ふるさと さん プロフィール

  •  
ふるさとさん: ふるさと納税
ハンドル名ふるさと さん
ブログタイトルふるさと納税
ブログURLhttps://furusato-zei.net/
サイト紹介文ふるさと納税の間違いなくお得な返礼品ランキングなど、ふるさと納税について調べたことの備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 120日(平均3.9回/週) - 参加 2018/07/30 17:25

ふるさと さんのブログ記事

  • Amazonギフト券 ふるさと納税
  • 今現在、100%確実に一番お得でコスパのいいふるさと納税の返礼品をゲットするなら、静岡県小山町で決まり。というのも、ふるさと納税サイト”さとふる”のキャンペーンでは、Amazonギフト券のプレゼント企画があったりしたけど…先週末(11月23日〜25日)の3連休に合わせたタイミングで、ふるさと納税サイト”ふるなび”でAmazonギフト券がふるさと納税の返礼品として登場しているんです!→ Amazon ギフト券 Amazonで静岡地域の特 [続きを読む]
  • ふるさと納税 お得 自治体 最新版
  • ふるさと納税の返礼品がお得な自治体、最新版を総務省が調査して発表してくれてた!11月1日時点における、返礼割合実質3割超の返礼品及び地場産品以外の返礼品の送付状況の調査結果なんですけど…これって、ふるさと納税を利用する側からしたら、還元率が高くて確実にお得なふるさと納税の寄付先ってことを教えてくれてるも同然。わざわざ最新版の優良自治体を発表してくれるなんて、総務省は有能だ。笑→ http://www.soumu.go.jp/ [続きを読む]
  • さとふる マイナンバー
  • 確定申告しなくても寄付額の合計金額から2,000円を差し引いた額が翌年納める住民税から、さらに所得税は還付という形式で控除になる、ワンストップ特例制度。必要なものは、住民票(マイナンバー記載)と免許証や保険証などの身分証明証のコピーと、あとはふるさと納税サイトの”さとふる”などのページでダウンロードした申請書。ワンストップ特例制度は、この申請書に日付などを記載して、寄付した市町村に郵送するだけでなのでと [続きを読む]
  • さとふる 年内発送
  • ふるさと納税サイトのさとふるでみつけた、「北海道近海産毛ガニ」と「牡丹海老と甘海老のセット」。→ 【翌日発送】【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ [北海道八雲町]即日発送とはいかないけど、翌日発送してくれるみたい!駆け込みでも年内発送してもらえるから、年内ギリギリでもふるさと納税しておけばお正月にこの返礼品が間に合うし…こんな立派なものがお正月にあったら、みんなテンション上がること間違いなし♪→ 【翌日 [続きを読む]
  • さとふる 明太子
  • もう今は受付期間外になってしまっているんだけど、ふるさと納税サイトの”さとふる”で見つけた家庭用の訳あり明太子。この明太子、もし税金の控除がなくてもめっちゃお得じゃないですか?!→ メガ盛り 2kg出島屋オリジナル 辛子明太子[長崎県長与町]形が崩れていても、贈り物じゃなくて自宅で食べるなら問題ないし、炊きたてご飯に明太子なんて最高だろうなー。今から注文できたら(正確には寄付だけど。笑)ふるさと納税の返礼品 [続きを読む]
  • さとふる いつまで
  • 確定申告をしなくても、税額控除を受けることのできるワンストップ特例制度。そんなワンストップ特例申請書は、ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)で送る必要があります。→ さとふる ワンストップ申請書いつまでに送ればいいのかわからなくて、いつまでたっても送らないと申告の期限がすぎていた!なんてことにもなりかねませんし、手続きは早めに済ませましょう。なんどもお伝えしますが、ふるさと納税では寄付金控除を受 [続きを読む]
  • さとふる 限度額
  • 限度額内であれば特産品を、自己負担2,000円で好きなだけ購入できる制度!とも言い表すこともできる(乱暴に言えば)ふるさと納税。つまり、1万円の高級和牛も2万円のウニやアワビ、牡蠣のセットも、自分の限度額を超えなければ2,000円で買えちゃうということ。だからこそ、ふるさと納税を利用する際には「限度額」が気にされるわけなんです。ふるさと納税はそもそも自治体への寄付なんだから、限度額を気をつける必要ないし気持ちの [続きを読む]
  • さとふる ふるさとチョイス
