • ピリカ号、出発!
  • 釧路駅からまずは釧路湿原の方へ。車内から鳥取神社がお目見え北海道はアイヌと開拓移民なしで語れない地。その昔、明治開拓時代に鳥取からやってきた開拓移民の人達が築いた町なので鳥取と名付けられている。社は出雲大社から分社されたもの。横の資料館は鳥取城をモチーフにされたそう。釧路市内抜けるとすぐ湿原が。北海道=自然というイメージ通り高い建物はなく広大な湿原が続いていく。 [続きを読む]
  • 旅人達の朝
  • おはようございます朝7:00旅館のお母さんが用意してくれた朝食。しかもこの朝食はサービスサービスなのにクオリティ高い朝食で初めて他の宿泊者の方々と出会う。その中で出会ったイタリアからお越しのHさん。夏の長期休暇を利用して北海道を回っているそうだ。朝食を済ませ、釧路駅方面へ向かっているとHさんにまた出会う今から帯広へ向かうそう。Have a nice tripとお互い言い交わし、お別れをした。今日は今から阿寒バスの観光バ [続きを読む]
  • スーパーで見つけるローカルフード
  • 離島で夜の就寝が早めの時や夜ご飯で特に食べたいお店が見つからない時にするのがこれじゃじゃーんスーパーでその土地の食べ物探しスーパー行ったの18時頃なのにもう半額セール始まっていたよ(笑)3食分買い込んだ。お稲荷さんとザンギは明日のお昼用。昆布さんまとひらめのお刺身は明日の夜呑み用。チーズタルトとチョコミント豆乳は明日のお昼のデザート。じゃがビーはお土産用。とびっこと釧路の地酒・福司が相性良過ぎる〜22:00 [続きを読む]
  • 雨の中のお散歩
  • 釧路のソウルフード・スパカツで有名な泉屋さん見つけたけどお腹空いてなくて入る気になれず美味しいものは空腹と言う名のスパイスと共にいただきたい。本州の気温は35度前後。ここ釧路は15度前後。20度の温段差で代謝が落ちるのかお腹の減りが遅いってことでどんどん歩く。この辺りは釧路の繁華街と言われる所。飲食店が立ち並んでいる。夏祭りの時期だったのかお祭り仕様の装飾。盆踊り会場も。道に鮭のマークが。顔が。。こわい [続きを読む]
  • 感謝!
  • こんにちは〜いつもブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます現在、ブログの舞台は釧路〜。海外に興味がある人達が多いバックパッカージャンルの中で舞台が国内になってもご覧頂けていること嬉しく思っております国内でも国外でもローカルの人達やその土地との心のコミュニケーションを大切にしたいと思っています。場所も国内と国外を行ったり来たり、時間も過去に戻ったりリアルタイムで書いたり、マイペース感満載です [続きを読む]
  • 釧路といえば
  • 釧路の素敵な夕日が拝めるという幣舞橋。残念ながら夕日は見れそうにないけれど恋人と歩きたくなるような良い感じの雰囲気。魚河岸発祥の地だそう。MOOの有名な岸壁炉ばた。ちょうどオープンし始めたけどお腹減ってなくて断念。オープンと共に炉端発祥の地で炉端を堪能しようと観光客の方々がどしどし入っていらっしゃいました。鮭とばの炉端とか食べてみたい。次はお腹を空かせて来よう。運動不足でお腹が全く減らないのでもう少 [続きを読む]
  • 漁港の町・釧路
  • ほぇ〜かっこいい漁船さすが漁港の町・釧路って感じ。ずらっと並ぶ漁船。絵になる〜海運を祈る竹の木が船頭に付いてる漁船見るとニシン漁の漁船を思い起こすのは何故だろう。想像してた釧路って感じ。MOOの隣にグリーンテラスっていう温室があったよ。本州ではよく見かける風景だけど北海道だと確かにこういう風景は気候が全く違うので見かけないかも。外は夏なのに12〜16度で寒い。中は少し暖かい [続きを読む]
  • MOOに来てみた
  • 勝手丼美味しかった〜食べたし少し動くかってことでMOOまでウォーキング中に入ってみると。。。なんじゃこりゃぁ〜〜恐る恐る近づいてみる鼻⁇口⁇高いね〜お髭もついてる。ダイバーなので海の生物関心ある方なのにこの子見たことないし、知らない。ダウリアチョウザメというらしい。北海道周辺にも生息しているらしい。近づいてみると向こうもこちらの様子を伺っているみたい。どうやら見かけは特徴あるけど大人しそう。ふぐもカ [続きを読む]
  • 初体験・勝手丼
  • 具のお店はここ『さとむら』さんへ。ここのクーポン適用のお店。どれにしようあまりにも迷っていたのでお店の人が横から釧路産とか北海道産とか書いてあるのがオススメだよ〜ってアドバイスしてくれたこれだけ種類あったら迷うよねそして選んだのが・ボタンエビ・メカジキ・トキシラズ・花咲蟹・ほたて全て釧路産か北海道産のものをチョイスご飯と合わせて合計1168円なりもっと高くなると思ったけど結構お手軽にできた勝手丼体験だ [続きを読む]
  • 和商市場内へ
  • 和商市場入ってみるとやっぱり目につくのは海産物花咲蟹や毛蟹〜時知らず・ホヤ・カレイなどなど〜海産物以外にもお土産品が並んでいたよ。ぐるっと周ってとりあえず目星がついたのでクーポン利用してご飯購入ごはんはお惣菜屋さんで具はまた別の商店でっていうのが普通みたい。とりあえず一番小さいサイズをオーダー。希望で別料金で蟹のお味噌汁も付けられたり、ご飯を酢飯に変更できたりもする。さて具を選ぶとしますか [続きを読む]