disney-fannet さん プロフィール

  •  
disney-fannetさん: ペットと暮らす健康生活・Withフィギュア
ハンドル名disney-fannet さん
ブログタイトルペットと暮らす健康生活・Withフィギュア
ブログURLhttp://disney-tour.com/duffy/
サイト紹介文ペットと暮らす健康生活+フィギュアスケートの話題
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 132日(平均4.0回/週) - 参加 2018/07/30 10:14

disney-fannet さんのブログ記事

  • 宇野昌磨ミスに反省も「初めて自分を信じてやれた」
  • デイリースポーツ によると。 男子シングルのフリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでSP首位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は183・96点で合計276・45点となり、第2戦・スケートカナダに続き今季GPシリーズ2勝目を飾った。宇野はNHK杯初出場で初優勝。GPファイナル(12月・バンクーバー)出場を確定させた。SP2位のセルゲイ・ボロノフ(31)=ロシア=が254・28点で2位となった。宇野との [続きを読む]
  • 三原舞依3位発進「ついていく」…坂本花織が刺激
  • 日刊スポーツ によると。。今季のGP初戦となった三原舞依(19=シスメックス)が70・38点で3位につけた。首位はトゥクタミシェワ(21=ロシア)で76・17点、2位は宮原知子(20=関大)で76・08点となった。三原が尻上がりに調子を上げてきた。今季の新SP「イッツ・マジック」の冒頭で、ルッツ−トーループの連続3回転ジャンプを着氷。後半のトーループは結果的に回転不足となったものの、ダブルアクセル(2回転半)、3回転フリップ [続きを読む]
  • 白岩優奈、ザギトワ演技後滑る経験活かし全日本へ
  • 日刊スポーツ によると。フィギュアスケート女子でシニア2年目の白岩優奈(16=関大KFSC)が6日、4位に入ったグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会(ヘルシンキ)から関西空港に帰国した。ファンから贈られたという、日本代表の公式ジャージーを着た大好きなムーミンのぬいぐるみを手に「一番の課題はスピンの(レベルの)取りこぼしとジャンプの回転不足。全日本でクリアしたい」。大舞台となる全日本選手権(12月20日 [続きを読む]
  • ゴジラとエヴァがコラボ!USJアトラクション化!
  • シネマトゥデイ によると。 2大人気キャラクター「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」がコラボレーションし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で開催される「ユニバーサル・クールジャパン 2019」のアトラクションとして登場することが明らかになった。 両者はシアターアトラクション形式でコラボを果たし、作品の世界観がUSJオリジナルストーリーで表現される。画像ではエヴァンゲリオン初号機とゴジラの間に「VS」とある [続きを読む]
  • 宮原知子連覇も目線の先には大先輩高橋大輔の世界観
  • 日刊スポーツ によると。平昌五輪(ピョンチャン・オリンピック)女子4位の宮原知子(20=関大)が、フリーでトップの145・85点をマークし、合計219・71点で2連覇した。改良中のジャンプをすべて決めるなど、ショートプログラム(SP)に続き圧倒的な演技を披露。4季連続のGPファイナル出場へ前進した。。宮原の新たなチャレンジが早くも形になった。今季のテーマは「挑戦」。これまで回転不足と判定されることが多かったジャンプを [続きを読む]
  • イケアの北欧雑貨のある生活スタイル
  • 日刊スポーツ によると。平昌五輪(ピョンチャン・オリンピック)女子4位の宮原知子(20=関大)が、フリーでトップの145・85点をマークし、合計219・71点で2連覇した。改良中のジャンプをすべて決めるなど、ショートプログラム(SP)に続き圧倒的な演技を披露。4季連続のGPファイナル出場へ前進した。。宮原の新たなチャレンジが早くも形になった。今季のテーマは「挑戦」。これまで回転不足と判定されることが多かったジャンプを [続きを読む]
  • イケアの北欧雑貨のある生活スタイル
  • 日刊スポーツ によると。平昌五輪(ピョンチャン・オリンピック)女子4位の宮原知子(20=関大)が、フリーでトップの145・85点をマークし、合計219・71点で2連覇した。改良中のジャンプをすべて決めるなど、ショートプログラム(SP)に続き圧倒的な演技を披露。4季連続のGPファイナル出場へ前進した。。宮原の新たなチャレンジが早くも形になった。今季のテーマは「挑戦」。これまで回転不足と判定されることが多かったジャンプを [続きを読む]
  • 高橋大輔、4年ぶり現役復帰でSP首位発進
  • 読売新聞 によると。 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(32)が7日、兵庫県尼崎市で開かれた近畿選手権で約4年ぶりに現役復帰を果たし、ショートプログラム(SP)で首位に立った。 14年ソチ五輪を最後に引退したが、今年7月に復帰を宣言した。坂本龍一さんの曲に合わせてSPの演技を披露。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は加点が付く出来で、77・28点だっ [続きを読む]
  • イケアの北欧雑貨のある生活スタイル
  • 読売新聞 によると。 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(32)が7日、兵庫県尼崎市で開かれた近畿選手権で約4年ぶりに現役復帰を果たし、ショートプログラム(SP)で首位に立った。 14年ソチ五輪を最後に引退したが、今年7月に復帰を宣言した。坂本龍一さんの曲に合わせてSPの演技を披露。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は加点が付く出来で、77・28点だっ [続きを読む]
  • オリコン1位!…宇野昌磨が女性雑誌の表紙飾り売り上げ急増
  • FNN PRIME によると。平昌(ピョンチャン)オリンピック、フィギュアスケート銀メダリストの宇野昌磨選手(20)が、女性雑誌の表紙を飾った。売れに売れて、「うなぎ上り」ならぬ「宇野ぎ上り」。タキシード姿で格好よくポージングを決めたかと思えば、フードをかぶって、はにかみ笑顔を見せている。平昌オリンピックで銀メダルを獲得した、フィギュアスケーターの宇野昌磨選手が、女性ファッション誌「25ans」の特別版で表紙デビュー [続きを読む]
  • セックスは朝型の方がうまくいく?
  • web R25 によると。日本人は世界でも有数のセックスレス国民だといわれる。日々、仕事で疲労やストレスにまみれていると、その気になれないのもわかる気がするが、それでも僕ら男性にとってセックスは大きな関心事。仲間内で下世話なトークに花を咲かせることもたびたびである。ところで、男性のなかにはたまに、「朝の方が調子がいい」という人がいる。いわく、夜よりも“長持ち”するのだそうで、朝の方が充実したセックスライフ [続きを読む]
  • 三原舞依、最後のサルコーをミスも今季初戦で2位
  • 日刊スポーツ によると。17年4大陸選手権優勝でショートプログラム(SP)3位発進の三原舞依(19=シスメックス)が、フリー2位となる138・28点の合計209・22点を記録し、今季国際大会初戦で2位に入った。合計238・43点で優勝したザギトワ(ロシア)には及ばなかったが、好スタートを切った。2シーズン目となった「ガブリエルのオーボエ」を演じ、冒頭のルッツ−トーループの連続3回転から次々にジャンプを成功。最終7つ目の3回転サ [続きを読む]