  • 自分が初めてふるさと納税をする際に迷ったことの1つが、”どこからふるさと納税しようか”ということ。ふるさと納税サイトにも「さとふる」とか「ふるさとチョイス」など、ふるさと納税のできるサイトはいくつかあって。ちなみに楽天市場でも、ふるさと納税はできますよね。→ 楽天市場 ふるさと納税楽天ポイントがもらえることや、楽天スーパーセールのタイミングなども考えると、お得さだけでいうなら楽天市場が最強かなとも思 [続きを読む]
  • さとふる 支払い方法
  • ふるさと納税サイトの”さとふる”の良いなと思う部分。使いやすくてわかりやすいサイトになっているので、ふるさと納税がイマイチよくわかっていない初心者でも案内に沿って進めるだけでふるさと納税が完了できる部分もそうなんですが…支払い方法もなかなか秀逸だと思います。というのも、”さとふる”はソフトバンクが親会社なんですけど、支払い方法に「クレジットカード決済」のほか「ソフトバンクまとめて支払い」「コンビニ [続きを読む]
  • さとふる うなぎ
  • ビタミンA・B群など栄養が豊富に含まれているため、疲れを取ったりスタミナがつくと言われている”うなぎ”。なんといっても美味しいし、うな重とか食べたら幸せな気分になれちゃいますよね。そんなうなぎですが…国産のうなぎはスーパーなんかでも良いお値段だし、なかなか気軽に買えないけど、ふるさと納税の返礼品にもなっているからこれは嬉しい。→ 天然地下水育ち!鹿児島県産うなぎ蒲焼2尾[鹿児島県南九州市]国産の天然地下 [続きを読む]
  • さとふる 北海道
  • ふるさと納税の返礼品、北海道はやっぱり豪華でお得感すごい!いくら丼をするのにピッタリな小分けサイズのいくらとか→ さとふる限定【大満足】いくら醤油漬100g×6パック[北海道八雲町]ズワイガニのしゃぶしゃぶセットとか→ 稚内産紅ズワイかにしゃぶセット500g入[北海道稚内市]1万円のふるさと納税で、こんな豪華な返礼品がもらえるなんて幸せになれそう♪ちなみに、ふるさと納税サイトの”さとふる”では、ふるさと納税を活用 [続きを読む]
  • さとふる ワンストップ申請書
  • ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても、寄附金の控除が受けられる便利な仕組み”ワンストップ特例制度”。“ワンストップ特例制度”を利用すると、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入し、寄附を行った自治体へ送るだけで確定申告が不要になるから嬉しいですね。ただし!この”ワンストップ特例制度”の申請期限は、ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)です。例えば2018年に寄付をしたら2019年1月 [続きを読む]
  • さとふる 確定申告
  • 住民税の控除が受けられるし、自分の選んだ品が返礼品として届くし、とってもお得なふるさと納税。以前まで、住民税の控除を受けるには、確定申告を提出して申告する必要があったので「確定申告なんてやったことないし、わからないからめんどくさいな」という人も多かったと思いますが、今はふるさと納税をする先が5自治体までなら確定申告が不要な、”ワンストップ特例制度”という便利な制度が登場しているので、とっても簡単に [続きを読む]
  • さとふる シュミレーション
  • シュミレーションで控除額もすぐわかる、ふるさと納税サイトの”さとふる”。控除限度額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えますし、ふるさと納税をする前に確認しておきましょう。ちなみに、「源泉徴収票」「確定申告書」「納税通知書」を用意しておくと、さらに詳細な控除計算を行うことができるようです。→ ふるさと納税控除上限額シミュレーション さとふるふるさと納税は楽天市場な [続きを読む]
  • さとふる 楽天
  • 初めて自分がふるさと納税をしたい!と思った時に悩んだこと。それは、楽天市場でふるさと納税をするのがお得か、それとも”さとふる”でふるさと納税をするのがお得か。ということです。ちょっとセコイですが、ふるさと納税のことを調べていたら、楽天市場でもふるさと納税の返礼品が出品されてて…楽天カードを持ってるなら、楽天スーパーセールの時にふるさと納税をやれば、ポイントがめっちゃ溜まるよ。ということを聞いたので [続きを読む]
  • さとふる 計算
  • 今年は後どれぐらい、2,000円の自己負担でふるさと納税できるんだろ?ということが、どうしても気になっちゃうふるさと納税。ふるさと納税は自治体への寄付なんだから、そんなこと気にせずにふるさと納税するべき!という意見もあるかもだけど…やっぱりね、お得な方がいいし。笑で、年末にまとめてドカンんとふるさと納税するなら計算も楽なんですが、総務省のお達しで還元率が引き下げられる前に、お得に返礼品をもらっとこう! [続きを読む]
  • さとふる カタログ
