one minute di さん プロフィール

  •  
one minute diさん: いっぷんDI
ハンドル名one minute di さん
ブログタイトルいっぷんDI
ブログURLhttps://ameblo.jp/one-minute-di/
サイト紹介文要点がすぐわかる、薬剤師向けの医薬品情報です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 13日(平均6.5回/週) - 参加 2018/07/30 13:08

one minute di さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 嗅覚障害診療ガイドラインからピックアップ
  • 【病態】原因として最も多いのは慢性副鼻腔炎、感冒、頭部外傷。打撲など軽度の頭部外傷であっても障害がおこることがある。 気導性嗅覚障害:鼻孔から入った空気が嗅細胞に到達せず、におい分子が嗅細胞上の受容体と結合できないために起きる。慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎が原因となる。 嗅神経性嗅覚障害:嗅細胞が傷害を受けて嗅覚の低下をきたす。・嗅細胞へのウイルス感染により嗅細胞が傷害を受ける(感冒後嗅覚障害)・ [続きを読む]
  • 【薬物乱用頭痛】慢性頭痛の診療ガイドラインよりピックアップ
  • 【診断基準】A.頭痛は月15日以上あるB.3か月以上、次の薬を定期的に使っている 1.月10日以上エルゴタミン、トリプタン、オピオイド、複合鎮痛薬 2.単一成分の鎮痛薬を月15日以上、あるいはエルゴタミン、トリプタン、鎮痛薬、オピオイドのいずれかを合計月15日以上C.頭痛は薬物乱用により発現、または顕著に悪化 【治療】1.診断されたらすぐに原因薬を中止する。漸減中止は即時中止と比べ再発が多い。 2.反跳頭痛(原 [続きを読む]
  • 円形脱毛症診療ガイドラインからピックアップ
  • プラセボと比べ明確に発毛を促進させる治療法はなく、長期予後の改善や再発を予防する治療法もない。また、軽快・増悪を繰り返し、治療効果を判定しにくい。 病態:一般に自覚症状はないが、脱毛前や活動期に軽い掻痒、違和感、浮腫性の淡い紅斑が出ることがある。また爪に小さな点状陥凹が現れることがある。 病因:毛包組織に対する自己免疫疾患。精神的ストレスで発症するのかははっきりしない。 合併症:甲状腺疾患などの自己 [続きを読む]
  • オンライン服薬指導・電子処方せん・近い未来の薬局
  • オンライン診療、オンライン服薬指導、電子処方せん、これらが揃うとどうなるか?オンライン上にカルテや健診データが保管されるので、併用薬や持病はすべて把握でき、薬物相互作用、重複、疾患禁忌はコンピュータがチェックして、医師が処方時に修正できる。用量や服用時点の誤りもコンピュータがチェックできる。薬剤師が行うのは服薬指導時の症状の確認、残薬の調整などになる。オンライン薬局は調剤・監査ロボットを導入し、人 [続きを読む]
  • クスっと笑える拍手ロボ
  • これ存在感抜群。声が特徴的で絶妙。 お店の前に置いたりするらしい。一台なんと348,000円(税別、送料別、2018年8月5日現在) 【参考】ビッグクラッピー|商品ページhttps://www.bigclappy.com/product-page 道とかにいたら楽しいよね('ω') [続きを読む]
  • 薬局の風景 ウェブカメラは箱をかぶる
  • ある大型薬局のこと。カウンターに並ぶ数台のパソコン。それぞれのパソコンにはウェブカメラが取り付けられている。ウェブカメラは皆、薬の空き箱をかぶっている。 箱の上部は切り取られていて、内側にはスタッフの顔写真が貼ってある。これは何か? 答:パソコンにログインするのに顔認証が必要で、箱の内側の顔写真をカメラに見せている。認識に時間がかかり、なかなかログインできないとか、別人と認識されたりするのを防ぐた [続きを読む]
  • ニキビができないチョコレートの話
  • 揚げ物、パン、チョコレートなどの脂分が多く、かつ加工品、外食だと、必ずニキビが出るんですよね。チョコレートとか1かけで効果てきめんです。家で作った揚げ物は大丈夫で、買ったものはダメということは、油の量は関係なくて、種類ということになりますが、どの成分が問題なのか(?_?) で、チョコレートですが、リンツとマエストラーニならニキビできません、私の場合は。 リンツの板チョコ。苦め。1枚100gリンツ Lindt タブレ [続きを読む]
  • 【酒さ】尋常性痤瘡治療ガイドラインからピックアップ
  • 原因不明で、紫外線、寒暖差、乾燥、刺激のある食べ物やアルコールの摂取などで増悪する。 【ポイント】 1.紫外線防御、保湿剤が有効 2.丘疹膿疱型酒さ使用してよいが推奨しない:メトロニダゾール(適応外使用)やアゼライン酸(日本では医薬品ではない。配合の化粧品あり)の外用。(メトロニダゾール外用剤としてはロゼックスゲル®があるが、使用報告はなし)テトラサイクリン系抗菌薬(ビブラマイシン®、ミノマイシン® [続きを読む]
  • 【にきび】尋常性痤瘡治療ガイドラインからピックアップ
  • ディフェリン®、エピデュオ®、ベピオ®は急性炎症期(炎症性皮疹、面皰)、維持期(面皰だけ)のどちらにも、抗生剤(内服、外用)は急性炎症期に使用する。 【ポイント】1.耐性菌を防ぐため、外用、内服抗菌剤の使用は3か月までとする。 2.ベピオ®は殺菌作用があるが、耐性菌は出ていないことから急性期、維持期の両方に使用できる。 3.抗生剤(急性期)マクロライド系:エリスロシン®、クラリス®(クラリシッド®)、 [続きを読む]
  • 肺炎マイコプラズマ肺炎に対する治療指針からピックアップ
  • 第一選択薬はマクロライド系。投与後2〜3日以内に解熱すれば効果ありと判断できる。無効ならばテトラサイクリン系、ニューキノロン系へ変更する。効果の強さはマクロライド > テトラサイクリン > ニューキノロン・小児通常自然治癒する疾患であり、マクロライドが無効の時は必要なときのみ処方変更する。ニューキノロン:耐性化しやすいので安易に使用しない。ミノマイシン®:8歳未満には原則使わない。小児、特に歯牙形 [続きを読む]
  • はじめに
  • 要点がすぐわかる、医薬品情報ブログです。診療ガイドラインなどのポイントをピックアップしていきたいと思います。 【100円クーポン配布中!】今日の治療薬 解説と便覧 2018/浦部晶夫/島田和幸/川合眞一4,968円楽天 今日の治療薬2018 解説と便覧4,600円Amazon [続きを読む]
  • 過去の記事 …