Sue さん プロフィール

  •  
Sueさん: Renaissance
ハンドル名Sue さん
ブログタイトルRenaissance
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sue20-momo/
サイト紹介文ヨーロッパの遺跡、城、絵画、各地の美しい町などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 139日(平均3.9回/週) - 参加 2018/07/31 07:08

Sue さんのブログ記事

  • キリスト教徒地区(イスラエル)
  • キリスト教徒地区(Christian Quarter)は、壁に囲まれた旧市街エルサレム地区の1つで、残りの3つはユダヤ人地区、イスラム教徒地区、アルメニア地区です。キリスト教徒地区は、旧市街の北西端に位置し、北の新しい門から、旧市街の西壁に沿ってジャファ門まで、南にあるジャファ門 - 西壁路に沿って、 ユダヤ人とアルメニア人の四角に接し、イスラム教徒地区に接する東のダマスカス門までです。キリスト教の四半期には約40のキ [続きを読む]
  • アクラ 4.(イスラエル)
  • それでも城砦「アクラ(Acra)」という名前が要塞だけではなく、ヘレニズム時代の全体の四分の一に適用されたとしても、それを占領していたマケドニアの駐屯地を宿舎にするために、その城砦の中に建っていたと思われます。ヘレニズム時代の都市では、城壁に囲まれた地域の最高点の近くに要塞の本拠地があるのが普通でした。したがって、より広い地域の一部であろうと周辺からの独立したものであろうと、城砦は恐らく神殿の丘のすぐ [続きを読む]
  • アクラ 3. (イスラエル)
  • 神殿の北アクラはエルサレムで最初のヘレニズムの拠点ではありませんでした。資料によると、初期の要塞であるプトレマイオス・バリス(Ptolemaic Baris)もまた、寺院の境内を見下ろす場所を占めていた。バリスの正確な位置はまだ議論されていますが、後にアントニア要塞が占拠する場所に神殿の丘の北に立っていたのが一般的です。バリスは、紀元前2世紀の頃にアンティオコスⅢ世に落ち、マカバベの反乱のすべての記録には存在し [続きを読む]
  • アクラ 2.(イスラエル)
  • 建設彼の都市の保留を整理し、神殿の丘のイベントを監視しエルサレムのヘレニズム派閥を守るために、アンティオコスは都市にセレウコス守備隊を駐屯させました:要塞は、聖所に対する罠となり、イスラエルに対する邪悪な敵となった。彼らは聖所の周りに罪なき者の血を流し、聖所を汚した。エルサレムの住民は、彼らを恐れて逃げ去り、エルサレムは他国人の住みかとなった。都に生まれた者たちには、異郷の地となり、都の子らは、そ [続きを読む]
  • アクラ 1.(イスラエル)
  • アクラ(Acra)は、168紀元前に彼の町の解任に続いて、セレウコス朝の支配者、アンティオコス・エピファネス(Antiochus Epiphanes)によって建てられたエルサレムの要塞化された化合物でした。要塞は、マカバベの反乱とハスモネン王国の形成を取り巻く出来事において重要な役割を果たしました。 この闘争の間にサイモン・マカバベ(Simon Maccabeus)によって破壊されました。アクラの正確な位置は、ヘレニズム時代のエルサレムを [続きを読む]
  • ネボ山(ヨルダン)
  • ネボ山(Mount Nebo)は、ヨルダン西部に位置し、近郊の町マダバの北西10km内の距離にある海抜817mの高い尾根である。山頂からは聖地の全景と、北にヨルダン川渓谷の一部が展望できる。通常、エリコの西岸地区の町が頂上から見え、よく晴れた日であればエルサレムも望むことができる。宗教的意義申命記の最後にいたる章によると、ネボ山は神がイスラエルの民に与えられた約束の地をヘブライ人の預言者モーセに眺望させた場所と [続きを読む]
  • カルンナック(フランス)
  • カルンナック(Carennac)はオック(以前ミディ・ピレネー)におけるロト県の住民が407人(2014年1月1日現在)の共同体です。村は直接ドルドーニュ川のほとりにあり、スイヤックの東およそ25kmに位置しています。特に、絵のように美しいく手入れの行き届いたローカル画像のような村は、フランスで最も美しい村の一つとしてレプラス・フランス・デ・ボザール協会で宣言されました。その修道院は歴史的建築物のため愛好家のいる場 [続きを読む]
  • ファロ(ポルトガル)
  • ファロ(Faro)は、ポルトガル南部の都市及び基礎自治体。アルガルヴェ地方ファーロ県の県都。この地域の名前はアラブ語(Al Gharb)に由来し、西を意味する。ファロには、毎年(主に北ヨーロッパから)観光客を歓迎する国際空港がありますが、ファロには滞在せず、ポルティマン(アルガルヴェで2番目に大きい都市)、数多くの海岸の海辺にはリゾートがあります。しかし、島に建てられたファロの砂浜は、多くの観光客を抱えていま [続きを読む]
  • シルヴェス (ポルトガル)