  • 北海道三笠市は、ふるさと納税サイトの”さとふる”でカタログから返礼品を選べるようにしてるみたい。面白い試み。笑→ 特産品(カタログより選択)【20P】北海道三笠市そんな北海道三笠市のカタログじゃないけど、パーティーや結婚式の引き出物でいただいたカタログギフトって、見てるだけで楽しくて現実逃避できたりしませんか?ふるさと納税サイトの”さとふる”は、まさにホームページ自体がカタログギフト!どんな返礼品がもら [続きを読む]
  • さとふる Tポイント
  • ふるさと納税サイトの”さとふる”は、ソフトバンクが運営しているそうで。となると!ソフトバンク=Yahooだし、”さとふる”でTポイントも貯まらないのか気になりますよね。どうりでCMがおもしろいわけだ。で、調べてみると…ソフトバンクカードを使って”さとふる”でふるさと納税をすると、もれなくTポイント100ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーンも、過去に行っていたみたいです。→ http://cp.satofull.jp/sbcard/cp [続きを読む]
  • さとふる クレジットカード
  • 税金の使い方を自分で選択できる、ふるさと納税。直接、自治体のホームページからふるさと納税をしようとすると、銀行振込をしないといけなかったりと面倒なんですが…“さとふる”などのふるさと納税サイトではクレジットカードが使えるので、手軽に寄付することができます。しかも、全国の人気の返礼品がランキングになっていたり、選ぶのが難しいぐらい返礼品が多く、見ているだけで楽しい♪→ ふるさと納税!さとふるが簡単! [続きを読む]
  • さとふる 泉佐野市
  • 今年こそふるさと納税をしてみたい!でも、返礼品がたくさんありすぎて、選ぶのが正直ちょっと面倒。。なんて人には、個人的に泉佐野市がおすすめ!泉佐野市の回し者みたいに思われるかもですが(笑)、泉佐野市の返礼品は超実用的なんです。ティッシュとか飲料とか、山盛りのお肉とか。ネットスーパーか?!と思う返礼品の品揃え。→ 大阪府泉佐野市のお礼品から探す返礼品の還元率が3割を余裕で超えていて豪華すぎると話題になった [続きを読む]
  • さとふる ポイント
  • 楽天でふるさと納税をすると楽天ポイントももらえるし、どう考えても楽天市場がお得だよねー。なんて思ってしまいがちですが…ふるさと納税サイトの”さとふる”だって負けてない!“さとふる”のサイト自体にポイント制度はないけど、”さとふる”で毎月特集されてるキャンペーンコードを利用すれば、例えば「Amazonギフト券」がもらえたりすることも♪→ さとふる キャンペーンコード今だったら”おせち特集”とかもやってるし、 [続きを読む]
  • さとふる いくら
  • ふるさと納税にいくら分まで申し込めるか(自己負担2000円に済むようにするか)は、その人の所得に応じて様々。いくら分まで申し込めるかは不安になるところだけど…“さとふる”には本人の年収と世帯の状況から、ふるさと納税にいくらまで使えるかざっくり目安がわかる、表やシュミレーターが用意されているので初めてでも安心。→ ふるさと納税控除上限額シミュレーション さとふるただし、このふるさと納税にいくら分まで申し込め [続きを読む]
  • さとふる ポイントサイト
  • 誰よりもお得にふるさと納税したいなら、ポイントサイトを経由する方法は良いかもしれない!というのもポイントサイトのハピタスに、”さとふる”があったんです!しかも!ポイントサイトのハピタスを経由して”さとふる”に会員登録すれば、それだけで30ポイント獲得。ポイントサイトのハピタスを経由して、”さとふる”で10,000円以上の寄付をすれば、225ポイントももらえるとか。※ 2018年10月16日現在の情報ですふるさと納税を [続きを読む]
  • さとふる 納税限度額
  • 自己負担2,000円のみで、ふるさと納税を利用したいと思った時に調べる必要があるのが、自分の納税限度額。ややこしそうだなー。納税限度額なんてそんな計算、自分でできないよ。。という人でも安心!ふるさと納税は年々手続きが簡単になってきていて、ふるさと納税サイトの”さとふる”などでは、その人の収入に応じてふるさと納税の納税限度額を計算してくれるシュミレーションもあるんです♪(給与所得者の場合)→ ふるさと納税控 [続きを読む]
  • さとふる 納税
  • テレビCMも行なっていて馴染みのある、ふるさと納税をすることのできるサイト”さとふる”。管理人も初めてふるさと納税をしてみたいと思った時に”さとふる”を利用してふるさと納税したんですが、とっても簡単にできてしまって逆に驚いたのを覚えています。Amazonとか楽天で買い物をする感覚でふるさと納税することができて、ちゃんと税金の控除も受けれましたし♪当たり前なんだけど。笑一番悩んだのが返礼品をどれにするかとい [続きを読む]