  • シルヴェス (Silves) は、ポルトガルの南部アルガルヴェ地方の都市である。面積は678.75平方キロ、2004年現在の人口は34,909人である。2011年の人口は680.06km2の面積で37,126人であった。都市化された地域には約11,000人の住民がいる。シルヴェスはアルガルヴェの旧首都であり、歴史的にも非常に重要です。地理シルヴェス市をアラーデ川が流れており、アラーデダムとフンチョダムを形成している。シルヴェス市は全体的に丘陵の [続きを読む]
  • リンリスゴー (スコットランド)
  • リンリスゴー (Linlithgow) は、スコットランドの西ロージアンにある町です。エディンバラの西32km、エディンバラからグラスゴーへ抜ける大通り沿いに位置している。かつてはリンリスゴーシャーというカウンティの主要都市であった。それは西ロシアンの郡の町、リンリスゴー・シャイア(Linlithgow shire)の郡の別名に反映されます。リンリスゴー宮殿(Linlithgow Palace)とリンリスゴー湖(Linlithgow Loch)の2つの最も有名 [続きを読む]
  • コンウィ(ウェールズ)
  • コンウィ(Conwy)は、ウェールズ北部、コンウィ川河口の街。旧市街は城壁に囲まれ多数の古建築が残る。コンウィは、ウェールズの北岸にあるコンウィ郡ボルウ(Conwy County Borough)の壁に囲まれた市町村と自治体です。コンウィを渡ってデガンワイ(Deganwy)に面した町は、以前、グウィネズ(Gwynedd)にあったが、それ以前は、カナーボンシャ(Caernarfonshire)にあった。 デガンワイとランディドノー・ジャンクション(Lland [続きを読む]
  • ホリヘッド (ウェールズ)
  • ホリヘッド(Holyhead「キビの町」の意)は、ウェールズ北部のアングルシーにある町。アイリッシュ海に臨む、アイルランド航路の港町である。グウィネズ最大の町だが人口はわずか1万1431人(2011年)で、州庁所在地でもなければアングルシー島にあるわけでもない。アングルシー島からフォー・マイル橋を渡ったホリー島に位置する。この橋は19世紀中ばに慈善家のスタンリー卿の出資で建設されたもので、ホリーヘッドから6kmのと [続きを読む]
  • ブレナヴォン(イギリス)
  • ブレナヴォン(Blaenavon)は、ウェールズ南東部にある町で、その産業景観は世界遺産にも登録されている。ポンティプールの北にある アフォン・ルワイド川(Afon Llwyd)の源流に当たるモンマスシャー(Monmouthshire)の歴史的な郡とグウェントの保存された郡の境界にあります。町は山腹に高く、人口は6,055人です。ブレナヴォンは、文字通りウェールズ語で「川の前」を意味するか、ゆるやかに「川の源」を意味します。歴史ブレナ [続きを読む]
  • ホリウェル(イングランド)
  • ホリウェル(Holywell)は、イングランドのリンカンシャー州の南ケステイヴン地区のケリービー・アヌビーとホリウェルの市民教区の小さな集落です。スタンフォードから北に9km、ボーンから南西に10km離れています。それは別荘と公園周辺の家の集まりです。公園にはサン・ウィルフリッド(St Wilfrid)専用の小さな個人教会があります。過去20年間に装飾的な湖が復元され、新しい庭園が整えられました。2009年には、庭園はナシ [続きを読む]
  • ハウザッハ(ドイツ)
  • ハウザッハ(Hausach)は、ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州西部のオルテヌクレイスの黒い森(Forêt-Noire) にある町で、にある町で、1259年に最初に言及された。町の上に聳え立つハウセン城の荒廃は、1220年頃に建てられ観光地であり、ハウサクスの合言葉で「Stadt unter der Burg」(城下の町)です。それは南部のライン上流の流域に属し、それは中心部の Oberzentrum Offenburg に割り当てられています。近隣の町ボルファ [続きを読む]
  • ゲイロック (スコットランド)
  • ゲイロック (Gairloch)は、スコットランドの北西部の高地にあるウェスター・ロス(Wester Ross)の湖のほとりにある村、市民教区およびコミュニティです。夏の間は人気ある観光地、ゲイロックはゴルフコース、小さな博物館、いくつかのホテル、様々なお店、中国や魚とチップのテイクアウェイ、コミュニティセンター、スポーツ施設を備えたレジャーセンター、地元のラジオ局、 ビーチや近くの山々。 ゲイロックは、北海岸500ルート [続きを読む]
  • ダーネス (スコットランド)
  • ダーネス (Durness)は、スコットランドの北西ハイランズの村と市民教区です。インヴァネスから190km北のサザーランドの伝統的な郡の北海岸にあります。エリアは離れており、教区は巨大であり、まばらに人々が住んでいてロッホ・エリボールの東部からスコットランド本土の北西部の岬であるケープ・ファラー(Cape Wrath)までのエリアをカバーしています。人口は分散しており、Kempie、Eriboll、Laid、Rispond、Sangobeg、Leirinm [続きを読む]
  • アビモア (スコットランド)
  • アビモア (Aviemore)は、スコットランドの高地にあるケアンゴーム国立公園内に位置する町や観光地のリゾートです。それは、ハイランド評議会地域内のバデノックとストラスピー委員会地区にある。町はスキーやその他のウィンタースポーツ、そしてケルンモーム山脈でのヒルウォーキングに人気があります。ケルンモーム(Cairngorms)の素晴らしい景色は街のさまざまな場所、特に鉄道駅からのものです。アビモアの石の円は、町の住宅 [続きを読む]
  • マラティヤ(トルコ)
  • マラティヤ(Malatya)はトルコ中部東アナトリア地方の都市で、マラティヤ県の県都。ユーフラテス川上流部の西岸に広がる標高950mの平原上に位置するアナトリア高原の古都で、ヒッタイト帝国以来の歴史をあります。名称と概要ヒッタイト時代の記録にはメリド(Melid)という都市の名が登場しており、これが現在のマラティヤにつながっている。ヒッタイト語でメリドとは、この地の主産品であったハチミツを意味した。マラティヤと [続きを読む]
  • シリフケ(トルコ)
  • シリフケ(Silifke)は、トルコ・メルスィン県の町、およびそれを中心とした自治体であり、メルスィンの西80km、チュクロヴァ地方(Cukurova)の西の端にある。町は地中海岸に近く、トロス山脈から流れるギョクス川(Goksu)の両岸に広がっている。川に沿って豊かな田舎風景が広がっている。シリフケはかつて、セレウキア・アド・カリュカドヌム(ラテン語:Seleucia ad Calycadnum)と呼ばれており、その後キリキアのセレウキア [続きを読む]
  • トラキア人の墳墓(ブルガリア)
  • スヴェシュタリのトラキア人の墳墓(Thracian Tomb of Sveshtari)は、ブルガリア北東部に残る古代の墓地。ブルガリアのラズグラト州イスペリフ市(Isperih)スヴェシュタリ村(Sveshtari)の南西2.5km、ラズグラト市の北東42kmに位置する。発掘それは1982年に発見され、村の近くの高いジニナ山が発掘されました。それは紀元前3世紀前半からのトラキア・ヘレニズムの墓である。ゴシック様式の支配者ドロミエートがおそらく埋 [続きを読む]
  • エフェソス(トルコ)
  • エフェソス(Ephesos/Ephesus)は、トルコ西部の小アジアの古代都市で、現在のイズミル県のセルチュク近郊に位置している。古典ギリシア語読みではエペソス、エフェソ、エペソとも表記され、現在はトルコ語でエフェス(Efes)とも呼ばれる。アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市であったが、のちにキリスト教を受容し、新約聖書にもエフェソの信徒への手紙がある。 現在は遺跡が残っているのみである。もとは港湾都市であったが [続きを読む]
  • 受胎告知と聖ジュリアーノ(Lippi)
  • 受胎告知と聖ジュリアーノは、フィリッポ・リッピの絵画、テンペラ(73x48cm)であり、1455年頃の日付の記入があり、プラートの博物館に保存されています。LIPPI, Fra Filippo(b. 1406, Firenze, d. 1469, Spoleto)The Annunciation, 1455 circa Museo civico, Prato 歴史この作品はおそらく、プラタ「スペデール」によって、画家が街の中にいたとき(1452-1466)、ホスト・ジュリアーノは「スペッガリッヒ」の守護神として任 [続きを読む]
  • 受胎告知(Fernandes)
  • 受胎告知は、ポルトガルの画家ヴァスコ・フェルナンデス(1504-1515)が、1506〜1511年に栗の木に画いた油彩画で、ラメゴ大聖堂のモル・チャペルを最初に装飾し、現在、ラメゴ博物館に所蔵されています。高さ173cm、幅92cmのこの作品は、受胎告知の聖書のエピソードを表しています。FERNANDES, Vasco(active 1500-1542 in Viseu)Anunciacao, c. 1506-11 Museu de Lamego受胎告知は、ラメゴ大聖堂の主礼拝堂のポリプチコ(Poli [続きを読む]
  • 受胎告知(Lippi)
  • 受胎告知は、約1435〜1440年までさかのぼる、フィリッポ・リッピによってパネルのテンペラ(100x161cm)で、ワシントンの国立美術館に保存します。            LIPPI, Fra Filippo         (b. 1406, Firenze, d. 1469, Spoleto)           The Annunciation, 1435-40         National Gallery of Art, Washington説明とスタイルインテリアに設定された場面は、柱で中央に分割されて [続きを読む]